よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪194話ネタバレ確定【復活!ドレファス!】最新感想予想

      2016/10/08

七つの大罪194話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新七つの大罪194話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ①

 

前回、
やっとフラウドリンをドレファスの体から引き離すことに成功しましたね!

フラウドリンが強すぎるので
苦戦していたヘンドリクセンとザラトラスでしたが

ここにきて空から落ちてきた魔人ホーク様の救いの一手(一鼻息?)により(笑)
風向きはヘンドリクセンとザラトラスの方へ!

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20193e8a9b1194e8a9b120e69c80e696b0-20

 

そして前回の予想では

対フラウドリンに
とっておきの秘策があるのでは?と書きましたが
それはザラトラスの全生命をかけた渾身の”浄化(パージ)”でした。

 

ザラトラス
「どうやら運は
尽きていなかったらしい」

フラウドリン
「何の真似だ・・・?
言っておくが貴様ごときの魔力では
私を葬る事はできんぞ・・・!?」

ザラトラス
「そんな事は十分承知しています・・・

だが私の全生命と引き換えの
”浄化(パージ)なら

弟の身体からキミを
引っぺがす事くらい
できるだろう・・・!!」

フラウドリンは目を見開く

ヘンドリクセン
「やめ・・・」

ザラトラス
「”浄化(パージ)!!」

光が周囲を包んでいく

 

フラウドリン
「お・・・おのれぇぇぇ!!」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20193e8a9b1194e8a9b120e69c80e696b0-3

しかし、ザラトラス渾身の”浄化(パージ)”でも
十戒レベルを浄化することは難しいのでしょうか。

今の段階ではドレファスの体からフラウドリンを引き離すのが精一杯なのかもしれませんね・・・!

しかしこれによりようやくフラウドリン本体と戦えるようになりました!

が、やはり強いフラウドリン。

ヘンドリクセンは胸に一撃を受けてしまいます。

 

ザラトラスも倒れた今、あわやここまでか?!という時に
登場したグリアモールにフラウドリンは心が揺れます。

tz193-3

フラウドリン
「グリア・・・モール!」

 

フラウドリンは

魔人ながらすこしずつ人間の心のようなものが芽生えてきていたのかもしれませんね。

でもそんな心も生まれてきていたかもしれないところで

復活したドレファスの攻撃をまともに受けてしまいました。

 

思えば、フラウドリンもかわいそうなやつなのかもしれません。

そんなところもこれからまた明らかになっていくことを期待します。

そしてドレファスも
ようやく長かった支配からの復活を遂げたので、

これからのドレファスの活躍も楽しみですね♪

 

次回、命をかけドレファスを助けたザラトラスは
このまま命の炎を消してしまうことになるのでしょうか・・・?

 

そしてメリオダスは今回出てきませんでしたが、
フラウドリンはメリオダスの最愛の恋人、リズの命を奪った張本人でもあります。

次回は
メリオダスの登場もあるのではないでしょうか・・・?!

楽しみに待ちましょう!

 

 

そんな七つの大罪194話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 ネタバレ 194話 最新 確定あらすじ『残酷なる希望』

ドレファスはフラウドリンを天貫破獄刃で
吹き飛ばした

グリアモールがドレファスに
駆け寄ってくる

グリアモール
「お父さーん!!」

ドレファス
「グリアモール!!」

グリアモールを
抱きしめるドレファス

グリアモール
「お父さんだ・・・!
僕のお父さんだ!!」

グリアモールは涙を流す

ドレファス
「こうして再びお前を
抱きしめられる日が
来ようとは・・・!!

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-101-c46a6

・・・ん?グリアモール
お前なぜこんな幼い姿に・・・?」

ヘンドリクセン
「ドルイドの里の修行中に
色々あって・・・

後でゆっくり説明するよ
おかえりドレファス」

ドレファス
「ヘンドリクセン・・・!!」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-20

ドレファスはヘンドリクセンを
強く抱きしめる

ドレファス
「・・・今まで心配をかけたな」

ヘンドリクセン
「それはお互い様だろ・・・!」

ヘンドリクセンは涙を流す

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-102
倒れているザラトラスが言う

ザラトラス
「やっぱり・・・ドレファスは・・・
強い・・・なぁ・・・ははは・・・は・・・

もっと早くに私の跡を継がせる・・・
べきだったよ・・・」

ドレファス
「兄貴!!しっかりしろ!!」

ザラトラス
「まいったな・・・
もう体に力が入らない・・・」

ヘンドリクセン
「グリアモールはジェリコ達と
一緒だったんじゃなかったのか?」

グリアモール
「あのね・・・オシッコから戻ったら
皆いなくなってた」

ドレファス
「兄貴・・・なぜあんな無茶を!!」

ザラトラス
「気にするな・・・キミ達を救う為に・・・
得たような命なんだから」

ドレファス
「私がもっと強ければ・・・
兄貴を手にかける事も

罪のない人々を苦しめる事も
なかったはずだ・・・」

ヘンドリクセン
「違うよ・・・悪いのは全て私だ・・・
私が弱いばかりに
ドレファスは奴の言いなりに・・・」

ドレファスに頭突き、
ヘンドリクセンの鼻にデコピンをするザラトラス

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-103

ドレファス
「あ・・・兄貴?」

ザラトラス
「キミらがそんなんじゃ
私はちっとも昇天
できんでしょうが・・・

悔やむ・・・くらいなら
その全てを・・・受け止めて
生きねば・・・ならない

それが・・・大人の責任の
取り方でしょう・・・?

それから・・・一つ伝言を・・・っ
ギルサンダーにいつも・・・
見守っている・・・と・・・」

ザラトラスが消えてゆく
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-21

ドレファス
「・・・必ず兄貴の言葉は
ギルサンダーに伝えよう」

ヘンドリクセン
「どうか安らかに・・・」

━━━━━━━━━━━━━━━

しかしその時、漂う煙の中から
聞こえてくるフラウドリンの声

 

フラウドリン
「その約束が
果たされる事はない・・・」

ドレファス達はゾクッとする

ドレファス
「こ・・・この声はフラウドリン!?
バ・・・バカな・・・”天貫破獄刃”は
確実に奴を消し去ったはず」

フラウドリン
「ククク・・・正確には貫いた、だな
さすがは俺の相棒だ、
確かに元のままではやばかったよ」

煙が晴れた先には
巨大なフラウドリンの姿があった
ドレファス達は口を開けて見上げる

フラウドリン
「2人ともいい表情だ

その絶望を顔に張りつめたまま
死ぬがいい・・・

どうだ・・・?これが本来の俺の魔力・・・
”巨大化(フルサイズ)”!!」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-22

ドレファスは
グリアモールを抱えて走り出す

巨大な腕を
振り下ろしてくるフラウドリン

フラウドリン
「ん?」

捉えられたかに見えた
ヘンドリクセンの周りには
マーリンのパーフェクトキューブが
ハウザー達を連れている
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-23-26f88

ハウザー
「なんだこのバカでかい
化け物はよ!?」

ヘンドリクセン
「ドレファスを乗っ取っていた
魔神の正体だ
ドレファス!!グリアモール!!」

ドレファス
「私達なら大丈夫だ!!」

ハウザー
「じゃあ・・・元の聖騎士長に
戻ったのか!?」

ヘンドリクセン
「ああ・・・!」

ハウザー
「本当かよ・・・やったぜ!!」

フラウドリン
「まとめて踏み潰してくれる」

━━━━━━━━━━━━━━━

しかし次の瞬間、
どこからか打撃を喰らうフラウドリン

フラウドリン
「むご!?」

打撃は数発続いて
フラウドリンは少し後退する

ハウザー
「急になんだ?」

ギーラ
「わからない・・・」
フラウドリンの肩には・・・メリオダスが乗っている!
打撃の主はメリオダスだった
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-1

フラウドリン
「メリオダス・・・!?
なぜ貴様が生きている!?」

スレイダー
「うそ・・・」

ハウザー
「夢・・・じゃないよな?」

ドレファス
「メリオダス殿・・・
生きていたのか!!」

マーリン
「やはり戻ってきたな・・・」

バン
「団ちょ・・・♪」

━━━━━━━━━━━━━━━

腕を振るいメリオダスを
肩から落とすフラウドリン

落下するメリオダスに
連続で拳を放つフラウドリン

フラウドリン
「かっ!!」

拳を全て避けながら
フラウドリンの体を跳躍していくメリオダス

フラウドリンの胸部を
ロストヴェインで斬りつけるメリオダス

フラウドリン
「ぐっ・・・!!」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-4

拳に力を入れてメリオダスへと
一気に振り下ろすフラウドリン

フラウドリン
「おあ!!」

メリオダスに拳が直撃するが
地面に着地するメリオダス

直後、足でメリオダスを踏んでくる
フラウドリン

フラウドリン
「砕けろ!!砕けろ!!砕けろ!!
砕けろ!!砕けろ!!砕けろ!!」

しかしすぐに跳躍し
フラウドリンの顎に頭突きをかますメリオダス

フラウドリン
「んがっ!!」
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-5

メリオダスは近くの岩場に着地する

フラウドリン
「やるなぁ・・・

だが今の俺なら貴様の力にも
引けはとらん!!

16年前の続きをとことん
やろうじゃないか!!」

ハウザー
「すげー・・・ほぼ互角の勝負だぜ!」

マーリン
「妙だ・・・」

マーリン
(団長殿の闘級3万・・・
以前よりも数値が・・・
ああ・・・そういう事か・・・)

━━━━━━━━━━━━━━━

その時、もう一人のメリオダスが
メリオダスの背後に現れる

メリオダス
「俺の分身相手には
上出来だったぜ」

フラウドリン
「へ?」

メリオダスをメリオダスの分身が素通りし、
そのまま分身は消える
e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-2

ヘンドリクセン
「!?」

ハウザー
「ぶ・・・分身!?」

マーリン
「神器ロストヴェインの特性
”実像分身だ”

よって、団長の
現在の闘級は・・・”6万”」

その事実にフラウドリンは
目を見開いて冷や汗を流す

メリオダス
「・・・どうした?なんか言えよ
フラウドリン」

フラウドリン
「・・・(汗」

メリオダス
「希望から絶望に
叩き落される表情・・・
最高にいい気分だ」

顔に模様が現れるメリオダス

e4b883e381a4e381aee5a4a7e7bdaa20e3838de382bfe38390e383ac20194e8a9b1195e8a9b120e69c80e696b0-1110

ヘンドリクセン
「メリオダス・・・殿・・・?」

ドレファス
「いや・・・あれは本当に
メリオダス殿・・・なのか?」

「蘇りし英雄は最強かつ最凶!!
圧倒的実力差でフラウドリンを弄ぶメリオダス!!
しかし、その言動には異変あり!!」

 

 

広告

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら
七つの大罪〜新章〜 登場人物まとめ①

~七つの大罪195話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - 七つの大罪