よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ワンピース831話ネタバレ確定【ジンベエ親分が失うモノとは?】最新831話

      2016/06/30

ワンピース831話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~831話 ワンピース ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ~

最新ワンピース831話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ワンピースネタバレ一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

懸賞金ランキング 一覧はこちら

 

前回、ビッグマムの予感通り、やはり脱退を考えていたジンベエ。

しかしもちろん、ビッグマムはただでは脱退を認めませんでした。

ビッグマム
「去る者に理由なんか聞くな!!
見苦しい!!
そんなもんどうだっていい・・・・・・!!!
海賊なんだ 好きに生きるのが一番さ
―――――だが親子の盃を返されるのは親の恥だよ
ジンベエ・・・・・・
おれはお前という一大勢力を失うのさ・・・!!」

ジンベエ
「ええまァ・・・」

ビッグマム
「“まァ”じゃねェ お前も何かを失えよ!!!
それが“落とし前”ってモンだ!!」

 

と、海賊と言うよりまるでヤクザのようなビッグマムですが、ジンベエに落とし前を付けさせるためにビッグマムは、、あるルーレットを用意しました。

それがこちら!

ドン!!

20160623143123438

 

どうやら、このルーレットで射止めたものを失わないといけないというルールのようです。

中心部分には腕や足などの部位のマーク、またそれらを取り囲むように数字が描かれており、数字に関しては、寿命という説があるようですが、詳細はまだ不明となっています。

果たしてジンベエ親分は、脱退と引き換えに何を失ってしまうのでしょうか?

 

例えば脚を失った場合、ゼフと被りますし、腕を失った場合も、シャンクスと被るので、それ以外になりそうな気がします。

どちらにしても、この後、ジンベエ親分がビッグマム傘下を脱退し、麦わらの一味に加入することはほぼ確定的ではないでしょうか。

麦わらの一味の11人目の仲間になるのは誰?はこちら

 

また、ペドロの過去についても今回少し判明しました。

ペドロ
「おれは昔あの海アリ達に船を食われた」

チョッパー
「こわ」

ルフィ
「昔ってお前何しにここへ来たんだ?」

キャロット
「ペドロは昔ペコムズと一緒に海賊をやってたんだよ!」

ルフィ
「え!?そうなのか!?」

ペドロ
「世間知らずでな 探検家のつもりだったが賞金首になってしまった
ペコムズ達と一緒にいたのは途中までだ
ゆガラ達になら言えるが・・・
“歴史の本文(ポーネグリフ)”を探していたんだ・・・・・・!!」

一同
「!?」

ペドロ
「ネコマムシの旦那の役に立ちたくて・・・!!!
とうとうビッグ・マムのナワバリに足を踏み入れたのが最後の航海」

ナミ
「!」

ペドロ
「おれはここで一度敗れている!!!」

~ペドロまとめ~

・昔この海に来た事がある。

・ペコムズと共に海賊をやっていた。

・探検家のつもりだったが、賞金首になった。

・歴史の本文を探していた。

・ネコマムシの役に立とうとビッグマムの縄張りに入ったのが最後の航海。

・敗北した

・嫌な思い出のある地だが、サンジ奪還に少しでも役立つ為についてきた。

・恩人とはいえ光月家でもないルフィ達にロードポーネグリフを見せた事に驚いた。

・ネコマムシ、イヌアラシが他所者にロードポーネグリフを見せるのは26年ぶり ゴール・D・ロジャー以来。

・2人の王は海賊王となったロジャーの姿をルフィ達と重ねている。

・ロードポーネグリフが必要になる程の者達と見込んでいる。

・カイドウに勝ったら次はビッグマムのもつロードポーネグリフが必要になる。

・サンジ奪還と共に奪うべき。

 

ということらしいですが、さらにここからペドロはルフィがカイドウとの戦いに勝った後、ビッグ・マムの持つ“ロード・ポーネグリフ”の入手を買って出ました。

ということは、まずはカイドウを倒す前提となっていることから、ルフィが近い将来カイドウを倒すことになるのはまず間違いなさそうですね。

 

また、遂にホールケーキアイランドに到着したルフィたちの動向にも注目です♪

 

そんなワンピース831話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

ワンピース 831話 ネタバレ 最新 確定あらすじ

20160630161448025s

【『ホールケーキアイランド』南西の海岸】

■ワクワク必至!? アイツの出番がついにキタァー!!

ブルック
「行きますよ〜〜!!」

ルフィ
「何度見てもわくわくすんなァ!!」

キャロット
「え〜〜何コレ何コレ」

ブルック
「チャンネル“3”!!」

ルフィ
「出たァ——!!」

ブルック
「“シャークサブマージ3号”!!」

ペドロ
「潜水艇とは一体・・・・・・!!」

ブルック
「ヨホホ 私もこの一味に入って初めて乗ったんですよ
大丈夫 私が運転しますから!!」

ペドロ
「すまないルフィ
おれが勝手に行くと言いながらブルックの手を煩わせてしまう」

ブルック
「力になれるハズです!!
潜入なら得意分野」

そう言って魂だけ抜き出るブルック。

キャロット
「キャ— 何か出た!!」

ブルック
「必ずや“歴史の本文(ポーネグリフ)”の写しをこの手に!!」

ルフィ
「おう!!
頼むぞブルック ペドロ!!
サンジとプリンに合流したらこの辺りで待ってるよ!!」

ペドロ
「互いにくれぐれも気をつけよう・・・!!
ペコムズのメッセージを忘れるな!!」

そしてシャークサブマージ3号は海底へ。

ブルック
「では行きましょう!!
川を上って一気に
ビッグ・マムの住む城へ!!
深さがあればいいですが!!」

ペドロ
「頼む!!」

一方ルフィたちは海岸に上陸。

ルフィ
「よし上陸!!
着いたぞビッグ・マムの島!!
冒険のにおいがする!!」

ナミ
「絶対イヤよ!!」

ルフィ
「お———いサンジ———!!!
プリ〜〜〜ン!!!
約束通り来たぞ〜〜〜〜!!!」

地面を見て何かに気付くチョッパー
「お?」

ナミ
「ちょっと遅れたけどね ホントに2人が見えたの!? ルフィ!!」

ルフィ
「いたよ!! 間違いねェって!! マストの上から2人が見えた!!」

キャロット
「私達が見た時はもういなかったよね」

チョッパー
「ナミ!! 地面食ってみろ!! かたい生クリームだ!! うま!!」

ナミ
「ホントだ!メレンゲね この島もお菓子だらけなのかしら」

チョッパー
「え〜〜〜〜〜♡ 住みてェ!!」

ルフィたちの目の前には森が広がっている。
ケーキの丘に登るルフィ。

ルフィ
「この辺だ!!
確かにサンジとプリンがいて
目ェ離したスキにいなくなったんだ!!」

ナミ
「南西の海岸はここで間違いないし・・・
あんたはウソはつかないけど
居て居なくなる理由がわからないのよね」

ルフィ
「ん!!?」

チョッパー
「あれ!?」

ルフィ
「おい!!」

森の中に突っ立っているサンジの姿を見つけるルフィ。

飛び出すキャロット
「ああっ!!」

ナミ
「え??」

ルフィ
「おい!!! サンジ〜〜〜〜〜!!!」

ルフィも崖から飛び降りるが、またしてもサンジの姿を見失ってしまう。

ナミ
「え!?どこ!?
どうしたの!?」

ルフィ
「サンジがいたよ今!! あいつ何隠れてんだ!!」

ナミ
「ホント!?」

キャロット
「あれ!?・・・・・・!!?」

ルフィ
「え!?どこ行った!?」

サンジを追って森の奥へやってきた一同。
そこはお菓子の森。

2016063016144449cs

ルフィ
「見失った——!!
でもウマそう!! 」

チョッパー
「おかしの森だ———!!」

キャロット
「いい香り♡」

ルフィ
「お———い!!
サンジ〜!!!
出て来〜〜〜〜い!!!」

ナミ
「3人共見たんなら間違いないわね!!
でも何でいなくなるの!?」

『これだけは信じてくれ・・・・・・!! おれは仲間に隠し事をしてたつもりはない!!』の言葉を思い出す。

ナミ
「何かバツが悪いのかな・・・!!」

ルフィ
「手分けして捜すぞ!!おれこっち行くケーキのある方」

チョッパー
「おれまっすぐ!!
何か甘いキャラメルの匂いがする方」

キャロット
「じゃ私こっちね!!
見てキレー ジェリービーンズ!!」

ナミ
「ちょっと待て——っ!!!
二次災害の予感っ!!!」

ルフィ
「何だよ!!
今見失ったんだからカンで追いかけるしかねェだろ!!!」

ナミ
「典型的な迷子の思考に加えてあんた達 何か別の欲求につき動かされてない!?
わかったわよ!!
一緒に捜すから 3人共私のそばを離れない事いい!?」

そして森をいく一向。
道中、つまみ食いするチョッパー。

チョッパー
「この花お菓子だぞ!!」

キャロット
「うそー♡」

ナミ
「目移りしないの!!」

ルフィ
「よく見たら色んな所が食いもんだな!!」

ナミ
「それがおかしいとは思わないの!? ここは敵地よ!? ある程度捜してサンジ君達見つからなかったらすぐ引き返すわよ」

一同
「え〜〜〜〜〜!!?」

しかしお菓子に夢中のチョッパー。
緑の川の水をすくって飲んでいる。

チョッパー
「甘っ!!
わーこの緑の川メロンジュースだ!!」

ルフィ
「ホントかァ!?」

キャロット
「この橋もよく見たらドーナツ!!」

ナミ
「ちょっと!!いい加減に・・・・・・」

とそのとき、橋を渡る一向に食らいつこうとする巨大なワニが。

20160630161445d86s

一同
「!!?」

チョッパー
「え!!?」

ルフィ
「橋を渡れ!!!」」

ギリギリでワニの襲撃から逃れるルフィたち。

キャロット
「ワニだ!!
やっつける!?
ルフィ!!」

脱げかけた帽子を被り直すルフィ
「いや・・・・・・」

そんなルフィ達をワニはじろーっとみている。

ワニ
「なんだ 人間か・・・・・・」

一同
「!!?」

ナミ
「・・・・・・・・・ え?」

ワニ
「・・・・・・・・・・・・」

興味を無くしたかのように、さっさと帰っていくワニ。

ルフィ
「じゃ何だと思って食いついたんだ!!!」

ナミ
「そこじゃない!!!
ワニが服着て帽子被って喋ったのよ!?
この森やっぱり危ないし変よ!!」

ルフィ
「そんな事いちいち驚いてたらお前・・・・・・」

ルフィの隣にはキャロットとチョッパー。

ナミ
「いや!! そうなんだけど・・・・・・!!(汗)」

20160630161442f1ds

ナミ
「やっぱりプリンを信じて海岸で待つべきよ!!
見てすでに帰り道が危うい!!」

ルフィ
「ただの橋だ
川をジャンプすればいつでも帰れる」

そこで何かに気付くキャロット
「あれ?」

チョッパー
「ん?」

キャロット
「あれ?あれ?」

ルフィ
「ん?」

少し離れたところに、ルフィとまったく同じ姿形の人物が。

ルフィ
「「え??」」

キャロット
「えェ〜〜!?」

ナミ
「ルフィがもう一人!!?」

ルフィ
「「誰だお前っ!!!」」

2016063016144713bs

ルフィ
「「『誰だお前』っておれはルフィだよ!!!」」

「「マネすんじゃねェっ!!!」」

ナミ
「何!?
どうなってんの!?
どっちがルフィ!?
全く同じで同じ事喋ってる!!」

チョッパー
「いや!! ちょっと違う!!
鏡に映った“鏡像”みたいに キズもアクセサリーも全部反転してる!!
“向こう側”の奴はおれ達の知らないルフィだ!!」

ナミ
「ホントに鏡があるみたい!! 一体誰なの あんた誰!!?」

ルフィ
「・・・・・・・・・!! 答えろよ!! お前!!!」

キャロット
「あ!!いた!!
サンジがいたよっ!!!
あそこ!! 木の上!!!」

一同
「!!?」

木の上でごろ寝するサンジの姿。

ナミ
「サンジ君!?そんなとこで何してんの!?」

サンジ
「!!」

チョッパー
「サンジーおれ達迎えに来たんだぞー!!!プリンはどこだー!?」

ルフィ
「おーい サン・・・!!」

ガンっと2人のルフィが正面からぶつかり、倒れてしまう。

ルフィ
「「どけ お前〜〜〜っ!!!」」

そのスキにサンジは森の奥へ逃げていく。

チョッパー
「あっ!!
また逃げた!!
サンジ—!!!」

ルフィ
「こんにゃろ
どけェ〜〜〜!!!」

もう一人のルフィに殴り掛かるも、力は全くの互角。

ルフィ
「「くそォ!!お前ら先に行け!!!」」

「サンジを追え!!!」

チョッパー
「わ!! わかった!!」

ナミ
「バラバラになんないで!! チョッパーキャロット!! やっぱりおかしいってこの森!!またきっと何か起きる」

ルフィ
「「ゴムゴムのォ〜〜〜〜〜・・・」」

「「“銃乱打(ガトリング)”〜〜〜!!!」」

「「・・・・・・・・・・・・」」

「「誰なんだお前ェ〜〜〜っ!!!」」

森の奥へ進んだチョッパーやキャロットたちが驚き泣き叫んでいる。

キャロット
「キャ〜〜〜〜〜!!」

チョッパー
「ギャ〜〜〜〜〜!!」

ナミ
「・・・・・・・・・!!!
・・・!!・・・で
でっかい人が埋まってる———っ!!!」

巨人
「わ—びっくりした〜〜」

ローラとサンファンウルフを足したような不気味な巨人。

201606301616179f0s

チョッパー
「こっちのセリフだよ!!!
お前大丈夫か!?
誰にやられたんだ!?」

巨人
「え・・・・・・」

チョッパー
「埋められてるじゃねェか!! 体!!!」

巨人
「好きで埋まってんだよね〜〜〜〜」

チョッパー
「え——!?
バカなのかコイツ!!!
心配して損した!!」

巨人
「ジュース飲みたい」

チョッパー
「知らねェよ!!!」

ナミ
「チョッパーダメよ
まともに取り合っちゃ!!
こっちがおかしくなっちゃう!!」

巨人
「待て待て己ら・・・
ウヌはアップルジュースが大好きよね 左に行くとアップルジュースの滝あるよね ウヌあれ大好き♡」

ナミ
「ムシムシムシムシ!!
サンジ君を捜すのよ!!
・・・これ夢じゃないかしら」

巨人
「捜し人だな己ら・・・!!
ここを通ったぞ
アップルジュースをくれたら教えてやるよね」

ガサ・・・と物音を聞くキャロット
「!!」

「危ないナミ!!!」

「!!?」

突如斬りかかる、ダチョウに乗ったウサギ騎士。
キャロットはナミを助けるためダイブ。

201606301616189f0s

斬られた背後の木が叫んでいる。


「ぎゃあ——!!!」

ナミ
「え!? え!!? ・・・??」

現れたウサギはビッグマムの手下。
お茶会の材料を集めにいっていたあのウサギ。

ナミ
「木もワニも喋る・・・・・・
今のウサギ私達を殺す気だわ!!
すぐルフィの所へ!!まだ帰り道はわかる!!」

チョッパー
「でもサンジは!!?」

ナミ
「もう本物かどうかもわかんない 本当にサンジ君なら私達がこんな目に合うのを黙ってみてる!!?」

がしかし、そこでログポーズがグルグルと回り始める。

ナミ
「え!?方角が!!」

さらに時計の針もグルグル回り始める。

ナミ
「時間が!!
何から何まで変よこの森!!」

サニー号へと向かう道をふさぐように木が移動を始める。
傍らには人骨が転がっていた。

 

【ホールケーキアイランド南西の海岸 誘惑の森】

木や花たちが口々に話している。

「聞いた?」
「聞いた——」
「つめてつめて」
「キー♪キー♫」
「出口をふさいで♫」
「ハーナー♪ハーナー♫」
「遊ぼ遊ぼ♪」
「殺して遊ぼ♫」

201606301616206b5s

■奇奇怪怪!! この森危険(ヤバ)すぎ!!

広告

ワンピースネタバレ一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

懸賞金ランキング 一覧はこちら

~ワンピース832話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 - ONE PIECE