よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ワンピース824話ネタバレ確定【キャロットの強さはルフィ以上?】

      2016/04/21

ワンピース824話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

824話 ワンピース ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

最新ワンピース824話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

ワンピースネタバレ一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

懸賞金ランキング 一覧はこちら
カイドウの懸賞金予想はこちら
カイドウの正体や能力はこちら

 

前回、世界会議へ向け、それぞれの国の様子が描かれていました。

 

各国が少しざわついているのは
4年に一度世界の中心
【聖地マリージョア】にて行われる
【世界会議(レヴェリー)】の為である
この世界最高峰の会議では
実に50の国の王達が一堂に会し
世界中の由々しき案件を言及・討議し・・・
今後の【指針】を決定してゆく
しかし思慮深く、クセも二クセもある
各国首脳達のやりとりは・・・
毎度そうそううまくは運ばない

 

そして、それに伴い登場した国々を以下抜粋。

・砂の国~アラバスタ王国~

・東の海(イーストブルー)~ローグタウン~

・西の海(ウエストウルー)~花ノ国~

・南の海(サウスブルー)~悪ブラックドラム王国~

・偉大なる航路(グランドライン)~サクラ王国~

・情熱の国~ドレスローザ~

・~プロデンス王国~

・赤い土の大陸(レッドライン)~リュウグウ王国~

”各国首脳達のやりとりは毎度そうそううまくは運ばない”と説明がある通り、大荒れが予想される世界会議。

各国首脳達のやりとりが楽しみです。

 

一方ルフィたちは、ミンク族の銃士隊員、キャロットが同行する流れに。

ルフィ
「な!
何でお前がいるんだァー!!?」

キャロット
「付いて来ちゃった─っ♡
ガルチュー♡」

ペドロ
「恩人達に迷惑をかける気かキャロット
四皇のアジトへ潜入するんだ
遊びじゃない!!」

キャロット
「一度海へ冒険に出てみたかったの~!!
お願い!!
何でもするから連れてってー!!
迷惑にならない様にほら!
お弁当、ジュース、おやつ(全て人参)
着替えに・・・」

E383AFE383B3E38394E383BCE382B920E3838DE382BFE38390E383AC20823E8A9B1824E8A9B1-5

 

そんなキャロットは、旅への同行を許してもらいつつ、ルフィを殺しかけてました(笑)

人参をかじってるルフィ
「まーいいよ
乗っちまったもんは仕方ねェ!
自分の身は自分で守れるか?」

キャロット
「うん!!
ありがとう大丈・・・!!
何で私の人参食べてんのよー!!!(怒)」

ルフィ
「ギャーッ!!!」

本気で苦しむルフィ
「のド・・・!!
の・・・!!!」

ナミ
「頭をなでてルフィ!!」

ルフィ
「!?」

頭を撫でた途端、何故か機嫌がよくなるキャロット

キャロット
「えへへへへ」

ルフィ
「ぐあ・・・!!
危なかった
殺されかけた・・・・・・
やるなお前・・・・・・」

キャロット
「いいよ
人参あげる♡」

チョッパー
「ルフィがやられかけた・・・」

あのルフィを殺しかけるなんて、キャロットの強さは実はルフィ以上なのかもしれません(笑)

また、キャロットの参加によってさらに楽しそうな展開が待ってそうですね。

 

また、終盤では、革命軍の本拠地バルディゴが壊滅状態にあることが判明。

E383AFE383B3E38394E383BCE382B920E3838DE382BFE38390E383AC20823E8A9B1824E8A9B1-1

新聞を読み上げるペドロ
「“数十年謎だった土地が”
“ついに発覚”
“革命軍”の総本部!!
“バルティゴ”すでに壊滅状態」

と、前回はここで終わっているので、次回はバルティゴで起こった出来事の回想が入るかもしれませんね。

どのような経緯で壊滅状態になったのか非常に気になります。

 

そんなワンピース824話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

ワンピース 824話 ネタバレ 最新 あらすじ

『海賊ごっこ』

一同騒然!!

ルフィ
「え~~~~~!!!
革命軍がやられたのか―――――――――――!!?」

ペドロ
「ゆガラ確か・・・
革命家ドラゴンの・・・」

コック帽を被ってるルフィが新聞を食い入るように見ている
「ん!!?
あ!!
サボ~!!
これおれの兄ちゃんだよ!!」

ブルック
「ドレスローザで会ったって言ってた
もう1人のお兄さん!!?
“参謀総長”なんですか!?
革命軍のNo2じゃないですかっ!!」

ナミ
「どんな3兄弟よあんた達一体っ!!」

ルフィ
「あれ・・・!?
じゃこの横のドラゴンって・・・」

ナミ
「え!?
当然でしょ!?
2年前におじいちゃんが言ってたじゃない」

『お前の父の名は 「モンキー・D・ドラゴン」 革命家じゃ』

ナミ
「”革命軍総司令官ドラゴン”
あんたのお父さんでしょ!?」

えええええええと驚くルフィ
「これがおれの父ちゃんか!!!」

ブルック
「今更!!?」

キャロット
「えー!?
ルフィのお父さん革命軍のボス〜!?」

ナミ
「普通 気になるでしょ!?
こんな有名人が父親なんだから!!
ロビンもずっとお世話になってたって言うし!!」

ルフィ
「そうかー初めて見た
あんま似てねェな
それよりサボが心配だ!!」

ブルック
「ま 写真じゃ実感わきませんよね
ヨホホホ!」

チョッパー
「おーい ルフィ〜」

ナミ
「何者かの情報で総本部の場所が発覚・・・!!」

チョッパー
「ルフィ〜〜〜
おーい」

ナミ
「だけど“海軍”と“CP”が到着した時には“黒ひげ海賊団”が総本部を破壊した後だったって」

怒るルフィ
「黒ひげェ〜〜!?
あいつらァ〜〜!!!(怒)」

ナミ
「どうして“黒ひげ”が革命軍を狙うの!?」

ルフィ
「ドレスローザで“チャンピオンの奴”とサボが戦ったけど・・・
関係あるかな」

ペドロ
「四皇“黒ひげ”はCPとの衝突の後逃走したそうだ―――――――――――
だが特に死傷者などの情報は出ていなかった」

まだ呼んでいるチョッパー
「おーい」

ペドロ
「ゆガラの父や兄がもし捕まったり死亡したりしていたら
それが大ニュースになる筈だ
ひとまず命は無事なのではないか?」

ルフィ
「そうか!
そうだよなっ!!」

そこでチョッパーがしびれをきらす。

チョッパー
「おい!!
ルフィ!!」

ルフィ
「何だよ
さっきから!!」

チョッパー
「お前料理してくれるのはいいけど
アレ大丈夫か?」

「?」

「!!?」

「火!?」

なんとサニー号から火の手があがっている。

ルフィ
「しまった
火を使ったままだった!!!」

ボカン!!

「ギャー爆発したー!!!」
「火を消せーー!!」

ナミ
「待って!!」

一同
「!?」

空を見るナミ
「嵐が来る!!!」

一同
「え〜〜〜〜〜〜!!!」

するとすぐに空が黒い雨雲に覆われ雷が降り始める。

キャロット
「キャーー!!
何コレ〜〜〜!!
エレクトロ!!?」

ナミ
「すぐ帆をたたんで!!!
風で裂けちゃう!!!」

ルフィ
「火事はどうするー!!?」

ナミ
「豪雨が来る!!
消えるわ!!」

ルフィ
「ラッキー!!」

ナミ
「ラッキーじゃないわァ!!!(怒)」

さらに波も高くなっていく。

「ギャー」
「わー」

ナミ
「あんたも働けー」

ペコムズ
「おれは瀕死だ─!!」

 

ゾウ

ワンダ
「じゃあ キャロットは今頃海に!?」

バリエテ
「・・・・・・うん」

ワンダ
「なぜ早く教えてくれなかったバリエテ」

バリエテ
「ごめんでござる!
ワンダ!
誰かに話せば止められるからって・・・
キャロットはこっそり荷物をまとめて・・・・・・」

ワンダ
「ははーん
ゆティア・・・・・・
買収されたな!?」

背中にバナナを隠し、ギクっとするバリエテ。

バリエテ
「―――――――――――だけどキャロットはワンダを裏切りたいわけじゃなく」

慌ててフォローするバリエテの帽子をぐいっと引っ張るワンダ。

バリエテ
「!」

ワンダ
「―――――――――――いいよ 居所がわかってよかった・・・
いなくなった事を心配してたんだ・・・・・・
ルフィ達が一緒なら大丈夫だろう」

コクンコクンと頷き、安心してバナナを頬張るバリエテ。

ワンダ
「公爵様休まれてください
見張りなら多めにつけます」

イヌアラシ
「・・・・・・
敵はおそらくビブルカードを持っているのだ・・・・・・!!」

ワンダ
「!
どうやって手に入れたのか・・・!!
象主(ズニーシャ)が沈めた船と共に・・・
カードも失われていればいいが」

ワンダ
「また来るでしょうか?」

イヌアラシ
「警戒はすべきだ・・・・・・」

ワンダ
「はい」

その頃、近海の海の底に沈むジャック
(早く来い・・・
早くおれを・・・・・・
引き上げろ・・・・・・!!)

20160421163302124

ある国

「ジャック様の“ジョーカー奪還”も失敗に終わり」

「おおう」

「グビグビウィ〜〜〜!!」

「これで実質人造悪魔の実“SMILE”の取り引きは終了に・・・!!!」

カイドウ
「・・・・・・じゃあもうこれ以上“能力者(ギフターズ)達”は増えねェじゃねェかよォ〜〜!!
うおおお〜〜〜ん」

20160421163256bf9

部下
(今日は泣き上戸か・・・!!)

カイドウ
「うおおおおおおお〜〜〜〜ん!!!
全て能力者の最強の海賊団を作ろうぜって言ってたじゃねェか!!!
ウオオ〜〜〜〜
夢半ばで・・・
あんなガキ共にやられたってのか・・・!?
かわいそうなジョーカー・・・!!
ひとえにてめェが弱ェせいだが・・・」

部下
「─―――――――――――しかし“麦わら”は話題の男です!
ナメてかかると・・・」

その言葉にカイドウの目の色が変わる。
グビグビっと酒を飲み干すと、部下にルフィとローの手配書を持たせる。

カイドウ
「ナメてかかると」

部下
「?」

金棒を振り揚げ、部下ごと手配書をぶっ飛ばすカイドウ。

カイドウ
「何だってんだよォ〜〜〜!!!!
ギャアア〜〜っ!!!」

さらにぐびぐびと酒を飲んでいくカイドウ。
その前で部下達が震えている。

部下
「・・・・・・・・・あ」

カイドウ
「おれが誰だかわかってんのかァ!!?」

201604211632579c0

部下
「ヒエ〜〜〜〜〜っ!!!」
(怒り上戸に変わった〜~〜!!)

カイドウ
「―――――――――――・・・“麦わらのルフィ”!!
“トラファルガー・ロー”!!
知ってるさ
例の世代だろう」

「・・・・・・・・・!!」

カイドウ
「“七武海”を消したくれェで粋がってるガキ共・・・・・・
おれの取り引きに手ェ出した事はわかってる筈だ・・・・・・!!!
ウォロロロロ
おいお前 教えてやれよ
同世代のバカ共に!!
“早く逃げろおれ達がやってたのは ”
“海賊ごっこだった!!”・・・ってよ!!
ユースタス
“キャプテン”
キッド・・・・・・!!!」

牢屋の中でボロボロになっているキッドの姿。

再び“サウザンドサニー号”

サニー号の修理をしている一同。

ルフィ
「おー寒ぶっ」

ルフィ&チョッパー
「屋根ふさいだ」

ナミ
「ハイご苦労さま」

ルフィ
「よーし 嵐は去った!!
吹き飛んだ屋根もふさいだ!!
メシは守っといたからどんと食え
おれの料理!!」

一同
「わーい
ごはんだ
お腹ペコペコ~!!」

しかし歓喜の声はすぐに悲鳴に変わる。

「ギャアァアァア~~~~!!!」

ルフィ
「お!
うめェか!?
“おれの気まぐれカレー”!!」

泣いている一同。

ナミ
「ルフィ・・・・・・
お米って炊かなきゃ食べられないのよ」

チョッパー
「紫色のニガイのなんだ!?」

キャロット
「全体 魚の骨だらけ」

ブルック
「大量のジャム!!」

ペドロ
「ネバネバした・・・
水色の何か・・・!!」

ペコムズ
「おれ達が一体何をしたってんだ」

201604211632599d6

一口頬張るルフィ
「お前らせっかく作ってやったのに失礼な
まっっずえェ~~~!!!」

チョッパー
「ほらみろ!!」

ナミ
「こんなもん食えるかァ!!!」

ルフィ
「ひっくり返すなー!!」

ブルック
「あ~仮にも食べ物を祖末にして!
サンジさん怒りますよ」

慌てて食糧庫へいくナミ
「・・・・・・・・・!!
え!?
大量に積み込んだ食糧が・・・
ない!!!」

ルフィ
「あぁ 何回か失敗したからな
全部使っちまった」

ナミ
「え~~~~~!?
みんなの一週間分の食糧を!!?」

ルフィ
「ハラへってると思って!!
あはは」

―――――かくしてルフィ一行は航海初日にして
食糧の危機に直面した―――――

ナミ
「これからどうすんのよ私達~~~!!!」

キャロット
「ねーおなかペコペコ・・・」

ブルック
「サンジさん助けて~~~~~!!」

数日後―――――ビッグ・マムの海賊船

『プルルルルル』

サンジ
「雪かと思えば・・・」

タマゴ男爵
「ムハハ“わたアメ雪”でソワール」

一口舐めてみるサンジ
「・・・・・・
さっきからよく電伝虫が鳴るな・・・
甘っ」

タマゴ男爵
「“警告念波”をキャッチしているのだボン!
ここはすでに“ママのナワバリ”というわけでスフレ」

サンジ
「・・・・・・
その念波があそこにも届くのか」

タマゴ男爵
「察しがいい!!
あれは“28番タルト”
我らが“ビッグ・マム海賊団”の小隊がひかえる“支部”というわけでミルフィーユ!
これがママの船でなければ“ボン”!!・・・と攻撃される!!
意地を張らず“ジェルマ66”と共に
我らがビッグ・マム海賊団の傘下に入るのだボン!!
黄味(キミ)の父はそれを望んでアムール」

サンジ
「”あいつ”とおれの縁はもうとうに切れてる
おれは話をつけに行くだけだ!!」

タマゴ男爵
「いきがるな
黄味(キミ)が思うよりママは歓迎ムード
勿論 あのバカな“麦わら”の仲間だと知ってイルブプレの上で
黄味(キミ)があの“東の海(イーストブルー)”の海上レストランのコックであった事を
高く評価しているのだボン!!
腕前次第でより手厚い待遇になると存ジュール」

サンジ
「ふざけんな!!
いいか おれのこの手は!!
仲間達にメシを食わせる為についてんだ!!!
その為におぞましい地獄で修行も積んだ!!
今頃おれの料理が恋しくなって・・・!!
泣いてるあいつらの顔が浮かぶ」

タマゴ
「ムハハ!!
バカバカしい!!」

サンジ
「間違っても 仲間を消されて平然としてる様な奴らに
作る料理は一品もねェ!!」

タマゴ
「・・・・・・はー
ペコムズの事か・・・
奴は仕事に私情を挟んだ
ベッジが正しい」

怪人ヴィト
「タマゴ男爵!!」

タマゴ男爵
「! ヴィト」

怪人ヴィト
「ホールケーキアイランドから“プリン様”の写真が届いたレロ!!
まァ心の準備というか・・・
初めて会ってその場で結婚ってのも酷な話だと優しい計らい・・・」

サンジ
「数日前でも一緒だバカ 誰が結婚なんかするか!!!」

怪人ヴィト
「まァ見るだけ
―――――これがお前の結婚相手
シャーロット家
三十五女・・・・・・」

ギロっと・・・クールに振り向いたサンジの目と口からハートが飛び出す。

20160421163301f1cs

怪人ヴィト
「“シャーロット”“プリン”様だ!!」

201604211634138a7

サンジ
「!!!」

サ、サンジさん・・・??早くも大ピンチ!!

 

~ワンピース825話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

広告

ワンピースネタバレ一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

懸賞金ランキング 一覧はこちら
カイドウの懸賞金予想はこちら
カイドウの正体や能力はこちら

 - ONE PIECE