よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

終わりのセラフ48話ネタバレ確定【グレンが深夜の説得に成功!】最新感想予想

      2016/08/04

終わりのセラフ48話話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~終わりのセラフ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ~

最新終わりのセラフ48話話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

終わりのセラフ強さランキングはこちら

 

前回、グレンと暮人が手を組みました!

 

暮人
「権力を維持するためだけに生きる父上たちに
俺達が造った《終わりのセラフ》の力を味わってもらわなきゃな」

グレン
「・・・それはどういう意味だ?」

暮人
「渋谷に戻って父上を殺す」

1b7e57bb9debd0b66f62eb7fa5819a8c-2

~中略~

暮人
「お前の夢も叶うはずだ
柊を殺し
主従の呪縛から解き放たれるのは長年の夢だろ?」

1b7e57bb9debd0b66f62eb7fa5819a8c-4

グレン
「・・・結局おまえも柊だ」

暮人
「まあな、俺はおまえの主だ
だが同時に優秀な仲間だとも思ってる、おまえはどうだ?」

父親を殺し柊家の当主になりたい暮人と、主従の呪縛から解き放たれたいグレン。

お互いの利害は一応一致してはいますが、当然一筋縄にはいかないでしょうね。

 

一方、優たちとフェリドも一応手を組んでいる様子ですが、暮人たち以上に一筋縄にはいかないと思うので、それぞれが今後どういう展開に進んでいくのかとても楽しみです♪

1b7e57bb9debd0b66f62eb7fa5819a8c-6

 

また、フェリドの口から衝撃の真実が明らかに!

フェリド
「八年前、彼にはとても大切な仲間がいた
命を共にする仲間だ
名前は確か・・・柊 深夜、五士 典人、十条 美十、花依 小百合、雪見 時雨
だがみんな死んだ」

シノア
「え・・・ちょ、ちょっと待ってください
そんなはず・・・」

フェリド
「いや死んだ
で、蘇生された
だけどこの世界で生命の蘇生は許されていない
心の狭い神様はお怒りだ
代償は大きい、とても凄いよ」

1b7e57bb9debd0b66f62eb7fa5819a8c-17

フェリド
「一体何が起きたと思う?
世界中の人間がウイルスで死んだ
一瀬グレンはずっとその罪と罰に独り取り憑かれている」

 

深夜たちが死んで蘇生されていたとは驚きです!
逆に、このことで茜の蘇生が更に現実味を帯びてきましたね。
今後ますます面白い展開になっていきそうです。

 

そんな中、深夜を説得に向かったグレン。

暮人
「人類の未来にとって深夜は必要な人材だ、説得しろ」

グレン
「言われなくても・・・
俺に必要なんだよ」

1b7e57bb9debd0b66f62eb7fa5819a8c-5

 

 

グレンを目にした深夜は取り乱しまくり。

グレン
「深夜、落ち着け」

深夜
「黙れ真昼!!!」

グレン
「真昼は死んだ
もういない」

1b7e57bb9debd0b66f62eb7fa5819a8c-15

深夜
「黙れ黙れ!!そんなはずがない!!!
もしそれが本当なら・・・
鬼にも真昼にもおまえが取り憑かれていないというなら・・・!!
・・・どうしたらいい
僕は、君を許せなくなる
もし取り憑かれてないなら・・・
君はいったいなんのためにあんなことを・・・
目的はなんなんだ・・・」

 

このように深夜の説得は困難を極めていますが、説得できないと話が進まないので、最終的に説得は成功するものと思います。

 

そんな終わりのセラフ48話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

終わりのセラフ 48話 ネタバレ 最新 確定あらすじ

『天使のシクミ』

■一行のバスは束の間の休息・・・

 

フェリド
「みんなトイレ休憩長いねぇ」

クローリー
「きっと変態誘拐犯からどう逃げようか相談してるんだよ」

フェリド
「・・・・・・あ、もちろん変態ってクローリー君のことだよね?」

クローリー
「フェリド君のことだよ」

フェリド
「えー」

 

場面は女子トイレ。

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d

鏡越しに三葉の姿が映る。

シノア
「あ、みっちゃん遅かったですね」

三葉
「トイレ後方の出入口を確認してきた」

シノア
「とか言い訳して大をしてたんでしょー?
ばっちー」

三葉
「子供かおまえは」

シノア
「はっ!そう言えばさっきからぷーんっと匂いも」

三葉
「はいはい
もう疲れたからお前とのおふざけにはつきあわないぞ」

シノア
「えー付き合ってよー」

三葉
「付き合えるか
そうじゃなくてもひどい状況なのに・・・」

三葉
「・・・うわ、あほ毛が出てた」

 

シノア
「しかし・・・
いま裏口からダッシュしたら逃げ切れますかね?」

三葉
「できるならとっくにダッシュしてる」

シノア
「ですよねぇ
おまけに逃げたくなるような情報のオンパレード
あの吸血鬼やばいですよねぇ」

三葉
「グレン中佐の話か?」

シノア
「みっちゃんは信じますか?」

三葉
「中佐のせいで世界が滅びたって?
どうかな?
優たちはあの吸血鬼は信用ならないと言ってたが」

シノア
「見るからに信用できないですしね・・・
しかし問題は中佐も私の姉も日本帝鬼軍もフェリドさんと同じくらい信用できないってことですが」

三葉
「うーむ」

シノア
「ところで男子たちはトイレ終わりましたかね?」

三葉
「どうかな」

シノア
「みっちゃんみたいに大を・・・」

三葉
「してないって言ってるだろ!!」

シノア
「あは、いちいち反応してくれるみっちゃんが好きですよ
なにせ信用できるのはここにいる仲間たちだけですからね・・・」

 

一方、男子トイレ。

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-3


「あいつなんなんだよあいつ!!
グレンが世界を滅亡させたーとか言い出したわりには全然ちゃんと喋んねーし!!」

フェリドの言葉を思い出している優。

フェリド
『ほーらみんなどんどん僕に興味が出てきたでしょー?
でも”終わりのセラフ”について詳しい話は実際の実験場を見せてからにするから
その場所についてからにしよー♪』


「じゃねーんだよ!!
回りくどく喋んないで
さっさと説明しろっての!!」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-4


「・・・・・・
あ~・・・
じゃあこれくらいの声でいいかな?」

鳴海
「もっと小さく」


「~~~?」

鳴海
「聞こえねーよ」


「じゃあどれならいいんだよ!!」

鳴海・君月
「だから声でかいって言ってんだろ!!」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-5

ミカ
「・・・はぁ、もう馬鹿ばっかりだなここは」

与一
「あはは。でもなんかちょっと安心したな・・・」

鳴海
「はぁ?いまの状況のどこに安心要素があるんだよ」

与一
「・・・いや、優くんがフェリドさんの薬打たれてから、少し性格が昔に戻った気がして」


「え?」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-6

鳴海
「・・・・・・」

君月
「・・・まあ確かにそうかもな」

ミカ
「・・・・・・」

与一
「だからみんなが言うほど状況は最悪ではないと僕は思うんだ
薬が必要だった
でもそれが手に入った
おまけに人間を蘇生できるっていう話も、もしもそれが本当なら・・・
すごく魅力的な話だと思うし
だけど」

ここで優が口をはさむ。

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-7

「ほんとなら他の子供たちも」

ミカ
「・・・その話を信じるつもり?
フェリドは相手の弱みにつけこむ
こんな世界じゃ・・・」

鳴海
「誰も失ってない奴の方が少ない
大切な誰かを生き返らせるためなら人間はなんでもする」


「で、グレンは仲間を生き返らせた・・・」

君月
「作り話ならよくできた話だな
で、中佐のせいで世界は滅びた か
それで妹は病気にかかった、実験材料にもされた
だがそりゃ一体どういう仕組みだ?」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-8

鳴海
「誰か他に終わりのセラフについて情報を持ってる奴はいないのか?」

ミカ
「・・・人間が触れるべきではない禁忌に触れると『滅びの天使』が現れると吸血鬼たちは言っていた
でも欲深い人間はすぐにそれに触れる
その実験をしようとする組織を吸血鬼たちは潰して回っていた」

君月
「その禁忌が人間の蘇生か?」

鳴海
「フェリドの言葉を信じるならそうだな」

君月
「つまり、あー、どうなる?あいつの発言から想像すると
《終わりのセラフ》はまず
人間を蘇生するところから始まっているように聞こえるな
1.人間を蘇生する
2.しかしそれには天罰が下る
3.すると『滅びの天使』が現れて世界が滅亡する」
この順番か?

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-9

「で、俺の妹は天使のような羽が生えてた。だが俺の妹を鎖が拘束したように見えた
おまけにその上にバケモノが現れた
あれはなんだ?」

シノア
「あれが”終わりのセラフ”なんじゃないですか?」

君月
「!」

シノア
「黙示録のラッパが吹かれ、神様が天使に人間を罰するよう命じる
ですが人間はその天使すら無理矢理コントロールしようとして・・・
この間成功してましたねぇ
それも二匹も」


「シノア、おまえは”終わりのセラフ”について・・・」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-10

ミカ
「フェリドを信じれば、だけどね」

シノア
「それを・・・
信じれば・・・・・・・・・」

男子便器の前にしゃがみこむシノア。

シノア
「・・・話、変わるんですけど
これ、どうやって使うんですか?」

男性陣
「へ?」

シノア
「男子用トイレ初めて入ったんですけど
女子と作りが違うんですねぇ
知りませんでした」

君月
「話変わりすぎだろ、これからどうするかを話し合うんじゃないのか?」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-11

鳴海
「具体的にいえば殺すためのフォーメーションだ
殺せると思うか?」

ミカ
「いまの戦力じゃ無理だ」


「いや、俺の中の鬼がフェリドにくっついて
三秒だけ鬼に心を譲れば殺せる可能性が・・・」

君月
「却下だ
鬼はもっと信用できない」

シノア
「いやー、世界は滅亡
大人たちはだーれも信用できずに四面楚歌
仲間だけでトイレでヤンキー座りって・・・
私たちもなかなかのものですね」

君月
「これそーいう話か?」


「仲間がいるだけいいよ」

与一
「うん」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-12

 

場面は外のフェリドとクローリーへ。

フェリド
「・・・全然でてこないねー
あ・・・そうだ、暇つぶしにしりとりでもする?」

クローリー
「しないよ」

フェリド
「り・ん・ご・の・ご!」

クローリー
「しないって
ねえ、フェリド君」

フェリド
「んー?」

クローリー
「そろそろ僕にも行き先教えてよ
これ どこに向かってるの?
”終わりのセラフ”とかいう実験の実験場?」

フェリド
「いや、そんなとこいかないよ」

クローリー
「さっき行くって言ったじゃない」

フェリド
「もちろん嘘だよ」

クローリー
「じゃあどこにいくの?」

フェリド
「大阪湾」

クローリー
「何しに?」

フェリド
「グレン君と待ち合わせなんだ」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-14

 

【大阪湾】

港には巨大な豪華客船が泊まっている。
部屋の一室をコンコンとノックする吸血鬼。

吸血鬼
「レスト・カー様
日本に到着しました」

レスト・カー
「・・・着いた?
じゃ行こうか
禁忌を犯した人間と
クルル・ツェペシを罰しに」

a2edf6bed5af923acf8eda824ccf308d-15

■三つ巴の死闘、舞台は大阪!!

広告

終わりのセラフ強さランキングはこちら

~終わりのセラフ49話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - 終わりのセラフ