よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

終わりのセラフ58話ネタバレ確定予想【柊を支配していたのは1番最初の吸血鬼四鎌童子だった!】最新58話

   

終わりのセラフ58話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~終わりのセラフ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新終わりのセラフ58話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

終わりのセラフ強さランキングはこちら
禁忌の呪術 ”終わりのセラフ”の謎についてはこちら

 

前回、グレンが優一郎達のいるフェリド邸に到着、

そしてそこには真昼の姿も。

一方、暮人は父、柊天利を倒しに向かうのですが・・・!?

え〜、そんな今回、

感想を一言で言うと・・・

優一郎とミカエラの出番が!!無い!!でした(笑)

表情だけの出番・・・ガヤガヤ担当が静かで少し寂しかったです。(笑)

しかし一方、今回は超、シリアス回でしたね!

そして急激に明らかになる謎!謎!謎の数々!

人間のトップに君臨していた”柊”を操っていたのは

1番最初の吸血鬼!

そして名前は四鎌童子!!


「一番最初の吸血鬼だ」

そしてシノアは”生まれた時から四鎌童子が植え込まれていた”

グレンに言われています。

実験で、四鎌童子を植え込まれた。

それも四鎌童子の意志で人間”柊”にそうさせたのでしょうか?

なぜ?何の為に???

鬼の目的がよくわかりませんね。

敵を減らす為?でもそれなら帝鬼軍なんて作らなければいい話。

んん〜???

しかし今回わかったのは

・”柊”を支配していたのは四鎌童子であったということ。

・四鎌童子は1番最初の吸血鬼であり、現在は”鬼”であるということ。

・シノアの中には生まれた時から”鬼”である四鎌童子を植えつけられているということ。

・”終わりのセラフ”は四鎌童子が人間に作らせた”実験物”であるということ。

 

最終的に”鬼”のしたいことが一体何なのかはわかりませんが

もともと四鎌童子を植え込まれているシノアは

これから悪役になってしまうのか!?

優一郎、ミカエラ、グレン、フェリド、そして四鎌童子の

それぞれの思惑が交差する終わりのセラフ。

吸血鬼を成敗する人間のトップですら吸血鬼や”鬼”に支配され、

果たして、優一郎達は吸血鬼に怯えずに生きれる世界を作れるのか!?

そして”柊”とは別の場所から

何かを動かそうとしているグレンは

これからどう動くのか!?

同じ”鬼”である真昼の目的は・・・!?!

全ての謎が解けるのはもう少し先になりそうです・・・!!

 

そんな終わりのセラフ58話ネタバレは、最新情報が入り次第、引き続きこちらのページにて配信します!

 

広告

終わりのセラフ強さランキングはこちら
禁忌の呪術 ”終わりのセラフ”の謎についてはこちら

~終わりのセラフ59話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 終わりのセラフ