よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

食戟のソーマ227話ネタバレ確定【2nd BOUT決着!注目の久我VS司はいかに!?】最新感想予想

   

食戟のソーマ227話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~食戟のソーマ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新食戟のソーマ227話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

十傑メンバー強さランキングはこちら
食戟のソーマ 美少女総選挙はこちら

 

美作 VS 斎藤において

美作のトレースに対しての思い(?)、

努力(コスプレ)が描かれ、

一方の美作に対しての斎藤の武士道が描かれた前回!

ついに2人の料理が完成!!

どこまでも斎藤の料理をコピーし倒した美作は

最後にどんなアレンジを加えてきたのか!?と言うところでしたが・・・!?

美作が加えてきたのは

一貫だけ変えるという、本当にこれで大丈夫なのか!?という展開でした。

生徒達
「おお!美作昴も完成したぞ!!」

「すげぇ!やっぱり同じだ
見た目は完全に同じ寿司」

ソーマ
「や・・・よく見ろ!」

佐藤
「!!」

青木
「あぁっ!
たしかに一貫だけ違う!!

斎藤先輩の方には無かった・・・
軍艦巻きがあるぞ!?」

美作と齋藤との違いは
1貫だけ軍艦巻きになっている事だった

タクミ
「あれが美作の仕掛けたアレンジ・・・
味の分岐点か

果たして敵の品を
上回れているのか!?」

相手は寿司の超プロ!

そんな相手に一貫だけ”自分の寿司”で向かっていくという

普通の勝負よりもなんだか緊張しそうなこの食戟!

ある意味、今までの食戟よりも1番楽しめそうです!

そして

最後の最後に!まさかの!!

6品まとめての実食!?(笑)

アン
「ぬふぅん
駆け込んできましたねぇヒック

よぉしこうなったらぁ~
6品まとめて
実食しちゃいますよ~っ!!」

アンはまだ酔っ払っている様子

吉野
「ま、まとめて一気に!?
大丈夫ぅ?」

青木
「味がごっちゃにならねぇか?」

イストワール
「アンなら可能だ
そして勿論我々にも!

美食の門番WGO執行官ならばな!!
これより審査(デリバレーション)スタートだ!!」

まとめてきましたね・・・。

ページ数、まとめてきましたね・・・!?(苦笑)

”唐辛子対決
女木島 VS 竜胆”

”竜胆のワニ肉料理”

”女木島の
アフリカンラーメン”

____________________________

お茶対決
”久我 VS 司”

”久我照紀の四川料理”

”司のお茶料理”

じっくりそれぞれ見たかったですが

次回で一気にカタがつきそうな2nd BOUT!!

どのカードも気になる対戦ばかり♪

個人的には

久我、女木島には勝ってほしいですが

試合的には1番美作の食戟が気になります!

料理の女神はどちらに微笑むのか!?

楽しみですっ♪

 

 

そんな食戟のソーマ227話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

食戟のソーマ ネタバレ 227話 最新 確定あらすじ

審査開始!!まずは反逆者サイドから!

女木島のラーメンを食べる
イストワール

そして美作の寿司を
シャルムが食べる

シャルムは炙った寿司を前に
食欲を掻き立てられる

イストワールは
ラーメンに添えられた
小鉢の中にある
赤いペーストに着目する

久我の料理を
品定めするアン

ラーメンを食べた
イストワールは
変態仮面を髣髴とさせる水着姿となる

反逆者の皿を
褒め称えるシャルム

寿司の解説が
シャルムによって始まる。

シャルム
「どの寿司もおいしいが
特にヤバいのが

藁と牧草で豪快に火を入れた
”脳天炙り焼き寿司”

まぐろの部位の中でも
トップクラスに高値が付く
ツノトロのエレガントな脂が

炙りの香気ととも暴れ回る

魚介特有の生臭さも
藁で炙ったことで
焼き払われ

純粋な香ばしさだけが
舌と鼻を満たしている!!」

シャルムは
続いて軍艦巻きに手を伸ばす

美作のアレンジが加えられた
その軍艦巻きには

ネギトロの上に
メレンゲが乗っていた


久我に渡した燻製醤油が
この軍艦巻きにも
使われていた

シャルム
「まぐろの身に
燻製のまろ味ある香気が行き渡り

メレンゲとネギトロの
食感差が味に奥行きを出す

名付けるならば
”究極のネギトロ卵かけご飯軍艦”!!」

次にイストワールによる
ラーメンの解説が始まる

イストワール
「女木島のラーメンには
ハリッサという北アフリカで

誕生した調味料が使われている!

ハリッサは
パプリカパウダー、
キャラウェイシード、レモン汁、
ニンニクなどと共に

大量の唐辛子を撹拌・ペースト状に
混ぜ合わせたもの!」

それはかつて城一郎が
極星寮でソーマに見せた物だった。

イストワール
「スープはチキンムアンバ・・・
鶏肉とナッツ類を

トマトと共に煮込む
アフリカのシチュー。

そこに激辛ハリッサを投入する

スープに仕込まれた
ピーナッツのコクと
まろやかさ・わずかな渋みのおかげで

ハリッサを足せば足すほど
辛さと旨さが増す!
素晴らしい!!」

イストワールは
女木島のラーメンを絶賛する

イストワール
「この世のどこにも
なかったラーメンを
見事創り出している!!」

_________________

続いて久我の品を審査するアン

アン
「この品は”黒酢豚”と
呼ぶべき品ですね

黒酢ダレに
バルサミコ酢と
美作の燻製醤油をプラス

酢豚という枠を破壊し
酸味とコクを豚肉の

うま味に結び付けながら
肉の脂っぽさや
ギトつく後味を消し去り

緑茶の風味を一気に
際立たせ緑茶という素材を

見事に主役へと
押し上げています

さらにこの料理には
フレンチの技法まで
取り入れられていますわね

”ソース・オ・ヴィネーグル・バルサミック”という
フランス料理で使われるソースが

久我の黒酢ダレの
下敷きになっていた

これにより
酸味による軽やかさと
どっしりとしたコクを併せ持ち

酢豚のポテンシャルを
最大限に跳ね上げていた

久我
「司っさんに負けてから
今日までずっとずっと

ず~~~~っと
自分の料理を
変えなきゃって

格闘してたわけよ俺は

今日司瑛士に勝つ・・・
そんでもう二度と

”久我って誰”とか
言わせやしない」


「本当に今までの
久我とは違うな
凄いって思うよ」

______________

3人は料理が冷めないうちに
十傑側の審査も始める

司の品を食べるアン

アンはこれまでの
リアクションとは違い
唖然とした表情で固まる


「今度は今食べた
ピュレだけじゃなく
周りのスープも味わってもらえますか?」

アン
「ま、待ってください・・・
今・・・これ以上
刺激を受けたら・・・」


「それでは料理が完成しない」

司はそう言い
アンに無理やり二口目を食べさせる

アンは悶絶する

_____________

審査が終わる・・・


「さて幸平
次はお前が上がって来るの?
どうする?

ごめんな?
せっかく集めた仲間なのにな」

ソーマは司を厳しい目で
睨み付ける

_________________

結果は3カード共に
3対0でセントラルの圧勝だった。

 

 

”食戟のソーマ 228話 ネタバレ に続く”

 


十傑メンバー強さランキングはこちら
食戟のソーマ 美少女総選挙はこちら

 

~食戟のソーマ228話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 食戟のソーマ