よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ボルト3話ネタバレ確定感想【ナルトが死亡?大筒木一族の脅威!】最新3

      2016/11/23

ボルト3話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~3話 ボルト ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ~

最新ボルト3話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

 

前回、サスケへの弟子入りを果たす為、小さいながらも螺旋丸を短期間でマスターしたボルト。

これには、ボルトに螺旋丸を教えていた木の葉丸も驚いている様子でした。

 

しかし、結局最後は、カタスケの口車に乗せられ、新忍具に頼ってしまいましたが・・・。

20160603001837bda

このカタスケ、いかにも悪者の雰囲気が漂ってます。

カタスケの化けの皮がはがれるのが楽しみですね。

 

そして、サスケに弟子入りを認めてもらったボルト。

ボルトは忍具を忍ばせ作り出した螺旋丸をサスケに披露。
サスケは螺旋丸というより、手首のほうを見ていた。

ふとナルトの昔の姿を思い浮かべるサスケ。
ボロボロの姿のナルトと、対照的な綺麗な服のボルト。

ボルト
「―――――どーだってばさ?」

サスケ
「・・・・・・フン・・・
たった一日でそこまでモノにしたか」

ボルト
「父ちゃんとは違うんだよ 才能が!」

サスケ
「・・・確かに
お前はナルトとは違うようだ
そう思いたくはなかったが」

なんだかんだでサスケはボルトを弟子にすることに。

 

サスケほどの実力者が、ボルトのズルを見抜けないとは思えないので、サスケはボルトがズルをしていたことを承知のうえで、あえて弟子入りを許可したのかもしれませんね。

サスケに揉まれて、ボルトが強くなっていくことを期待したいと思います。

 

また、最強と名高い大筒木一族が登場!

大筒木モモシキ、大筒木キンシキが大きなチャクラを求めて木葉隠れの里に向かう様子。

キンシキ
「そう遠くない場所に、より大きなチャクラ反応があります」

背景には仕事中のナルト、そして寝ている九喇嘛の姿が。

キンシキ
「おそらくそれが我らの求める最大のチャクラかと・・・」

キラービーの体が湖の中へと沈んでいく。

2016060300183699cs

ナルトと木の葉隠れの里に迫る、異様な2人組の脅威・・・!!
そしてボルトは中忍試験へと進むが・・・!?

 

これは今後の展開を考えると、早々にナルトが退場してしまうこともあり得そうですね・・・。

どんな展開になるのか注目です!

 

そんなボルト3話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

ボルト 3話 ネタバレ 最新 確定あらすじ

砂の下忍3人を引き連れ、電車に乗って木の葉の里に向かっている我愛羅たち。

カンクロウ
「いよいよ明日から中忍試験だ
気合い十分かお前ら」

 

160711-b51

仮面
「ウッス!!」

派手女は音楽に夢中。

カンウロウ似の男
「義父上の名を汚す事なきよう 我ら3名とも必ずや勝利してご覧に入れます」

我愛羅
「・・・・・・そう背負うなシンキ・・・
お前が意識すべきはオレではない
まだ見ぬ他里のライバル達だ」

160711-b02

一方、木の葉の里でトレーニングに励んでいるメタル・リー。

メタル・リー
「332・・・!333・・・!
うぅ・・・
明日は本番だ・・・!
緊張してヘマでもしたら修行の成果もクソもない!
『平常心』だ!
『平常心』を保てェェェェエ」

160711-b03

メタル・リー
「うおお・・・!
緊張してきたァ~~~ッ」

 

一方、ボルトはサスケと手裏剣術の特訓中。
軌道を曲げて的に当てられるようになったボルト。
サスケは次に目の前の木の背後の的に当てろと指示する。

サスケ
「いいだろう
次はあれだ
さっきの的を回り込んで当ててみろ」

ボルト
「ええ──!?
あんなのどうやって・・・」

手裏剣を2つ同時に投げるサスケ。
途中で片方の手裏剣がもう片方を弾き飛ばし、見事背後の的へ命中。

160711-b04

ボルト
「・・・・・・!!」

サスケ
「今のは一例に過ぎない
やり方は無限にあるだろう
少しは自分で考えろってことだ
すぐに解答(こたえ)を求めるな」

ボルト
「・・・・・・わかってるよ」

 

その後、自宅に帰ったボルトは引出しにしまった科学忍具を見つめている。
ボルトはカタスケの言葉を思い出し、迷っている様子。

カタスケ
『若なら優勝間違いナシですよ
大丈夫です
ピンチの時は科学忍具が助けてくれる
何も心配いりません』

160711-b06

 

そして中忍試験が開始。

シカマルが壇上で開催の挨拶をしながら、最前列でお菓子をほおばるチョウチョウと大きな欠伸をしているシカダイの姿に呆れている。

シカマル
(・・・・・・やる気あんのかあいつら・・・)

 

一次試験は大きなセットを使った○×試験。

試験管
「『忍軍師捕物帳』5巻の書記に登場する忍合言葉
『月といえば日』 『山といえば川』 『花といえば蜜』である
○か×か?」

ざわつく受験生たち。

ボルト
「全然わかんねーや
サラダ知ってっか?」

サラダ
「まあね・・・
でも4巻までしか読んだ事ない・・・
まさか5巻があったなんて・・・」

ミツキ
「じゃあお手上げだね」

ボルト
「ちったあ考えようぜオイ」

サラダ
「ボルト
私のパパならどっちを選ぶと思う?」

ボルト
「え?
・・・・・・・・・ン~
サスケのおっちゃんなら『×』かなやっぱ!
素直じゃなさそうだし!」

パパとは違う道を選んで火影になる、という理由で○を選ぶサラダ。

他の受験生たちもそれぞれ選び終える。

試験官
「みなさん 分かれましたね
『不正解』 つまり『失敗した奴』は 『真っ黒』になって失格です」

いのじん
「真っ黒?」

そしていよいよ解答の発表。
スクリーンに浮かんだのは○でもなく×でもなく「○×」

固まる受験生たち。
次の瞬間、両方のステージで落とし穴が発動。

160711-b07

受験生全員が穴に落とされていく。
次々に受験生たちが黒い水たまりに落下していく。

下は墨汁のプールになっている模様。

砂隠れはシンキの磁遁でなんとか落下を免れる。

また、ボルトはサラダの投げたロープでギリギリセーフ。
そのサラダはミツキが大蛇丸譲りの腕伸ばしで助かっていた。

そして○の穴と×の穴がつながっていて、どっちも墨のプールに落とされると気づくボルト。

シンキ
「恐らくこの『○×の選択』に意味はない」

サラダ
「初めからこんなクイズでたらめ・・・
やっぱり『5巻の書記』なんてなかったのよ」

シカダイ
「”失敗した奴は真っ黒になって失格” 確かにそういった
つまり『黒くなるな』って事だ
日頃の修行の成果とやらを発揮してな・・・」

シカダイはクナイを崖に突き刺して留まり、チョウチョウといのじんを影縛りで助けていた。

いのじん
「いかにも父さんの考えそうなテストだよ」

試験官
「その通り!
迫り来る墨のプールを前に 自分たちが間違った選択をしたと受け入れそのまま落ちて黒くなる奴!
そんなタマなしに中忍になる資格はありません
この一次試験 本当の選択は追い込まれてからの一瞬の二択!
『諦める』か『諦めないか』です!」

一次試験はプールに落ちてないものが合格に。

ボルト・サラダ・ミツキ班
メタル班
シカダイ班
砂隠れ班
などが合格した模様。

合格を喜ぶボルトを見て、怪しげな男が誰かに通信を入れている。


『・・・どうにか自力で突破した・・・』

一方、火影室。

執務中のナルトの元へシカマルが報告へやってくる。

シカマル
「ボルト達 一次通ったぞ」

ナルト
「・・・・・・・・・ ・・・オウ
そっか」

やれやれ・・・といった表情のシカマル。

シカマル
「なんて面してんだよてめー・・・
まだ家でうまくいってねーのかよ」

ナルト
「・・・・・・うるせー・・・」

シカマル
「・・・ま オレも人のこと言えねーけどよ・・・
一言くらい言ってやってもイイんじゃねーか・・・」

場面変わり、自宅でくつろいでいるボルト。
机に置かれた科学忍具を見つめている。

そこにナルトからのメールが届く。

『一次試験突破おめでとう! 次もがんばれ! 父ちゃんより』

それを見て、少しだけ嬉しそうな表情を見せるボルト。

ボルト
「メールって・・・
影分身すらよこさねーのかよ
クソオヤジ・・・」
160711-b11

201607071915372d4

 

そして二次試験。
二次試験は旗の取り合い。
己の陣地を守りながら敵の陣地を攻めるというチームワークが必要。

 

まずは草隠れの忍VSシカダイ班。

誰もいないシカダイの陣地に侵入、楽々旗へと迫る忍だが、隠れていたシカダイが影縛りで捕捉。
ニヤっと笑うシカダイの背後にはすでに捕まっている別の草隠れの忍が。

シカダイ班余裕の勝利。

メタル・リー班の相手は砂隠れの忍たち。
得意の体術で敵を責め、仮面男を蹴り飛ばすメタル。

しかしそれは陽動。
シンキの伸ばした磁遁で旗を取られ、あえなく敗北。

最後はボルト班。
ボルトは守り担当、サラダ・ミツキは攻め担当。

ボルト
「旗はオレが守る
安心して攻めろってばさ」

サラダ
「頼んだよボルト
私達の力を七代目に見せるには
この二次試験をなんとしても勝ち進まないと!」

ボルト
「へっ!
お前に言われるまでもねーよ!」

そういうボルトの前に現れた3つ子の忍たち。

影分身で5人になるボルト。

ボルト
「よォ3つ子君達
見ての通りこっちは5つ子だ
どっちが有利か分かるよなァ?」

160711-b18

しかし3つ子はそれぞれ3人に影分身し、合計9名になる。

3つ子
「どっちが有利かって・・・?
もちろん分かるさ・・・
9対5だからなァ」

20160708021634a0ds

一気に劣勢に立たされ焦るボルト。

通信で異変を察知したミツキが慌てて戻っていく。

 

ボルトは敵の攻撃で一人また一人と影分身が消えていく。

そしてついに3つ子が旗に手をかけようとした瞬間、ボルトはナルトからもらったメールを思い出す。

科学忍具を構えるボルト。

ボルト
「水遁弾・王琉華(おるか)」

160711-b20

かつて二代目・扉間が見せた時の数倍大きな水遁が繰り出される。

3つ子
「バカな・・・!!
水のない場所でこれだけの水遁を・・・」

 

そこにボルトが迫る。

ボルト
「はっ!!
雷遁弾・威吹(いぶ)!!」

 

201607080217229b2s

強烈な雷遁で敵は全員行動不能に。

通信を入れるボルト。

ボルト
「こっちはもう大丈夫だ
そのまま旗を狙え!」

サラダ
「・・・やってるわよ」

3つ子たちは出陣前に、旗自体を影分身で増やしていた様子。

しかし写輪眼で一発で見抜くサラダ。

160711-b22160711-b21

ボルト班の勝利の様子をモニター室で見ているテンテン。

テンテン
「やるわね・・・
印すら見えないなんて
さすが七代目の息子ってとこかしら」

 

そんなボルトの様子を誰かに密告している謎の男。

 


「・・・二次も通りました
今回はアレを使ったようです
はい・・・・・・ええ
録画済みです」
160711-b23

 

■科学忍具ついに炸裂!! その絶大な威力が生むのは栄光か、それとも―――――!?

 

広告

~ボルト4話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

 - BORUTO-ボルト-