よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre136話ネタバレ確定【ピエロの創始者はロマ51歳だった!】最新感想予想

   

東京グールre136話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~東京グールre ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新東京グールre136話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
旧多(フルタ)がピエロの王と判明するまで・・・まとめはこちら
東京グール キャラクターかわいい!ヒロインランキング 2016最新版

カネキのムカデ化に隠された意味とは・・・!?徹底考察

 

前回、瓜江は刺されるし、

オッガイ達はナァガラジみたいにフレームアウトしだすし・・・と

どんどんカオスな展開に進んでいく東京グールreでしたが・・・!?

というわけで今回、

東京グールファンを超ざわつかせた展開になっちゃいました。

まさかまさかの瓜江を刺したのはロマ!

そしてあのロマの年齢が51歳であり、

ピエロの創始者、その人であった!!ということが明らかになりました!!

もう、なんじゃそりゃー!!な展開でした(苦笑)。

コクリア破りの時に51歳なので、

今はもっとお歳をめされていらっしゃるのではないでしょうか。

そしてここで死堪(リオ)の過去もチラリ出てくるという・・・。

エト
「タララさん
SSの独房で面白い子見つけたよ」

タタラ
「・・・」

リオはエトによって
回収される

エト
「頭はパーだけど
赫子を4種とも使えるの
スゴイね」

精神は
既に崩壊していたリオ

リオ
「おっ にっ
にいさ あにー」

スイ先生、ブッ込んできましたね〜(苦笑)

絶対、良い意味で何も考えずに描いていそう(笑)

そして、ロマが戻った時に

普通に接しているウタ。

ロマのことをかなり昔から知っている様子。

ということはウタさんも地下の王のことは

何か知っているのかもしれませんね。

ウタさんが知っているということはドナートも。

そして旧多は1番最後にピエロに参加したということも判明。

となると、今はキングのように振舞っている旧多ですが

この辺りもどこかで位置関係が逆転しそうな気がします♪

そしてロマが最終的ボスでもないような・・・。

誰が誰を操って誰が全てを握っているのか。

絶対的にヒデは出てきそうなのですが

そこに至るまで、まだまだこれからの展開が楽しみです♪

そして、ロマの変な(何あれ)”うろんの母”を前に倒れてしまった瓜江に、

瓜江を守る為に立ちはだかった最強戦士いわっちょ。

まだこの2人には死んでほしくない!

しかしこのロマに勝てそうな奴が思いつかない!!

(ヒデ以外に!)

この超ピンチなんとか切り抜けてほしいものです!

(はっ!才子、シャオ、ジューゾーはっ・・・!?)

 

 

そんな東京グールre136話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

東京グールre ネタバレ 136話 最新 確定あらすじ『勇むものの』

トーカ、ヒナミ達は
ハジメの待ち伏せを受ける

巨大な赫子の先には
エトやカネキと同じように
口がついているハジメ

ハジメの赫子は
その口で喰種の頭部に
噛み付き食いちぎっている。

咀嚼音だけが
張り詰めた空気の中
不気味に響く

青ざめている
トーカ、ヒナミの後ろにいる
非戦闘員の喰種達

 

ハジメ
「ヤだな女とガキばっか」


ハジメはそう言いながら
顎に手を当て
首をバキッと鳴らす

『ズリュ・・・』

『ぐちゃごちゃ』

『ぐちゅ』

『ぼごごぐぐぐ』

『すぐん』


ハジメ
「張り合いなくて
つまんないんだよ
男だせ男~」

非戦闘員達に
すぐに下がるよう叫ぶトーカ

次の瞬間、甲の赫子が走る

巨大な赫子を二本
差し向けてくるハジメ

コンクリートの柱を
縫うように向かって来る赫子

ハジメの赫子は
壁、鉄格子を軽々と破壊する

ヒナミ
「お姉ちゃんッ」

ヒナミがトーカの前に出る
両眼は赤眼になるヒナミ

ヒナミ
「ーー行って!!!」

 

 

甲赫、鱗赫合わせ四本の赫子で
ハジメの赫子を受け止めるヒナミ

ヒナミ
「!ッッ・・・!!」

ヒナミ
(重・・・強・・・!!
耐えられッ)

ヒナミ
「!!─がはッ!!」

しかし、壁まで
吹っ飛ばされるヒナミ

ヒナミは壁面へと
叩きつけられる

トーカ
「ヒナミッ!!」

トーカ
(ヒナミの赫子でも
防げないなんて・・・)

ヒナミが激突した壁は
砕け散っている

すかさず羽赫を
ハジメに飛ばすトーカ

羽赫は勢いよく
ハジメに飛んでいく

羽赫はハジメに
深々と突き刺さる。

ハジメの左右の前腕部、
脇腹、太ももに羽赫が刺さるも

ハジメは顔色一つ変えず
冷静に急所を腕でガードする

_________________

後ろのヒナミに
声をかけるトーカ

トーカ
「ヒナミ!!」

ヒナミ
「うん・・・大丈夫・・・!」

ハジメは笑う

ハジメ
「だいじょぶだあ?
今だけスよ
赫子把握したし

次殺すんで」

その時、平子と0番隊たちが現れる

平子
「霧嶋
進めここは俺達が防ぐ」

ハジメ
「ーーーユダ
地味な顔して
頭おかしいんじゃねえの

自分がなにやってるか理解してます?
ねぇ〜なんか言ってよオジサン」

ハジメが誰かに
話しかける


「ーーー私も」

平子
「・・・!」


「同意見です先輩」

 

0番隊の背後に
現れたのは宇井だった

表情は描かれず真っ白の状態の宇井

平子の眼前に
宇井の奇襲攻撃がに迫る

平子
「・・・!」

__________________

”瓜江サイド”

剣で死堪に攻撃する黒磐
左腕で剣を受け止める死堪

黒磐
「ぬ・・・ゥン!! ・・・」

リオ
「ぎ ×(やめい)!!」

一歩前に踏み込み、
右の膝で死堪の腹部を蹴る黒磐

黒磐は死堪を地面に叩き伏せる
しかし黒磐も剣を地面につき
息を切らす

黒磐
「ゼェ・・・ゼェ・・・」

そこへ”うろんの母”の
巨大な手が降って来る

黒磐は間一髪で避ける

しかしさらなる連打攻撃が
黒磐に襲い掛かる

”うろんの母”の額の上で
本体のロマは
楽しそうに実況している

ロマ
「ねすぽすねすぽす!
ねすぽすねすぽす!!
ねすぽすねすぽす!!
ねすぽすねすぽすねすぽすねすぽす!!」

そして黒磐の右太ももに
”うろんの母”のパンチが入る

黒磐
「!」

さらにもう一発、
うろんの母の強烈な拳が
黒磐の胴体部分に放たれる

剣でガードする黒巌

しかしうろんの母の拳と
黒磐のサイズは同じくらい

黒巌の剣は折れ吹っ飛んでいく
壁に激しく激突する黒巌

黒磐
「ぶお・・・!!」

ロマ
「・・・これが
うろんなパンチやっちゅーの
シコちゃーん 追撃やっちゃって」

リオ
「アイヨ」

黒磐
「ぐっ!!」

黒磐を死堪の赫子が襲う
黒磐の右の上腕部を赫子が削る

しかし黒巌も折れた剣で
死堪の赫子を切断する

リオ
「☀→☁ ☁→☂」

黒巌は血だらけになりながら
立ち上がる

黒磐
「ふー・・・ふー・・・」

瓜江はそんな黒磐を
朦朧とした意識の中見ている

瓜江
(なにやってる・・・
手負いの老い耄れが・・・)

瓜江
「い・・・ちま・・・え」

瓜江
(おいてっちまえよ!!
クソッ・・・声が出せない・・・

頸椎は無事か
危なかった!!

喉が熱い・・・
溶岩でも生成してるようだ

・・・治せ早く・・・!!早く)

_________________

瓜江は不知がノロ戦で
散った時のことを思い出す

瓜江
(シラズ・・・?
・・・いくな・・・)

不知
『瓜江ッ!!
弾幕足りたかッ!!』

瓜江は顔面を崩壊させ
涙を流す

瓜江
「やめろ・・・
いかないでくれ!!」

切り裂かれる不知

瓜江
「シラズ・・・
お前がお前がいてくれたら」

__________________

不知がいてくれたらと言う
妄想が瓜江の脳裏に浮かぶ

黒い死神時のハイセになった時

妄想の不知
『サッサンどうしちまったんだろうな
反抗期か?』

ドナートに髯丸が
やられてしまったあの時

妄想の不知
『援護する 前頼む!」

変わってしまった
六月と晋三平という現実と共に
瓜江は
”不知が生きていたら・・・の世界”を
思い浮かべる

妄想の不知
「そのうち帰って来んだろ
心配いらねーって」

脳裏に不知、六月、才子、シャオ、
髯丸、晋三平、
そして自分が楽しそうに
笑い戯れている光景がうつる瓜江

瓜江
(なあしらず
あのときひとりかけなかったら

おまえが死ななかったら・・・
ひょっとしてぜんぶ

うまくいってたんじゃないのか
わかってたんだわかってたんだ)

瓜江は父と手を繋いでいる
幼い自分の姿を思い浮かべる

瓜江
(なにをだ?
なにをわかったきになってる?

くろいわのせいだ
くろいわのせいでとうさんは─

俺は本当は
俺は本当は

俺は本当は

俺は本当は
俺は本当は)

瓜江の意識から
父のイメージが波紋のように消えていく

現実に戻り、意識が回復する瓜江

すると瓜江の目の前には
”うろんの母”に

人形のように掴まれ
右腕をギチィと
折られそうになっている黒磐が映る

黒磐
「ぐっ・・・!!」

黒磐は悶絶する

黒磐
「ぬあああッッッ!!」

瓜江は立ち上がろうとする

瓜江
「・・・あヅ
えろおおおおおおお!!!!!」

瓜江は叫びながら突っ込む

しかし瓜江の横腹を
死堪の赫子が深々と抉る

リオ
「☎☎☎(うるちゃい)!」

ロマ
「ナイスシコ」

ロマとうろんの母が
死堪にグッジョブと親指を立てる

歯を食いしばり
甲赫を振るう瓜江

瓜江は死堪の赫子を粉砕する

リオ
「ひゃぴっ」

死堪の顔面を斬り裂こうと
甲赫を振るう瓜江

リオ
「にゃっ」

しかしそれを両手で挟み防ぐ死堪

瓜江
(俺が・・・)

歯をギリギリとならし押す瓜江
手と顔がプルプルと
震えている死堪

瓜江
「ぬいいいいいいいッッッ☟☟」

リオ
「はいいいいいいいッッッ☝☝」

死堪の腕を斬り落とす瓜江
瓜江はうろんの母に向かう

瓜江
(本当に腹を立てていたのは───)

リオ
「グッ」

瓜江
(本当に怨んでいたのはッ!!)

その時、瓜江に
”うろんの母”のパンチが飛んでくる

瓜江は人形のように吹っ飛ぶ
”うろんの母”は空中の瓜江を上から叩く

瓜江は床に埋まる

”うろんの母”はボロ雑巾の
ようになった瓜江を
ちょいっと親指と人差し指で持ち上げる

そして自分の口の中へ
瓜江を放り入れる”うろんの母”

うろんの母
「ごくり」

ロマはうろんの母の額から
上半身だけ出し
腕組みをしている

「次号、瓜江を待つ運命は─!?」

 

”東京喰種:re (トーキョーグール:re) ネタバレ 画バレ 137話に続く”

 

 

広告

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
旧多(フルタ)がピエロの王と判明するまで・・・まとめはこちら
東京グール キャラクターかわいい!ヒロインランキング 2016最新版

カネキのムカデ化に隠された意味とは・・・!?徹底考察

~東京グールre137話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 東京喰種:re