よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー233話ネタバレ確定【”見守る側メンバー”潔子の想い、繋ぐもの】最新感想予想

   

ハイキュー233話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー233話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

前回、夢の春高!と向かったチーム烏野でしたが
ここで日向のシューズ行方不明事件発生!

どうした?!どうしよう!?というところで終わりましたが・・・

そんなドタバタの中、
今回は潔子の烏野バレー部に対する想いが描かれました。

さくっと試合のシーンに入らずに
試合をしない側、見守る側のメンバーの視点から描かれるのは
新鮮でしたね。

結局、日向のバッグはどこかのお子さんが
間違えて持って行ってしまって
それを潔子が取りに行くということになるのですが・・・

_________

バレーとは別の競技で戦っていた潔子。
その自分の夢が自分で叶えることができなくなって
半ば流れで入ったバレー部のマネージャーという場所。

初めて覚えること。
打ち込む楽しさ。
どんどん変わっていく自分のバレーへの気持ちと
そのバレーに向かうメンバー達への気持ちが

この春高の試合が二度とはこないものだと
思わせてくれる回だったように思います。

潔子ナレーション
(バレー部にはしばらく
マネージャーは居なくて
自己流で色んな事を知った

バレーのルール、審判のハンド、
シグナルスコアの付け方

何かに打ち込んでいる時の心地良さ
でもどこか他人事

自分は最前線で戦っている
わけではないという安堵

でもチームメイトは
徐々に”他人”ではなくなった)

色んな場面を通して、
潔子の表情も少しずつ変わっていく
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20232e8a9b1233e8a9b120e69c80e696b0-104

烏野バレー部で積み上げてきたものを
繋いでいきたい、という潔子の烏野バレーへの愛も感じました。

そして試合に直接参加するわけではないけれど、
今、この瞬間が自分のやるべきことの
1番前だと、ベストなんだと
いうメッセージも印象的でした。

潔子ナレ
(私はコートに立たないし
ユニフォームを着るわけでもない
でも今、ここが私の最前)

柵を飛び越える潔子の姿が
ハードル時代の姿と重なる
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20232e8a9b1233e8a9b120e69c80e696b0-108

そして日向のバッグを持ち帰り
谷地に渡すシーン。

潔子から谷地へ・・・

”今まで、から、未来へ繋いでいく”ことを
表していたように思います。

潔子
「仁花ちゃん!」

谷地
「!」

日向&山口
「!!」

観客席から
バッグを谷地に渡す潔子
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20232e8a9b1233e8a9b120e69c80e696b0-109

ガッツポーズする潔子
ガッツポーズで返す澤村、東峰、菅原

日向と山口は潔子に頭を下げまくる
潔子はピースをして返す

渡すシーンの垂れ幕・・・
『飛べ』って書いてありますしね♪

作者の古舘先生も同じ想いをどこかでしてきたのかもしれませんね♪

今回はなんだか映画のようなハイキューでした♪

さあ
日向の大切なシューズも無事戻り、
現実に戻りまして、日向達のドタバタも再開♪
次回から春高、初戦!スタートです!

次回更新をお楽しみに♪

そんなハイキュー233話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 233話 最新 確定あらすじ『最初の敵』

ハイキュー 24巻 表紙画像 12月2日発売

e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20233e8a9b1234e8a9b120e69c80e696b0-3

_______________

「春高開幕前に・・・」

 

”回想~12月初旬(ユース・疑似ユース合宿期間中)”

武田
「あ、烏養くんおかえりなさい
どうでした山形先輩には
会えました?」

烏養
「ああ、もっと早く高校で
監督やってるって知ってたら
練習試合頼めたのになー」

”錦山高校(山形)バレーボール部監督
東根 和也(烏養の大学の先輩)”

東根
『烏養、その頭どうした』

烏養
「取りあえず錦高が
全国行ってきた時の
感じ聞いてきた

・・・で思ったより厄介そうなのが
床と天井だな」

武田
「?」

_______________

”試合開始約20分前”

烏野高校のウォーミングアップ中

烏養
「いつもより高くなー!」

武田
「・・・」

烏養
(予選やった仙台市体育館は
国際試合もやる結構デカい会場だったし
ある程度耐性はついてるだろうけど

東京体育館は当然初めての場所だし
更にデカい会場だ

距離感がちゃんと掴めるまで
多少の時間がかかる事は
覚悟しとかねえとな)

”回想終了”

_______________

”公式WU終了”

日向のシューズも無事に戻り、
一同は気合いが入っている

 

日向&田中
「シャオラァアア!!」

武田
「正直、皆の緊張しすぎを
懸念していましたが」

烏養
「主に日向な」

武田
「大分緩和されたようですね」

烏養
「ハプニングのお陰というか
何というか・・・」

武田
「そして清水さんのお陰ですね」

ナレーション
「春の高校バレー全国大会 一回戦

神奈川第2代表 椿原学園(2年連続2回目)
VS
宮城代表 烏野高校(5年ぶり9回目)」

両校
「お願いしァース!!」

監督
「丸山ー大丈夫かー
見たトコお前が一番アガってんぞー」

丸山
「大丈夫ですっ
気付いたら帰りのバスの中!
なんて悪夢は二度とごめんです!」

金髪
「ガッチガチだったもんなー
去年の初全国」

日向は成田の上げたボールを
目で追う

日向
「・・・まぶしい」

日向はいつも以上にライトが目に付く様子
そして日向はボールを落とす
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20233e8a9b1234e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-4

日向
「ア”ッ」

成田
「オェーイ、丁寧にー!」

日向
「ア”イ”ッ」

菅原
「うぅ~!
やっぱ緊張すると手がなかなか
暖まんねーんだよなー!」

影山
「手袋要りますか」

菅原
「いや大丈夫
お前は緊張とかしねぇの!?」

影山
「します、今はしてません」

菅原
「なんだよ」

影山
「ここは通過点スから」

菅原はすました顔で言う影山の尻に
キックをする

菅原
「クソ大物め!」

影山
「!?」

_______________

”回想”

ウォーミングアップ中
日向は裸足なのでコートの横で我慢

烏養
「お前はシューズ来るまで止めとけ」

日向
「うぅぅ・・・ハイッ
ボール拾いますっ」

”回想終了”

_______________

ナレーション
「椿原学園 監督 大佐渡巽」

大佐渡
「よーし、とにかくサーブで
向こうの攻撃を分断する事

攻撃を絞り込めれば
対処できる相手だ

でも10番から目を離すなよ
予想外の所からでも打ってくる」

選手達
「ハイ!!」

東峰は緊張してか上を見上げる
日向は元気に跳躍し
田中はガンをつけている
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20233e8a9b1234e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-8

椿原選手達
「ちょう見て来る
あいつら白鳥沢に
勝ってんだもんなー」

丸山
「ソコ考えんのやめようぜ!」

越後
「じゃあ白鳥沢と当たった方が
良かったかよ?」

”椿原学園 主将 越後栄”

丸山
「!・・・いいや」

選手達全員が首を横に振る

越後
「だろ?

代表決定戦見てもあいつらが
白鳥沢に圧勝したワケじゃねぇだろ?

世の中には”たまたま”ってのが
存在するんだよ」

丸山が考える

丸山
「ウシワカと当たんなくて
ラッキー・・・!!」

越後
「そうそう」

丸山は少しポジティブになれる

金髪
「相変わらず奴らのメンタルを
”なんか良さげ”に持ってくのが
上手いな」

越後
「烏野(ヤツラ)が白鳥沢倒した事実は
変わんないんだけどな

でもそんな事は関係無えんだ

去年の二の舞がゴメンなのは
丸山(マル)だけじゃない」

大佐渡
(ここにいる全員が
どこかの猛者を倒してここに居る

そして猛者を倒した猛者も
あっという間に消えるかもしれない
この初戦

相手に会場に呑まれた方が消える)

_______________

3年 S 越後 183cm
3年 WS丸山 177cm
3年 WS寺泊 190cm
2年 WS舞子 174cm
2年 MB岩室 185cm
2年 MB当間 187cm
2年 Li 貝掛 173cm
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20233e8a9b1234e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-5

e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20233e8a9b1234e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-6

3年 WS 澤村 176cm
3年 WS 東峰 186cm
2年 WS 田中 178cm
1年 MB 日向 164cm
1年 S  影山 181cm
1年 MB 月島 190cm
2年 LI 西谷 160cm

_______________

”試合開始”

影山がサーブに立つ

「行けっ!殺人サーブ!」

強烈なサーブを放つが
アウトになってしまう影山

越後
「アウト!」

「ナイスジャッジ」

影山
「スンマセン」

東峰
「オッケー次一本!!」

応援団
「ラッキーラッキー椿高ー!!」

サーブを放つ岩室
ボールは影山と田中の中間に落ちていく
田中がレシーブするが乱れる

田中
「!ヌ”ッ!スマン!」

「カバー!」

烏養
(後衛セッターの導線
人が交錯する場所狙いのサーブ

当然の様に嫌なトコ
打ってきやがる)

椿山学園澤村のアタックを拾う
4番の男が準備している

みんなは烏養の言葉を思い返す

烏養
”要注意はやっぱ4番寺泊だな

190cmのタッパで多少乱れても
ガンガン打ってくるし
バックアタックも強烈だ

極力ブロックの上から
打たれないようにしろよ”

「寺泊(テラ)!」

日向と澤村がブロックに飛ぶ
しかし寺泊がその日向の上から叩き込む

日向
(高ぇっ)

しかし乱れつつもレシーブする西谷

寺泊
「!」

武田
「よしっ!カバー!!」

東峰
「田中!・・・!」

東峰
(長い・・・!)

ネットの上に出たボールを
ダイレクトに決められてしまう

応援団
「ナイスキィイー!!」

烏野 0-2 椿原

_______________

東峰
「すまん!」

烏養
「いい!次次!」

武田
(バレーは試合中ボールが
ほとんど”空間”に有る競技

空間認識能力は必要不可欠であるし
今、緊張とこの初めての体育館に

空間認識(それ)が乱されている事は
間違いない、そして恐らく・・・)

_______________

2回目のサーブを放つ岩室
レシーブする田中

田中
「オシッ!」

影山がすかさず反応し、
日向も動き始める

一斉に警戒を高める椿原の選手達

(来た、10番)

しかし影山のトスが乱れて失点

日向
「!」

応援団
「よおおおし!!
ラッキラッキ椿高ー!!」

烏野 0-3 椿原

_______________

武田
(恐らく”空間”の影響を最も受けるのは
精密を極める影山君のトスワーク)

影山は上を見上げる

大佐渡
(一気に呑み込め・・・!)

影山
「悪い、修正する」
e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20233e8a9b1234e8a9b120e69c80e696b0e794bbe38390e383ace794bbe5838f-7

「最初に立ち塞がる春高のカベ!!」

 

 

広告

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー234話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!