よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ワンピース Dの意志を継ぐものの意味とは? 伏線考察まとめ

      2016/03/31

懸賞金ランキング 一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

ワンピースネタバレ一覧はこちら

漫画ワンピースの中で、最も重要といわれている謎のひとつがDの意志についての謎です。
たびたび目にするDという文字が入った者たちの共通点や、その意味について今回は徹底的に考察していきます。

0000

頭文字Dを持つ者たち

現在登場しているキャラクターの中で、名前に「D」を持つ者は以下の9名です。

・ゴール・D・ロジャー
・ポートガス・D・エース
・ポートガス・D・ルージュ
・モンキー・D・ルフィー
・モンキー・D・ドラゴン
・モンキー・D・ガープ
・マーシャル・D・ティーチ
・ハグワール・D・サウロ
・トラファルガー・D・ワーテル・ロー

ご覧のように、物語を大きく左右する人物には”D”の名を持つ者が多いという共通点があります。
では、Dにはいったいどんな意味が秘められているのでしょうか?

Dの意志を継ぐものの意味とは?

コラソンいわく、一部の地域ではDの一族のことを神の天敵と呼んでいるそうです。
ここで使われている”神”とは天竜人のことを指しているものと思われます。

天竜人は800年前に世界政府を作り上げた20人の王の末裔のことです。

彼らが傷付けられた場合、海軍本部大将が軍艦を率いて出動することになっているのだとか。

そんな彼らが恐れるDとは、ある国のことをあらわしているという説がありました。

Dの国とは?

ワンピースの世界には空白の100年というものがあり、その100年間の歴史が一切ないらしいのです。

天竜人がわざわざ世界政府を作った理由は、打ち倒さなければならない敵がいたから、というのが自然な答えだと思います。
その倒さなければならない相手こそ、Dの国ではないか?ということですね。

これはひとつの仮説ですが、かつてDの国は絶大な科学力を誇っており、ウラヌス、プルトン、ポセイドンという3つの古代兵器を生み出しました。
その古代兵器の力を恐れた20の国々が結託してDの国を滅ぼし、その後二度と間違いが起きないように世界政府を作り上げ、ネフェリタル家以外の19の王族は聖都マリージョアへ隠居したという内容です。

筋は通っているので大体は合っているのではないでしょうか。

そしてそのことを天竜人、世界政府はやっきになって隠し続けています。
事実、空白の100年を調べていたオハラは世界政府によって滅ぼされてしまいましたよね。

空白の100年には神の天敵「D」に関する重要な記述が書かれていたため、その内容が公になる前に世界政府がオハラを滅ぼしたのではないかと個人的に考えています。

ではなぜその100年間を隠蔽しているのでしょう?
もともと世界政府や天竜人が作り上げた世界というのは、完全なる独裁国家であった可能性があります。
つまり奴隷制度です。

だからアマゾンリリーや魚人達が奴隷として扱われていたんですね。

その制度に唯一反対し、人々を先導して救ったのが「D」の国だったのではないでしょうか。

Dの国を滅ぼす為の戦いは100年もの長き間にわたって続き、世界政府や天竜人にとって汚点となったその100年が、今ではなかったことにされているというわけです。

まとめ

・かつてDの国が存在しており、20の国と対立していた。
・Dの国は3つの古代兵器を生み出し戦った。
・20の国は100年にわたる長き戦いの末にDの国を滅ぼし、世界政府を作り上げた。
・天竜人となった王族は100年間の歴史を抹消した。

以上がDに関する予想です。

ちなみにDという文字自体の意味ですが、D=DOWNの頭文字という説が有力で、意味は”夜明け”。
過去の事実から考えてみると1つの時代を終わらせる、そういう力がDの一族にはある、という意味ではないでしょうか?

Dにまつわる噂は昔から絶えないので、本当の意味が明らかになるのを楽しみにしたいと思います!

以上、Dの意志についての考察でした。

広告

懸賞金ランキング 一覧はこちら

ワンピース考察一覧はこちら

ワンピースネタバレ一覧はこちら

 - ONE PIECE