よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

食戟のソーマ161話ネタバレ確定【惨敗した楠連太郎の進退は?】

      2016/04/22

訪問ありがとうございます!
食戟のソーマ161話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

161話 食戟のソーマ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

※最新食戟のソーマ161話ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

十傑メンバー強さランキングはこちら

前回、黒木場と楠の食戟が終わった直後に突如現れた薊。

そんな薊に対し、セントラルの兵隊たちがビビっている中、アリスはケンカ腰で接していました。

20160324180613386s

アリス
「知ったことではありませんわ」

その理由は、薊の以前の行動に原因があるようです。

~アリスの回想~

黒木場
「お嬢・・・
何書いてんすか?」

アリス
「手紙よ!
日本へエアメールを送るの!
えりなったら私の手紙がほしいんですって!
しょうがないからたっくさん送ってあげるの!
ほんとうはめんどうくさいんですけどねっ」

黒木場
「ふーん・・・
そっすか」
(ウキウキじゃん)

アリス
「お母様!
今日の分の郵便は届いた!?
えりなからのお返事きてた!?」

レオノーラ
「・・・
いいえ・・・
まだ来てないみたい
おかしいわね・・・
そろそろ返信が来てもいい頃なのに」

アリス
「・・・・・・・・・
そう・・・・・・
・・・いいわ♪
また書いて送ってみるから
もうっ!
えりなったら自分からほしいって言っておいて!」

アリスは来る日も来る日もえりなに手紙を書き続けていた。
しかし、えりなから返事が来ることはなかった。

薊が手紙を処分していたのだ。

~回想終わり~

これは嫌われて当然ですね♪

嫌いな薊に宣戦布告するアリス。
とりあえず薊はその場を後にしますが、去り際、秘書にボソッとつぶやいていました。

2016032418061680es

「・・・楠くんを私の執務室へ呼び出してくれ
彼には話があるからね」

この後、楠は薊に敗北した責任を取らされるのではないでしょうか。

ちょっと前に、十傑の叡山先輩がソーマに負けた際は、結局学園に残ったので、楠の場合も追放まではないのではないかと思ってます。

いいキャラしてるので、個人的にもそうなって欲しくないです。

ただ、進退をかけてソーマたちとの食戟になればおもしろくなりそうなので、また食戟を期待したいですね。

 

そんな食戟のソーマ161話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

食戟のソーマ 161話 ネタバレ 最新 あらすじ

残党狩り初日が終わった遠月学園―――――

配属した32団体の解体(物理的な意味で)が薙切薊主導のもとおこなわれていた。

20160331195403bfd
ヘルメットをかぶり、工事車両を指揮する薊。

姿を変えてゆく遠月学園―――――

とある部屋

暗い部屋で鍋を囲むおデブちゃんたち。
とそこでドアが開かれ、黒服が入って来る。

黒服
「豪田林清志だな
ちゃんこ研は先の食戟で敗北した」

豪田林
「い・・・いや・・・
これはその・・・・・・」

黒服
「解体した団体に一切の活動は認められていない
セントラルに対する反逆と見做し
粛清をおこなう」

ふんどし一枚ではりつけにされる豪田林。
それを眺めながら難しい顔をしているソーマ。

ソーマ
「むぅ・・・」

201603311954043f5

教室

講師を待つソーマたち。

ソーマ
(薊政権とセントラルが現れてから
この学園のいろんな所が変わって来た
その一つが授業の形式だ
もともと料理の授業には2種類あったのに・・・)

お題の料理を制限時間内に完成させる授業だけが残り、ジャンルとテーマだけ与えられて自由に料理を創作する授業が無くなった模様。

ソーマ
(セントラルはマジで俺らに自由に料理させる気がねぇんだな・・・
あの四宮師匠の厨房ですらもっと寛容だったのによー)

急にイラっと来る四宮。

「どしたのサ シェフ」

四宮
「・・・・・・なぜか今無性にイラッとした・・・」

ソーマ
(こんなのなんか納得いかねーよなー)

そこで教室に入って来たのは黒服。

生徒
「・・・あれ?
いつもの先生じゃないわね」

黒服
「この授業を担当していた講師だが・・・
彼はセントラルの方針に従えないと主張したため
解雇された」

ドン引きの生徒たち。

黒服
「よって本日は代理の講師が調理の実演を行う
機関(セントラル)が提唱する『真の美食』の規範となる調理だ しっかりと見て習得するように
では講師の方に入室いただく」

生徒たち
「解雇(クビ)だって・・・」
「こわ・・・・・・」

ソーマ
(うーむ・・・
容赦ねーなマジで・・・)

そこにやってきたのは十傑第一席の司。

驚くソーマ
「第・・・一席・・・・・・!」

生徒達の間にもざわつきが拡がる。

「!!!」
「つ・・・!!」
「司瑛士!!?」


「こんにちは・・・
えっと みんな知ってるかどうか分からないけど・・・
十傑第一席・・・
セントラルの司瑛士です」

一同
(知っとる)汗

お題はフランス料理5品らしい。
下ごしらえの助手を募集するが、みんなビビってる様子。
ソーマが当然のように司の横に立つ。

有り得ない速度で指示を出す司にビビる生徒たち。
しかしソーマは司の指示より早く作業を進めていく。

ソーマ
「四宮センパイのトコで鍛えられたからなー」


「キミ、セントラルに入りなよ」

予想外の提案にソーマは・・・?

 

~食戟のソーマ162話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

広告

 - 食戟のソーマ