よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

終わりのセラフ46話ネタバレ確定【三葉がクローリーに挑む!】

      2016/06/04

終わりのセラフ46話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~46話 終わりのセラフ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ sq2016年7月号~

最新終わりのセラフ46話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

終わりのセラフ強さランキングはこちら

 

前回、まずは冒頭で柊 深夜が独房に幽閉されていることが判明しました。

そんな柊 深夜と面会する三宮 葵。

f165a8d32c31ed0b6ac503d74fd00246

三宮 葵
「明日、暮人様が新宿に帰還されます
暮人様はそろそろくだらない怒りを鎮めるようにと言ってます」

柊 深夜
「うるさいって伝えて」

三宮 葵
「伝えておきましょう
ああ、それと 一瀬グレンも帰還しますよ」

 

また、前回クローリーに続いて、フェリドも追いつくと個人的には予想していましたが、まだフェリドは到着しませんでした。

そんな中、クローリーに無謀にも単身突っ込んでいった三葉。

 

三葉
「絶対に離さない!!」

クローリー
「じゃあ腕を落とそうか」

三葉
「あ、あたしはもう足手まといにならない!!!」

f165a8d32c31ed0b6ac503d74fd00246-7

シノア隊窮地!!

 

クローリーは腕を落とそうかとか言っていますが、その気があればとっくにやってたでしょうし、あまりその気がないように思えますね。

なので、多分三葉は大丈夫ではないでしょうか。

全員無傷のままフェリドが到着する流れになると予想します。

ここで誰かひとりでも大けがしたら、フェリドと仲間になる展開が遠ざかると思いますし。

 

そんな終わりのセラフ46話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

終わりのセラフ 46話 ネタバレ 最新 確定あらすじ

『英雄のキカン』

圧倒的な実力を見せつけるクローリーだが・・・

 


「だめだ・・・
これたぶん勝てないな」

ミカ
「優ちゃんもわかるの?」


「ああ、あいつは初太刀で三葉を殺せた
君月のことも
だが、傷つけないようにしてる
遊んでるんだ」

ミカ
「フェリドがくるまでの足止めだ、奴らは何かを企んでる
巻き込まれたら終わりだよ」


「・・・・・・」

ミカ
「もう逃げよう、僕らだけなら逃げ切れる」


「仲間を捨ててか?
あいつの目的は俺だ、シノアたちはそれをわかってて戦ってくれてる」

ミカ
「なら優ちゃんが逃げ切れば彼女たちは襲われない」


「殺されたら?」

ミカ
「・・・でも
いまの僕らには
どうにもできない
行こう
優ちゃん」


「・・・ミカ、俺は逃げない」

ミカ
「だめだ、捕まったら終わりなんだ優ちゃん
また家畜に戻ることになる」


「でも逃げてどうなる?
俺は一度逃げた
茜たちは殺され、おまえは吸血鬼にされた」

ミカ
「・・・それは僕の」


「おまえのせいじゃない
生まれる前から
俺たちは何かの計画に巻き込まれている
だから逃げるたびに
仲間や家族が殺される」bcce75a12642c85f508403368319db9a-2

 

フェリドに家族を殺された子供の頃の優が叫んでいる。


「もううんざりなんだ、そろそろ運命に抵抗したい」

ミカ
「・・・でも僕が考えなしに抵抗したから家族が殺されたんだ」


「違う!!お前は未来をくれた
おまえが家畜をやめるための地図を見つけてくれたから・・・!!」

ミカ
「茜たちが死んだ」


「ミカ」

ミカ
「優ちゃん!!!」


「ミカ!今度は俺も一緒にやる、おまえだけに任せない
一緒に出るんだ、この狂った世界から
もう一度地図を探しにいくんだ」bcce75a12642c85f508403368319db9a-3

 

「一緒にやろう
今度は全員生きてこの暗闇から抜け出すんだ」

目を閉じて考えているミカ。

ミカ
「・・・わかった
でもそんなに都合よくいく?」


「二人でやるんだ
力を貸してくれ」

優とミカは交戦中のクローリーの方に身体を向ける。


「終わりだ、クローリー・ユースフォード!!
俺たちはおまえとは戦わない!!」

クローリー
「おっと
そういう展開?」

与一
「優くん!!」

君月
「てめえなに言ってんだ!!
さっさとおまえも武器を・・・!!」


「素直に捕まってやる!!」

三葉
「だめだ優!!」

シノア
「優さん!!」


「お前の目的は俺だろ?
《終わりのセラフ》の実験体が目的だ
違うか?」

クローリー
「いやぁ、それが・・・
僕には目的はないんだけどねぇ
あ、目的ある奴がきたね」

そこに、オープンカーを運転しているフェリドが到着。bcce75a12642c85f508403368319db9a-5

フェリド
「やあ、お二人さん
危ない吸血鬼に襲われてると聞いて飛んできたよ
さあ乗って、僕が助けてあげよう」

クローリー
「え、うそぉん
ほーんとに?
君たちそんなに素直だったっけ?」


「ああ、利害が一致するならおまえと手を組んでもいい」

フェリド
「へ~」

車のエンジンを切って車を降りるフェリド。

 


「どうせいまの俺たちじゃおまえらには勝てない」

フェリド
「ほうほう」


「それに俺たちはもう日本帝鬼軍を離れた
いまや誰が敵かもわからない」

フェリド
「なるほどなるほど」

フェリドは、車の後方に回ると、トランクを開ける。


「だからもっと情報が知りたい
もしもおまえが俺を欲しいなら目的を教えてくれ
協力しよう」

フェリド
「協力ねぇ・・・
じゃあ僕が君たちにしたことは全部忘れてくれるってことかな?」

一瞬言葉を失うミカと優。


「・・・ああ
必要なら・・・」

フェリド
「この、かわいい茜ちゃんを見ても?」


「・・・え」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-7

ミカ
「ゆ・・・優ちゃん・・・!!
あれ・・・!!」


「ま・・・まずい、だめだミカ
抑えられない・・・・・・」

顔に模様が浮かび上がり、角が生えていく優。

ミカ
「優ちゃ・・・!!」


「殺してやるぅううううううう!!!!」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-8

 

ミカ
「優ちゃんだめだ!!」

シノア
「優さん!!」

フェリド
「うわわ、怖い鬼がくる
僕を守ってクローリー君!」

クローリー
「君の方が強いでしょ」

フェリド
「か弱いさ、僕は~」


「死ねぇえ!!!」

フェリドに斬りかかっていく優。

フェリド
「ありゃ?
僕を許すってさっき言ったばかりなのに」


「殺す!!!」

フェリド
「ひどいよ~」


「殺してやるぅうう!!」bcce75a12642c85f508403368319db9a-9

 

フェリド
「いや~、ミカちゃん
彼あんなにたくさん鬼の力を使って大丈夫なの?」

ミカ
「・・・・・・・・・・・・・・・」

フェリド
「本物の鬼になっちゃわない?
僕、心配だよ~」

ミカ
「くそっ!!」

優を後ろから羽交い締めにするミカ。

ミカ
「落ち着け優ちゃん!!」


「放せミカ!!
あいつは茜を殺した!!
わかってたことだろ!!
茜を汚した!!!」

ミカ
「聞け優ちゃん!!
二人で話し合って進むと決めた!!
違うか!!?」


「放さなきゃおまえも殺すぞミカ」

震えだし、顔色が悪化していく優。

bcce75a12642c85f508403368319db9a-11

ミカ
「くそ・・・鬼が・・・!!
優ちゃんを解放しろ!!!」

シノア
「みっちゃん!!
鬼の拘束呪符は!?」

三葉
「持ってる!!」

シノア
「優さんを抑えます!!」

鳴海
「暴走は呪符じゃ抑えられないぞ!!」

与一
「でもやらないと!!」

クローリーの方を見る君月。

君月
「・・・一時休戦でいいか?
おまえらも話し合いにきたんだろ?」

クローリー
「まあ僕はいいけど」

チラッとフェリドを確認するクローリー。

君月
「・・・おまえはそれでいいか・・・?」

フェリド
「僕もいいよ~」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-12

 

フェリド
「でも君らじゃあれは止められない
僕は止められる
止める薬を持ってる」

シノア
「え・・・」

注射器を右手にはめて見せるフェリド。

フェリド
「さあどうしよう?
誰が最初に”助けてください、フェリド・バートリー様”って言うのかな?
言わなきゃ助けてやんなーい」

ため息をついているクローリー。
シノア隊の面々はお互い顔を見合わせて沈黙している。

シノア
「た・・・
助け・・・・・・」

フェリド
「冗談だよーん
僕は君らの友達になりにきたんだ
友達は無償で助けるのが僕の主義
さぁ助けよう
優ちゃんを」bcce75a12642c85f508403368319db9a-13

 

フェリドが投げた茜の頭部をキャッチする与一。

フェリド
「これ持ってて
割れると茜ちゃん腐っちゃうから気をつけてね」

与一
「・・・!!」

クローリー
「残念だね、君たち」

シノア
「え?」

クローリー
「彼と付き合うのは大変だよ」bcce75a12642c85f508403368319db9a-14

 

ミカ
「鬼を抑え込むんだ優ちゃん
力じゃどうせ吸血鬼には勝てない」


「・・・うるさい、もっと力がいる
もっと・・・もっともっとだ、阿朱羅丸来てくれ」

ミカ
「優ちゃん!!?」

意識が途切れる優。bcce75a12642c85f508403368319db9a-15

 

阿朱羅丸
「で、もっと力が欲しいって?」


「そうだ」

阿朱羅丸
「はっ、欲張りな生成りが」


「・・・生成りってなんだっけ?」

阿朱羅丸
「鬼になりかけのことだよ
この説明三度目だけど」


「そうなのか・・・
なんか最近よく記憶が飛ぶんだよな」

阿朱羅丸
「鬼になってる間の記憶を
人間の君は嫌ってるからね」bcce75a12642c85f508403368319db9a-16

 


「ふぅん」

阿朱羅丸
「でも鬼にならないと切り抜けられない状況ばかり
業だね、これは」


「業ってなんだ?」

阿朱羅丸
「とにかく・・・
君はもう人間じゃないから薬を三錠飲んでも死なないよ」


「薬か・・・でも前は三錠じゃ勝てなかった
おまけに今度は二匹いる」

阿朱羅丸
「飲んだ上で一瞬だけ鬼に人格を譲れ」


「譲ったらおまえは仲間を殺すだろ」

阿朱羅丸
「僕が殺すわけじゃない
君が殺したがる」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-17

 

「試しに殺してみるかい?
しがらみが全部なくなると快感だよ」


「・・・いや、いい
じゃあフェリドのそばで人格を譲ればいいのか」

阿朱羅丸
「三秒だけでいい」


「それで勝てる?」

阿朱羅丸
「さあ?僕は君が知ってることしか知らない
僕は君だ」


「嘘をつくなよ阿朱羅丸
俺はさっき『業』という言葉は知らなかった
おまえには意志があるだろ」

阿朱羅丸
「・・・おっとなかなか鋭いね
感情が減るとずいぶん賢くなる
本来は頭がいいんだ」


「いつもいいだろ」

阿朱羅丸
「ははは、完全な鬼になったら君は手のつけられないバケモノになるだろうな」


「俺は鬼にはならない」

阿朱羅丸
「というその発言は
鬼と人間どっちのものなのかな
もはや混ざって離れない」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-18

 

阿朱羅丸
「そうか
でも一つだけ言っておく
鬼は仲間を作れない
皆殺しだ」


「なら鬼にはなれないな」

阿朱羅丸
「でも薬を三錠飲んだら一気に鬼化が進む」


「仲間を守るためだ」

阿朱羅丸
「ひどい矛盾だ
まあいまは飲まなくてすみそうだけど」


「あ?」

阿朱羅丸
「君は吸血鬼に助けられる」

ミカ
「近づくなフェリド・バートリー!!!
おまえのいいようにはさせない!!」

フェリド
「落ち着いて
優ちゃんを助けたいだけだよ~」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-19

ミカ
「おまえが暴走させた」

フェリド
「だから責任取って助けるよ
このままじゃ彼は鬼になる」

ミカ
「ふざけるな!!
優ちゃんには触らせないぞ!!」

フェリド
「じゃ、この注射君が打つ?」

ミカ
「中身はなんだ」

フェイド
「危ない薬さ」

ミカ
「貴様」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-20

フェリド
「あ・・・でももう遊んでる時間ないや
打つよ」

ミカ
「させない」

剣を抜き、フェリドに斬りかかるミカ。

フェリド
「クローリーく~ん」

クローリー
「もう来てるよ」bcce75a12642c85f508403368319db9a-21

フェリド
「じゃあ優ちゃんは僕がいただきまーす」

ミカ
「くそっ!!
優ちゃん!!!」

優に近づくフェリド。
フェリドを睨んでいる優。

フェリド
「うわ、かわいく育ったねぇ君
鬼がこんなに暴走してるのにすごく綺麗な目だ
さすが特殊実験体
治療前に血を飲んでみていいかな?」

優の左手には薬が握られている。


「素直に従うメリットが俺にあるか?」

フェリド
「あるよ」


「ならそれを説明してみろよ」

フェリド
「うーん、じゃあ例えば鬼呪抑制剤
これ、一瀬グレン君が使ってるのと同じものだけど興味あるだろ?」


「おまえやっぱりグレンを知ってるのか!!」

フェリド
「あは、世界が滅亡する前―――――彼が高校生の頃から知り合いさ
これも彼からもらったものだ」


「ならお前は俺に情報を寄こせえええ!!」

フェリド
「やっぱりかわいいね」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-23


「あ・・・ああああ・・・」

ミカ
「ゆ・・・優ちゃん!!?」

フェイド
「怒らない怒らない
ちゃんと治療もするから」

 

左手の注射器を優の背中に突き刺すフェリド。

 


「があっ!!」

ミカ
「優ちゃん!!!」

ドサッと倒れた優。
その頭からは角が消え、顔色も戻るとスースーと眠りに落ちていた。
駆けつけてそれを確認したミカはゆっくりとフェリドの方を向く。

ミカ
「おまえを絶対に許さないぞ」bcce75a12642c85f508403368319db9a-24

 

フェリド
「え~命の恩人なのに?」

ミカ
「おまえの計画の中には入らない!!」

フェリド
「これ、僕の計画なのかなぁ」

ミカ
「・・・・・・・・・いったいおまえは何しにきた
茜の首なんか持ってきて・・・
おまえは何が目的なんだ」

フェリド
「いや、かわいい茜ちゃんの蘇生法を教えてあげようと思ってさ
その実験の名は《終わりのセラフ》
八年前愚かな人間たちが行った
禁忌の呪詛についてだよ」

bcce75a12642c85f508403368319db9a-25

 

車に乗って移動中のグレン。
顔には模様が残っている。
グレンは注射器を取り出し、自分の腕に打つと模様が治まっていく。

グレン
「・・・ふぅ」

運転手
「グレン中佐、お疲れさまでした
そろそろ新宿に着きます」

グレン
「・・・戻ったら深夜たちに会わなきゃな」

 

明かされる八年前の真相・・・!!

 

広告

終わりのセラフ強さランキングはこちら

~sq2016年8月号終わりのセラフ47話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

 - 終わりのセラフ