よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー231話ネタバレ確定【試合前夜!烏野高校 vs 音駒高校】最新感想予想

      2016/11/24

ハイキュー231話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー231話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

 

前回、練習試合も終わり、春高前の
それぞれのお正月が描かれていました。

変な夢をみていた澤村でしたが
さてさて本番の春高では・・・!?

完全に旅行気分の田中と西谷。

そして緊張?しているのか
息苦しくなっている面々。

田中と西谷は気合を入れている

影山と月島は淡々とこなす
日向はボールを落としてしまう

日向
「ア”ッ」

菅原
「オーイ、取れる球だろー!」

日向
「ハイッ」

東峰は息をきらしている

東峰
「・・・何かここ酸素薄くない・・・?」

縁下
「いえ、平地ですので」

澤村
「深呼吸しろよー旭ー」

その後ろで谷地が窒息しかけている

こんなにみんなして呼吸困難になっていたら
本当に病気を疑ってしまいますが・・・

だ、大丈夫でしょうか?(苦笑)

話の流れ的には『今のところ』”緊張”によるものみたいです。(苦笑)

そして今回の春高に向けての
烏養の必殺道具!!

滝ノ上電器店渾身の
ORE SUGEE DOUGA!!
(オレスゲードウガ)だ!!」

澤村&東峰
「・・・!?」

烏養
「今までのお前達の
ファインプレー集だ
全員分あるぞ

自分の力が出せなきゃあ
話になんねぇからな

映像や音楽の力を借りて
ベストな自分を脳に焼き付ける

”イメージできる”ってのは
凄え重要な事だから」

対戦相手の分析ビデオかと思いきや
烏野メンバーのファインプレー集だなんて、
烏養さん!やっるう♪

なるほどこういう技術力の
高め方というのもあるんですねえ・・・!

これは読んでいて
感心しきりでした。

そして各々走りに行ったり、
何度もビデオを見てモチベーションを高めるチーム烏野。

これは・・・
こういうモチベーションの上げ方からの試合!
俄然楽しみになって参りました♪!

会場についても浮かれ気味のチーム烏野ですが、
このテンションと勢いのまま
なんとか勝ち進んでいってほしいです!!

音駒高校、登場!

e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20230e8a9b1231e8a9b120e69c80e696b0-109

 

次回、
烏野高校 vs 音駒高校との試合スタート!

そんなハイキュー231話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 232話 最新 確定あらすじ『開幕とハプニング』

開会式を前にユニフォーム姿の
選手達が次々に体育館に集まる

黒尾と澤村は緊張している

e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20231e8a9b1232e8a9b120e69c80e696b0-10
黒尾
「アラアラまさか緊張してますの
サームラさん(ドキドキ」

澤村
「・・・無駄口の多さこそ
緊張の証じゃないかね
クローさん(ドキドキ」

黒尾
「つーか、おたくの10番
“間違って迷い込んじゃった”
みたいになってっけど
大丈夫なの?」

日向は大きい選手にぶつかる

日向
「アッ!スンマセッ」haiq231_1

バランスを崩し
背後の西谷にぶつかる日向

そのまま前方にいた
女バレーの選手に倒れてしまう西谷


「!!」

西谷
(これはまさか
これは夢にまで見た

ラッキーなハプニングのエロ
即ちラッキー・エロ)
ha231-2

西谷は近づいてくる胸に
そっと目を閉じる

西谷
(すまない
これはフカコウリョクだ

ありがとう神様
ありがとう翔陽

ありが─)

ガッと掴む音がする

西谷
(”ガッ”?)

西谷
「・・・」


「大丈夫ですか・・・?」
haiq231_3

西谷はこれはこれで・・・と目を輝かせる

西谷
(美女にキャッチされた・・・!)

西谷
「!!ハイ大丈夫デス」

その時、女性に叫ぶ田中

田中
「おおーい叶歌だろー!?
久しぶりだなーっ!」

“宮城県女子代表 新山女子高校
2年 WS(ウイングスパイカー)
天内叶歌 182.5cm”

叶歌
「りゅ、龍ちゃん久しぶり」

日向&西谷
「!?」

haiq231_4

日向
(代表決定戦の時の
“女王”のチームの人だ・・・!)

_____________________________

“回想”

日向
「もっもしかして田中さん
“女王”に知り合いがっ!?」

田中
「わはは!まあな!!
新山女子の次期エースは

俺が育てたと言っても
過言ではないっ」

日向
「ひええ!」

“回想終了”

_____________________________

田中
「いつだ小4ぶりか!?
相変わらずでっけーなー・・・」

叶歌
「?」

田中は叶歌の全身を見る

田中
(なんかすげえ”育ってる”)

e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20231e8a9b1232e8a9b120e69c80e696b0-11

田中
「・・・///」

田中は顔が真っ赤になる

日向
「?」

新山女子
「天内、整列」

叶歌
「!ハイ!」

東峰
「田中固まってら」

菅原
「田中が女子に
気軽に話かけるなんて
おかしいと思ったんだよ

どうやら今初めて
”女子である”と
認識したようだな」

澤村
「失礼だな」

叶歌
「がんばろうね龍ちゃん」

小声で言いながら叶歌は去っていく

田中
「あっ ハッ オゥッ」

_______________

影山にユース合宿にいた古森が
声をかける

古森
「オッス影山」

影山
「オッスー」

haiq231_5

菅原
「おお・・・!
影山にも知り合いが・・・!

あれ多分・・・古森元也
”高校No1リベロ”って
月バリで見た」

西谷はその言葉に反応して
じっと古森を見る

影山
「佐久早さんは
一緒じゃないんですね」

古森
「佐久早はアッチ
あいつ人混み大キライだから」

会場の隅で佇んでいる佐久早
haiq231_6

_______________

木兎
「ヘイヘイヘェーイ!!
日向ヘェーイ!!」

日向
「!!木兎さん・・・!」

ha231-6

木兎は日向の背中をバンバン叩く

木兎
「来たな~オイ~
俺の一番弟子よ~」

赤葦
「日向、違う事は違うって言おう」

周りの選手達が木兎にざわつく

選手達
「木兎だ、梟谷の木兎
なんかオーラあるよな~

”弟子”ってあのキョドリチビ!?
何者・・・!?」

木兎
「ネット挟んだら容赦しねえぜ」

日向
「ハイ!!」

木兎
「わははは!!
あっ、ツッキー!!」

月島
「・・・」

黒尾
「ミミズク野郎うるせーなー」

研磨
「・・・」

研磨
「あの”どこに居ても自分ち”
みたいな感じ羨ましい」

_______________

アナウンス
『お待たせ致しました

ただ今よりジャバネット杯
春の高校バレー

全日本バレーボール
高等学校選手権大会
開会式を行います』

巨大な体育館、満員の観客、
オーケストラにTVで中継
一校一校入場していく選手達

澤村&東峰&菅原
(オレンジ・コート・・・!)

烏野3年生達は緊張している

武田
(・・・皆、落ち着きが無くなるのは
仕方の無い事)

武田
「でも烏養くんは落ち着いて」

烏養はそわそわしている

烏養
「!!わかってるよ!

とにかくアップ
とくに初戦はどれだけちゃんと
アップできるかが超重要だ

今日は忙しいぞ・・・!」

烏野高校や他校が並んでいる

アナウンス
『宮城県代表
男子 烏野高等学校
女子 新山女子高等学校

東京都代表
男子 梟谷学園高等学校
男子 音駒高等学校』

影山&日向
(始まる・・・!!)

ナレーション
「春の高校バレー
全国大会開幕」

_______________

開会式も終わり・・・

澤村
「人が一斉に移動するから
はぐれんなよ!
着替えたらアップ行くぞ!

通行証(パス)無くすなよ!
田中!西谷!日向!」

田中
「名指し!!」

大混雑の様子の会場

潔子
「大丈夫?はぐれないでね」

谷地
「あい!」

アナウンス
『第1試合、第2試合のチームは
コート練習を開始して下さい』

_______________

電話で烏養が嶋野と話す


嶋野
「これから割り振られた
体育館でアップか」烏養
「ああ、電車で移動だ
試合経過の報告頼むな」嶋野
「任せろ」

通話終了

嶋田
「ヤベーッ!緊張してきた!
滝ノ上はよ来いッ!」

_______________

烏野一行は国立競技場駅に
着いたが・・・

電車が事故のせいか
運転見合わせ中になっている

澤村
「えっ、電車止まってる!?」

一同
「どうする・・・!?いつ動くんだろ
時間無えのに・・・!」

武田
「ハイ皆さん、落ち着きましょう~
バスでのルートを確認済みです

多少徒歩が多くなりますが
アップには良いでしょう」

一同ホッとする

澤村
「よし行こう!」

烏養
「さすが先生」

武田
「いやいやこれくらいは・・・
皆こういう状況に不慣れです

ただでさえ初の全国という舞台に
浮き足立っている

試合意外の不安要素を
できるだけ取り除いてあげたい

ちなみに東京体育館の構造も
トイレの位置もバッチリですよ!」

烏養
「ほんとさすがだよ」

_______________

烏野は体育館に無事到着し、
アップを始める

烏養はサーブの練習を指示する武田
(皆、若干空回る感じはありますが
昨日のような不安な様子は無いかな・・・)烏野メンバー
「ナイスサーブ!」

烏養
「よし、そろそろ行こう
思ったより試合の進みが
早いみたいだ」

澤村
「ハイ!」

田中
「シャーッ!」

山口
「フー」

_______________

一同は駅に着く

田中
「なんかどの駅も混んでんなー」

木下
「東京だもの」

成田
「さっきまで電車
止まってたからじゃねえか?」

縁下
「それにこの近くで何か
イベントやってるっぽかったしな」

田中
「電車来るまで何分?」

縁下
「4分」

田中
「便所!」

日向
「おれも行っとこ」

山口
「荷物持っててやるよ」

日向
「さんきゅー!」

e3838fe382a4e382ade383a5e383bc20e3838de382bfe38390e383ac20231e8a9b1232e8a9b120e69c80e696b0-13

月島
「電車乗り遅れるフラグ」

日向
「おいやめろ!」

成田
「1年荷物多いだろ
ちょっと貰う」

山口は成田の方を振り向く

山口
「いえ、大丈夫です!」

成田
「何か仕事やってないと
緊張して仕方ないんだよ」

山口
「あざす・・・!」

haiq231_8
一同は無事電車に間に乗る
日向は月島にドヤ顔する

日向
「フフンッ」

月島
「・・・電車に乗ってるだけで
勝ち誇るのやめてくれる」

_______________

会場にも無事到着

haiq231_7
澤村
「よし平常心ッ」

菅原
「自分に言ってんのか大地」

澤村
「うっせえ!」

潔子
「東峰、パス忘れてる」

東峰
「!!ゴメン!」

烏養
(皆まだ堅いが
まあ予想の範囲内だ
あと俺が落ち着け)

日向は荷物を開く

日向
「・・・あれっ・・・バッグ・・・
中身・・・ちがう・・・」

田中
「?何だ忘れモンか?」

日向
「いや、この袋・・・
おれのと同じなんスけど
・・・おれのじゃない・・・??」

山口
「!?」

日向
「・・・!!シューズが無い・・・!」

haiq231_9

「試合開始前にピンチ・・・!?」

広告

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー232話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!