よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー196話ネタバレ確定【エースの心得Tシャツ販売決定?】最新感想予想

      2016/09/15

訪問ありがとうございます!
ハイキュー196話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を配信していきます。

196話 ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ

※最新ハイキュー196話ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!!!

ハイキュー 学校別強さランキングはこちら

前回、最終的には音駒の大逆転劇が待っていると予想していましたが、全く的外れな結果となりました。
木兎が退場することもなく、早々と梟谷の勝利で決着しちゃいました!(笑)

木兎、クロスの打ち方をすっかり忘れてたのに・・・。

ha195-1

木兎
「俺いつもクロスってどう打ってたっけ・・・?」

魔女の宅急便のキキがある日突然飛べなくなってしまったように、クロスの打ち方を忘れてしまった木兎。

 

そんな梟谷のエース木兎を救ったのは、序盤の回想に出てきた、背中にエースの心得が3つ書かれているというTシャツでした。

~回想~

背中にエースの心得が3つ書かれているTシャツを着ている木兎。

日向
「木兎さん!
Tシャツチョーかっけースね!!」

木兎
「!!ヘイヘイ、見る目があるな日向!!
今年の春高で買ったんだよ
こんなカッケーのに全然売れてねえの!
皆にも薦めたのに!」

日向
「おれも欲しいっ・・・!」

木兎
「春高行って買えばいい」

目を輝かせる日向。

その光景を冷めた目で見ている月島と赤葦。

~回想終了~

ha195-6

「エースの心得」

・一つ、背中で味方を鼓舞するべし。

・一つ、どんな壁でも打ち砕くべし。

・一つ、全てのボールを打ち切るべし。

結果的にそのTシャツのおかげで自分を取り戻せた木兎ですが、それも全て赤葦の機転の速さとフォローがあってこそですね。

ha195-2

赤葦
「・・・では何も考えずにクロス打って下さい
ただ気持ち良く」

木兎
「?」

赤葦
「道は作りますので」

木兎
「赤葦かっけえなオイ!!」

いや、でもさすがに早く決着がつきすぎでしょ!(笑)

何はともあれこれで梟谷が春への切符を手にしました。

今後の展開が楽しみです。

 

次回はとりあえず個人的に小休止的な回となりそうな感じがしますがどうでしょうか。

それと負けてしまったリエーフをはじめとした音駒メンバーの反応も気になるところです。

ちなみにエースの心得Tシャツ、個人的に販売して欲しいです(笑)

 

そんなハイキュー196話ネタバレは、以下更新済みです!

~ハイキュー197話ネタバレ確定画バレ予想に続く~

ハイキュー 196話 ネタバレ 最新 あらすじ

音駒に勝利した梟谷

木兎
「ヘイヘイヘェーイ!!」

夜久
「くっっそ!!」


「梟谷にストレート負けは久々だな・・・」

山本
「本番に強ぇーなクソ」

黒尾
「フー・・・」

終了の挨拶と握手をする両校の選手たち。

ha196-1

満面の笑みの木兎と握手する黒尾はイラッとくる。

セッター同士で握手を交わす研磨と赤葦。

猫又監督
「今回は赤葦の “木兎立て直し” の手腕に拍手だな」

トーナメント表の所に行く夜久と海。

夜久
「フー・・・
もう後が無えな」


「春高の残りは1枠・・・」

井闥山はストレートで戸美を倒して決勝進出決定。

続いてコートでは女子の試合が行われる。

廊下にいる音駒。

研磨
「・・・ねえ”アレ” なんとかして」

黒尾
「?」

うなだれるように座っているリエーフ。
そしてそのリエーフを励ましている犬岡と芝山。

夜久
「さっきの試合
大してイイトコ無しだったからな」

黒尾がリエーフの前に行く。

リエーフ
「・・・俺・・・
俺はもっとバシバシ点獲ってブロック決めて・・・
観客席からワーキャー言われる男なんですっ!」

黒尾
「お前のそういう真っ直ぐ馬鹿っぽい感じ嫌いじゃないよ
確かにブロックとかドッカンドッカン決めたら気持ちイイしヒーローだよな」

研磨
「リエーフはまず空回りをなんとかして」

リエーフ
「音駒はチームワークのチームだから輪を乱しちゃ駄目だってわかってるんですけど・・・!」

黒尾
「お前ちゃんとそんな事考えてたのか!」

真剣に悩んでいる表情のリエーフ。

黒尾
「・・・まぁ大事だな
チームって複雑だからな
人が複数居てちゃんと力を合わせるって結構難しい
別に “出る杙打つべし!” って言うんじゃねえの
なんつーのかな
んー・・・
チームワークが “ハマる” 瞬間てのは多分お前が思ってるよりずっときもちいいぞ」

リエーフ
「・・・?」

そう言って去っていく黒尾。

日向からのメールを読み返している研磨。

あの時の日向の言葉が思い浮かぶ
「負けたら即ゲームオーバーの試合・・・
やろう “もう1回” が無い試合」

山本
「研磨はよ来ーい」

女子の試合が終わる。

1つのチームは喜び1つのチームは涙。

芝山
(これが全国行き最後のチャンス・・・!)

黒尾
「行くぞ」

試合前の握手をする両キャプテン。

大将
「まぁこうなるわな」

黒尾
「ハァ〜?
俺らは決勝行く気満々でしたァー
・・・つって
実際負けてるんで黙りますね」

ha196-2

黒尾の鬼気迫る表情に大将も何かを感じとった様子。

観客達
「どっちが勝つと思う?」
「ん〜音駒かな、梟谷と良い勝負してたし」
「それに戸美のレフトのやつさっきの試合でどっか怪我してなかった?」

戸美学園の監督・大水清心が1人の選手に声をかける。

大水
「潜(くぐり)」


「はい」

大水
「見てたと思うがさっきの試合で沼が右親指の脱臼だ
代わりに音駒戦の先発はお前に任せるっ・・・!」

ha196-3


「あ、はい」

大水
「頼むぞ・・・!」


「はぁ、まぁ はい」

大水
「おおい起きてんのか潜ィ!!」


「ハイ起きてます」

大水
「髪型は気合い入ってイイぞ!!」


「寝ぐせがとれませんでした」

大将
「潜に熱血求めても無駄だっつーの」

黒尾
「要注意はやっぱ大将だな
あいつホンッットヤラシイから注意しろよ
フェイントは常にあると思っとけ
あとブロックアウトも上手えからフォローな」

一同
「ハイ!」


「あとリバウンドも」

一同
「ハイ!!」

大将
「相手はしつこいネコチャンだ
でもしつこさで負ける気がしねえよな
粘り勝ァつ!!」

一同
「シャアァァア!!」

両校
「ねぁいシャース!!」

観客達を盛り上げるあかね
「声出してこー!!」

アリサ
「おーっ」

リエーフ
「フー・・・」

夜久
「お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!」

リエーフ
「!夜久さん!」

夜久
「あとは相手に獲られなきゃいいハナシだ」

ha196-4

黒尾と山本
(かっけええええ!!)

不安を振り払えた表情になるリエーフ。

芝山
(僕もいつか夜久さんみたいになるぞ!)

山本
「何なんだ・・・
リベロは男前じゃなきゃやれないポジションなのか・・・?」

研磨
「?」

場面は烏野の体育館。

練習の休憩中。

西谷
「ローリングサンダー・・・W(ダブル)!!」

ha196-5

日向
「Wかっけえええ!!」

山口
「2回まわった・・・?」

影山
「何で2回まわったんですか?」

月島
「ちょ危な!」

田中
「アウッ」

菅原
「田中が西谷に轢かれたー!!」

澤村
「西谷ァ!!田中ァ!!」

田中
「なんで俺までっ」

潔子
「休憩中に何で休憩しないんだろ」

東峰
「東京は今まさに代表決定戦中か」

澤村
「・・・そうだな」

春の高校バレー・東京都代表3位(開催地代表)決定戦。

音駒高校 VS 戸美学園の試合開始の笛が鳴る。

広告

ハイキュー 学校別強さランキングはこちら

 - ハイキュー!!