よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre 東京喰種JAILのあらすじとシコラエの謎を徹底考察!

      2016/09/20

~トーキョーグールJAILのあらすじ&シコラエの謎を徹底分析!最新伏線考察まとめ~

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グールre 未回収の伏線まとめはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
東京グール かわいいキャラランキングはこちら
東京喰種メンズノンノ付録リメイク版はこちら

 

東京喰種:reでたびたび登場する不気味な見た目の喰種”死堪(シコラエ)”。

imgres

アオギリのメンバーとして登場しているこの喰種ですが
その正体はPS VITA用ソフト東京喰種JAILの主人公”リオ”である
可能性が高いと言われています。
ではなぜそう言われているのか?
シコラエの赫子と、シナリオブックに大きな謎が隠されているんですね。
その点も踏まえて考察していこうと思います!
まずは東京喰種JAILのストーリーを紹介します。

 

 

東京喰種JAILあらすじ

hqdefault

東京喰種jailの主人公はリオという青年。
このリオという少年は全種類の赫子を持つという特殊なキャラクターです。
彼は作中、カネキと行動していくのですが、その目的は
この作品の鍵ともなるjail事件の解明です。
Jail事件とは、ある喰種コクリアで起こした、捜査官の大量虐殺事件のことです。
その喰種はその事件をきっかけにジェイルと呼ばれるようになります。
ジェイルを追い続けている捜査官キジマ式により、リオとリオの兄はコクリアへ連行されます。
キジマはリオがジェイルだと確信しており、リオと兄に拷問をし、自白させようとしています。
その後原作同様、アオギリの樹によるコクリア襲撃があり、リオはそこで脱獄しますが
兄を助けることはできませんでした。
脱獄したリオは追手によって絶体絶命のところを四方さんに助けてもらい
あんていくへ行きます。
そしてリオはコクリアに残った兄を救うために、事件の真犯人である
ジェイルの搜索をしていくところから物語が始まっていきます。
こちらのストーリーが原作に反映されることはなく、「もしもリオという喰種が存在したら」という
設定の元、物語が展開されていきます。
しかし東京喰種JAILのシナリオブックの最後に書かれたANOTHERという、JAILのifストーリーとされる
もう1つの物語が原作に大きく関与してきます。

 

では、ANOTHERの内容はJAILと何が違うのか?
あらすじを紹介していきます。

 

 

ANOTHERの内容

imgres

コクリアの脱獄を試みたリオが負傷しながらも外に逃げ出すことに成功するところまでは
JAILと共通していますが、ANOTHERではリオの前に現れたのが四方ではない別の喰種でした。
その喰種の正体はどうやらエトだったようで、エトの甘い言葉に誘われて
彼女についていくところで物語は終了します。

さて、エトについていってしまったリオですが、月山家の召使 カナエに自分の赫包を食わせ、壊したように
リオも無事で済むとは思えません。その後リオはどうなってしまったのか?
真相はシナリオブックの裏表紙の絵に隠されています。
シナリオブックに隠された真実とは?

シナリオブックの表紙はリオですが、裏表紙には首から下だけの別なキャラクターが描かれています。

imgres

キャラクターの体に刻まれた特徴的な縞模様から
原作に登場している死堪(シコラエ)だと思われます。
ではなぜわざわざシナリオブックの裏表紙に
意味ありげにシコラエを載せたのか。
リオというキャラクターは”全種類の赫子を持つ”というのが
最大の特徴でした。
原作で出てきたシコラエは複数種類の赫子、正確には
鱗赫、甲赫、尾赫を使っていました。
シコラエ以外で赫子の複数持ちは芳村、ヒナミ、カナエ
ナッツクラッカーがいますがいずれも2つまでしか持っていません。
シコラエの3つという規格外の赫子の種類、シナリオブックの裏表紙から
シコラエ=リオというのは確定的ではないでしょうか?

 

メインキャラクター以外で、複数回登場して
死亡していないキャラクターはほとんどいないので
今後のシコラエの動向が気になりますね!

 

広告

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グールre 未回収の伏線まとめはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
東京グール かわいいキャラランキングはこちら
東京喰種メンズノンノ付録リメイク版はこちら

 - ジャンプ, 東京喰種:re