よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre68話ネタバレ確定【ハイセが裏切りヒナミ救出成功!】

      2016/04/02

訪問ありがとうございます!
東京グールre68話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

68話 東京グールre ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

※最新東京グールre68話ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

・東京グール強さランキングはこちら
・クインクス「Q’s」強さランキングはこちら
・ハイルに死ぬ伏線が存在していた?考察はこちら
・カネキ(ハイセ)は虐待されていた?考察はこちら
・旧多はVとCCGの二重スパイ?考察はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

 

前回も見どころが満載だったトーキョーグール。

早速、冒頭から流島に到着したCCG捜査官たちとアオギリの樹のグールたちとの激しい戦闘が繰り広げられていました。

 

そしてアオギリの樹の幹部ミザと、CCGのジューゾーこと鈴屋什造との対決が確定。

個人的にはもしかするとジューゾーは死んでしまうのではないかと予想していますが、この後どうなっていくでしょうか。

 

そして、六月救出に向かったクインクス班のメンバーたち。

20160305162730bbas

瓜江
「5分で終わらせる」
(俺は六月を救う)

六月を救出するにあたり、瓜江とトルソーの対決は避けて通れない気がしますね。

こちらもどうなるか注目です。

瓜江には是非、トルソーをやっつけてほしいと思います。

 

また、ハイセの『ハイセ』という名前の由来が判明。

以前CCGに拘束され、精神的におかしくなっていたハイセに小説を差し入れることでハイセを救った有馬。

その有馬が名付け親でした。

有馬
「『更生プログラム』でお前の捜査官登用が組み込まれている
いつまでも『240番』じゃ困るだろう
何がいい?」

ハイセ
「名前って・・・
だれかに決めてもらうものじゃないですか・・・?」

有馬
「・・・『お前に任せる』と上にも」

ハイセ
「そんな事僕に言われても・・・」

有馬
「じゃあ
好きな漢字をふたつ 選んで」

・・・じゃあ、と新聞の単語を指差していくハイセ。

有馬
「『珈琲』と世界の『世』、か
・・・『琲世』は?」

ハイセ
「・・・ハイセ」

紙に書き留めるハイセ。

ハイセ
「うん・・・ぼく
気に入りました
ありがとう有馬さん」

笑顔でお礼を言うハイセを不憫そうに見つめている有馬。

20160305195508d91

有馬
「ハイセ―――――」

 

そんな有馬との回想を挟んだ後、ハイセは有馬やCCGを裏切り、突然喰種側に寝返ることになります。

20160305195510fbf

有馬との回想を挟んだ上で、あえて裏切りを選んだ流れからしても、確実にいずれ有馬との対決が待ち受けていると見てまず間違いなさそうですね。

また、タタラが以前「コクリアは二度は破れない」と言っていたくらいハードルの高いヒナミちゃん救出ですが、今回ハイセという最強の味方がついたことで、確実に成功するのではないでしょうか。

 

そんな東京グールre68話ネタバレは、以下更新済みです!

東京グールre 68話 ネタバレ 最新 あらすじ

『Sのそれ』

エトと旧多(ふるた)

コクリア深部にて・・・!

エトの独房を旧多が訪れる。

エト
「君か」

旧多
「そう邪険に扱わないで下さいよ先生
傷つくなあ・・・」

E69DB1E4BAACE382B0E383BCE383AB20E3838DE382BFE38390E383AC2068E8A9B169E8A9B1-112

と、エトの冷たい態度に少し落ち込んでいる表情を浮かべる旧多。

エト
「疲れるんだよ君と話すのは・・・
まだなにか?」

旧多
「『給仕』ですよ
お食事をお持ちしました」

すると旧多は唐突に話題をエトのマネージャーの塩野の話に切り替える。

旧多
「塩野さん
立派な編集さんでしたね
『王のビレイグ』の刊行にあたり
編集部にはギリギリまで内容について伏せられていたとか
たしかに『CCG』や和修を暗に否定するあの内容じゃあストップかかってもおかしくないですもんね・・・
その後も本が広く出回るようにいろいろと画策されたと存じてます」

エト
「・・・・・・殺したのか」

旧多
「『パテ』にしてみましたよ!」

tkg685a_

タッパーを取り出す旧多。

旧多
「あっレバーとかもつかってるので
苦手じゃなければ」

2016031219320027d
そう言ってそのタッパーをエトへ向けて持ち上げる旧多。

旧多
「男の手料理でアレですが」

旧多は先ほど手に持っていたタッパーをわざわざ足を使って小窓からエトに渡す。

旧多
「召し上がれ」

20160312193202f8e

エト
「・・・どうも」

旧多
「いえいえ」

ビーッビーッ

そこへ突如警報音が鳴り響く。

「!」

旧多
「おやおやタイヘンだ
事故かな?
事件かな?
じゃあ僕はもう行きますね」

背を向け歩き出す旧多だが、去り際にエトを振り返る。

旧多
「ところで
うまくいきましたか盗聴?
上には内緒にしてありますよ」

tkg683a_

エト
「・・・・・・」

旧多
「個人的に興味がありまして

うまくいくと良いですね
上官にもよろしくどうぞ」

去っていく旧多。

エトは暗い独房で1人、パテの入ったタッパーを見て落ち込んでいるような描写。

tkg684a_

E69DB1E4BAACE382B0E383BCE383AB20E3838DE382BFE38390E383AC2068E8A9B169E8A9B1-100

一方、旧多は慌てたフリをして看守室へ。

旧多
「監獄長ッ
じょ・・・
状況は一体・・・!?」

鋭い目線で監視カメラのモニターを見ている灰崎。

灰崎
「独房が解放された
エリアは第零から第一層
Aレート以下の”喰種”が収容されている区画だ」

どうやら地上が第零、すぐ下の地下に第一層(~Aレート)、第二層(~Sレート)、第三層(~SSレート)、その下と続くらしい。

E69DB1E4BAACE382B0E383BCE383AB20E3838DE382BFE38390E383AC2068E8A9B169E8A9B1-101

旧多
「そんな・・・
一体どうして・・・!?」

灰崎
「理由なら監視カメラに映っている
彼だ」

旧多
「!」

灰崎の目線の先には監視カメラを睨んでいるハイセの姿がモニターに映し出されていた。

E69DB1E4BAACE382B0E383BCE383AB20E3838DE382BFE38390E383AC2068E8A9B169E8A9B1-110

旧多
「佐々木・・・
準特等・・・
第二層の管理室から・・・」

灰崎
「所詮”喰種”よりの思想だったというわけだろう」

そう言うと灰崎は館内に向けて放送を始める。

灰崎
「全職員に告ぐ 独房を解放して回っている
佐々木排世準特等を確保しろ
繰り返す・・・
佐々木排世を確保しろ」

その放送の間にも、喰種の独房の扉を次々に開けていくハイセ。

ある独房の喰種
「アンタ・・・
人間じゃ・・・」

とそこで、コクリアの天蓋が開き始める。

20160312193204581

ガコン

看守たち
「!」
「お、おい・・・」
「天蓋が・・・」
「ちょっと待てよ・・・」
「さらに侵入者ってことか・・・?」

屋上に集結してる喰種たち
(目測だと60人ちょっとぐらい)

アヤト
「行くぞ・・・
ッッ!!」

アヤトを筆頭に、吹き抜けを一気に飛び降りていく喰種たち。

看守たち
「ラビットだ!!」
「アオギリか・・・!?!?」
「いや・・・わからない!!」
「独房の対処は!?」
「こいつらとどっちが先だ!?」
「わからんとにかく現場で対応する!!」

降り立つアヤトを囲む看守たち。

「囲めッ」
「ラビットは羽赫だ 全方位から抑えれば問題ない!」

しかしアヤトはジャンピング狙撃で看守たちを一気に沈めていく。

アヤト
「出来るだけ端に寄ってくれ
上からの追撃を避けるんだ」

そこにやって来る万丈。

万丈
「アヤト・・・!
なんで俺らが入るより先に警報が鳴ってたんだ!?」

アヤト
「・・・・・・誰だかわからないが・・・
独房を解放し回ってる奴がいる・・・」
(なんにせよこの機会を利用しない手はない・・・!)

その間にも、襲い掛かる看守たちを次々に蹴散らしていくハイセ。
しかし殺さないように手加減している様子。

看守たち
「ぐああッッ!」
「クソッ」
「銃が・・・」
「応援を・・・!!」

看守室に辿り着いたハイセはパソコンを操作し始める。

ハイセ
(非面会時の収容喰種の所在を知るのはコクリア業務の従事者のみ・・・)
「どこだ・・・」

収容喰種一覧を見てるハイセ。

ハイセ
(急げ・・・
急げ・・・
彼が来る前に・・・)

そこで急に頭痛が始まり、視界が暗く狭くなっていく。

ズキ ズキ

ハイセ
「・・・!!」
(クソッこんなときに・・・)
「!」

そしてついにハイセはヒナミを見つける。

ハイセ
「第三層 1.0・・・82号室―――――」

アヤトや万丈たち

アヤト
「万丈!!
そっち任せたぞッ!!!」

万丈
「ああっ」

さらに深層へと降りていくアヤト。

アヤト
(第二層・・・
ヒナミは・・・
もっと先か?・・・)

とそこで進路方向に雷が襲い掛かる。

アヤト
(ナルカミッか・・・!!??)

直撃寸前で、別の喰種によって助けられたアヤト。

アヤト
「悪い・・・!
助かった・・・」

顔を上げると、そこには有馬特等の姿。

20160312162807d6fs

「!!」

アヤト
「有馬・・・貴将・・・」

ハイセ

一方、第三層を歩いているハイセはあんていく襲撃作戦の時のことを思い返している。

『―――――カネキ
―――――カネキ・・・
俺は・・・』

~回想~

地下通路のハイセの元にやって来たヒデ。

ヒデ
「・・・俺はお前を助けたい
俺を喰え」

ハイセ
「ヒデ・・・
なに言って・・・」

ヒデ
「―――――この先ヤバイ奴がいる
逃げるのは無理だ
お前は・・・
そこで負ける
・・・死ぬかもしんねえ
だから・・・
お前には生かす価値があるってわからせてやるんだ
もう一度だけ全力で戦ってくれるか―――――」

E69DB1E4BAACE382B0E383BCE383AB20E3838DE382BFE38390E383AC2068E8A9B169E8A9B1-107

~回想終わり~

ハイセ
(・・・ヒデ
・・・・・・僕は―――――
きみのように)

独房のドアを開けるハイセ。

ハイセ
「・・・ヒナミちゃん」

20160312193558349

ヒナミ
「・・・・・・・・・お兄、ちゃん・・・?」

20160312193730e63

『誰かの為に(カッコ良く)』

ハイセ
「遅くなってごめん・・・
ここから出よう」

tkg686a_

やつれた様子ながらも優しく微笑むハイセ。

『命を懸けてみたい(死にたい)』

───今が、その時

~東京グールre69話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

広告

・東京グール強さランキングはこちら
・クインクス「Q’s」強さランキングはこちら
・ハイルに死ぬ伏線が存在していた?考察はこちら
・カネキ(ハイセ)は虐待されていた?考察はこちら
・旧多はVとCCGの二重スパイ?考察はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

 - 東京喰種:re