よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

食戟のソーマ192話ネタバレ確定【汐見とソーマの思いが葉山を動かす!】最新感想予想

      2016/11/25

食戟のソーマ192話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~食戟のソーマ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新食戟のソーマ192話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

十傑メンバー強さランキングはこちら
食戟のソーマ 美少女総選挙はこちら

前回、ソーマの葉山の熊肉対決で
葉山に無く、ソーマにあるもの、

それが誰かの為に作るという心!と堂島に指摘され
ガーン!とショックを受けていた葉山でしたが・・・

と、その前に、
『食戟のソーマ』4周年、おめでとうございます〜!

”4周年記念表紙”

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20191e8a9b1192e8a9b120e69c80e696b0-1
「ソーマが笑顔で野菜炒め、
野菜の中に4thの文字

ソーマの後ろでえりな、田所が
クラッカーを鳴らしている」

カラーの扉絵付き!です♪

”お鍋をつつく、ソーマ、タクミ、
 えりな、田所(冬仕様)”

ソーマ
「野菜ゲット!!」

タクミ
「野菜も食え、野菜も!!」

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20191e8a9b1192e8a9b120e69c80e696b0-100
”感謝御礼、連載4周年記念!

『ジャンプ+』と合同!!
キャラクター人気投票開催!!”

こちらも楽しみですね♪

そんなお祭りの中、
話は試合に戻りまして。

葉山、ソーマのメンチカツ、実食!

で、一瞬でおはだけ!(笑)

葉山はメンチカツにかぶりつく

葉山
「!!」
ss191-1
e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20191e8a9b1192e8a9b120e69c80e696b0-101

葉山自身も料理に対しての心を見失っていたことに
なんとなく気づいていたんですね。

ソーマの料理から
自分が今、料理に対し
どんな状態になってしまっていたかを悟ります。

しかし、ここでもともとのこの試合をする為の動機だった
”汐見ゼミを守る!”という目的。

これはどうなるの〜?っというところは
前々から、”とは言っても
なんだかんだ無くならないんじゃないか?”という予想をしていましたが

あっさり無くなる方向に!!

その会場に現れ、ばちこーん!と葉山に
愛ある(でも超重い)平手打ちを食らわせた汐見でしたが

葉山が汐見を想うように、
汐見は汐見で葉山のことを想っていたのでした。

汐見
「もう研究場所(ゼミ)なんて
私は要らないよ

機材や予算を
取り戻す事なんかより・・・

アキラくんにはして欲しかった
ことがあるから」

葉山
「え・・・?」

汐見
「私が本当に見ていたかったもの
それはアキラくんが
自分の料理を心から楽しんで」
ss191-4

背景には汐見ゼミで葉山が
ソーマ、黒木場と言い合う姿
それを見て汐見は笑っている
e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20191e8a9b1192e8a9b120e69c80e696b0-109

汐見
「・・・そして同年代のお友達と・・・
たくさんたくさん
研鑽しあう風景なんだよ」

の言葉に葉山、びっくり。

そしてソーマの言葉にも
心を取り戻し始め・・・

ソーマ
「おう葉山ぁ、話の続きだけどな!
機関だかなんだか知らねーけどよぉ

俺はまだまだお前と
研鑽してーんだよ

自分の料理をやめるなんて
許さねーぞ!!」

葉山はソーマを見つめる

ss191-5

本当はここに居るだけで楽しいと思えていた
自分を思い出します。

葉山
(そうだ・・・俺は・・・此処に居られて
楽しいと思っていたんだ)
e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20191e8a9b1192e8a9b120e69c80e696b0-4

葉山!良かったね!!

そしてその後の
ソーマの粋な計らいで
家無しになった汐見、葉山も
ソーマ達のいる極星寮に来ればいいじゃん〜となり、
セントラルも抜けることになりました!

良かった良かったね葉山ー!(涙)

そんなわけで
セントラルとも縁を切ることにした葉山は
試合には負けても
すっきりした表情でソーマの勝利を笑顔で祝うのでした。

いやはやこれで薊の陰謀もひとつ潰れたということで
めでたしめでたし♪

と、おそらく、また次の作戦で
ソーマを潰してこようとしているハズなので

次はどんな敵が現れるのか!?
要チェックですねっ!

しかしすでにその作戦の手は伸びているようで・・・

寧々
「水戸郁魅、イサミ・アルディーニ
それに・・・新戸緋沙子

退学決定よ」

肉魅はももに敗れ
イサミは司に敗れ
秘書子が斎藤に敗れていた
食戟のソーマ ネタバレ 191話192話 最新-6.jpg

うおーー!
みんなやられています!し、
た、退学っ?!!

えーー!!

主要メンバーがここで本当に退学になってしまうのでしょうか?!

次回、退学になったみんなを元に戻すために
自身の退学をかけたソーマの戦いが始まりそうな気がしますね!

はてさてどうなっていくのやら・・・!?

そんな食戟のソーマ192話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

食戟のソーマ ネタバレ 192話 最新 確定あらすじ『乱舞』

遠藤達 審査員
「三次試験・・・薙切えりな様合格!
いやはや素晴らしいお手際でした!
流石です!んもう流石ですぅ!」

一次・二次で試験管だった遠藤達が
えりなを褒めまくっている

えりなは黒いオーラを放っている

えりな
「お退きなさい」

syokugeki192_3審査員
「ひいいぃ」

えりなが走る

えりな
(皆は・・・!?
皆の試験結果はどうなったの!?)

「三次試験終了・・・結果は・・・!?」

_____________________________

えりなは幸平の会場に辿り着く

えりな
「幸平くん・・・
か・・・勝・・・った・・・のね・・・?」

syokugeki192_1

汐見
「あ・・・薙切えりなさん」

ソーマ
「おー・・・なんとか雪辱を
果たしたって感じだわ

何だ?走ってきたのかよ薙切ぃ
髪わしゃってなってんぞー」

ほっとした後に
自分の髪を慌てて整えるえりな
syokugeki192_2

えりな
「ま・・・まぁ?
皆で進級すると決めたのだから
当然ですけどね!

葉山くんも・・・これに懲りたら
機関(セントラル)の片棒を
担ぐなんて事はもうやめることだわ!」

ソーマ
「そうだそうだ葉山ぁ!
さっき言ってたのは
どーいう意味だよ

それだけで救われた・・・って

セントラルなんかやめっちまって
もう普通の生徒に戻りゃいいだけだろ」

葉山
「・・・」

そこへ薙切薊の側近、
”相田ショーン”が現れる

相田
「それについては私から」
ss192-2

ソーマ
「・・・?」

相田
「失礼しますよ
薊様の側近を勤めている者です

えりな様・・・

あなたが家出なさったせいで
味見役の仕事をキャンセルするのに
私が頭を下げて回ったんですよ・・・
まぁ、いいんですけどね・・・

あの薊様のお息女だし
私なんかが何言っても
聞かないって事は考えなくても
わかりますしね・・・

遺伝的にね・・・」

汐見
「あの・・・!何の用・・・ですか?
葉山くんが何か・・・」

相田
「葉山アキラ
わかっていますね?」

葉山
「・・・あぁ」

相田
「先ほどの勝負の結果をもって
葉山アキラは退学となります」

汐見
「え・・・!?ちょっ・・・
葉山くん、どういう事!?」

葉山
「そういう契約だったんだ

薙切薊の要望を満たせなけりゃ
学園から去る・・・ってな

研究機関を存続させるという報酬に
目が眩んで幸平達を裏切ったんだ

このくらいの報いは仕方ねぇよ」

汐見
「そんな・・・!」

ソーマ
「・・・」

相田
「他ルートの結果についても
報告が来ていますよ
・・・聞きますか?」

_____________________________
斎藤の包丁が振りかぶる
おはだけする秘書子
秘書子
(えりな様・・・

申し訳・・・ありませんッ・・・!!)

秘書子
「くぅうううううっ!!!」

e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20192e8a9b1193e8a9b120e69c80e696b0-3
続けて
おはだけする肉魅達

黒木場
「くそがぁあああー!!」

アリス
「くぃいっ・・・!!
ぅあああああ~っ!!」

アリスが倒れる

審査員
「薙切アリス・・・退学決定だ!!」

syokugeki192_4

_____________________________

えりな
「・・・!!」

えりな
(なんて事・・・!皆・・・!!
水戸さん・・・アリス・・・緋沙子・・・)

えりな
「・・・!!」

えりなは悔しそうに歯をくいしばる
そこにやってくる竜胆

竜胆
「おーお前ら
よそのルートのことばっか
心配してていいのかよー?

あるでぃーにと
田所ちゃんの相手・・・

このりんどー先輩
だったんだぜ?」
竜胆が怖い表情で言う
e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20192e8a9b1193e8a9b120e69c80e696b0-11

えりな
(・・・!!!)

絶望の表情を浮かべ
駆け出していくえりな

ソーマ
「薙切!」

えりな
(うそ・・・うそよ・・・!!)

しかしキョトンとした表情で
調理室にいる田所とタクミ

えりな
「!?あれ・・・?
ふ、2人とも結果は・・・?」

タクミ
「いや・・・それが・・・」syokugeki192_5

_____________________________

”回想”

竜胆が恐ろしい表情を浮かべる

竜胆
「じゃあ頂くとするぜー・・・
あるでぃーにの皿をなぁ・・・!」

タクミは緊張している

竜胆
「うまいっ!」
syokugeki192_6

タクミ
「・・・?」

竜胆
「はい次!田所ちゃん!」

田所
「え!?え・・・あ、は はい!」

次に竜胆は田所の料理を食べる

竜胆
「・・・う~む・・・こっちもうまい!
syokugeki192_7

うん!良い!
二人とも合格なー!」

田所
「は、はぁ・・・」

竜胆
「あたしの三次試験は
”あたしに美味いって言わす
料理を出す事”!

十傑とのガチ対決とは言ったけど
料理勝負とは言ってねーもん~」

相田
「はぁ・・・小林くんは
あいかわらずですね」

”回想終了”

_____________________________

ソーマ
(やっぱ、りんどー先輩って
変な人だなー・・・」

えりな
「そうだったのね・・・
少なくともあなた達2人だけは
生き残ってくれたというわけね・・・」

タクミ
「・・・!?ちょっと待ってくれ・・・
薙切さん!2人”だけ”とは・・・
一体どういうことだ!?」

タクミは事情を説明される

タクミ
「そうか・・・つまり・・・
オレたち以外のルートに
進んだ反逆者たちは皆

すでに退学になってしまった
ということか・・・イサミ・・・」
e9a39fe6889fe381aee382bde383bce3839e20e3838de382bfe38390e383ac20192e8a9b1193e8a9b120e69c80e696b0-1
タクミはドンッとテーブルを叩く

タクミ
「こんなこと我慢できるか・・・ッ!
自分達の手の届かない所で・・・

友人達がやられるのを
黙って見ているなんて・・・!」

えりな
「・・・」

ソーマ
「たしかにな・・・なんつーか
こんなのイヤだよなー」

タクミ
「幸平っ!!キミはこの期に及んで
どうしてそんな呑気な喋り方なんだ!」

ソーマ
「だってさ・・・あいつらも
正面から料理勝負して
そんで負けちまったんだよな?

確かに悔しいけど
べつに卑怯な手使われたわけでもねーし・・・

あんまし敵のこと悪く言う気には
ならなくねーか?」

タクミ
「そ、それは・・・確かにそうだが・・・!
だとしても・・・
キミはどっちの肩を持って・・・!」

ソーマ
「・・・あ、そうだ
遠月十傑ってさ学園のこと
好きにできるんだよな?」

えりな
「?」

タクミ
「・・・?それがどういう・・・」

ソーマ
「ちょっと待て数えてみっか
ひーふーみーよー・・・
ここに四人」

田所&タクミ&えりな
「・・・?」

ソーマ
「そんで葉山が
いなくなっちまったから
1人減ってぇ・・・

あ、そもそも薙切もいたわ・・・
えーとつまりどうなるんだ?」

田所
「え、創真くん・・・
あの・・・えっと・・・?」

タクミ
「幸平っ!いい加減にしないかっ!
いったい何の話をしてるんだ!?」

ソーマ
「だからぁ
その”席”さえ勝ち取れば

退学も含めて全部まるごと
覆せるってことだよ」

えりな
「・・・それって」

ソーマ
「そー!つまり俺らで
奪っちまえばいいんだよ
十傑の席、過半数を!」
syokugeki192_8

「来たる反逆の時!!」

 

 

広告

十傑メンバー強さランキングはこちら
食戟のソーマ 美少女総選挙はこちら

~食戟のソーマ193話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - 食戟のソーマ