よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

フェアリーテイル508話ネタバレ確定【快楽と苦痛】最新感想予想

      2016/11/02

フェアリーテイル508話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新フェアリーテイル508話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

 

前回、マカロフの捨て身のフェアリーロウ、
やっとルーシィ達がナツ達のところにたどり着きました。

ようやくナツにも
ルーシィが生きていることが伝わってよかったです♪
グレイも!

ナツ
「ルーシィ・・・」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20507e8a9b1508e8a9b120e69c80e696b0-6

 

しかしながら気になるのは
アイリーンのこの言葉。

アイリーン
「私はお前、お前は私」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20507e8a9b1508e8a9b120e69c80e696b0-8

アイリーンとエルザは
緋色の髪、魔力の力などから
なんらかの関係をがあるとされていましたが

いよいよ2人の謎が解明されそうです。

実はフェアリーテイルの中では
兄弟、姉妹の物語が多く描かれてきているのですが、
(ゼレフとナツ、カグラとシモン、
ユキノとソラノ、
リオンとグレイ、ルーシィとブランディッシュ、
ジュビアとメルディも兄弟姉妹みたいなものですね。)

おそらく今回のアイリーンも
エルザの姉ではないかという説が
高いと思います。

これからアイリーンとの戦いが
より本格的に始まりますが

この言葉から
アイリーンとエルザの2人の中では
何かが繋がっていて
アイリーンに攻撃が加わるとエルザに影響が出るとか?・・・

アイリーンにエルザが操られてしまう、とか・・・?

戦いの中でそんなことが起こる可能性も考えられます。

ということは
これからアイリーンと決着をつけるのは
メイビスやナツ達ではなく

何かが繋がっている可能性のある
エルザ自身なのかもしれませんね。

 

そんなフェアリーテイル508話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

フェアリーテイル ネタバレ 508話 最新 確定あらすじ『快楽と苦痛』

「偉大なるマカロフ・・・
その命の光が戦局を照らして・・・」

 

ミネルバ、ローグが息切れしている

ミネルバ&ローグ
「はぁ・・・はぁ・・・」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-3
ワールとブラッドマンは地面に倒れている

そしてマカロフ最期の魔法を受けて、
ワールとブラッドマンが消えていく
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-4

 

ミネルバ
「やったか」

ローグ
「消えてくぞ」

ミネルバ
「元々死人だ

我々が倒したのか
術者が倒されたのか

分からぬが勝利は勝利」

ローグ
「それにしても
さっきの光は一体・・・」

ミネルバ
「妖精の法律(フェアリーロウ)
マカロフ最強の魔法だ

術者が敵と認識したものだけを
滅ぼす魔法

フェアリーテイルと
仲直りしといて
よかったのう」

ローグ
「全部の敵をやったのか?」

ミネルバ
「いいや・・・
さすがに全員は無理だろう

しかしかなりの戦力を
削ったハズ」

ローグ
「正直・・・オレ達の消耗も
マズイがな・・・」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-13

 

_______________

”ユキノ達サイド”

レクター
「目の前の敵が
急に倒れましたよ!!」

フロッシュ
「フローもそーもう」

ユキノ
「誰の魔法か分かりませんが
助かりましたね、お姉様」

ソラノ
「だから私は姉じゃないゾ」

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-12

その時、ユキノ達の上の崖から
何者かの声が聞こえる


「ずいぶんハデな魔法を
使ってくれたね」

一同
「!!」

ユキノ
「誰!!?」

現れたのはラーケイド

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-10

ラーケイド
「おかげでだいぶ兵を
削られてしまった

これは少しお返しを
してあげないと・・・

父さんに顔向け出来ないな」
レクター
「神々しい!!」

フロッシュ
「フローもそーもう」

ユキノ
「12の一人です!!
北で見かけました!!」

ソラノ
「ほう・・・私達2人を
相手にするのか面白いゾ」

レクター
「一応ボクもいます」

フロッシュ
「フローも」

ラーケイド
「お返しと言ったでしょ
つまりはそういう事

相手にするのは私達に
楯(たて)つく者全て」

戦場全域を
光の魔法で覆いつくす
ラーケイド

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-11

_______________

ソラノ
「まぶ・・・」

ユキノ
「光!?」

ラーケイド
「白き魂は自由なる空へ」

急にソラノが悶え始める

ソラノ
「あぁ・・・あ・・・あ♡」

ユキノ
「お姉様!!」

ソラノ
「あ・・・」

ユキノ
「お姉様しっかり!!」

_______________

”ミネルバサイド”

悶えているミネルバ

 

ミネルバ
「くふ・・・これは・・・
体が・・・あぁ あ」

ローグ
「お嬢!!」

ローグがミネルバに触ろうとする

ミネルバ
「触るな!!ダメだ・・・」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-20
ローグ
「何だ!?何が起きて・・・」

ローグは平気そうだったが
ローグも急に悶え始めてしまう

ローグ
「あ・・・ああ・・・うう・・・うぐ」

ローグ
(これは・・・マズイ・・・)

_______________

”ギルドメンバー達”

大人達は悶えはじめる

アスカ
「パパ!!ママー!!」

ロメオ
「父ちゃんしっかりしろよ!!」

マカオ
「おおお」

ギルドメンバー達
「うう・・・ああ・・・何だこれ・・・
気持ちイイ・・・」

マックス
「ああ・・・」

ワカバ
「おふ♡」

ラキ
「あうう・・・」

ロメオ
「父ちゃん!!どうしたんだよ」

ラクサス
「はう・・・う・・・」

ラクサスも膝をついてしまう

メイビス
「ラクサス!!」

メイビス
(何これ!?どういう魔法!?
大人だけが倒れて・・・)

メイビスは
平気そうなウォーレンを見る

ウォーレン
「?」

メイビス
(いや違う!!どういう魔法なの!?)

次の瞬間
突然メイビスも悶え始める

メイビス
「!あぁ・・・あ・・・体が・・・熱く・・・
そんな・・・あ、抗えない・・・」

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-109

悶えているギルダーツに
声をかけるカナ

カナは何ともない様

ギルダーツ
「おおおおお」

カナ
「!ギルダーツ!!
どうしたんだよ急に・・・!!
起きろ!!」

ギルダーツ
「あふ」

気持ち良さそうな顔をするギルダーツ
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-103

カナはギルダーツの表情を見て殴る

カナ
「戦争中になんて顔してんだよ
キメェよ!!」

ギルダーツ
「気持ちイイ・・・」

_______________

”ジェラール達サイド”

オーガストにやられ
地面に倒れているジェラール達

ラーケイドの魔法を感じ取るオーガスト
オーガストは平気な様子

オーガスト
「ラーケイド、つまらぬ魔法を・・・」

_______________

”エルザ達サイド”

アイリーン
「私はお前、お前は私」

エルザ
「何を言っている」

アイリーン
「くく・・・」

その時、アイリーンにも
ラーケイドの魔法が・・・

アイリーン
「!くふ・・・これは・・・
ラーケイドか・・・」

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-104エルザ
「!!今のうちにナツ達を
安全な所へ!!」

ルーシィ
「わかった!!」

ハッピー
「あい!!」

シャルル
「あんたはどうするの!?」

エルザ
「こいつの言葉の真意を
確かめねばな」

エルザはアイリーンに向かっていく

アイリーン
「く・・・」

杖を動かして
魔法で攻撃するアイリーン

しかしウェンディが間に入り
魔法を防御する

e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-22

アイリーン
「!!」

ウェンディ
「私も戦います」

エルザ
「ウェンディ!」

アイリーン
「付加術!?

・・・にしても誰一人として
ラーケイドの魔法が効かぬとは・・・

ガキ共め」

アイリーンはラーケイドの魔法のせいで
赤面して汗をかく
_______________

”ゼレフサイド”

ギルドにいるゼレフが
頭に手を置いている
(悶えている?)

ゼレフ
「・・・ラーケイドよせ
味方にも被害が出ている」

_______________

ラーケイドにゼレフの声が聞こえる

ラーケイド
「これは失礼しました」

レクター
「何なんだこの魔法!!」

ユキノ
「何でお姉様だけ・・・」

ソラノ
「ああ・・・」

フロッシュ
「お姉様しっかり」

ラーケイド
「私の魔法は快楽

その味を知る者は
私の魔法からは逃げられない

快楽を与え続けられた人間は
どうなるか知っているかい」
ラーケイドは光りの綿のようなモノを
幾つも周りに放つ
ユキノはすぐさま構える

ユキノ
「開け!!双魚宮の扉!!」

ラーケイド
「死んでしまうんだよ」

ユキノ達に光の触手の
ような白いものが絡みつく
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-23
ラーケイド
「知と無知はまるで白と黒
君も快楽と苦痛を知るがいい」

ユキノ達は急に悶え始める

ユキノ
「あっ・・・あぁ・・・あ・・・!」

レクター
「何だこれは・・・気持ち悪・・・
いや・・・気持ちイイ!!」

フロッシュ
「フローも~♡」

ユキノ
「レクター様!!フロッシュ様!!
気を確かに!! ああ・・・!!」

しかし次の瞬間・・・

何者かにより
触手が斬られる

ラーケイド
「!」

ユキノ
「!」

そこに現れたのはカグラ

ユキノ
「カグラ様」

カグラ
「白と光を快楽だと?
ゼレフ(黒魔導士)の仲間とは
思えんな」

ラーケイド
「仲間ではないよ
ゼレフは私の父だ」
e38395e382a7e382a2e383aae383bce38386e382a4e383ab20e3838de382bfe38390e383ac20508e8a9b1509e8a9b120e69c80e696b0-24

「純真なる人魚・カグラの一閃が
悪の光を切り裂かん!!」

 

 

広告

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

~フェアリーテイル509話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - FAIRY TAIL