よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ワンピース819話ネタバレ確定【最後の島『ラフテル』へ!】

      2016/03/30

訪問ありがとうございます!
ワンピース819話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

819話 ワンピース ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

※最新ワンピース819話ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

懸賞金ランキング 一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

ワンピースネタバレ一覧はこちら

前回、ポーネグリフを解読したロビン。

ついに物語は、この漫画のタイトルにもなっている”ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”へと大きく動き出しました。

ロビンがポーネグリフを翻訳した紙をナミに見せている。

ロビン
「どお?
ナミ」

ナミ
「”歴史の本文(ポーネグリフ)”にこれが書いてあったの?
確かにこれを元に海図が描ける!
何かの場所を特定できそうよロビン!!」

ネコマムシ
「『くじらの森』は”これ”ゆえに神聖であり
わしら侠客団(ガーディアンズ)が守る必要があるがぜよ・・・!!」

イヌアラシ
「──その赤い石の名は『ロード(ポーネグリフ)』!!
海の猛者共が探し続ける”偉大なる航路(グランドライン)”の最終地点!!
──そこで導く為の石だ!!!」

ロビン
「・・・!!
まさか 最後の島『ラフテル』へ・・・・・・!!」

イヌアラシ
「その通り!!」

そしてさらにそのポーネグリフは800年前にワノ国の光月家が作ったことも判明。

ネコマムシ
「ワノ国光月の家系ゆうがは 実は代々石を切り出し加工する”石工”の一族
今なお高い技術力を持っちゅうがじゃ」

フランキー
「”石工”!?」

ネコマムシ
「──そうじゃ 800年前の大昔・・・!!
その光月一族の腕で作られた壊せぬ書物
──それが”歴史の本文(ポーネグリフ)”ぜよ!!!」

20160303143439d8f

ということは、ワノ国の光月家は聖地マリージョアの国宝や、ウラヌス、プルトン、ポセイドンなどの古代兵器とも深い関りがありそうですね。

聖地マリージョアの国宝考察まとめはこちら

また、その光月家の子孫の光月おでんは、かつてゴールドロジャーと共に『ラフテル』に辿り着き、世界の秘密を知ったひとりであることも判明。

錦えもん
「ああ・・・
察しの通り罪といえば大変な罪・・・
カイドウは我らから”情報”を引き出そうとしておる
先代大名光月おでん様は・・・
『海賊王』ゴール・ディー・ロジャーと共に
最後の島『ラフテル』に辿り着き!!
“世界の秘密”を知ったお方でござる!!!」

20160303143440a3c

ということは、光月おでんは元ロジャー海賊団の一員という可能性が見えてきました。

また、ロード(ポーネグリフ)は4つあり、そのうちの2つを四皇ビッグマムと百獣のカイドウが保有しているということで、ネコマムシが言うには、奪う必要はないとのことでしたが、どちらにせよ四皇ふたりとの衝突は避けては通れない展開になっていきそうですね。

この後、大筋では麦わらの一味は最後の島『ラフテル』を目指すことになるのは間違いなさそうですが、その前に、ワノ国を目指し、四皇カイドウとの対決になっていくものと思われます。

そしてビッグマムとの対決では、サンジの伏線も一緒に回収していくと思うので、そのへんもどうなっていくか楽しみです。

 

そんなワンピース819話ネタバレは、以下更新済みです!

ワンピース 819話 ネタバレ 最新 あらすじ

「モモの助の父ちゃんが・・・!!!」

「ゴールド・ロジャーと『ラフテル』に行った!!?」

驚く一同。

衝撃の真実!! “ひとつなぎの大秘宝”とワノ国の関係とは・・・!!?

ルフィ
「お前の父ちゃん
海賊王の船員(クルー)だったのか!?」

モモの助
「・・・・・・!!」 ぐすっ

ロビン
「世界の秘密を知った人・・・!!
レイリーさんとも一緒に・・・」

『・・・・・・ああ 知っている』
『我々は・・・歴史の全てを知った・・・』

というレイリーの言葉を思い出すロビン。

ゾロ
「そうか
その“世界の秘密”ってのを部下から聞き出す為に!!
カイドウと繋がってたドフラミンゴもシーザーもお前らを捕えようとしてたんだな」

錦えもん
「左様でござるが・・・!!
おでん様は秘密を我等に背負わせようとはせなんだ
拙者たちは何も知らぬ!!」

カン十郎
「ああ・・・
もっとも知っておっても口は割らぬがな!!
知ろうが知るまいが追手は止まぬ!!
ならばそれがしたちに残された道は!!
戦う事のみ!!!
おでん様が残された言葉はたった一言!!」

イヌ&ネコ&雷ぞう&錦えもん
「”ワノ国を開国せよ!!!”」

ルフィ
「!!?」

カン十郎
「主君おでん様の盾とならねばならぬ我らが・・・!!
あろう事か一転命を守られて!!!
生き恥さらした今やるべきは!!
命を賭して主君の無念を晴らす事のみ!!」

雷ぞう
「ワノ国の“将軍”を討ち!!
閉ざされた国を“開国”する事!!!」

錦えもん
「それらが我らの志願でござるっ!!!
ワノ国は今!!
手を組んだ“将軍”と“カイドウ”の手によりほぼ制圧状態!!」

ブルック
「何と・・・」

錦えもん
「今
国ではわずかな反乱の意志をかき集めておるが
まだまだ敵の“大軍”に対して
多勢に無勢!!
勝機は見えぬ
だが勝たねばならぬ!!!
したがって・・・
共に戦ってくれる同志を募る為
我らは海へ出たのだ!!
まずはこの『ゾウ』を目指して!!」

イヌアラシ
「ーああ
“光月家”と“ミンク族”は古くから何かあれば 運命を共にすると契りのある両族・・・!!」

ネコマムシ
「何よりわしとイヌはおでん様の直属の家臣!!
雷ぞうが来た日から戦士たちもみな腹を決めちゃあるがじゃ!!」

イヌアラシ
「しかしいざ戦ってみれば
たかだかカイドウの一軍隊
ジャックの軍団に対して”この結果”!!」

フランキー
「おい!!
そりゃ敵が汚ねェ“兵器”を使いやがったから・・・!!」

イヌアラシ
「卑怯な敵が反則負けになるならいいが・・・」

フランキー
「う・・・」

イヌアラシ
「フフ・・・
だが次はそうはいかんさ!!!
一度目の轍は踏まぬ!!!
“奥の手”もある
次戦うならミンク族の“真の力”を見せてくれる!!!」

錦えもん
「・・・・・・─して頼みが!!
ルフィ殿!!」

ルフィ
「!?」

錦えもん
「そしてロー殿!!」

ロー
「!!」

錦えもん
「命を救われなお物願いなど痴(おこ)がましいが・・・
おぬしらの強さには毎度圧倒されるばかり!!
所志道連れもご縁なれば
ワノ国の“将軍”及び 四皇“カイドウ”を討つ戦に!!
どうか助太刀願いたい!!!」

ルフィ
「!」

ウソップ
「うおーーー!!
やった!!
こりゃ願ってもねェ話だぞ!!!
“侍”たちに“ミンク族”!!
ウチにとってもすげェ戦力だ!!」

ルフィ
「断る!!!」

一同
「!!!」

ウソップ
「断るなァ〜〜〜!!!」

ルフィの首を絞めるウソップ。

ウソップ
「何を言ってんだァ!?
てめェは正気かァ!!?
ちょっと待ってくれ 今のナシだ!!
すぐシメるから!!!」

20160310134252d60

ナミ
「ルフィの言う事一理あるわ」

ウソップ
「え?ナミ!!?」

目がベリーのナミ
「交渉してくる」

フランキー&チョッパー
「違う違うやめろー!!」

ウソップに組み伏せられたルフィが叫ぶ
「お前は飾りかよモモ!!!」

201603101315433ef

モモの助
「!?」

ルフィ
「”お前”が言えよ!!!
偉いんだろうが!!!
こんなにすげェ奴らの“大将”なんだろ!!?
泣いてるだけか!!!」

モモの助
「・・・・・・・・・!!」

ルフィをビンタしまくるナミ
「いい加減にしなさいよルフィ!!
こんな時まで8歳の子供にムキになって!!!」

モモの助
「・・・・・・・・・!!」

ブルック
「ルフィさん“跡取り”というのは
成人するまではそれ程しっかりする必要はないものです
周りの大人がちゃんとフォローを・・・」

ナミ
「そうよ♡
おいでモモ ごめんねウチのバカがひどい事言って」

ブルック
「ちょっとそこだけは私物申しますけど!!!」

20160310134751ac8

とぼとぼ歩き始めたモモの助は、ナミに抱っこされるかと思いきや素通り。

ナミ
「ん?」

『見渡せやせぬ・・・!!』

『それが“世界”だ!!』

『モモの助!!』

光月おでんの言葉を思いだしつつ、ルフィの元へと歩いていく。

さらにカイドウ襲撃の様子が次々に思い出される。

錦えもん
『囲まれたぞ!!!』

『火を放てェーー!!』

モモの助
『母上ー!!』

錦えもん
『逃げるんだ!!
逃げ場ならある!!!』

モモの助
「ルフィ・・・」

『みな走れーーーー!!』

モモの助
「・・・・・・!!」

カイドウ
『お前の父は・・・
バカ殿だ』

モモの助
「カイドウを倒しだい!!!
カイドウは親の仇でござる!!!
うぅ・・・・・・!!
母上も殺されもうした!!」

一同
「!!?」

モモの助
「せっしゃだって早く大人になって!!
強くなって!!
父上と母上の仇を討ちたい!!!
家臣もみなまもってやりたい!!!」

錦えもん
「モモの助様・・・!!」

涙のネコマムシ
「そのお気持ちで・・・
充分じゃき・・・!!」

同じく涙のイヌアラシ
「歳取ったなゆガラ」

ネコマムシ
「黙れ」

モモの助
「されど・・・
体も小さいゆえ・・・!!
むりでござる!!
だからいっしょにたたかってほしいでござる!!
ルフィ!!!」

土下座をするモモ
「このとおり・・・・・・!!
おねがいするでご
ブ!!」

下げた頭を止めるルフィ
「よくわかった!!」

20160310140836e3ds

モモの助
「!!」

そしてルフィは右手を差し出す。

ルフィ
「手ェ組もう!!
“同盟”だ!!
カイドウの首はおれが貰うぞ!!!」

ぱっとモモの助の表情が明るくなっていく。

そして差し出された右腕をすがるように握りしめる。

モモの助
「かたじけのうござる!!
かたじけのうござる!!」

ルフィ
「違うよ!!
“がしっ”ってやるやつだ
“がしっ”って!!」

その様子を微笑ましそうに見てる麦わら一味。

錦えもん
「8歳相手にムキにはなれど
モモの助様を最も一人前と見ておるのはルフィ殿かも知れんな・・・」

イヌアラシ
「確かに これが筋だ」

ロー
「”麦わら屋” おれへの筋はどうした」

ルフィ
「ん?いいだろ?」

ロー
「いいけどだ!!(怒)
よーーし おれたちは!!
“四皇”カイドウをブッ飛ばす為の!!
“忍者海賊ミンク侍同盟”だ!!!」

ウソップ
「長ェな!!」

ナミ
「忍者いるの?(汗)」

ウソップ
「それはいるだろ!!!」

ルフィ
「お前ら!!
もう二度と頭を下げるな!!
手もつくな!!
“同盟”っていうのは “友たち”の事だ!!!」

ロー
「違う!!(汗」

ルフィ
「それから同盟は組むけど条件がある!!」

雷ぞう
「ふむ
ん?
いやそれは組む前に言う事ではござらんか!?」

ルフィ
「ウチは今仲間が一人欠けてんだ」

ネコマムシ
「あァサンジの件か・・・!!」

事情を説明するルフィ。

イヌアラシ
「何だと・・・!!
ビッグ・マムに!?
聞いていないぞ!!」

ネコマムシ
「ゆガラが寝ゆう間の事じゃき」

ルフィ
「おれが連れ戻して来るから
それまでは戦うの待ってくれ!!
そのかわりサンジは強ェぞ
あいつが帰って来たら千人力だからな!!」

イヌアラシ
「そうか・・・
それは頼もしいが
大丈夫か!?
相手は“四皇”ビッグ・マム!!」

ルフィ
「別に戦うわけじゃねェから平気だ!!
ペコマムシと行くよ」

イヌアラシ
「ペコ・・・
マムシ??」

ゾロ
「おれは・・・
2千人力だがな」

頭をぽんぽんしてあげるナミ
「ハイハイ」

201603101443097d4s

『侠客団』居住区

ワンダ
「ー今日は奇跡の日だな・・・!!」

ペドロ
「確かに・・・
昔大親友だったらしいイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那が・・・
長い旅の末・・・
瀕死の状態でこの島に帰った日には・・・
すでにあの抗争状態だった
目を合わせれば殺し合う程の大ゲンカ
一体何があったのか」

キャロット
「私まだ生まれてないね」

ワンダ
「私やペドロもまだ子供だった」

くじらの森ではさっそく宴の準備が。

「今日は2人の王の“手打ち宴”だァ〜〜!!」

「もう好きな時間に起きて寝れるぞ〜〜!!」

「“麦わら”たちはまだか〜?」

一方、ゾウの足元

「目標を確認しましたジャック様っ!!!」

20160310144311ad0

ジャック
「ああ 見りゃわかる・・・!!
まったくまたここへ来るハメになるとは・・・!!
シープスヘッド・・・
“雷ぞうはいませんでした”
ーそれで帰って来るとは思わなかったぜ・・・」

血だらけになり、吊るされているシープスヘッド。

ジャック
「ミンク族は生命力が強い・・・!!!
万が一・・・・・・ガスから逃れた者たちがうまく手当てをしたら?」

ジンラミー
(何者かに追い出された事などとても言えない)

ジャック
「殺しかけたら息の根を止めろ!!
情けは厄介な復讐を生む」

部下たち
「どの道弱ってます
攻め込めばあっと言う間に・・・」

ジャック
「攻め込む必要もねェ・・・」

部下たち
「!?」

ジャック
「“巨象”を殺す!!!
え!!?」

大同盟の影で迫り来る非道の凶漢!!

~ワンピース820話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

広告

懸賞金ランキング 一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

ワンピースネタバレ一覧はこちら

 - ONE PIECE