よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre トーカ・アヤトとヨモは親戚だった!伏線考察まとめ

      2016/04/02

東京グール強さランキングはこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

 

週刊ヤングジャンプで大人気連載中の東京喰種:re。

最近の東京喰種:re70話では、ヨモの回想によって、四方と霧島姉弟が親戚であるということが確定しました。

~四方の回想~

ヒカリ
「―――――わたし
好きな男できた」

四方
「・・・・・・・・・ え」

「間、長っ」と笑うヒカリ。

「つーか子供できた」

四方
「え
・・・・・・・・・・・・そっ」

顔を赤らめる四方
「・・・・・・そいつと一緒になるのか・・・」

ヒカリ
「なにアンタ
寂しいの?」

四方
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・べつに」

ヒカリ
「わかりやすいね
アンタッ」

ヒカリは四方の頭に優しく手を置いて言う。

「レン
子どもが出来ても
ムカついても嫌いになっても
ババアになっても・・・
死んでも
あたしはずっとアンタのねーちゃんだよ―――――」

そして時間が経ち、生まれた赤ん坊の手を握る四方。

「・・・・・・
ち・・・・・・
・・・ちっちゃい・・・・・・
生きてる・・・
のか?」

ヒカリ
「当たり前だろ
トーカ
っていうの」

20160326192710a97s

ヒカリ
「かわいーでしょ?
アタシに似て」

ほのぼのした表情を浮かべる四方
「トーカ・・・」

~回想終わり~

以前からトーカとアヤトの親戚ではないかということが言われてきたヨモですが、今回はその伏線について改めてまとめたいと思います。

まずはそれぞれのキャラクターを軽くおさらいします。

 

霧嶋 董香(きりしま とうか)

007

本作のヒロイン。
アヤトの姉。
愛称は「トーカ」。
羽赫。

『:re』では四方を対外的に兄とし、彼と二人で喫茶店「:re」を営んでいる。
そして薫りに惹かれて店を訪れたハイセと邂逅するが必要以上に干渉する事はなく、彼を静観する姿勢を見せる。

 

霧嶋 絢都(きりしま あやと)

zM--ZrL_u44

アオギリの幹部。
トーカの弟。
愛称は「アヤト」。
羽赫。

『:re』ではSSレートの喰種「ラビット」と呼称されている。
かなり身長も伸び、タタラに迫るほどになっている。
過去のトーカに よる捜査官殺しもCCGではラビット=アヤトによる犯行となっており、独自にハイセのことも追っている。

 

四方 蓮示(よも れんじ)

14119333506

芳村店長の右腕的な男性。
愛称は「ヨモ」。
羽赫。

『:re』ではトーカと二人で喫茶店「:re」を営んでいる。
あんていくのメンバーとは今も交流がある模様。

 

霧嶋姉弟の生い立ちについて

父親を亡くした後、子供二人で喰種の世界を生き抜いて来ただけあってふたりとも戦闘力は高い。
あんていくの芳村店長に”学校へ行く”という可能性を示され、姉のトーカは勉強をし学校へ、弟のアヤトはそんなトーカに嫌気が差し家を出て行った。

現在、トーカは喫茶店:reにて四方と共に働き、アヤトはアオギリの樹に所属している。
ずっと仲たがいをしていたふたりだが、ヒナミの救出をきっかけに仲直りした模様。

20160319193236c7b

トーカ
「充分デカくなったじゃん
・・・少しは頼りな
もう”私はいいから”
ヒナミを守ってやんな」

2016031919323757c

アヤト
「・・・・・・・・・バカ姉貴が
・・・身体・・・
なまってねーだろな」

トーカ
「ハァ?
舐めんなクソガキ」

 

霧嶋姉弟の父親について

霧嶋 新(きりしま あらた)

B6OdLZxCYAIczWj

トーカとアヤトの父親。

通称「骸拾いのアラタ」。

妻を当時16歳だった有馬貴将に殺されるものの、人間と共存していく道を選んだ。
とても温厚な性格で、人間との付き合いを大切にしていた。

人間の死体を拾う傍らで大量の共食いを行っていたらしく、完全な赫者である。

しかし、篠原幸紀、真戸呉緒らに居場所を突き止められ、子供を残し捕獲される。

おそらく生存しているが、特等方のクインケ「アラタ」を製造するために実験を繰り返されているものと思われる。

 

 

霧嶋姉弟の母親について

霧嶋 ヒカリ(きりしま ヒカリ)

BQcw57fj_400x400

トーカとアヤトの母親。

2人が幼い頃に駆逐された模様。

 

ヒカリが四方蓮示の姉だと思われていた理由について

トーカとアヤトの母親ヒカリがヨモの姉であることは既に原作で判明していますが、なぜ以前からヨモの姉ではないかと言われていたのでしょう?

それは、3つの共通点があったからです。

では、その3つの共通点を紹介していきます。

3つの共通点

その1 四方の姉と霧嶋姉弟の母親は虫を触るのが平気

幼いトーカが平気でミミズをつかむのを見た父親の新が「お母さんにそっくりだな」と発言しています。

そして四方の回想では、虫が苦手である四方に対して姉が虫をつまみあげ、「喰え」と言っていました。

このように霧島姉弟の母親もヨモの姉も、どちらも虫が苦手ではないという共通点がありました。

 

その2 四方の赫子と絢都の赫子の形状・効果音が酷似していた

四方が有馬に激怒し、全力で赫子の攻撃をしている場面と、アヤトが金木に対して赫子で攻撃を加えている場面がとても酷似しています。

また、四方の姉も絢都も赫子が出てくるときの音が「ズモモモモ」という共通点がありました

 

その3 髪形、髪色が似ている

これはなんとなくですが、トーカの回想に出てくる母親の顔と、四方の回想に出てくる姉の顔、髪型と、これはカラーではないのではっきりとはわかりませんが髪色も似ていました。

 

まとめ

以上のことから前々からヒカリはヨモの姉ではないかということが言われていたんですね。

姪っ子のトーカの面倒をみるという意味でもヨモはトーカと一緒に喫茶店「:re」で働いていたのでしょう。

そして四方がトーカに格闘技の稽古をつけてあげていた理由も納得がいきますし、霧嶋姉弟の叔父にあたるので赫子の形状が似ているのもうなずけます。

余談ですが、トーカちゃんの持っていた両親のエンゲージリングの裏に「ARATA HIKARI」と彫ってあったことから、母親の名前がヒカリであるということも以前から言われていたようです。

 

ちなみに東京喰種:re70話ではヨモがヒカリの弟ということが判明しただけではなく、有馬のナルカミの攻撃が顔面に直撃するという展開になり、現時点ではまだその後の状況が不明となっています。

四方の右腕を貫くナルカミ。

四方
(・・・・・・ッ)
「ぐ・・・」

その隙に間合いを詰めていた有馬。
至近距離からクインケを振りかぶる。

アヤト
「オッサン!!」

その時、四方を庇うように飛び出したトーカ。

四方
「!」

フッとマスクの下で笑う四方
「・・・・・・・・・どけ」

飛び出したトーカのさらに前に出た四方。
そこへ有馬のクインケが、四方の顔面を直撃。

東京グールre 70話71話 ネタバレ画バレ

ヨモは個人的に大好きなキャラクターのひとりですし、なんとか生きていて欲しいと願うばかりです。

毎回目まぐるしく状況が変わっていく東京喰種re。

今後も目の離せない展開が続いていきそうですね。

 

以上東京グール トーカ・アヤトとヨモの親戚説についてのおさらいでした。

広告

東京グール強さランキングはこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

 

 - 東京喰種:re