よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪183話ネタバレ確定感想【デンジャーゾーン】最新183話

      2016/08/18

七つの大罪182話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ 七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ~

最新七つの大罪182話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

闘級ランキング一覧はこちら
十戒メンバー強さランキングはこちら
元ネタから予想する今後の七つの大罪はこちら
エリザベスの正体についての考察はこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら

 

 

前回、メリオダスの過去の記憶で、七つの大罪は魔神族や十戒を討つ為に選ばれた者達だったことが判明しました!

メリオダス
「わかった・・・なら今すぐに集めようぜ
大罪が戒めを討つ時だ・・・!!」

tz182-4

エリザベス
「大罪が戒めを討つ・・・
まさか・・・!!」

ザラトラス
「その通りですエリザベス様
この時は2人が何を言ってるのか全く理解できなかったが今こそわかりました
〈七つの大罪〉とは・・・
魔神族〈十戒〉を討つ為に選ばれた者達だったのです!!」

 

また、メリオダスの命については、呪いが死ぬのを許さないとのことで、まだまだ謎が残されています。

ということは、十戒を成敗したら、メリオダスは呪いが解けて死ねるようになるということなのかもしれません。

 

メリオダスは、何者かに呪いをかけられたことをきっかけに改心したのでははいでしょうか。

その呪いをかけた人物はエリザベスに関係している可能性が高く、エリザベス本人ということもあるのではないかと思います。

また、メリオダスはエリザベスが運命の相手であることをずいぶん前から見抜いていたり、他にも未来を予見している部分があるので、タイムトラベラーではないでしょうか?

 

そして、そのメリオダスの魂は現在煉獄にいました。

最終的に煉獄からどうやって戻ってくるのかも気になりますね。

 

そんな七つの大罪182話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 183話 ネタバレ 最新 確定あらすじ

「今回は派手に殺られたなメリオダスよ」

メリオダス
「暇つぶしにのぞき見とはアンタもいい趣味だな」

「なに 我が忠実な “目” が貴様に起こった全てを見せてくれただけのことよ・・・」

メリオダス
「あっそ」

 

「・・・さしもの貴様も “敬神” と “慈愛” の戒禁にかかっては何もできず死を待つほかなかったわけだ・・・」

 

メリオダス
「おかげですっかり戒禁は解けたぜ?」

「その通り・・・ 我が生み出した戒禁を解く術は二つ・・・
戒禁を与えられし〈十戒〉を倒すか・・・死だ」

メリオダス
「・・・そしてオレはアンタに受けた呪いのおかげで何度でも蘇る!!
残念だったな にっしっしっ」

「ハ・・・ハ・・・ハ・・・
強がりはよせ
恐怖か?怒りか?
貴様の震えが手にとるように伝わってくるぞ・・・」

メリオダス
「さてさてさーて・・・
なんのことやらさっぱりですなぁ?」

「まだうそぶくか
貴様は己が生に終止符を打てぬだけに非ず・・・
かつて最凶の魔神の名をほしいままにした貴様が
あの女のせいで役立たずの骨抜きにされてはや三千年・・・
それが今の状態まで戻れたのは誰のおかげだ?」

地面の穴から黒いもやがどんどん出てくる。

「そう・・・貴様が死を選び、連獄へ来るたびに
我が貴様に芽生えし感情を喰らってやったからにほかならぬ!!
・・・さあ 此度も我が飢えと渇きを満たすがよいぞ
これも互いの今後の為だ・・・」

その黒いもやは巨大な人の形へとなっていく・・・

「我は感情を養分に失われし力を蓄え
貴様はかつての最凶の魔神に再び近づくことができる

tz183-1

喜ばしかろう 我が息子よ・・・?」

tz183-2

拳を振り上げて突っ込んでいくメリオダス。

メリオダス
「やれるもんならやってみろぉっ!!」

 

場面は変わって、リオネスの城下町。

サイモン
「スレイダー、おかしいよ」

スレイダー
「剣を持つ手に力が入らないわ」

聖騎士
「なぜだ?魔力も使えない」

ハウザー
「どうなってる、ギル?
このクソったれな魔神どもを前になんで力が出ねぇ!?」

ギルサンダー
「ぐ・・・ぐ メリオダスの仇は必ずこの俺が・・・とる!!
殺してやる・・・殺してやる!!」

ギルフロスト
「もうやめよう、ギル!?」

ギルサンダー
「黙れ!!お前はすっこんでろ!!」

 

一同の前にはエスタロッサ、モンスピート、デリエリ、グレイロードの4人の十戒。

エスタロッサ
「愚かで弱き人間諸君・・・
俺の前で “憎悪” を抱く者は、何人をも傷つける術を失う

tz183-3

俺は〈十戒〉エスタロッサ 魔神の王より “慈愛” の戒禁を与えられし者・・・」

バン
「 “慈愛” だぁ?ふざけんな!!団ちょを殺したてめぇが何をほざきやがる!!」

エスタロッサ
「んん?お前死んだはずだよな?まあどうでもいいが」

ギルサンダー
「俺達は・・・剣を握ることも拳を握ることも
奴に向かって歩くことすら叶わぬというのか・・・!?」

エスタロッサ
「かわいそうに・・・
その苦しみから救ってやろう」

 

そこへ大きな足音が聞こえてくる。

ズンッ!ズンッ!

 

tz183-4

 

モンスピート
「なんだ・・・?
この男は」

エスタロッサ
「なぜ戒禁が効いてねえ?」

ゆっくりとエスタロッサの前に歩いていくエスカノール。

エスカノール
「当然のことです
自分より弱い者に憎しみを抱くはずがないでしょう
抱くのは憐れみ」

エスタロッサ
「傲慢だな」

tz183-5

エスカノール
「・・・それが〈傲慢の罪(このわたし)〉」

睨み合う2人。

 

次回『超激突!!』

広告

闘級ランキング一覧はこちら
十戒メンバー強さランキングはこちら
元ネタから予想する今後の七つの大罪はこちら
エリザベスの正体についての考察はこちら
七つの大罪 特別番外編はこちら

 

~七つの大罪184話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - 七つの大罪