よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ワンピース ゴールドロジャーは生きている? ロジャー生存説・復活説まとめ

      2016/04/22

海賊王ゴールドロジャーは生きている? ロジャー生存説・復活説まとめ ワンピース伏線考察

懸賞金ランキング 一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

ワンピースネタバレ一覧はこちら

漫画ワンピースのタイトルにもなっている「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を遺したとされる伝説の大海賊ゴール・D・ロジャー。

既にローグタウンにて処刑され死亡していますが、今回はそんな海賊王ゴールド・ロジャーの生存説・復活説についての考察です。

 

“海賊王”ゴール・D・ロジャー / ゴールド・ロジャー

wf156

ロジャー海賊団船長。
ポートガス・D・エースの父親。
東の海・ローグタウン出身。

かつてこの世の全てを手に入れ、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」 を遺したとされる伝説の海賊。

本名は「ゴール・D・ロジャー」だが、政府の情報操作により現在は「ゴールド・ロジャー」として名が残っている。

 

ロジャーの性格や生い立ちについて

性格は怒らせれば凶暴・短気・わがままながら、普段は子供のように単純かつ真っすぐで、何事も派手にやることを好んだ。

恵まれなかった生い立ちゆえに、愛する者を失うことを極度に嫌い、仲間の危機には敵を逃がさぬよう立ち塞がり、盾となって戦う姿勢を見せていた。

 

若い頃、初対面だったレイリーを無理やり誘って共に海に出た。

その当時は麦わら帽子をかぶっており、後に見習いのシャンクスに譲り、現在はルフィのトレードマークとなっている。

万物の声を聞くことができたとされ、古代兵器の在処や、「Dの意志」「空白の100年」の秘密も知っていた模様。

 

28年前に不治の病にかかり、その苦しみを和らげることのできるクロッカスを船医として迎え入れる。

3年の航海の末「偉大なる航路」を制覇し、「海賊王」と呼ばれるようになる。

その後、船員達に解散命令を出した後、南の海のバテリラでポートガス・D・ルージュとの間に子供(エース)ができる。

 

そして解散から1年後、世界政府に自首。

そこで長年の宿敵だった海軍中将ガープに、まだ生まれぬエースを守るように託した。

 

エースが生まれる1年3カ月前に、生まれ故郷であるローグタウンにて処刑が実行。

ロジャーが死に際に放った「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ・・・ 探してみろ この世の全てをそこに置いてきた」の一言により、世は大海賊時代を迎えることとなった。

 

ロジャーは本当に生きているのか?

故郷ローグタウンにて処刑されているロジャーですが、なぜ生存説が噂されているのでしょうか?

それは、ワンピース820話にて、イヌアラシが以前ロジャーの船に乗っていたことを打ち明けるところから始まります。

イヌアラシ
「ネコも私も一時
ロジャーの船に乗っていたのでな」

一同
「!?」

20160316021645059

ルフィ
「えーーー!!?
お前らも海賊王の船員なのか!?」

イヌアラシ
「それも言い方一つだが・・・
私達は常におでん様の従者として船に乗った
“白ひげ”のモビーディック号に乗っていた時も」

~中略~

ウソップ
「しかしおめェら”伝説”と繋がりすぎてて
レイリーと会った時みてェに頭クラクラするよ」

モモの助
「せっしゃもロジャー達に会っておるが記おくはあいまいでござる
わかかったゆえ」

ウソップ
「成程・・・
曖昧ってウソつけ!!
ロジャーは20年以上前に死んでるよ!!
誰と勘違いしてんだ!!」

ネコマムシ
「ゴロニャニャニャ!!
おでん様の冒険は濃厚じゃき
いずれまとめて話しちゃるぜよ!!」

201603310000

ここでモモの助が「せっしゃもロジャー達に会っておる」とハッキリ言っていますよね。

ウソップは誰と勘違いしているんだと即座に突っ込んでいますが、果たして本当に単なる勘違いなのでしょうか?

普通に考えると、現在8歳のモモの助が24年前に処刑されたロジャーに会っているというのはおかしな話です。

 

しかし、個人的にはこれがモモの助の勘違いとはどうしても思えません。

なぜなら、ウソップのツッコミの直後、ネコマムシがいずれまとめて話すと言っているからです。

単なる勘違いなら、ネコマムシがモモの助にそれを教えてあげるのが筋というか、普通の流れではないでしょうか。

でも、ネコマムシはそのことを否定せず、いずれ話すと意味深とも取れる発言をしています。

 

そこで、モモの助の言葉が仮に本当だとして、考えられる2パターンを考察したいと思います。

ロジャー生存説について考える

先ほどのモモの助の言葉が仮に本当だった場合、モモの助がこの8年間のどこかで本当にロジャーと会っていた可能性と、実はモモの助は8歳ではなかったという2パターンが大まかに考えられると思います。

まず、モモの助が本当は8歳ではないう可能性ですが、さすがにそれはないと思います。

だって、モモの助はどう見ても子供ですし、それに819話でこんなセリフがありました。

モモの助
「せっしゃだって早く大人になって!!
強くなって!!
父上と母上の仇を討ちたい!!!
家臣もみなまもってやりたい!!!」

このようにモモの助は自分で自分が子供であることを認めていますし、それに日ごろのナミへの接し方や行いを見ていてもお子ちゃまであることは明確です。

よって、モモの助の年齢詐称疑惑の可能性は低そうですよね。

ということは、やはりロジャーはモモの助と少なくともこの8年のうちに会っていたことが考えられます。

 

そして、これはエース復活説でも紹介しましたが、ワンピースといえば昔から「死んだはずなのに実は生きていた」という事例がよくあります。

例えば、サボやボンちゃん、アラバスタのイガラムなどがそうです。

また、青キジに凍結されたサウロも、もしかしたら冷凍保存されてまだ生きているかもしれませんし、その他にも死んだとされているキャラクターが実は生きていたなんて展開が今後もあるかもしれません。

 

また、これはあくまでも自分の仮説ですが、ひょっとするとワンピースには『死後の世界』のようなものが存在するのかもしれませんね。

実際、麦わらの一味のブルックも悪魔の実の能力といえど、一度死んで復活しているわけですし、あり得るのではないでしょうか。

もしそうだった場合、ロジャーだけではなく、エースや白ひげなど、既に亡くなっているキャラクターの再登場も期待できそうです。

 

まとめ

今回のことをまとめると以下のようになります。

・モモの助がロジャー達に会ったことがあると言っている

・ネコマムシはそのことを否定せず、いずれ話すと言っている

・ワンピースにはこれまでも死んだはずなのに実は生きていたという前例がある

 

伝説の海賊王であるゴールドロジャー、是非再登場して欲しいですよね♪

以上、今回はゴールドロジャーについての生存説・復活説についての考察まとめでした!

広告

懸賞金ランキング 一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

ワンピースネタバレ一覧はこちら

 - ONE PIECE