よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪196話ネタバレ確定【君がいるだけで】最新感想予想

      2016/10/18

七つの大罪196話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新七つの大罪196話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ①
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ②

 

前回、ついにフラウドリンがメリオダスに倒されてしまいます。

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20195e8a9b1196e8a9b120e69c80e696b0-6

しかしながら
万々歳とはいかない流れでの・・・。

どうあがいても
闘級6万のメリオダスに圧倒的な差をつけられ
手も足も出ないフラウドリン。

フラウドリンは捨て身の自爆攻撃で
戦いに幕を降ろそうとします。

しかしその様子をずっと見ていたグリアモールが・・・

ブリタニア丸ごと消滅させる威力の
自爆攻撃を仕掛けるフラウドリン

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20195e8a9b1196e8a9b120e69c80e696b0-3

グリアモールはフラウドリンを
自分のウォールの中に閉じ込め
自らの命と引き換えに
皆を、父を助けるために、

フラウドリンの自爆を止めようとするのです・・・!!

『皆を殺さないで!』と。

フラウドリン
「頼む・・・いい子だから!!」

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20195e8a9b1196e8a9b120e69c80e696b0-5
フラウドリンはグリアモールの頭に
優しく手を当てる

フラウドリン
「お前の父も・・・
誰も殺さない」

グリアモール
「・・・約束してくれる?」

フラウドリンは自爆を止めていく
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20195e8a9b1196e8a9b120e69c80e696b0-4
フラウドリンが自爆をやめると、
球体を解くグリアモール
フラウドリンの元を離れ
ドレファスに抱っこされるグリアモール

もーーちょっとこれはダメですね!(泣)
切ない!!(泣)

長年ドレファスを支配して力を蓄えたフラウドリンだったのですが
皮肉にも
人としての心までも成長させてしまったのですね・・・(涙)

そうしてフラウドリンは
グリアモールとの(最後の)約束を守り、

自らの自爆を解き無抵抗の状態で
メリオダスに「殺せ」と言います・・・(泣)

そんな状況に笑みを浮かべ
様子のおかしい魔人化メリオダスは

フラウドリンを攻撃してしまいます・・・。

本来であれば
メリオダスの最愛の人リズの仇でもありますし、

復活したザラトラスの命を、そしてドレファスの大事な時間を奪い続けてきた
憎き敵なので万々歳で喜びたいところなのですが、

こんな展開になってしまっては
どうにもこうにも複雑ですね!(涙)

攻撃を受け続ける中、フラウドリンは
以前ゴウセルと話したことを思い出していました。

“回想”

ゴウセル

「逃げたのではなく
愛する存在の為の戦いに
身を投じたのだ
お前には分かるか?」

フラウドリン
「私には分かりません」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20195e8a9b1196e8a9b120e69c80e696b0-2

フラウドリンにはわからなかった。
あの時のゴウセルの言葉が。

でも今は・・・
命の火が消えそうになりながら
”愛する存在の為に”と言っていたゴウセルの言葉を
きっと理解しているのではないかと思います・・・。

このままフラウドリンは死んでしまうのでしょうか・・・。
メリオダスは
もとのメリオダスには戻ってくれないのでしょうか・・・?!

そんな七つの大罪196話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 ネタバレ 196話 最新 確定あらすじ『君がいるだけで』

「求むるは、恋人か血か 冷酷なる魔神、昂る
フラウドリンを下し、リオネス防衛戦終結!!
だが、メリオダスに異変が残り・・・」

 

陽が少しずつ落ちていく

ウンコをすると魔神ホークが
普通のホークに戻る

ホーク
「う・・・う~ん・・・
お・・・俺は一体今まで何を?」

ハッとするホーク

ホーク
「そうだ!!王国へ向かう途中・・・
魔神族達に襲われて・・・

そんで・・・そんで・・・おっ母が・・・
お”・・・お”っ母ぁぁ~!!」

ホークは涙を流して叫ぶ
そこにエリザベスが駆けてくる

エリザベス
「ホークちゃん!!」

ホーク
「ぶ・・・ぶえっ!
エリザベスびゃん・・・!」

エリザベスがホークを抱きしめる

エリザベス
「よかった無事で!!
心配してたのよ!!」

ホークは鼻水を流して泣き続ける

ホーク
「でぼ・・・でぼ・・・お”っ母が・・・
お”っ母が死んびばっば!!」

しかしその時、現れるホークママ

ホークママ
「ブゴッ!」

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-1
ホーク
「おか・・・おおお・・・おっか・・・
おっ母が・・・生ぎでぶ~~!!」

ホークは涙を流し
それを見て
エリザベスは微笑む

マーリンがグレイロードを捕えた試験管を
クルクル回している
考え事をしている様子のマーリン

マーリン
「・・・」

そこにエスカノールが普通の姿に戻り
やってくる

エスカノール
「マーリンさーん!!」

マーリン
「!・・・久しいな、エスカノール」

エスカノール
「やっぱりな~!
マーリンさんの魔力だと
思いましたよ~!!」

マーリン
「活躍は聞いたぞ
さすがは”傲慢の罪”
無双ぶりは健在か」

エスカノール
「いやぁそれほどですが、
あなたこそ石にされたと聞いて・・・

もちろん僕は大丈夫だと
確信してましたよ

どうしました?
久しぶりの再会なのに元気が・・・」

マーリンの目線の先には
メリオダスとバンの姿

エスカノール
「バンくんと・・・あれは・・・団長・・・!?」

メリオダス
「・・・いつまでつったってんだよ
なんか言いてぇ事あんだろ?」

バン
「・・・まあな」

メリオダスの左腕をポンと
軽くたたくバン

バン
「生きててくれて嬉しいぜ、親友」

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-4
メリオダスに顔を見せずに
バンはそのまま歩いて行く

バン
「さて・・・と今夜は祝杯でもあげるか」

メリオダス
「・・・」

_______________

 

マーリン達はその様子を見ている

エスカノール
「マ・・・マーリンさん僕達は
団長が命を落とす所を
この目で確かに・・・」

マーリン
「メリオダスは何度死のうと
蘇らせれる」

エスカノール
「え?」

マーリン
「魔神の王にもたらされし
呪いの力でな」

エスカノール
「?死なない・・・呪いですか?
凄いですね」

マーリン
「・・・問題は死から蘇る都度
感情を喰われ

最凶の魔神と呼ばれた次代の彼に
逆行しつつある事なのだ」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-2
雨が降ってくる

メリオダスに
向かおうとするエスカノール

エスカノール
「・・・っ・・・団・・・」

マーリン
「今はそっとしておいてやれ・・・」

マーリン
(フラウドリンが数々の
悲劇の種をまいた張本人とはいえ
あの倒し方はまずかった・・・)

_______________

 

”夜”
雨が降り止まない中、
バルトラ達が墓の前にいる

バルトラ
「・・・ここに4人の尊き聖騎士の
魂は眠りにつかん

王国の為、民の為に
この命を賭し犠牲となった彼らに
心から祈りを・・・」

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-103

ハウザー
「マルマス・・・あっけなく
死んじまいやがって・・・!!」

アーデン
「う・・・うう・・・うう~・・・」

デルドレー
「デンゼル・・・様・・・
どうして私達に
何も言わないで?」

ワイーヨ
「ドゲッド・・・どうか友と安らかに・・・」

ジェリコ
「なんで・・・
なんで兄貴が死んでんだよ・・・

俺を助ける為?
自分が・・・死んで・・・
どーすんだよ・・・!!

俺、兄貴とまだちゃんと
話・・・してないよ・・・」

ジェリコの頭に
優しく手を乗せるバン
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-7

ジェリコ
「いつ・・・もっ・・・
喧嘩っ・・・ばっか・・・で

ひぐっ・・・うわああああん!!
やだああああ!!」

_______________

 

ドレファスと
ヘンドリクセンに石を投げつけるデルドレー

デルドレー
「なんで魔神に操られて好き放題
やってきたあんたらが生き残って!!

デンゼル様達が
死ななきゃいけないのさ!!

バカヤローッ!!」

石がドレファスに当たる

ドレファス
「・・・」

ハウザーが手を広げて
ドレファスとヘンドリクセンの前に立つ

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-105

ハウザー
「お前らやめろ!!」

デルドレー
「どきな!!」

ハウザー
「好きで操られていたわけ
ねえだろが!!」

ハウザーに石が当たる

ハウザー
「イデッ!!」

ドレファス
「いいんだハウザー」

ハウザー
「よくねえっスよ!!」

その時、一同にバルトラが言う

バルトラ
「皆、どうかこの場は
国王のワシに免じて

死んでいったものの魂を
ただ静かに見送ってやってくれ」

スレイダー
「陛下・・・」

アーデン&デルドレー&ハウザー
「・・・」

バルトラ
「そして願わくば・・・一刻も早く
魔神共に荒らされた王国を・・・

人心を元に戻す事に
尽力してはくれまいか

その為には我々が一つに心を
束ねばならん」

ドレファス&ヘンドリクセン
「・・・」

_______________

 

”豚の帽子亭”

吹っ飛ばされて
ボロボロになった豚の帽子亭
そこにメリオダスが1人いる

メリオダス
「こりゃ派手に
ぶっ壊れたもんだな・・・
見る影もねぇや・・・

お?何本か生き残ってんな
メシの材料も多少は
確保できそうだ!」

火を起こして
メリオダスは肉を焼く

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-9

メリオダス
「さてさてさーて、
うまそーに焼けたな~

・・・まあどうせ
まずいんだろうけど・・・

ははっ」

メリオダスは酒を注ぐ

メリオダス
「リズの仇も討った事だし
祝杯といくか・・・

・・・たまには1人で飲む酒も
悪くはねぇよな」

そこにやって来るエリザベス

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-107

エリザベス
「やっぱりここにいた」

メリオダス
「エリザベス・・・
お前なんで・・・ここに・・・?」

エリザベス
「来たかったから・・・!」

メリオダス
「・・・いいけどろくなもんねぇぞ?」

エリザベス
「うん・・・いい!いただきまーす」

2人は肉を食べる

メリオダス
「・・・やっぱまじぃな・・・」

エリザベス
「う・・・うん・・・
でもやっぱりおいしい・・・!!」

メリオダス
「どんな味だよ
まずくてうまいって」

エリザベス
「フフ、誰を頼る事もできずに
1人でさまよい疲れ果てて

倒れた女の子に優しく手を
さしのべてくれた人が作った味

とっても優しい人の味・・・」

エリザベスはそう、笑顔で言う
しかしメリオダスは俯いている

メリオダス
「バンの奴、さっきはどんな顔で
俺を見てたのかな・・・」

エリザベス
「・・・」

メリオダス
「まいったぜ・・・

もう親友(ダチ)の顔も
まともに見れねぇ

どうしたもんかな・・・」

頭に手をやり
くしゃっとするメリオダス

メリオダス
「フラウドリンを殺した時、
すげえ気分が良かった
いや、今でも気分がいいんだ・・・!」

エリザベス
「メリオダス・・・」

メリオダス
「俺は昔の自分に戻るのが怖いよ
でも・・・元の俺に戻らなくちゃ・・・
お前を救う事ができねえんだ・・・」

メリオダスは涙を流す
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-6
エリザベス
(私を・・・救う・・・?)

メリオダスを抱きしめるエリザベス

エリザベス
「・・・大丈夫、メリオダス

私は何があっても
誰を敵に回しても
あなたの味方だから

あなたの側にずっといるから」
涙を流すメリオダスを
エリザベスは抱き寄せる
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20196e8a9b1197e8a9b120e69c80e696b0-3

「喜びも、苦しみも全てを分かちあい生きていく
この愛は揺るがない
葛藤する英雄を支えられるのは彼女のみ
戦いは終わり、新たな日々へと歩み出す」

 

広告

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ①
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ②

~七つの大罪197話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - 七つの大罪