よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

終わりのセラフ54話ネタバレ確定予想【クローリーの人間時代の過去が判明!】最新54話

   

終わりのセラフ54話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~終わりのセラフ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新終わりのセラフ54話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

終わりのセラフ強さランキングはこちら
禁忌の呪術 ”終わりのセラフ”の謎についてはこちら

 

前回、クルル達(多分フェリドはおまけ(苦笑)を助けると決めた
優一郎達はクローリーとフェリドの館に行くことに・・・!!

そして今回はミカエラのことを
まだ信用しきれない鳴海がミカエラに対して
尋問(のような)をするような展開になりました。

鳴海
「ミカエラ
君のことは信じよう
だからまず君に聞く

君はいつまで信じられる?

君の中の優は
いつまで大切な家族だ?」

しかし尋問の結果、

そこでわかったのは

シノアや、望月達はちゃんとミカエラを

優一郎の家族として、
そして仲間として認めているという事、

そして最初はかなり疑っていましたが
最終的には
『人間としての感情を失いつつある』と

正直に話したミカエラのことを
鳴海も認めるような感じになって
良かったです♪

しかし過去の悲しい記憶、家族への執着は
薄れてきているのに
優一郎への愛情はあまり変わっていないって・・・

鳴海
「家族に対する執着は
消え始めている

だがそれと比べて
優への感情は?
それももうすぐ消えるのか?」

ミカエラ
「・・・それは・・・おかしいな
優ちゃんへの感情はあまり変わってない」

ミカちゃん、どんだけ優一郎のことが好きなの!(笑)

こんなにミカエラに愛されて

優一郎も幸せ者ですね♪
(はっ!ちなみにBL的ラブな感情では
ないハズですので悪しからず・・・!!(笑)

そんなわけで
鳴海も「吸血鬼と手を組めるかもしれない」と、思い直しはじめ、

場面は先に館の中に入った
優一郎&クローリーへ。

この2人の組み合わせ、なんだか好きです♪

おおらかなお兄さんと
ギャーギャーうるさい弟のような・・・

あ、安心感・・・???(笑)

そんな2人がケンカしたり
フェリドから出されたなぞなぞを解いたり・・・

戦い方がまだまだな優一郎に
飄々と戦い方を教えてくれるクローリー。

・・・いいですね♪

そして今回クローリーの過去も少し明らかに。

優一郎
「・・・おまえ
人間だった頃は何者だったんだよ」

クローリー
「じゃあびっくりするかもだけど
僕は十字軍だったんだ
神のために戦う聖騎士

それがいまや吸血鬼だ
笑っちゃうだろ?」

だ、そうです・・・。

でもその後のクローリーの言葉は重い。

優一郎
「人間だったのに
人間殺すのおかしいだろ」

クローリー
「えー
歴史を見なって

人間が一番
人間を殺す

僕も人間だった時の方が
たくさん殺した
比べたら吸血鬼は
0と言っていいくらい
殺さないよ」

おっしゃる通りっス・・。

この『終わりのセラフ』の中の

テーマにも関係してくる

『どっちが正義かわからない』というところにも

引っかかってくる

クローリーの過去の話でした。

さて手紙のフェリドから
優一郎達にとって最低最悪なものが告げられましたが

次回、この部分、クローリーがどう収めるのか・・・!?
ドキドキです!!

フェリド手紙
『地下に優ちゃんたちの家族の死体
見せたら優ちゃん暴走するかも

仲間を全員守りながら
殺さず抑えきってクローリー君

フェリド・バートリーより』

クローリー
「・・・冗談でしょ
仲間?仲間ってなに?」

内容を読み
困り果てるクローリー

そんな終わりのセラフ54話ネタバレは、最新情報が入り次第、引き続きこちらのページにて配信します!

 

広告

終わりのセラフ強さランキングはこちら
禁忌の呪術 ”終わりのセラフ”の謎についてはこちら

~終わりのセラフ55話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 終わりのセラフ