よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪170話ネタバレ確定【ドMのエスカノールがゴウセルを撃破?】

      2016/05/13

訪問ありがとうございます!
七つの大罪170話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

170話 七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

※最新七つの大罪170話ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

闘級ランキングはこちら

 

前回、ゴウセルを雑魚扱いしていたホークですが、逆にたったの1撃でゴウセルにやられてしまいました(笑)

さらにゴウセルは、仲間であるはずのジェリコまでぶっ飛ばす始末。

ちなみにふたりとも、おそらく命に別状はない模様。

 

そんな中、ゴウセルは既に戦意喪失しているエスカノールに対し『悪夢語り(ナイトメア・テラー)』を仕掛け、マーリンに見捨てられるという悪夢を見せます。

tz169-5

マーリン
「・・・お前は所詮
私の実験材料にすぎぬ存在
生涯、誰に愛されることなく・・・
孤独に死んでいくがよいエスカノール・・・!!」

 

しかし、これによってエスカノールは逆に覚醒。

tz169-6

エスカノール
「あなたは僕と並んで歩む人ではない
真っ暗だった僕の人生(みち)を照らしてくれた
太陽そのものなんですから」

 

tz169-7

エスカノール
「ゴウセル・・・
あなたが私に与えたのは
絶望ではなく希望です・・・!
さあ・・・!!
身を以て償わせてあげよう
心を弄んだ大罪を・・・!!」

大好きなマーリンに悪夢の中でこっぴどく拒絶されておきながら、逆に奮い立ったエスカノールは、相当なドMであることが判明しました。

普段のエスカノールの様子から、間違いなくマゾだろうなと予想していましたが、やはりそうでしたか♪

 

また、当初個人的にはゴウセルが勝つと思っていましたが、エスカノールが覚醒した今、ゴウセルが負ける可能性が見えてきました。

闘級で言うと、ゴウセルの3100に対し、エスカノールは過去に5万以上をマークしています。

このままゴウセルが何も手を打てなければ、エスカノールの勝ちは明らかですが、どうなるでしょうか。

 

そんな七つの大罪170話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 170話 ネタバレ 最新 あらすじ

『その光は誰が為に』

覚醒したエスカノール。

ゴウセル
「想定外の結果だな
まさか精神世界の擬似的
それも抽象的な太陽(イメージ)で反応するとは」

ジェリコ
「エスカ・・・ノール!
まだ・・・夜だぞ
な・・・なんで?」

ゴウセルによって頭から地面にめり込んだホークが顔を上げる。

ホーク
「プハッ
急に蒸してきやがった!!
一体・・・」

エスカノールを見たホーク
「ん?
と・・・闘級2万8800!?
つか誰このオッサン!?」

グロキシニア
「なんスかなんスカあの変化は!?」

ドロール
「闘級こそガランを上回る程度ですが実に面白い・・・!!」

ゴウセル
「所詮、擬似的変化では本来の数値には程遠い・・・
姿の維持も数秒間だろう」

エスカノール
「数秒(それだけ)あれば十分ですよ」

ゴウセルの眼鏡を奪ったエスカノールはホークの顔に眼鏡を投げる。

視界がぼやけるゴウセル。

ホーク
「プゴッ!?
なんだなんだ〜!?
め・・・
目がぐるぐる回る〜!!」

tz170-1

ゴウセル
「メガネを返せ・・・!!
“傀儡乱れ撃ち(ガトリング・ジャック)” 」

無数の矢を放つゴウセル。

ジェリコとホーク
「わああ〜!!
無茶苦茶だ!!」

ジェリコとホークはゴウセルの矢をなんとか避け、エスカノールは高く飛び上がる。

ジェリコ
「ゴウセルやめろ!!」

ホーク
「プッゴ〜!!」

エスカノール
「我が意志に応えよ・・・!!
神斧リッタ!!」

どこかの地に突き刺さっている神斧リッタが凄まじいスピードで飛んでゆく。

ピクッ・・・と気づいた様子のゴウセル。

グロキシニア
「!?」

ドロール
「今度はなんだ?
凄まじい速度で何かが・・・」

tz170-2

神斧リッタを右手で掴んだエスカノール。

エスカノール
「神器解放」

tz170-3

辺り一帯を眩しい明かりが照らす。

各ステージで戦闘中の皆も目を奪われる。

「な・・・なんだ!?」

アーサー
「夜に・・・太陽!?」

バン
「あいつ・・・まさか!!」

メリオダス
「・・・」

グロキシニア
「これは・・・
エスタロッサ級の魔力っスよ!?」

ドロール
「あり得ない・・・!!」

ジェリコ
「オッサン何をする気だよ!?」

ゴウセル
「・・・エスカノールは日の出と共に力が増し
正午において力が頂点(ピーク)に達する特異体質者
強力無比な力と体から発する熱量は周りのもの全てを焼き尽くしてしまう
奴の神器・神斧リッタの特性は “充填&放射(チャージ&ファイア)”
奴の発する莫大な熱量を全吸収し蓄え
任意で放つことを可能にする」

バンが助けに行こうとするがそれを止めるメリオダス。

バン
「団ちょどけ!!
このままじゃゴウセルもろとも師匠とジェリコが死んじまうぞ!!見殺しにする気か!?」

メリオダス
「エスカノールを信じろ・・・
バン!!」

バン
「・・・っ」

グロキシニア
「これぞまさかの一発逆転劇っスね〜!!
祭りはこうでなくっちゃ!!」

エスカノール
「心を弄んだ大罪を・・・
その身を以て購いなさい・・・!!」

ゴウセル
「受けて立つ!」

tz170-4

双弓ハーリット自動追尾モード “大停電の矢(ブラックアウトアロー)” を構えて放つゴウセル。

エスカノールは振りかぶった右腕を振り下ろす。

物凄い衝撃が周囲を包み、しばらくすると土埃が徐々に晴れてゆく。

tz170-5

ゴウセルの矢が体を貫き倒れゆくエスカノール。

対してゴウセルは全くの無傷。

ホークとジェリコも無事だった。

ゴウセル
「俺の勝ちだ」

ホーク
「俺・・・
生きてる・・・?」

ゴウセル
「残飯長
メガネを返せ・・・」

ホーク
「は・・・はい!!
ど・・・どうぞ」

ジェリコ
「エスカノール・・・」

メガネをかけたゴウセル。

ジェリコ
「・・・何が勝ちだ
ふざけるな!」

ゴウセル
「事実を言ったまで
奴は倒れ
俺は立っている」

ジェリコ
「ゴウセル・・・!
てめぇにゃエスカノールの心がわかんねーのかよ!?」

ゴウセル
「エスカノールの心・・・?
俺に腹を立てていたのは間違いないな・・・」

倒れているエスカノールは通常の姿に戻っている。

指差すジェリコ
「あれを見ても同じことが言えんのか?
エスカノールがお前に対して示した心だ!!」

ジェリコの指差す先にはエスカノールの攻撃した痕。

そこには十戒2人が倒れていた。

“心を弄んだ大罪を・・・その身を以て購いなさい・・・!!”

tz170-6

エスカノールはゴウセルではなく十戒に向け攻撃していた。

次回『時は来たれり』

広告

闘級ランキングはこちら

~七つの大罪171話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

 - 七つの大罪