よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ダイヤのA act2 56話ネタバレ確定【奥村が変える!勝機は1年に?!】最新感想予想

      2016/11/08

ダイヤのA act256話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ダイヤのA act2 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ダイヤのA act256話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

 

前回、上級生チームの怒涛の攻撃で、2回時点で8-0と大差がついてしまいました。
2回でピッチャーの九鬼は降板し、
1年生チームはバッテリーと守備をチェンジ!
ピッチャーは浅田、キャッチャーは奥村、セカンドには瀬戸が出てきます。
奥村はまだ心の準備ができておらず硬い表情の浅田に声をかけ落ち着かせてあげるのでした。

 

必ず勝機は見えてくる

1年生だろうがなんだろうが
スーパー本気モード上級生達。

しかも経験もある、チームワークも抜群。

こんな試合、勝てるわけないよ〜と
普通なら思いますが
奥村は勝つ気満々!!

 

161102-d02

奥村
『余計なことを考えず、
目の前のアウト一つを取りに行こう

まだ3回
一つ一つアウトを積み重ねて最少失点に凌いでいけば
必ず勝機は見えてくる』

 

そしてそんな奥村の周りには
そんな奥村の魅力に巻き込まれて
勝とうが負けようが
こっちも本気でがんばるんだぜ!という良い波があるみたいですね♪

「光舟はな、いつだって誰が相手だって本気だぜ」

161102-d04

うーん、良いムード!

まだまだ全くついていけない浅田くんはあわあわ!(笑)

浅田は高校生になって初マウンドですしね。!

そんなこんなで
ピッチング練習を終え、
いよいよ浅田君、高校デビュー!!(ピッチャーとしての!(笑)

アウトコースの真っすぐを要求する奥村。
勝つ気のわりに無難なリードに

それに対し
”そうだよね、僕がどんな球投なげるか
わかんないもんね・・・”と
どこまでも弱気な浅田くん。

そして思いっきりよく、アウトコースへ速球を投げる・・・も
真ん中に思いっきり・・・。入ってしまいました。

161102-d05

動揺する浅田くんに
奥村は『逃げてないからむしろ安心した』、と。

や・・・優しい!!

161102-d06

奥村は浅田に悪いところではなく、
良いところを指摘し
そして
今みたいにしっかりと
腕を振って投げていくように、と指示するのでした。

そしてそんな奥村の心意気に押され

ここからバントされようが
落ち着いてアウトを取れるようになる浅田。

161102-d07

奥村の指示や
奥村の絶対勝つ!という気持ちが
瀬戸を始め、他の1年達にも移っていき、みんながどんどん声を出すようになります♪

161102-d08

打たせてもいい、こっちで取るから!という

他の1年メンバーがほんと頼りになります。

そんなみんなの声に背中を押される浅田。

161102-d09

ギャラリー
「守備を入れ替えてから雰囲気変わったよな 」

「ここを0点に抑えたら流れも変わるぞ!」

浅田はドキドキしている

浅田
(や・・・やるしかない・・)

 

浅田にしてみたら
ものすごいプレッシャーだとも思いますが(苦笑)
でもチーム全体の空気が変わってきてることがまず素晴らしいですからね!

奥村のその恐れないパワーがどこから湧いてきているのかは
わかりませんが
完全に1年の”静かなムードメーカー”誕生ですね♪

ベンチにいる九鬼も
沢村も興奮しています。
沢村、楽しそう(笑)

daiya55_11

点数はまだ
8対0のままですが
これはここから化けるか1年?!

そして
まずはこの回の
先輩達を抑えることができるのでしょうか?!

そんなダイヤのA act256話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ダイヤのA act2 ネタバレ 56話 最新 確定あらすじ『自己主張』

 

3回裏、上級生チームの攻撃

9番香田の送りバントで
現在ワンナウト3塁

ここで内野の前進守備を指示する奥村

内野もよく声が出ている

内野
「攻めろ!
いけ、浅田止めるぞ」

ギャラリー
「守備を入れ替えてから雰囲気変わったよな」
「ここを0点に抑えたら流れも変わるぞ!」

興奮気味の沢村

沢村は奥村の言葉を思い出す

奥村
”必ず1軍に上がってみせます”

沢村
(あのヤロ・・・やっぱめちゃくちゃ熱い奴じゃねーか・・・)

image

内野手の前進守備で
ランナーはスタートを切りづらい
スクイズ封じにもなる

外野はほぼ定位置
(自分の肩で刺せる位置)

全員が先輩としてどう点を取るのか
注目している

左バッター、岡
(それだけ前に出るって事は覚悟はできてるんだよな・・・
いいぜ・・・止めてみろよ。)

全員集中している内野手

浅田
(バックは心配してない
問題なのは僕・・・
しっかりと自分の球を投げられるかどうか)

浅田は奥村の言葉を思い出す

奥村
”食堂の居残り組の意地・・・
先輩たちに見せつけてやろう”

モーションに入る浅田

 

image-2

沢村
「すっぽ抜け・・・」

かなりの落差で左バッター岡の
ひざ元に決まる

しかし判定はボール

ギャラリー
「・・・」

「今のは?」

浅田
(外れたー)

由井
「カーブ?
でも今の落ち方・・・」

ざわつく一同

image-3

奥村
(右ピッチャーでも希有な
タテに大きく割れる”ドロップカーブ”
それがサウスポー独特の軌道で曲がってくるんだ
ピッチャーとしてこれほど強烈な個性はない)

浅田
(コースかな・・・
高さかな・・・)

奥村
(本人がどれだけ自覚できているか
バッターは完全に腰が引けてた
もう1球今度はしっかり枠の中に!!)

2球目のモーションに入る浅田

浅田
(もう1球同じ球
悪くなかったのかな・・・
今度こそ・・・)

浅田、投げた


(続けて同じ球をーー)

浅田
(やっぱり僕は、奥村君の期待に応えたい
あのミットに最高のボールを投げ込みたい)

image-1

浅田、投げた!

ふわふわと
浮いたような球が飛ぶやはり内角低めに落ちる

岡は空振り

ギャラリー
「ほぉー、上級生から空振りとったよ
いいじゃんあの球
しっかりコントロールできてるし・・・」

沢村も倉持も驚く

沢村&倉持
「おぉ・・」

由井はうずうずする

由井
「いいね
この球ならタイミング
外すのにも使えそう・・・」

奥村のミットは外に

浅田、3球目投げた

今度はストレート!

球は外角ギリギリ!

何とか当てる岡だったが

ワンバウンドでサード正面

image-5

サードは動けず、そのままファーストへ
送球してアウト

これでツーアウト取ったことになった

盛り上がる1年ベンチ

1年ベンチ
「おっしゃああ
ナイスボール浅田ぁ!」

浅田
「ツーアウト!!
ツーアウト!!」

前園
「あのカーブの後やと、ストレートも速く見えるで・・・
しっかりコーナーに投げれたから飛んだところも良かった」

1年内野手
「あと一つ止めるぞ」

「内野定位置」

「浅田ー!!打たして来い」

金丸
「今のアウトは大きいな」

東条
「うん・・・
1年勢いづくよね。
上級生の立場になれば、
この盛り上がり、鎮めてやりたくなるけどね。」

金丸
「空気を読まない強烈な一打でな」

ニヤリと笑う金丸

東条
「悪い顔してるなー信二」

金丸
「お前が振ってきたんだろ!!」

ジェスチャーで浅田に伝える奥村

奥村
(まだランナー3塁にいるぞ
一息つくのはあと1アウト取ってから)

頷く浅田

2番バッターはサード石川誠(右打ち・3年)

浅田
(ここでヒットを打たれたら意味がないーー)

浅田、投げた!

やはりカーブ

石川は空振り!

由井
「あれだけ落差があると、
ボールを線じゃなく点で捉える感覚だろうし、
右バッターにとっても厄介な球だね。」

その後、石川を外角低めのストレートで
セカンドゴロに打ち取る浅田

ギャラリー
「うおおおおお
1年が止めたぁーーー
最後はセカンドゴロでスリーアウト!!」

「3回にして上級生チームに得点を許さず」

image-6

奥村
「ナイスボール!」

喜ぶ浅田

ニヤリと笑う瀬戸

落合コーチ
「線は細いし、球速も出てない・・・
だが・・・あのドロップは悪くないな。」

部長
「中学は軟式ですね。
3年間ずっと控え投手だったようですが・・・」

沢村が得意げに言う

沢村
「わはははは見ましたか?倉持先輩
浅田が!!あの浅田が0点に!!」

倉持
「るせえな見てたよ!気弱そうに見える奴だが
ボールはしっかり自己主張してやがったからな」

沢村
「そうなんですよ」

倉持
「青道に来て野球やろうって奴だ
ちゃんとピッチャーだったんだな、あいつも・・・」

沢村
「はい」

image-7

奥村はベンチに戻る

プロテクターを外しながら奥村が言う

奥村
「ピッチャーが流れを作ってくれたんだ。
今度はおれたち(野手陣)の番だな・・・
まずは塁に出て守備を切りくずそう」

image-8

 

広告

ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

~ダイヤのA act257話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ダイヤのA act2