よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre【カネキ・リゼ・ハイセ】名前の由来を徹底考察!

   

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
喰種レート一覧まとめはこちら
CCG捜査官一覧はこちら
クインケ一覧はこちら
喰種組織一覧はこちら

 

~東京喰種:re 金木 リゼ 排世 名前の由来~

今回は、東京グールに登場するキャラクター、カネキ・リゼ・ハイセのそれぞれの名前の由来について考察しました!

 

まずはカネキの名前から考察していきます!

 

金木研の名前の由来

images

金木研の名前の由来はキリスト受難の像からきていると言われています。

受難の像とはイエス・キリストが磔刑に処された時の様子を像にした。
つまり十字架に張り付けられたキリストの像の事を指します。

“金”:受難の像のキリストは金で作られていることもある。
“木”:磔に使われた十字架の台は木製。
“研”:磔と刑を混ぜた造語だと言われている。
また金木研はキリストとの共通点が多く存在しています。

・親は母親しか居ない(金木は父親の顔を知らない)
・兄弟あるいは従兄弟がいる(浅岡)
・指導者である(Qs班のメンター)
・養父がいる(ハイセが有馬を父と呼んでいる)
・槍で貫かれたのは右脇腹(亜門に貫かれた)
・イエス・キリストを指す呼び名の一つに諸王の”王”が有り、金木君は隻眼の”王”である。
・タロット12の吊るされた男(タロットの12はイエス・キリストであるという解釈もある。)

 

金木研が黒い死神と呼ばれている理由

覚醒後の金木研(佐々木)は喰種から黒い死神と呼ばれます。
有馬貴章はCCGの死神と呼ばれており、金木はその有馬から直接指導を受けています。
また作中で「有馬さんは僕のお父さん」と言っています。
新約聖書では復活したキリストをダビデの子(ダビデの子孫)と呼んでいます。
そして有馬貴章はダビデ(負けなしの戦神)をモチーフとして描かれているので
金木は黒い死神と名付けられたのはないでしょうか。

タロット13の死神のデザインを匂わせる什造が死神と呼ばれないのは
ジャック・ザ・リッパーをモチーフとしているからでしょう。

 

それでは次に、ハイセの名前の由来です!

佐々木排世の名前の由来

imgres

佐々木琲世 変わった名前ですが複数の由来がありました。
まず1つ目はドイツ語heiseeという単語。意味は「~という名前である」
ここから名無しという意味に繋がりますね。これは一度死んだ身なので
大層な名はないということでしょうか。
2つ目は金木自身が自分につけた。金木がコクリアに収監された際
有馬が金木のところに通い詰め、名をつけようとしたところ、
手元の本のページに書いてあった”琲”と”世”を指差しました。
そして3つ目、名前を分解すると

[人・左・々・木・王・非・世]

これをドイツ語にすると

[Menschen links Die Linkes Baum König Schuld Die Welt]

解釈の仕方は様々ですが、和訳すると

“左の木を残した人。王は世界を呪う”となります。

木とはアオギリの樹を連想させ、アオギリの樹は隻眼の王を徴としています。
金木の赫眼は左眼なので、

左の木を残した人=左に赫眼を宿した人 となりますね。

 

 

最後に、リゼの名前の由来について考察していきます!

 

神代利世の名前の由来

ダウンロード

神代の苗字は鯱の苗字であるが名前に関しては謎です。

抗不安剤のリゼやトルコのリゼという地名が出てくる位である。
嘉納が元々居たのはドイツの研究施設。
神代利世をドイツ語で翻訳してみると

[Gewinn Der Welt]

和訳したものを苗字と合わせると

[神の代わり 世界に勝つ]

神代という苗字は鯱が武術の師匠から受け継いだ名前なので
とくに深い意味はないと思われます。
この”世界に勝つ”という言葉は嘉納がリゼを使って世界の間違いを正す
という野望が現れているのかもしれません。

 

広告

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
喰種レート一覧まとめはこちら
CCG捜査官一覧はこちら
クインケ一覧はこちら
喰種組織一覧はこちら

 - 東京喰種:re