よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪200話ネタバレ確定【聖戦の記憶】最新感想予想

      2016/11/25

七つの大罪200話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新七つの大罪200話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ①
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ②

 

前回、メリオダスが復活し、
それをまだ知らない七つの大罪の2人、
ディアンヌとキングの回となりました。

そして沈黙を破り、遂に
妖精族と巨人族のトップであり
十戒のグロキシニアとドロールがキングとディアンヌの前に・・・!!

2人は死ぬ気でお互いを守り抜こうと向かっていくのですが・・・!?

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20198e8a9b1199e8a9b120e69c80e696b0-5

キングの真・霊槍の力も、
ディアンヌの巨人族のパワーもまるで歯が立ちません。

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20199e8a9b1200e8a9b120e69c80e696b0-3

ディアンヌに至っては
もう、ディアンヌが普通サイズの人間のよう・・・(汗)

今まであんなに強かった2人が
十戒、しかも
それぞれの先輩の前にはボロボロです・・・。(泣)

キング

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20199e8a9b1200e8a9b120e69c80e696b0-5

 

ディアンヌ

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20199e8a9b1200e8a9b120e69c80e696b0-4

七つの大罪、
”怠惰の罪(グリズリー・シン)”キングと
”嫉妬の罪(サーペント・シン)”ディアンヌ、

ここまでか・・・!?と
思われたその時

”十戒”グロキシニアとドロールから
意外な言葉が!!

グロキシニア
「・・・そっスね
じゃっ死んでもらうっス

キミらが私(アタシ)らの
期待を裏切ったら

キング&ディアンヌ
「!?」

ドロール
今より汝らに修行を与え

グロキシニア
私らを超えてもらうっス・・・!!

えっ?!

修行っ・・・!?

なんと2人を殺さずに
自分達を超える為の修行を行うと言います!

えーー!
これは十戒に寝返ったと思いきや
まさかのメリオダス達の味方、という展開なのでしょうか?!

以前、メリオダスと戦った時は
超本気で戦っていたグロキシニアとドロールでしたが

もともと3人は同じ魔人王を倒す同士だったので

メリオダスのことも良く知っていて
攻撃していた可能性もありますし・・・

この流れでくると

実は魔人王を倒す為に
”十戒”になったという説もありえない話ではありませんね。

そうであれば
キングとディアンヌを
妖精王の森から破壊することなく連れ出したことも
納得できます。

しかしそんなことをしたら
グロキシニアとドロール達の命が・・・と
心配になってしまいますが、

もし、

もともと魔人王を倒す為に
十戒の中に入り込んだのだとしたら
2人は大事なものを守る為なら

死など怖くないのでしょうね・・・。

心残りはあるかもしれませんが・・・。
(ゲラードのこととか・・・。)

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20198e8a9b1199e8a9b120e69c80e696b0-7

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20198e8a9b1199e8a9b120e69c80e696b0-105

なんとかこのまま実は〜的な展開だったらなあと
思うのは私だけではないはず・・・(笑)

なんとかハッピーエンドな流れであってほしいなあと思います♪

そしてここでグロキシニアも
羽も生えてないなんて〜〜!と言っているので

この修行によって
キングの羽、生えるか?!生えないままなのか?!(笑)
ここも楽しみです♪

そして次回のタイトルが
『聖戦の記憶』
なので、

次回はグロキシニアとゲラードの関係、
グロキシニアとドロール達の過去も
ようやく!やっと!

明かされるのではっ??!

楽しみです♪!

 

そんな七つの大罪200話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 ネタバレ 200話 最新 確定あらすじ『聖戦の記憶』

 

表紙カラー
前にメリオダス達大罪7人
 後にエリザベス他キャラ」

『連載200回達成
 数多の思いをその背に受けて
 ”七つの大罪”いざ参る』
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20200e8a9b1201e8a9b120e69c80e696b0-100

「キング&ディアンヌ、もはや敗北必死!!
動けぬ2人にグロキシニアが下した選択は・・・」

グロキシニア
「霊槍バスキアス 第七形態
”月の華(ムーン・ローズ)”
”生命の雫”」

傷ついてた体が一瞬で回復する
キングとディアンヌ
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20200e8a9b1201e8a9b120e69c80e696b0-3

「敗北の間際、
仇敵からの癒やしの力」

ディアンヌ
「う・・・そ・・・ボク達の傷を
治して・・・くれたの?」

ドロール
「・・・」

グロキシニア
「せっかく溜めた雫も
これでまたパアっス」
キングとディアンヌが構え
グロキシニア、ドロールと対峙する2人

nanatu200_2

キング&ディアンヌ
「くっ・・・!」

キング
「オイラ達をコケにしてるのか・・・!
一体なんのつもりだ!?」

グロキシニア
「”これからアタシらが君達2人を
鍛え直してやる”
そう言ったんス」

 

キング
「オ、オイラ達を鍛えるだと!?
どういう意味だ!!」

ドロール
「言葉の通りだ
今のままのお前達は
あまりに脆弱」

グロキシニア
「メリオダス風に言うなら~
”まだまだまーだ”
ってとこっスねぇ!」

ドロール
「ブフッ(吹き出す」
nanatu200_3

グロキシニア
「ドロール君が久しぶりに
吹いたっス!!」

ドロール
「くっ・・・不覚
今のはかなり似てました」

キング&ディアンヌ
「・・・(汗」

__________________

キング
「い・・・いや全く理解できない!!

確かにオイラ達はあなた達に
及ばない・・・

でも、それ以前にあなた達は
”十戒”・・・オイラ達の敵だ!!」

グロキシニア
「ま・・・気持ちは分かるっスよ」

ドロール
「だが我らは魔神族にあらず・・・
かつて我々は巨人の王
妖精王として共闘した‥

”十戒”を・・・魔神の王を
いつの日か滅ぼさんと夢見て

しかし我らは戦いの最中
それぞれにある選択を迫られ
選んだ末、今に行き着いた・・・

我らは悩んだ挙句
正しい選択をした・・・

先日、メリオダスと
再び拳を交わした

あの時までそう固く
信じていた・・・」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20200e8a9b1201e8a9b120e69c80e696b0-20

キング
「一体、三千年前の大戦で
何があったんですか・・・!?

あなた方は伝説にうたわれる程の
英雄王だと言うのに!!」

グロキシニア
「キング・・・それからディアンヌ
だったっスね
君達に是非証明して欲しい・・・

アタシらの選択が
正しかったか否かを
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20200e8a9b1201e8a9b120e69c80e696b0-103

そして約束するっス
この試験は必ず君達に
大きな成長をもたらすと

でも、当然その分代償は大きい
一歩間違えれば確実に死ぬっス

強制はしない、
ゆっくり2人で考えるといいっス」

キング&ディアンヌ
「やる!!」
nanatu200_4

即答し
互いに顔を見合わせるキングとディアンヌ

キング
「ディアンヌ!?
き・・・君は危険だよ」

ディアンヌ
「キングの方こそ止めた方が
いいんじゃない!?」

キング
「オ・・・オイラは君の事が
ただ心配で・・・」

ディアンヌ
「それだったら
ボクの方がキングより
よっぽど頑丈だと思う」

グロキシニアとドロールは
やれやれ・・・といった反応

グロキシニア
「なんだか頼りない後輩たちっスけど
その意気込みは評価するっスよ!!」

グロキシニアとドロールは印を結ぶ

ディアンヌ
「・・・この光は・・・」

キング
「な・・・何が始まるんだ」nanatu200_5

グロキシニア&ドロール
「”ドルキモト ヘカトコベ
ノクタセンキエト”・・・!!」

グロキシニア
「これは私達のもう1人の
友人から教わった術っス・・・」

_______________

”過去へ・・・”
nanatu200_6

キングは目を覚ます

キング
「ハァッハァッ・・・こ・・・ここは?
一体オイラ達は何をされたんだ?」

グロキシニアの姿になっているキングnanatu200_7

キングはハッとする

キング
「そうだ・・・ディアンヌ・・・
ディアンヌはどこだ・・・!?」
その時、肩に自分の長い髪が
かかってくるのを感じるキング

キング
「・・・ん?あ・・・赤い髪?
え?これオイラの?

!?これって・・・
なななななな・・・

ま・・・まさか・・・」

キングは近くの水たまりに
自分の顔を写す

自分の姿がグロキシニアに
なっていると知るキング

その時、ディアンヌの叫び声が
向こう側から聞こえる

ディアンヌ
「ニ”ヤーッ!!」

キング
「この声・・・ディアンヌ!?
待ってて今すぐ行く!!」

キングは羽を広げて飛ぶ

キング
「わ・・・わ、速い!!」

ディアンヌのところに
一瞬で着くキング

しかしディアンヌの姿を見て
キングは驚愕する

キング
「!!」

ドロールの
姿になっているディアンヌ

キング
「う・・・うそ・・・」

ディアンヌ
「ど・・・どうなってるのぉ!!
僕の体!?

腕が四本をついてるよぉ~!!
いや~ん!!」

nanatu200_8

キング
「落ち着いてディアンヌ!!
・・・だよね?」

涙目のディアンヌ
「その声・・・キング?
ボク達どうしちゃったの?

こんな姿、他の皆に見つかったら
誤解されちゃう~」

nanatu200_9
キング
「それにここは全く
見覚えのない景色だ・・・

さっきまでオイラ達は
建物の中に・・・」

_______________

次の瞬間、キングとディアンヌは
ゾクッとする気配を感じ、空を見上げる

キング&ディアンヌ
「何か・・・来る!!」

キング
「この禍々しい魔力・・・
魔神族に違いない!!
それも”十戒”レベルの・・・」

誰かが近くの岩の上に降り立つ
キングとディアンヌは構えるが・・・
現れたのはメリオダス

キング&ディアンヌ
「そ・・・んな・・・ま・・・さか
メリオダス!?」

メリオダス
「いよう!早かったな」
nanatu200_10

ディアンヌ
「うそ・・・だってキミは確かに
1か月前に死んだはずじゃ・・・!?」

メリオダス
「ドロールさんや
相変わらず下手な冗談だの~
グロキシニアも言ってやれよ」

キング&ディアンヌ
「・・・え?」

2人は顔を見合わせる

キング
「あ・・・いや誤解だよ!
オイラはキングで
こっちはディアンヌ!!」

ディアンヌ
「こんな姿になってるのには
事情があって・・・」

メリオダス
「こんな姿って・・・
いつものお前らじゃねーか

それに誰だよ
ディアンヌとキングって?」

キング&ディアンヌ
「・・・は?」

メリオダス
「大丈夫か、お前ら?

_______________

その時、誰かがキング達の後ろに
空から降り立つ

キング&ディアンヌ
「!?」

メリオダス
「お、さてさてさーて!
これで4人揃ったな
そんじゃ作戦開始といくか」

振り返る2人

ディアンヌ
「え?え?
キミがどうしてここへ?
エ・・・エリザベス!?」

nanatu200_11エリザベス
「どうして・・・って
4人で落ち合う約束でしょう?」

キング
「!!そ・・・その姿は?」

エリザベス
「?私の顔に何かついてる?」

ディアンヌ
「じゃなくて・・・
その背中についてる・・・
ものって・・・」

キング
「ありえない
妖精族の羽とも違う・・・」

エリザベス
「?」

メリオダス
「お前ら~今さら何言ってんだ
当たり前だろ?
女神族なんだからよ」
nanatu200_12

「顕現せし女神エリザベス
2人は偉大なる”王”の身に魂を移し、
伝説の時代をいま、その眼に映す!」

 

 

 

広告

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ①
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ②

~七つの大罪201話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 七つの大罪