よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

フェアリーテイル504話ネタバレ確定【暴走するナツ そしてグレイと・・・戦いのプロローグ】最新感想予想

      2016/10/07

FAIRY TAIL504話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新FAIRY TAIL504話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら

 

前回、グレイがインベルを倒したことによってメイビスは思考を取り戻し、
アイリーンの魔力分離の手から逃れ
そしてゼーラを思い出したことにより
メイビスの前からゼーラは消えてゆく・・・

そんな2人の別れのシーンが描かれました。

ガジルとレビィの再会もありましたね!

そしてナツとルーシィはディマリアに捕らえられ、
その両手両脚には魔封石の錠・・・というところで終わっての
今回でしたが・・・

 

ディマリア

「あ・・・あう・・・あ・・・」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20503e8a9b1504e8a9b120e69c80e696b0-4

 

ディマリアを倒したのはナツなのでしょうか?
状況からはナツしかいないので、
おそらくナツがルーシィを助けたのではないかと思います。

しかしディマリアの神の力が働いているときに動けるほどの力・・・
そしてナツの腫瘍の正体はENDの力・・・?!

 

ディマリア
「私の”刻”の中を動けるなんて
神の力を超えるなんて・・・
そんなの・・・ENDしかいない・・・」

ナツの腫瘍はENDの力によるもの・・・?

ついにここからナツの腫瘍の秘密(ENDの力?)が明らかになっていきそうです♪

ENDの力は神の力よりも上・・・になるんですね。

そんなシリアスな状況とはうらはらに
わちゃわちゃ中のルーシィ&
駆けつけた、ポーリュシカ、ハッピー
ブランディッシュ、エバーグリーン組(笑)

「あたし・・・ナツを探しに行かないと・・・!!」

エバーグリーン
「その格好で?」

ブランディッシュ
「ヘンタイ」

ルーシィ
「きゃあああっ!!」

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20503e8a9b1504e8a9b120e69c80e696b0-108

「何すんのよヘンタイ!!」とルーシィも言っていましたが、

本当になぜディマリアはルーシィのブラジャーを取る必要があったんでしょうか・・・。

個人的に、

FAIRY TAILの”小さな謎のひとつ”に入れさせて頂きます(笑)

 

 

そんなわちゃわちゃの中、

早くも暴走しているナツと、グレイが・・・!

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20503e8a9b1504e8a9b120e69c80e696b0-110

 

次回、それぞれの運命の元、
仕方なく戦うことになってしまうのかもしれませんね。

 

でも

どちらかが死んでしまうことはないのではないでしょうか?
(瀕死の状態にはなるかもしれませんが・・・)

 

なぜなら真の目的はゼレフであり、
やはり2人にはなんだかんだ仲の良い犬猿の仲であり続けていてほしいですもんね!

ナツだけではゼレフは倒せないかもしれない。
でも、
グレイとナツが協力したら・・・ゼレフを倒せる可能性はかなり高まります。

そんな展開もこれからのお楽しみのひとつです♪

 

 

そんなFAIRY TAIL504話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

フェアリーテイル ネタバレ 504話 最新 確定あらすじ『亀裂』

対峙するナツとグレイ

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-150

ナツ
「どけ」

グレイ
「お前がENDだったのか・・・」

ナツ
「そこをどけっ!!」

グレイ
「答えろナツ!!」

ナツ
「オレは・・・ゼレフを倒す・・・
その為にオレは・・・ゼレフを・・・」

グレイ
「もう声は届かねえのかよ」

ナツ
「邪魔をするな・・・オレはゼレフを・・・」

グレイ
「・・・」

_______________

”グレイ回想”

グレイに倒れているインベルが話す

インベル
「ゼレフ書の悪魔とは
陛下自身の作った
自分を殺す為の道具

不死身である事を嘆いた陛下が
自分を殺せる程の悪魔を

生み出そうとしたのが
きっかけだった

その最高傑作がEND・・・
エーテリアス・ナツ・ドラグニル
陛下の弟であり最強の悪魔

ゼレフ書の悪魔には
帰巣本能のような”ある思考”が
埋め込まれている

ゼレフを・・・」

”回想終了”

_______________

ナツ
「殺す」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-10

グレイ
「こんなに近くに”仇”が
いたとはな・・・」

ナツ
「どけ」

グレイ
「オレの両親もウルも・・・
全部・・・ゼレフ書の悪魔が・・・
お前がジュビアを・・・」

ナツ
「どけよ」

グレイ
「安心しろ、ナツ
オレがお前を殺して
(止めて)やる」

ナツ
「どけぇグレイ!!」

2人は真正面からぶつかり合う
グレイとナツの拳がぶつかる
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-2

_______________
”ルーシィサイド”

>ブランディッシュの傷を見る
ポーリュシカ

ポーリュシカ
「あんなにヒドイ傷だったのに・・・」

ブランディッシュ
「私は傷の大きさも変えられる
ダメージは残るけどね」

エバーグリーン
「ナツは止まってる時間の中を
動いてたっていうの?」

ディマリア
「・・・」

エバーグリーン
「本格的にバケモノに
なってきたわね」

ブランディッシュ
「傷はこんなに小さくできるのに・・・
自分の迷いは小さくできない」

ルーシィ
「これでいいんじゃないかな?
人って迷って悩んで失敗して・・・
それで大きくなってくと思う

おもいっきり迷えばいいよ
それも生きてる証だと思う」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-3
ブランディッシュ
「・・・」

ポーリュシカ達は微笑む
ディマリアは虚ろな目をしている

ルーシィ
「ここにいて
あたしはナツを探してくる」

ハッピー
「ナツを止めなきゃね」

外に出ていく
ルーシィとハッピー
_______________

”ウェンディ&ジュビア”

グレイを
探しに行こうとするジュビア

ジュビア
「グレイ様を探さなきゃ・・・」

ウェンディ
「まだ動いちゃダメですよ」
ジュビア
「このままじゃグレイ様が
壊れちゃう・・・」
_______________

”ナツ vs グレイ”

グレイ
「アアアアアア!!」

グレイは拳を振りかぶり
ナツの顔面を殴る

左手に炎を纏い
大きく腕を振り威嚇するナツ

ナツ
「俺はもう止まれねぇ!!」

_______________

”ナツ回想”
ナツは止まった時の中で、
ディマリアを吹っ飛ばす

ルーシィに駆け寄るナツ
ルーシィは地面に倒れ
目元が血で滲んでいる

ナツはルーシィを揺さぶる

ナツ
「ルーシィ!!
何で動かねえんだよ!!
ルーシィ ルーシィ!!」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-11

目から涙が溢れるナツ

直後、目は白目になり
怒りからENDの力が覚醒するナツ

止まった時の中で
ルーシィが死んだと思い
ENDになってしまった様子のナツ

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-152

”回想終了”

_______________

ナツ
「止まれねえんだぁー!!」

グレイ
「オレが止めてやる!!
息の根ごとなァ!!」

_______________

”ギルドメンバーサイド”

胸を押さえて
息を切らしているマカロフ

マカロフ
「ハァ・・・ハァ・・・」

アルザック
「マスター」

マカロフ
「ワシの事はいい・・・進め!!」

マックス
「進めっつっても・・・」

全く減らない敵の大軍

ウォーレン
「キリがねえよ!!」

エルザ
「案ずるな!!道は私が作る!!」

エルザは敵を吹っ飛ばす
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-5-1
ラキ
「エルザ!!」

マカロフ
「すまん・・・」

エルザ
「マスター、あまり無理はなさらず
必ず共にギルドに帰りましょう」

マカロフ
「当たり前じゃバカタレ」

その時、上空に何かが・・・

ギルドメンバー
「うわっ!何だあれ!!」

エルザ
「!!」

上空にはアイリーンの魔法による
巨大な目があった

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-12

一同にアイリーンの声が
聞こえてくる

アイリーン
『メイビス・・・どこに隠れても無駄よ
私の眼からは逃げられない』
ギルドメンバー達
「しゃべったーっ!!
メイビス!?
初代を探しているのか?」

ミラはぞわっ・・・とする

ミラ
「この声は・・・」

ユキノ
「北部にいた最強の魔導士・・・」

ソラノ
「ヒィ!」

ブランディッシュはぶる・・・と震える

ブランディッシュ
「緋色の絶望・・・」

_______________

だがその時、メイビスの声が
一同に聞こえてくる

メイビス
『私は逃げも隠れもしません』

ガジル
「初代の声」

レビィ
「どこから」

アイリーン
「・・・!!」

メイビス
『あなたたちのいる場所は
私達のギルド
必ず奪い返してみせます

私の声を聞く全ての同士よ
共に戦え!!

汝等の剣!!
妖精軍師が預かる!!」

メイビスは巨大な幻影の姿を
戦場に現す
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-4-1
ギルドメンバー達
「初代!?でかー
幻・・・なのか!?」

マカロフ
「初代の得意とする魔法じゃ」

ギルダーツ
「ドハデな鼓舞だな」

エルザ
「戦場の士気を
一気に上げるとは・・・」

アイリーン
「なるほど・・・

私の言うセリフまで
計算しての演出・・・

憎たらしい小娘」

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20504e8a9b1505e8a9b120e69c80e696b0-153

「”絶望”に抗う術はただ一つ・・・
”希望”を宿した折れない心!!」

 

広告

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら

~FAIRY TAIL505話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - FAIRY TAIL