よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre84話ネタバレ確定感想【カネキが隻眼の王に君臨!】最新84話

      2016/07/09

東京グールre84話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~東京グールre ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ~

最新東京グールre84話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
有馬の正体についての考察はこちら
有馬が白髪化した理由はこちら

 

前回の83話で、やはり有馬は半喰種だったことが判明!

有馬
「・・・俺にはとうに時間は残されていなかった
時期が・・・早まっただけだ
俺や・・・ハイル・・・
そして旧多・・・
『白日庭』から見出された捜査官たちは・・・
“人間(ヒト)ではない”
・・・・・・俺たちは・・・
血の混ざった出来損ないの『半人間』だ」

 

『白日庭』出身者は、全員が半喰種(半人間)であり、どちらかの親が喰種であるということでした。

この半喰種のほとんどは、赫子をもつわけでもなく、普通の食事もとることができ、ほとんど人間と変わらないとのことですが、多少身体能力が高いことと、早く死んでしまうという特徴があるようです。

だから有馬は、どんどん老化が進み、目が悪くなっていったんですね。

また、有馬と同じ白日庭の出身者である旧多は、元はほとんど人間と変わらない半喰種だったけど、加納の施術により、圧倒的な力を手に入れたことが推察できます。

 

今回で残念ながら死亡してしまった有馬特等。

有馬
「ずっと・・・・・・ 嫌だった
奪うばかりの人生(じぶん)が・・・・・・―――――――――――
・・・やっと・・・・・・
なにかのこせた気がする・・・」

そう語りながら目から涙を流す有馬。

201607021247353cb

有馬
「だれよりも死を欲していたのは―――――――――――」

カネキ
「あ・・・っ・・・
有馬さんッ・・・・・・!!!!」

有馬
「・・・・・・ハ・・・・・・・・・イ・・・・・・・・・」
(死神自身だったんだ)

「・・・・・・―――――――――――」

動かなくなった有馬を抱くカネキ。

2016070212473672a

キーパーソンのひとりである有馬の涙と死はかなり衝撃でした。

一見冷酷で、喰種たちから死神と呼ばれて恐れられていた有馬でしたが、実は誰よりも優しい心を持っていたんですね・・・。

 

トルソーの時といい、最近は意外なキャラクターが泣くというパターンが多い気がします。

 

そして、あのヒデ(永近)のタレコミによって丸手が動き、ついに吉時がその正体を現しました!

20160702124532db4

吉時
「失望したぞ
マル」

 

この後、丸手は喰種化した吉時に殺されることになるかもしれません。

 

喰種の協力者ではなく、喰種そのものだったことが判明した和修家。

また、和修家はCCGのトップでありながら、芳村店長が組んでいた喰種組織のVであったということも確定。

有馬によると、その理由は人間になりたかったのではないかということでした。

 

このように衝撃の展開が続く中、ここからさらにクライマックスに向けて、怒涛の展開になること必至です!

 

また、有馬が息を引き取る間際、こんなことを言っていました。

有馬
「お前が 俺を殺したことにしてくれ
カネキケン
俺が・・・
なにを望んだか・・・
それはすぐにわかるはずだ・・・」

 

有馬が何を望んでいたのか気になるところですが、有馬は、喰種と人間が共存できる世界を望んでいたのではないでしょうか?

それを実現するべく、カネキが隻眼の王に君臨するという展開に向かっていくのではないかと予想します。

 

そんな東京グールre84話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

東京グールre 84話 ネタバレ 最新 確定あらすじ

■コクリア最下層からの脱出・・・!!

 

スクラップ場を抜けたトーカ達。

喰種A
「抜けられるぞ・・・!!」

喰種B
「廃水路につながった」

喰種C
「ここは・・・!!
もうコクリアじゃない・・・!!」

 

捜査官の気配に気付くトーカ。

 

トーカ
「・・・・・・・・・!
止まって・・・!!」

 

立ちはだかる数人の捜査官たち。
両手にクインケケースを持って前に出る安浦。

 

安浦
「・・・・・・・・・おかしいわね
鼠(ネズミ)にしては 大きいと思うわ」

 

201607091210585c6s

『安浦 清子 (特等)』

 

アヤト
「・・・!」

 

さらに田中丸も前へ出る。

 

田中丸
「ぴょんぴょんぴょんぴょこぴょんぴょこぴょん・・・
これはこれはかわいいウサギちゃんたち・・・」

『田中丸 望元 (特等)』

 

ふんと鼻息を吐く田中丸が先制攻撃を繰り出す。

 

田中丸
「檻から出ちゃァァァ ダメッ・・・・・・
だーッッッ!!!!!」

『羽赫 ハイアーマインド(高次精神次元)もしくは天使の羽ばたき(エンジェルビーム)』

 

田中丸の大砲のような強烈な攻撃を強大な赫子で受け止めるヒナミ。

ヒナミ
「・・・・・・・・・・・・下がってっ」

望元
「! ハイアーマインドを受け止めた・・・」
(なんと禍々しい赫子・・・)

 

しかし攻撃は完全には受け止め切れておらず、ヒナミは赫子にダメージを受け、その場に倒れ込む。

 

ヒナミ
「っく・・・」

 

ヒナミに駆け寄るアヤト。

 

アヤト
「ヒナミッ!!
野郎・・・」

 

赫眼を発動し、田中丸へ襲い掛かっていくアヤト。

 

田中丸
「!C’mon,C’monC’mon・・・」
(怒りに任せてダンスと来たかい)
「C'(か) むん!!」

 

アヤトの拳をクインケで受け止める田中丸。
薙ぎ払うようにクインケを振るい、さらにクインケを変形させていく。

 

田中丸
「若さよ!!!」
(ヤーングイケメングール)

アヤト
(・・・変形型か!
近・遠が無理なら 中距離で揺さぶって―――――――――――)

 

バズーカのようなクインケを構えている安浦。

安浦
「援護します」

東京グールre ネタバレ 最新 84話 (2)
『羽赫/S+ 是毘図(ぜびず)』

 

いくつものミサイルのような形の砲撃がアヤトへ迫る。

アヤト
「!・・・・・・チッ」
(ナメるな・・・羽赫の動きのパターンはある程度読める―――――)

 

アヤトは跳躍し攻撃をかわしたはずが、いくつも体にクインケが刺さっていた。

 

アヤト
「!!」
(追尾して・・・きやがったッッ!!)

 

さらに刺さったクインケが爆発し、一撃で吹き飛ばされるアヤト。

 

アヤト
「!!」

201607091210563c3s

ヒナミ
「!!・・・ ア・・・ヤトく・・・!」

 

助けに行こうとするヒナミを制止する万丈。

 

万丈
「ヒナちゃん駄目だッ!!」

 

さらにクインケを構えて上空から落下しているアヤトを追撃する田中丸と安浦。

 

田中丸
「遠隔(おなじみ)モォド・・・!!」

安浦
「連装・・・」

2人
「「射ッ」」

 

ふたりの同時攻撃がアヤトに直撃する寸前でトーカが赫子を使って阻止。
捜査官たちを睨みつけているトーカ。

 

トーカ
「・・・・・・・・・」

安浦
「赫子の噴出で押し止めるか・・・」

望元
「んがッ 所詮は羽赫・・・
いつまでも凌げるわけもなし!
レディ清子!
このまま押しましょう!!」

 

場面変わり、有馬の元を立ち去ろうとしているカネキにフードを被った零番隊の平子が声をかける。

 

平子
「止まれ」

カネキ
「班長・・・」

平子
「・・・・・・・・・・・・
ささ・・・
・・・・・・カネキケンだな」

 

一方、モニター室でモニターに見入っている灰崎。

 

灰崎
「―――――私のコクリアが・・・
このままでは・・・
御坂(前任者)とおなじ失態を・・・
逃げられる・・・
逃げられてしまうっ
Vは・・・」

 

そんな灰崎に背後から忍び寄る人影。
灰崎はモニターに夢中でその存在に気づいていない。

 

灰崎
「0番隊はあああああああ・・・
jajajajaja ジャックは・・・?
どうしたッ・・・」

ドナート
「しっかりモニターを見ろ監獄長」

 

灰崎の口を押さえるドナート神父。

20160709121057aa5s

灰崎
「ドナ」

ドナート
「“SSピエロ”の独房が空いてるぞ」

 

そう言うと灰崎の首をもぎって無造作に投げるドナート。
その首を満足げに見下ろしているドナートに、現れたウタがピエロのマスクを投げる。

 

ウタ
「クラウン
往こうか
王を迎えに」

 

そのマスクを受け取るドナート。

 

“神父”・・・その秘めたる仮面は・・・!

広告

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
有馬の正体についての考察はこちら
有馬が白髪化した理由はこちら

~東京グールre85話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - 東京喰種:re