よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

フェアリーテイル483話ネタバレ確定【七つの星】

      2016/04/26

フェアリーテイル483話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

483話 フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

最新フェアリーテイル483話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

前回、カグラに人工呼吸をされていたジェラールでしたが、やはり助かりました。

そして、気になるナインハルトとの戦いの行方ですが、最初はナインハルトが圧倒的有利の展開。

ナインハルト
「ディマリアもワールも本当に情けない
私1人で制圧可能じゃないか
こんな連中」

この時点では余裕満々のナインハルトですが、この後すぐに戦況が変化。

 

ft482-3

エルザ
「消えろ亡霊ども
再び私に斬られる前に」

このエルザの気迫とひと言で、ナインハルトの作り出した幻たちが怖気づき、あっという間に退散!

 

ナインハルト
「バカな!!ありえん」
(ヒストリアが恐怖し・・・消滅した・・・あの女・・・)

いや・・・ちょっと強引すぎじゃないですか・・・?(笑)

 

そしてボロボロのエルザを見て怒りに震えるジェラール。

しかも白目。

ft482-5

滅茶苦茶怖い形相でナインハルトを睨みつけるジェラールですが、最終的にナインハルトにトドメを刺すのはカグラではなく、ジェラールということになるのかもしれませんね。

しかし当のナインハルトは、カグラのことを気にしている様子。

ナインハルト
(エルザ・・・
緋色の髪・・・
この魔力・・・
あの女・・・
まさかアイリーン様の・・・)

 

そんなフェアリーテイル483話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

フェアリーテイル 483話 ネタバレ 最新 あらすじ

『七つの星』

カグラ
「エルザ!!
しっかりするんだ
エルザ!!」

ナインハルト
(あの女・・・
アイリーン様の・・・)

ジェラール
「オレはもう1度だけ罪を犯す」

カグラ
「ジェラール」

すると上空に穴が開く。

ナインハルト
「!何だ!?
この魔法は・・・」

カグラ
「空が・・・」

ft483-1

空の異変に気づいたジュビア。

ジュビア
「今度は何!?」

メルディ
「ジェラールの魔法よ
ジュビア!!
私とリンクして!!」

メルディの腕に紋様が浮かぶ。

ジュビア
「マギルティ=センス」

メルディ
「信じ合える者同士の感覚共有はその力を何倍にもする」

リンクするジュビア
「いい魔法になったわね」

メルディ
「本当はこうやって使う魔法なの」

ウルと戦うグレイとリオン。

攻撃するグレイ
「氷欠泉(アイスゲイザー)!!」

グレイに対抗するウル
「氷の火山(アイスボルケーノ)!!」

氷の火山が噴火して吹き飛ばされるふたり
「ぐあああっ」

リオン
「勝てる訳がない・・・
あのウルに・・・」

グレイ
「あれはウルじゃねえ!!」

リオン
「・・・」

グレイ
「ウルは死んだ
オレのせいで死んだんだ!!
そうだろリオン!!」

リオン
「お前は多くの道を歩いてきたのだろ?」

グレイ
「!」

リオン
「ウルを乗り越えられるだけの道を・・・
お前は歩いてこれたんだ」

ウルティアやシルバーとの数々の思い出が脳裏をよぎるグレイ。

リオン
「オレにはその道がなかった・・・」

リオンの胸ぐらを掴んで立たせるグレイ
「だったらこれが最初の道だ」

リオン
「!」

グレイ
「オレだってのうのうと歩いてきた訳じゃねえ
それでも前に進まなきゃいけねえからここまで来れたんだ
歩き出せリオン」

ft483-2

ウル
「お前達に私を倒せるハズがない」

場面は変わってウェンディ。

ウェンディは足を押さえて倒れている。

エゼル
「どうやら限界のようだなチビィ
ガハハハ」

ウェンディ
「足が・・・
足が動かない・・・」

シャルル
「ウェンディーッ」

ウェンディ
「!」

飛んで戻ってくるシャルル。

ウェンディ
「シャルル
シェリアも何で・・・」

シェリア
「ごめん!!
シャルルが・・・」

シャルル
「私がウェンディの足になる!!
翼になる!!
私たちはいつも一緒でしょ!!」

目に涙を浮かべるウェンディ
「うん」

ft483-3

ウェンディを掴んでシャルルが飛び上がる。

エゼル
「な」

シャルル
「行くわよウェンディ!!」

ウェンディ
「うん!!」

場面はラクサスへ。

ハデス(プレヒト)に頭突きを放つラクサス。

ラクサス
「アンタの時代はとっくに終わってんだ
初代に懺悔しながら地獄に帰りなァ」

ジュビア
「メルディ!!」

メルディ
「ジュビア!!」

手を繋ぐふたり。

上着を脱ぎ捨てるグレイとリオン。

リオン
「この1歩が・・・」

グレイ
「ああ・・・
未来へ進むって事だ」

“氷魔零ノ太刀” !!”氷刃白鳥ノ翼” !!

ウェンディ
「 “天竜の砕” !!」

ジュビアとメルディ
「 “マギルティ=ウォーター” !!」

ラクサス
「 “雷竜の顎” !!」

ジェラール
「七つの星に裁かれよ!!」

ナインハルト
「君のヒストリアはわかっているよ!!」

するとナインハルトがシモンを出現させる。

ナインハルト
「シモンだ!!
君のころしたかつての仲間!!」

カグラ
「!!」

ナインハルト
「攻撃できまい!!
もう1度シモンをころすつもりか!?」

ジェラール
「・・・」

その時、シモンを斬るカグラが登場。

カグラ
「これはお兄ちゃんじゃない!!」

ft483-4

斬られながらも嬉しそうに微笑んでいるシモン。

カグラ
「行けェ
ジェラール!!」

ジェラール
「七星剣(グランシャリオ)!!」

ft483-5

ナインハルト
「ああああぁああああ」

海へと落ちていくナインハルト。

ジェラールの攻撃によって雲が散り夕日が射す。

エルザ
「綺麗な緋色の空・・・」

場面はギルドへ

ナツ
「決めたぞ!!
東から来る奴ぶっ飛ばしてくる!!」

ドロイ
「オーガストって奴をか?」

ジェット
「1人じゃ無茶だって」

ルーシィ
「あたしも行くわ」

ハッピー
「オイラも!!」

マカロフ
「しかし・・・」

ナツ
「じっとしてらんねえんだよ
このまま敵が来るのを待ってられっか!!」

マカロフ
「敵は12最強の魔導士じゃぞ」

そこに現れるブランディッシュ
「それは違うわ
正確には最強の “1人” 」

マカオ
「どわ!!
12!!
どうやって牢から出た!!」

ナツ
「オレが出した」

マカオ
「何で!!」

ナツ
「だって悪い奴じゃないし」

ルーシィ
「最強の1人ってどういう事?」

ブランディッシュ
「あなた達は勘違いをしてるわ
確かにオーガストは12最強よ
だけど12にはもう1人
最強と呼ばれる人がいるわ
オーガストが最強の男なら
彼女は最強の女・・・
アイリーン・ベルセリオン
それは緋色の絶望と呼ばれている」

ft483-6

次回『バケモノ6人』

広告

~フェアリーテイル484話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

 - FAIRY TAIL