よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハンターハンター350話ネタバレ確定【本当に再開されるのか?笑】

      2016/04/25

訪問ありがとうございます!
ハンターハンター350話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

350話 ハンターハンター ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

最新ハンターハンター350話ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

ハンターハンター強さランキングはこちら
ハンターハンター可愛いランキングはこちら
幻影旅団メンバーまとめはこちら

 

E3838FE383B3E382BFE383BCE3838FE383B3E382BFE383BC20E3838DE382BFE38390E383AC20E980A3E8BC89E5868DE9968B

激動の暗黒大陸編が遂に動き出す!

全世界待望の連載復活はC(センター)カラーで開幕!

HUNTER×HUNTER

富樫義博

 

20160408030639afcs

伝説×再開!!

千両役者堂々登場!!

激闘のセンターカラー!! 暗黒大陸編に衝撃展開!!

キム編集担当のコメント

暗黒大陸編がいよいよ本格的に動き出します!
H協会内部に裏切り者がいることを嗅ぎつけたクラピカ・・・彼の次なる作戦とは!?
一方、夢の対戦カードが実現!?
担当の私も衝撃で言葉を失いましたよ・・・・・・

動き出す暗黒大陸編!!クラピカの行動は・・・!?

 

ずっと休載していたハンターハンターがついに再開するみたいですね。

個人的にも待ち望んでいただけにとても嬉しいです。

ちなみにハンターハンターは全巻持っていますが、休載期間が長すぎて、どこまで進んでいたかちょっとよく思い出せません・・・(笑)

 

予想うんぬん以前に、本当に再開されるのだろうか・・・というのが今の正直な思いです(笑)

また、今回は何話進むのかも楽しみですね♪

とにかく、また休載にだけはならないで欲しい・・・。

 

そんなハンターハンター350話ネタバレは、以下更新済みです!!!

 

ハンターハンター 350話 ネタバレ 最新 あらすじ

クラピカ
「6人の王子が警護を求めてプロハンターを優先して募集している
申し込み方法はプロハンターの場合
協会の登録番号を入力する事が必須で“二重申請(かけもち)”は即失格となる」

バショウ
「身分を隠して登録するのなら?」

クラピカ
「レベルが落ちる
王子の身辺からは離れた任務になってしまう
6人の王子の中に標的がいる可能性も0ではないし
いなくとも王子に最も近づける状況に変わりはない
そこで それぞれの王子の警護に潜入してもらう」

20160414124508846s

招集された者たち―――――・・・!!

 

【イズナビ:師弟関係(一応)】

イズナビ
「依頼が渡航の一ヶ月前とはいかにも遅い・・・しかも6つがほぼ同時だ・・・
”何か”があってその対応策って感じがアリアリだな」

【ハンゾー:同期】

ハンゾー
「オレはこの中に標的(No.4)はいないと思うぜ・・・
No.1とNo.4は母親と同じでいわば王子のベテランだろ 信頼できる私設の軍隊ぐらい持ってるだろう」

【バショウ:ノストラード組(ファミリー)】

バショウ
「同意だな 報酬(カネ)で釣るのは素人だ
経験の浅い若妻・・・
5(ドゥアズル)から8(オイト)」

【センリツ:ノストラード組(ファミリー)】

センリツ
「それは好都合だと思うの・・・こちらが懐柔しやすいわ
信頼を得られれば上の王子にも近づける」

【ビスケ:キルア経由で依頼】

ビスケ
「いいえ 継承問題が絡んでいると事は厄介よ
危険因子の排除とかチョーキナ臭いわさ」

クラピカ
「私が望むのは”第4王子を出来るだけ近くで見るための有益な情報”だけだ
それ以外の判断は個々に任せる」

バショウ
「できるだけってのは具体的には?」

クラピカ
「理想は接触できる位の距離だ
それによって使用可能な能力の種類と精度が増す
極端な話 前夜祭で私が第4王子(ツェリードニヒ)と握手できたら
君達は乗船をキャンセルしても構わない」

ビスケ
「ちょっとお待ち
そのキャンセルは警護の事で貴方の依頼の事ではないわよね?
警護の依頼に申請が済めばもう貴方との契約は成立でしょ
成功した時の報酬はキッチリもらうわよ?」

クラピカ
「もちろんそれで結構だ
普通の理解力があれば確認は不要だと思うが?」

ビスケ
「あんたねェ
自分で自分をどう思ってるか知らないけど信用できませんから!!」

クラピカ
「初対面で過剰に猫をかぶるような人間には言われたくないな」

ビスケ
「は!?」

2人の間にさっそく暗雲が立ち込める。
しかしクラピカはそこでキルアの言葉を思い出す。

『オメーの事だからおそらくビスケとはもめるだろうけど
カンタンに上手くつきあえるコツは教えとく
オレはわかっててもムリだったけどキモくてさ
キモイけど
やれるならやった方がいいよ
ホントキモイけど」

201604141403107f5s

考え込むクラピカ
(仲間を取り戻すためなら・・・)

フーっと呼吸を整えるクラピカ。

クラピカ
「キルアの紹介でなければ
君の様に華奢で!!儚げな!!少女を!!
雇う事などしなかっただろう!!
君は警護よりもお姫様の方がよほどお似合いだ
キャンセルするなら今のうちだぞ」

hh3952a_

このクラピカの言葉にみるみる様子が変わっていくビスケ。

クラピカ
(私は何でもする・・・!!)
「準備はいいか?」

顔を赤らめるビスケ
「はいっ
何でもやります!」

クラピカ
「では所定の依頼主へ各々データを送信してくれ」

パソコンを前に考えるクラピカ
(依頼主は後から正妻に加わった者達の子供・・・
いや・・・そうとは限らない
もっと複雑な立場におかれている者もいるし
それ以上に我々の知る由もない事情があって当然
6件とも殆ど変わらない依頼内容と条件ではあるが
わずかな違いからでも本命へ近づける可能性があるならば唯の6択と思考を停止する訳にはいかない・・・!
一番早く依頼をした後・・・
逆に一番後で依頼をした者・・・
報酬が最も高い者・・・
逆に報酬の釣り上げ合戦には最初から加わってない者・・・
早々に離脱した者 採用条件にいくつも注釈がある者 全く無い者
審査の行程を明記しておく者 完全に秘密にする者 面接の有無etc・・・
この中で最も標的に近づけるのは・・・
おそらくこのどちらか・・・!!
王子が直々に面接をするという項目が成熟と自信を表している
それが2名いる・・・
一人は競合の結果 最高報酬を提示し
もう一人は報酬額を変えていない
① 釣り上げに勝利して最高報酬を設定した者は負けん気が強く力を誇示するタイプ
②最初から報酬額を変えなかった者は自尊心・自制心が強く
相手にもそれを求めるタイプだと予想される・・・
このプロファイルに最も当てはまるのはハルケンブルグ王子・・・!!
このどちらかがハルケンブルグ王子だとオレは確信する!!
15才で飛び級により世界最高峰のミワル大学へ入学
物理学を勉強する傍らアーチェリーの世界大会で銀メダルを獲得
王子の中でも抜きん出たスペックを誇るが生来母親とも二人の姉とも折り合いが悪く
不遇だったと本人が公言している
歯に衣着せぬ王宮批判に国王ももて余し気味
小学校途中から全寮制の学校へ編入したのは流刑とも暗殺からの避難とも噂されている
その彼が”王子の中で唯一認めるのはツェリードニヒだけ”と自身のフェイスボックスに記した事がある
強い不満と疎外感の中で唯一人共感出来る相手ならば・・・
離れていた間も連絡を取り合い船の中で再会する可能性は高い
もう一人はプロファイルから第6王子(タイソン)か第10王子(カチョウ)かと予想される
自ら面接に乗り出す理由としては少々弱いが 両者とも護衛はルックスで選ぶ事が知られていてSNSでの発言を読む限りプライドも高い
しかしどちらにしてもツェリードニヒとの繋がりは薄そうだ・・・
やはり何としても
何としてもハルケンブルグを引き当てる!!)

1人パソコンの前で考え込むクラピカに背後から声がかかる。

イズナビ
「クラピカ
他のみんなは送信しだぞ
あとはお前とお前が選ばなかった方に行くオレだけだ」

クラピカ
(最初の感覚に従おう・・・
おそらくハルケンブルグは自分にも他人にも厳しい性格
ゆえにこちらの方だ!)

意を決し、マウスをクリックするクラピカ。

イズナビもパソコンに向かう
「OK じゃあオレはこっちだな」

ハンゾー
「早速オレには返事が来たぞ
ホイホイホテルに午後七時」

バショウ
「こっちもだ
説明会があるらしい」

クラピカ
「私にも来たが場所が違うな
ホイコーロ一族が経営するホテルには違いないが・・・
何か手掛かりを得たらすぐに連絡をくれ
依頼主から情報統制の指示が出た場合は予定通りQを使う」

一同
「了解」

※Q・・・協会が独自に保有する電話局に9ケタの数字を送信し受け取り側は特殊な解析ソフトを使い情報のやりとりをする。発着信履歴・通話記録も残らず通常の盗聴システムにはデータとして拾われない。

どこかのホテルを訪れるクラピカを黒服が出迎える。

黒服
「王子が中でお待ちです」

中に入ったクラピカが思わず立ち止まる。

クラピカ
「第・・・14王子
ワブル王子・・・」

hh3954a_

予想外の人物の登場に固まるクラピカ。

オイト
「初めまして
ワブルと母のオイトです」

クラピカ
「クラピカと申します」

オイト
「どうやら失望させてしまった様ですね」

クラピカ
「!いえ
決してそのような事はありません」

オイト
「いいのです
その方が私達の望む人材である可能性が高いのですから」

クラピカ
「?
それは一体・・・?」

オイト
「私達が望む人材・・・
それはあの要項を見て依頼主がハルケンブルグ王子だと予想してやってきた者
少ない手掛かりからでも
目的にたどりつける者です
あの依頼項目にはルールがあり
どの王子かが特定できる様な書き込みは許されませんでした
変更が許されるのは報酬額のみで他の項目は決まったフォーマットから選ぶだけです
理由は王子が特定できてしまうと暗殺を企む者が潜入しやすい点・・・
そして人気の高い王子に人が集まるのを防ぐ狙いです
その両方に当てはまるのがハルケンブルグ王子
彼はそれをわかっていておそらく元々依頼を出していません」

クラピカ
(・・・・・・
そうだったのか・・・)

オイト
「ハルケンブルグ王子は非常に厳しい方です 自分にも他人にも
ルール上 出来ません
ですが彼を知る者が彼を装うならば報酬額をゼロにするのが正解だと思うでしょう
彼は王族政治を根本から変えようと思っています
その姿勢に内外から支援者が集まっていて勢力は徐々に強まっています
それ故に暗殺の噂は絶えず
支援者の中にも彼を利用し形を変えただけの独裁国家を作ろうと画策する者達もいます
彼の支援調査団体を通さずに近寄ろうとする者の殆どは暗殺者か偽支援者と言っていいでしょう
しかし私達にとってはその方が好都合なのです
ギブアンドテイクが成り立つから
彼の命を狙う者は私達も守っている間そのチャンスを維持出来ますし
彼を操ろうと企む者は彼の弱みを握る事が出来ます」

クラピカ
「?どういう事です?
全く意味が分かりませんね
普通に集まって来た志望者では何故駄目なんですか?
報酬が目的でもプロは職務を任うしますよ 邪な動機で近づく輩よりも頼りになるはずです」

オイト
「いいえ
今回に限りそれはありません
護衛のプロはいかに要人を守るかに特化してはいますが
積極的に誰かを殺す訓練は受けていないはずです」

クラピカ
「!
それは・・・
危険因子の排除・・・
の件ですか?」

オイト
「はい
今回の渡航は王子が残り一人になるまでの
殺し合いの旅です」

クラピカ
「!!」

オイト
「ある程度の権力も財力も有する上位の王子は
私設の軍隊を持ち用意も周到で今回の継承戦を歓迎しています」

背景には第一王子(ベンジャミン)から第四王子(ツェリードニヒ)の姿が。

クラピカ
「反対する者や拒否する者はいないのですか?
お話を聞く限り貴方は反対のはず・・・!」

オイト
「もちろん抜けられるものならばそうします
ホイコーロ国王は妻と子供達にも王の一族に相応しい振る舞いを強く求めます
”王の子”を育てるのが妻の役目 “
やがて王になる事を信じて疑わない”それが“王の子”です」

クラピカ
「・・・・・・」

オイト
「王になれる機会がきて当然と考え
そのチャンスを自分がものにして当然と考えるのが王の子
その機会を自ら放棄する事などあってはならない
“それは(王の子)ではない”と国王に教え込まれております
敗走者の末路は想像に難くないでしょう?
最も立場の弱い私達の切り札がハルケンブルグ王子です
次期王となりその経緯に今回の継承戦があった事が公になった場合
最もダメージを受けるのは彼が王になった時だから・・・!
彼を脅すに十分な爆弾の証言者(スイッチ)として私達の安全を買うしか手がないのです
貴方が どの立場で来られたのかは問いませんが
依頼を引き受けていただけるならば
私達が無事に船を脱出できた場合10倍の報酬をお支払いいたします
ここでの話を内密にしていただけるならばこのまま帰られても提示した報酬額はお支払いいたします
無理強い出来る立場ではないので・・・」

黙り込むオイトに対し、しばし考え込むクラピカ
「・・・・・・
私は・・・
貴方が今仰ったいずれの立場でもありません
ただ もしもこちらの条件を飲んでいただけるならば
全力で御二人を御守りする事を約束いたします」

そしてしばらく話し込む2人。

オイト
「わかりました
やってみます
殺し合いと言っても他の乗船客もいるし
おおっぴらにやる訳ではありません
表向きは平常をとり繕い他のVIPとの晩餐会やパーティーも催されるはずです
すれ違う位のチャンスは作れるとは思います
ただご存知かも知れませんが表面上
平等な分 裏では厳格な差が上位と下位の妻との間には存在します
王子同士も同様でそれを破る事は大変困難です」

クラピカ
「承知しています
安全の為にも決して無理はしないで下さい」

オイト
「・・・」

昔を思い出すオイト。
スラム街のようなところで育った描写。

オイト
「愚かな私は貧しい家の出身で・・・
国王に見初められた時には強く正妻に拘りました
当時・・・夢想し求めたものは 富と名声にまみれた浅ましく贅沢な生活でした
でも ワブルが生まれ今回の運命を知り
心底・・・後悔しようやく
何が大切か気付いたのです・・・」

涙を流すオイト
「娘を 抱いていただけますか?」

20160414140312a63s

hh3956.jpa_

ワブル王子を抱き、少し感傷に浸るような表情のクラピカ。

一方、クラピカの雇ったハンター達はそれぞれ雇い主が決定していた。

イナズビ(師匠) 第6王子(タイタン)

ビスケ 第13王子(マラヤーム)

バショウ 第7王子(ルズールス)

センリツ第10王子(カチョウ)

ハンゾー第12王子(モモゼ)

カキンの壺がズズズ・・・と不気味なオーラを発している。

血塗られた継承戦―――――・・・

広告

ハンターハンター強さランキングはこちら
ハンターハンター可愛いランキングはこちら
幻影旅団メンバーまとめはこちら

 

~ハンターハンター351話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

 - HUNTER×HUNTER