よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre135話ネタバレ確定【ロマ、死堪死す!?瓜江を襲ったのは誰だ!?】最新感想予想

   

東京グールre135話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~東京グールre ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新東京グールre135話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
旧多(フルタ)がピエロの王と判明するまで・・・まとめはこちら
東京グール キャラクターかわいい!ヒロインランキング 2016最新版

カネキのムカデ化に隠された意味とは・・・!?徹底考察

 

 

前回、ついに瓜江、才子、黒巌達、正しいCCG派達が

旧多を追求!

そこに現れたのはピエロ・ロマと死堪だった・・・!!

そんなわけで

毎回衝撃な展開の東京グールreですが

今回も凄い回でした!

まず旧多の発言から、

以前から噂されていた謎の喰種”死堪”はリオだったということ。

旧多
「僕は局長だ

”面倒ごと”を
持ち込んで

僕に迷惑かけたら
駄目でしょうが

ロマ、リオ
2人とも殺せ」

 

ちなみに”リオ”については「東京喰種JAIL」の中に出てくる主人公です。

 

元々の容姿はとても可愛く、

今の死堪を見ると切なくなってしまうほど。

興味のある方はJAILの方も見てみてください♪

そして今回、おそらくロマが死亡・・・するのでは!?という状況に。なりましたね!

ロマ
「あっ!マジで!やめて!
ちょいちょいちょい!(汗」

瓜江
「主要な戦闘記録には
すべて目を通している
ナメるな」

右腕の赫子を
ロマの右頭部に突き刺す瓜江

瓜江の突き刺した赫子が
ロマの頭部を貫通する


ロマ
「ぶぼっ!ぼっ! ぶぼぼっ!」

ガタガタブルブルと
震えながら吐血するロマ

ロマはそのまま地面に倒れる

これは結構衝撃的でした。

ピエロの中で死んだ喰種はまだ1人もいないですからね。

ここでロマが死んだとなると結構衝撃的な回だと思います。

そして先ほど出た死堪も・・・。

死堪は顔が膨張し
目、口、鼻から血を流す

死堪はイキッとそのまま
地面へと倒れる

かなり衝撃的でした。

しかしこの回で1番衝撃的だったのはこの人。

黒磐はそのまま
死堪の両眼を剣で斬る

死堪
「あまっ☢」

死堪の両眼から血が出る

死堪
「かっ、から~♨」
更に剣を振るって
死堪の顔面に一太刀入れる黒磐

黒磐はロマの腕を掴む
そのまま
勢い良く投げられるロマ

ロマ
「ぼげえ!!」

ロマが吹っ飛んでいく

黒磐の方を見る瓜江死堪の背後から黒磐が
裸絞で首を絞めていた

死堪
「♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀
オスメスオスメス・・・デス」

死堪は顔が膨張し
目、口、鼻から血を流す

死堪はイキッとそのまま
地面へと倒れる

これはですね、事件ですよ・・・(苦笑)

オッガイとかクインクスを作るより

いわっちょを100人位作った方がいいんじゃ・・・(笑)

これにより

今回、”いわっちょ最強説”が出来上がってしまいました。(苦笑)

いやー本当すごかった(笑)

これにより

カネキの”嫌な予感”や

久しぶりな四方おじさんの活躍や、

オッガイ達のフレームアウトが

24区の地下の巨大な赫子に似ているなあとか

色々ありましたがだいぶ薄まったのは事実です。(笑)

巨大な赫子がオッガイ達から
伸びていく
六月がオッガイ達を 見下ろす

六月
「カレーにしちまえ」

ナレーション
「フレームアウト」

オッガイ達が異形の姿となる

しかし気になるのは

最後に瓜江を襲った赫子。あれは一体誰なのか?

形状からするとロマなのですが

あの状況で瓜江がロマの生存を見逃すような感じはありませんし・・・。

瓜江
「そんな子供騙しに俺ー」

次の瞬間、背後から
体を赫子で貫かれる瓜江

とりあえずよんぜ!!!は

次回も引き続き

瓜江といわっちょを応援しております♪

 

 

そんな東京グールre135話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

東京グールre ネタバレ 135話 最新 確定あらすじ『夜がくる』

 

Cカラー表紙画像
「倒れるカネキ」

”背面の瑞相は、遠く─。”

 

________________

”ロマ回想”

ロマナレーション
「誰がその組織を作ったか
知るものはすくない

ヒトも喰種も分け隔てなく
愉快に混乱させて喝采を浴びる

それは
物心ついたときに親はおらず
自分がただの一人と知る

腐肉を漁って暮らした
新鮮な肉が欲しくて

人を殺めたのは
7歳のときだった

肉の味を覚えてからは
絶え間なく殺し続けた

喰場のためや退屈しのぎに
同種も殺した

やがて虐殺生物のなかでも
とりわけ特別な個体と知る

血の匂いを嗅がない日はなく
死に触れ続けた」

死体の山を踏み、
後にして歩いていくロマの描写

ロマナレーション
「生き死にすら平坦な毎日を
繰り返し突然気付く

”飽きた”

隣に広がる華やかな
社会という国

自己利益浅ましい欲望のために
必死でごっこ遊びを続ける彼ら

児戯のように
手足を捥ぐ対象でしかない人間を

はじめて羨ましく思った

なんと醜く弱く哀れで
楽しげか!

もっと彼らをかき乱したい
無惨に殺したい
情けなく生かしたい・・・
彼らこそ神から私へ与えられた
パンとサーカス!

そして私はピエロ
(道化)をつくった」

ナレーション
「帆糸ロマ
本名・なし
改名・数え切れないほど・・・
年齢 51歳」

____________________

”コクリア独房”

コクリアの独房で
体育座りをしているロマ

ロマはピエロの創設者だった

ロマナレーション
「派手なパーティのあと
楽しい独り暮らし

白鳩”ハト”は私を
創設者とは知らない

ピエロたちですら
自分たちが誰の庭にいるのか
わかっていなかった

処分は先送りにされた」

____________________

コクリアにリオが連れて来られる

リオの傍には
キジマ式の姿があった

リオ
「兄さんに・・・
兄さんに会わせてくれっ」

楽しそうにリオに言うキジマ式

キジマ
「クヒヒ・・・
あとで会わせてあげましょう・・・

ただし・・・
あなたが思うよりずっと
小さくなっているかもしれませんが・・・

ジェイル・・・いや
リオくん」

リオの叫び声を聞きながら
横に転がるロマ

ロマナレーション
「ここでは誰も
正気ではいられない

私は新しいサーカスに
そこそこ満足していた

夜毎収容者が発狂していく
奇声のコーラスは眠り歌に丁度いい」

外で
叫び声が上がる

ロマ
「♡」

ロマナレーション
「なにをしようが
どこにいようが

ルールは変わらない・・・
楽しむだけだ」

_______________

”コクリア破りの日”

看守
「コクリア破りだ!!」

「総員戦闘配備!!」

「アオギリだ!! 急げッ」

タタラがロマの所へやってくる

タタラ
「・・・SSピエロ・・・
ジプシーだな」

ロマ
「・・・いつの名前で呼ぶのよ
かわい子ちゃん
なにか用?」

タタラ
「俺たちはアオギリの樹
これから先を喰種のための
世界にする・・・

解放するかわりに
力を貸せ」

ロマ
「喰種のため?」

タタラ
「喰種中心の社会だ」

タタラの言葉に吹き出すロマ

ロマ
「ぷっは!!舞台に上がって
なにが楽しいの?

私は外野から野次を飛ばす観客
高みの見物
つまらない試合はぶち壊す
そういうのが大好きなの

あんたらのドグマとは
合わないわ」

タタラ
「そうか
では死ね」

赫子を伸ばしタタラは
ロマを仕留めようとする

しかし軽い身のこなしで
飛び上がり躱し逃げ出すロマ

ロマ
「ありがとねえ馬ー鹿」

_________________

そこにがやってくるエト

エト
「タララさん
SSの独房で面白い子見つけたよ」

タタラ
「・・・」

リオはエトによって
回収される

エト
「頭はパーだけど
赫子を4種とも使えるの
スゴイね」

精神は
既に崩壊していたリオ

リオ
「おっ にっ
にいさ あにー」

エト
「そっちは?」

タタラ
「逃がした
説得も不可能に思う」

エト
「・・・そ、無理ないか」

タタラ
「まだ鯱がいる」

_______________

ロマが外で
ウタと再会する

ウタ
「久々の古巣だねロマ

君がいない間に
面白いものが現れたよ」

ロマ
「なになに?」

ウタはロマの髪を
切ってあげている

ウタはカネキのことを
ロマに話す

ウタ
「隻眼の喰種
いまはあんていくで働いてる」

ロマ
「Vの功善ンとこ?
へー楽しいね
バイトしちゃおっかな」

ウタ
「紹介しよっか
それと・・・
ピエロの新しい顔も」

________________

ウタに
旧多を紹介されるロマ

ロマナレーション
「彼は喰種捜査官だと自称した
疑ったが手帳を
取り出してみせたので爆笑

・・・面白いネ)
”回想終了”

________________

瓜江が背後から赫子で貫かれる
ロマの赫子が瓜江を貫いていた
瓜江は喉元まで貫かれる

瓜江
「ガっ」

ロマが瓜江に語り出す

ロマ
「ぼっちゃん

私たち喰種と人間の
共通の敵ってなんだと思う?

退屈よ

これは治りの悪い
風邪みたいなもんで

ちゃーんと治療しないと
”生きるとは?”みたいなのが始まる・・・」

ロマ
「状況を変え
刺激を浴び続ける・・・

それが最高の治療法
この世はサーカス
すべてはたのしい無意味」

(パレード”快楽”提供しておくれ
かわいこちゃん

あのときの”数十年前の”
地下の王みたいに

それがかなうなら
私は舞台にだって上がる)

そう言うとロマは
瓜江を地面に
叩きつける

転がる瓜江

ロマ
「・・・シコちゃんほら
起きた起きた

見て~
とっても美味しそうなの
ふたつもあるよ」

何事も
なかったかのように
リオが立ち上がる

リオ
「ホンマやあ」

ロマ
「そうやろがい
さー」

ロマの身体が変形しだす

ロマ
「よっしゃー
オニツネのときみたいにゃいかないぞ~」

ロマの別体
「おおおおおおおおおお」

”SSSレートうろんの母”

白目を剥き倒れている瓜江

瓜江
(ああ死ぬ今日)

フルタ
(きもっ♪)

瓜江
(今日死ぬのだ俺は・・・)

その時、剣を構え瓜江の前に
黒巌が立つ

黒磐
「・・・」

瓜江
「く・・・お・・・いわ・・・」

____________________

”24区〜トーカ・四方サイド〜”

フレームアウトし白髪になるオッガイ達
オッガイ達は発狂しながら
巨大な赫子を生やす

オッガイ達
「ああはびばいい
はいはいはいはいはい

わかるサっする サっする
おじ おじ?
おじ? おじ? おじ?

でびゅうぶうぶぶうぶぶぶ
おじ!」

四方は
オッガイの赫子を見る

四方
「あの赫子・・・
ケンと同じ・・・?」

オッガイ
「うごうご」

四方
「─!」

オッガイ
「もんがるんが」

四方
「避けろッッ!!」

オッガイの赫子が
次の瞬間、飛んでくる
白スーツが瞬殺される

オッガイ達に
六月が言い放つ

六月
「オッガイ!!
すべては王が戻る前に済ませる」

顔をおさえ
苦しそうにしている
オッガイ

オッガイ
「うう・・・」

六月
「連中は彼がいないと
何も出来ない烏合の集だ

キタロー分けの女を殺せ!
隻眼の王の急所だ!!!」


六月
「蕩けた頭で理解できたなら行け!!」

オッガイ
「あああああ」

「がああああ」

「アアアアッ!!」

「いひひいひひひ」

喰種を次々に屠っていく
オッガイ達

その時、六月の左右から
襲い掛かる刃と白スーツ

晋三平
「透さん」

六月
「はいそう」

しかし一瞬で白スーツは
六月のナイフでやられてしまう

六月
「こうでしょ」

六月はナイフをトーカに向ける

六月
「今日は逃がしません
ここで絶対に死ね」

トーカは思案する

トーカ
(・・・ここで立ち止まったら
戦えない人が・・・)

しかしそんなトーカに四方が言う

四方
「先に行け」

トーカ
「ヨモさん・・・」

四方
「・・・行けトーカ
お前はただ見てるわけでも
なにも出来ないわけでもない

守るものがほかにあるだけだ
・・・そうだろう
だから・・・行くんだ」

ハッとするトーカ

トーカは
あんていく戦の時の
四方の言葉を思い返す

四方
”だから・・・行くんだ”

ヒナミが固まっている
トーカの袖を掴む

ヒナミ
「お姉ちゃん・・・行こう」

トーカ
「・・・」
___________________

ナキ
「地下だ!!
袋小路に逃げ込め!!」

ホオグロ
「袋小路は駄目っすよアニキ!!」

四方
「・・・」

六月
「強そうだよ安浦くん
全力で逝かそう」

晋三平
「ええ」

トーカ
「みんなこっち!!」

トーカ達は
子供達を連れその場を離れる
地下道を走るトーカ達

トーカ
「みんなこっち!!」

トーカがその時、
血だまりを踏む

トーカ
「!?・・・血・・・」

そこには
ハジメがいた

ハジメ
「・・・んー?」

死体をもぐもぐと食べている
ハジメの巨大な3本の赫子

ハジメ
「あ~行き止まりでーす」

「執念の先手打ち─・・・!!」

”東京グールre 136話 ネタバレ に続く”

 

広告

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
旧多(フルタ)がピエロの王と判明するまで・・・まとめはこちら
東京グール キャラクターかわいい!ヒロインランキング 2016最新版

カネキのムカデ化に隠された意味とは・・・!?徹底考察

 

 

~東京グールre136話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 東京喰種:re