よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

神さまの言うとおり弐 最終回!186話ネタバレ確定【天谷死亡!明石は抜け殻に!どうする!?丑三!】最新感想予想

   

神さまの言うとおり弐186話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~神さまの言うとおり弐 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新神さまの言うとおり弐186話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

神さまの言うとおり ネタバレ一覧はこちら

 

前回、全ての記憶を失い、でも
今まで出会ってきた人達からもらった”感情”のみで
天谷に向かっていく身体になってしまった明石。

そんな明石を見て丑三は”人ではない何かだ・・・”と
言いますが・・・!?

今回ついに天谷が!

そこで明石が放った一発が天谷に当たる

天谷
「ああクソ・・・マジかよ・・・ダメだ・・・」

天谷はついに倒れこむ

天谷が倒れカウント数は減っていく

力尽き、立ち上がる気力もない天谷

天谷
「もう痛いかすらわかんねぇぐらい・・・
感覚ねぇわ・・・

クソ・・・
俺の負け・・・かよ・・

よぉ・・・明石・・・

神の資格は・・・
お前にくれてやる・・・」

 

最後に自分の記憶を壊し、絶命する天谷

絶命、と言うことは死んでしまった・・・と言うことですよね・・・。

天谷・・・

滅茶苦茶でとにかく自分の事しか信じない!と
言うような彼でしたが

最後、何度殴っても蹴られても高畑の記憶しか出てこなかった彼は

方向さえ間違えなければ
本当はすごく可愛げのある人間だったのではないでしょうか。

丑三
「消えないのは・・・
忘れたくても忘れられない人が
お前にはいるってことなんだ!! 認めろ天谷!!」

最後の最後で自分にはそんな存在が1人でもいたんだって思えたことが
天谷の最後の幸せだったのではないかな・・・と
個人的には思います。

と言っても寂しいですけどね・・・!!

最後の最後まで自分の記憶は自分で消すだなんて
ムダに粋なことをしやがって〜〜!(泣)

そして拳を不意に振り上げた天谷

それを小さく自分に打ち込む天谷

天谷
でも俺を壊せるのは 俺だけだぜ♪

シャボン玉が小さく浮かんでいく

それは幼少期のの天谷の姿

最後の最後まで天谷らしかったです。

しかし勝負には勝ちましたが
明石も大変なことに・・・。

 

明石は抜け殻の状態になっている

天谷を倒すという目的も果たし、
自分自身の記憶も無くし、
これから明石はどうなってしまうのでしょうか・・・。

唯一、正気を保てている丑三が
”神の力”を使って記憶を戻せたり・・・?
するのでしょうか。

死んでしまったものは”神の力”では
生き返らせることができない

記憶も、丑三が持っている記憶をなんとなく具現化するだけで
効果はなさそうですし・・・。

次回で最終回なのに全く先が見えません・・・!(笑)

しかも見学していた
アシッド・マナはこれから一体どうするのか・・・!?

も、もしかしてここから

神さまの言うとおり参が始まったりして・・・!?笑

ちょっとあり得ない話でもないので
コッソリ期待しつつ、
次回は最終回です!!!!

お楽しみに♪

そんな神さまの言うとおり弐186話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

神さまの言うとおり弐 ネタバレ 186話 最新 確定あらすじ『神さまの言うとおり』

 

6年の連載を経て、今週、最終回!!

天谷を倒した明石

明石と勝利の喜びを分かち合おうとする丑三

しかし反応のない明石

泣きながら明石に話しかける丑三

丑三
「勝ったんだよ俺達・・・!!
これで神になれる・・・!!
二人で世界を救えるんだ・・・!!」

ゲームのルールにより死への
カウントダウンが始まる明石

丑三
「なぁ明石!!
聞こえてんだろ・・・!?

明石ぃ・・・!!」

明石は起き上がらない

アシッド・マナ
「死んでるよ。生体反応が無いからね
勝ったのに肉体が死んじゃったんだよ」

明石は自らの記憶も失い、絶命していた

アシッド・マナ
「おめでとう丑三清志郎
アンタが最後まで生き残った
真の神さまだよ♪」


丑三は驚き、絶望する

丑三は最初から神になることは望んでいなかった

命の散り際を見続け、
明石と一緒にという想いで戦ってきた丑三

そんな丑三が勝者となる

丑三は明石がどうしても生き返らないと悟る

彼をぎゅっと抱き締める丑三

 

そしてカウントダウンも終わり、
明石靖人の肉体は滅びていく

全てを見届けてきた丑三は
神として最初で最後の決断をする

 

”現代の日本”

場面は変わり、現代の日本

そこには死んだはずの明石がいる

明石
「何が世界一だよ!?
この時期にグラビア見て胸だの尻だの言ってる奴が
そんなもんなれるか
バーーーーカ!!

現実見ろバカ牛!」

明石が青山を怒鳴りつける

明石の胸ぐらを掴む青山

明石
「俺のサッカー人生は終わったんだ
終わったんだよ」

明石を睨みつける青山


________________
高畑瞬、天谷武、秋元いちか、ユキオも
別のシーンで生きて生活をしている

高校を飛び出す明石

明石が青山との喧嘩で反省しているところに
明石を呼び止める声が聞こえる

明石の後ろには丑三清志郎が立っていた

丑三
「神様って信じる?」

明石は丑三の問いかけに、困惑する

当然、丑三の記憶はない明石

丑三
「いるよ ここに
目の前にいる」

その瞬間、空一面に選別の際に起こった
流れ星が飛ぶ

明石靖人は見上げる

________________
丑三
「元に戻す」

アシッド・マナ
「・・・?
どうやって?」

丑三
「生き返らないなら・・・
明石のいない世界に
意味はないから・・・」


丑三
「戻すんだ時間を
俺と明石が出逢う前に」

涙を流しながら
丑三は神の力を使い出す
丑三が選んだ世界は
”時間を元に戻す(かみまろの選別前に戻す)”だった

自分と明石が出会う前に時間を戻し
イメージで明石を生き返らせることにした丑三
かみまろに変わり、丑三はもう一度、
あの選別を開始し始める

そこで勝ち抜いてきた明石と戦い、
もう一度、明石に出会うために・・・

丑三は神に相応しい輝きは明石だと確信していた

その為、あのゲームを1から再開させることにすることを決めた丑三

丑三は明石が神になるその時まで
アシッド・マナとあの場所で待つことを決意する

 

”そして・・・丑三が創造した現代・・・”

場面は変わり丑三が創造した現代
だるまが教師の頭から飛び出す

生徒達は硬直する

だるま
「だーるーまーさーんーがー・・・」

丑三
”俺は待つ!
お前が神になる
その瞬間(とき)まで”

だるま
「ころんだ!!!」

丑三
”待ってる”

 

だるまが振り向く

アシッド・マナはにっこり微笑む

 

「金城先生、藤村先生、本当にお疲れさまでした
6年間!ありがとうございました」

 

 

広告

神さまの言うとおり ネタバレ一覧はこちら

~神さまの言うとおり弐187話ネタバレ確定画バレ感想予想 完~

 - 神さまの言うとおり弐