よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

東京グールre110話ネタバレ確定【瓜江覚醒(喰種化か)!?どうなる!?ジューゾーvsウタ!】最新感想予想

      2017/01/29

東京グールre110話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~東京グールre ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新東京グールre110話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
旧多(フルタ)がピエロの王と判明するまで・・・まとめはこちら
東京グール キャラクターかわいい!ヒロインランキング 2016最新版

カネキのムカデ化に隠された意味とは・・・!?徹底考察

瓜江久生の目的は?父親は何者なのか?徹底考察

 

前回、瓜江とドナートが対峙し、
カネキはアヤト達の元に走り・・・という展開でしたが

その中で
ドナートを捕らえたのは瓜江父だったことが判明。

そして今回は
瓜江と瓜江父の回想、
ドナートが捕らえられた時の回想、
そして亜門さんが保護された時のこともちらっと描かれました。

幹人
「・・・瓜江班、孤児院地下の施設にて
12歳前後の少年を発見・・・
こちらで保護します」

今の強い亜門さんとは別人のような幼少期亜門さん・・・。

今後、もう少し亜門さんとドナートのことは
見てみたいですね!

そして前回予想した中にあった
瓜江、覚醒・・・!

しちゃいましたね!

背景に拘束が解けるような
イメージ描写

両目が赫眼になる瓜江

カネキ達の時とは違って

今、瓜江には周りに止める人がいないので
今後、瓜江がどうなってしまうのかが心配ですが

ここで

六月が登場して、
「わかるよ・・・」みたいになったりして。

それはそれで
こわいですね・・・(恐怖)

覚醒した瓜江はどれぐらい強くなるのか!?
ドナート、まさかここでやられてしまうのか!?

ドキドキ・・・
展開が全く見えない!

楽しみです・・・!!

そして場面変わって
カネキもようやく黒山羊(ゴート)ラボ組、
アヤト、クロナ、滝澤達と合流。

なかなか馴染まないなぁ・・・的なクロナでしたが
成功体として嘉納に惜しまれていた
カネキに嫉妬していたという心情をここで吐露。

なんだかんだ嘉納に対し、
父のような感情を持ち、
褒めて欲しい、認めて欲しいという欲求が
あったのかもしれませんね・・・。

クロナ
「・・・こういう場所は
嘉納(アイツ)を思い出す

アイツはお前を手放したのを
惜しんでた、正直嫉妬したよ

命を懸けて施術を受けたのに
私達は失敗作扱いだ」

 

でもその後のカネキの言葉に
やっとクロナも心許せる仲間と

出会えたのかなと。

ホッコリシーンでした。

カネキ
「・・・失敗してないよ

レストランで戦ったとき
かなり焦った

君をないがしろにする人間に
君を評価する資格はない

クロナは立ち止まる

クロナ
「・・・憐れみでもありがとう(ボソッ」

良かったね、クロナ。

そしてそれぞれラボの制服を着ている
カネキ達にもホッコリしつつ。(特に滝澤(笑)

でもって最後の最後に
瓜江 vsドナートもこれからだというのに

什造とウタさんがー!

しかも今まで倒してきたピエロの中に
混ざっていたのは人間!?

前回、ウタさんは実は
良い人なんじゃ・・・的な

予想も書きましたが

若干訂正・・・!(苦笑)

やっぱりピエロの本性はまだまだ見えませんね・・・!

ウタ
「やあ、オークションぶり
糸切れ人形くん、遊ぼうよ」

什造
「いいですよ
お顔を描いて差し上げましょう」

全く強さ、実力の底が見えないウタさんと
今、最も”CCG”内で強いのでは?!な什造。

さぁさぁ次回も目が離せません!!

そんな東京グールre110話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

東京グールre ネタバレ 110話 最新 確定あらすじ『其れ』

“本局~外~”

「”ノーフェイス”
(CCG)の異端児と対峙す・・・!」

電灯の上から飛び降りるウタ

ウタは地面に着地し
什造に歩み寄ってくる

什造に手を伸ばすウタ

ナイフを取り出して
ウタの首元を切りつける什造

ウタ
「ぐはっ・・・」

もだえているウタの全身を
ジェイソンで
メッタ刺しにしていく什造

什造
「抵抗ナシですか」

ウタ
「なんで・・・こんな事を・・・」

俯いていた顔を上げると、
篠原の顔になっていたウタ

篠原
「什造・・・」

什造は眼を見開く

什造
「篠原・・・・・・さん・・・」

什造のジェイソンを握る手に
ギュッと力が入る

什造に近づいてくる篠原
什造はビクッとする

篠原
「オイオイ・・・」

手を伸ばし什造の頬に
手を当てる篠原

更に篠原は什造の肩を
寄せてポンポンとする

篠原
「・・・あんま無茶するな」

什造は目を見開き固まる

什造
「し・・・篠原さん・・・」

しかし篠原の背中からは
什造に赫子が迫っていた

_______________

次の瞬間、
斬ッと篠原の頭を斬る
半兵衛

篠原
「びゅ」

半兵衛
「まやかし故」

篠原
「いたた・・・」

半兵衛
「斬り捨て御免」

什造に近寄り跪く御影

御影
「・・・什造、マイ・コスモ
あなたの宇宙を
穢させてはならない
・・・けして」

什造
「御影、すみません
懐かしくて・・・

思わず立ち止まって
しまいました」

什造の脳裏に浮かぶのは
篠原に頭を撫でられた姿

静かに首を横に振る御影

御影
「・・・人は何億光年先の星にさえ
思いを馳せるもの
無理もございません」

什造
「あなたの言う事はいつも
わからないような
わかるような感じですね」

気を取り直し立ち上がる什造が

什造
「半井、”やはり”です
みなに方針を伝えてください」

半井
「は!S3班!
”ピエロの中にヒトが混ざっている”!

戦闘意志のないピエロに対して
攻撃を加えるな」

ミズロー
(ヒトをなんらかの方法で脅迫して
戦闘に強制参加
兵隊の水増しというワケか・・・

しかも・・・手にかけた者に
罪の意識を植えつける・・・)

既に人間のピエロを
殺してしまっていたミズロー

ミズロー
「チッ・・・コレ考えた奴
最低じゃねぇか・・・」

背景には旧多がニヤけている表情

 

“瓜江 vs ドナート”

迫真の表情でドナートに
攻撃をしていく瓜江

瓜江
「げりゃあ!」

瓜江の攻撃を余裕で
回避していくドナート

ドナート
「哀れな子だ
父が死んだせいで戦い続ける

お前の不幸は
すべての父親のせいだ」

瓜江
「うーっ!
違(ちぎゃ)う!!」

赫子を突き出す瓜江
ドナートがそれを防ぐ
2人は互いに見合う

瓜江
「自分で選んだんだ・・・
捜査官になると!!」

ドナート
「ボロボロになるまで戦い
食事も喉を通らない
それがお前の選んだ事か?

認めてもらいたかったか
褒めて頭を撫ぜられたかったか

その残滓のごとき思いを
周囲にぶつけて
果たそうとしたのだろう

まっこと無為だな

お前がどれだけ栄転しようと
お前がどれだけ成果を残そうと
お前が満たされる事はない

お前には本当の家族がいないから」

ギチチチチチ・・・と
歯を食いしばる瓜江

瓜江
「うるさああい!!」

ドナートを突き飛ばす瓜江


ドナート
「瓜江久生、私は断言しよう

お前が真に恨んでいるのは
お前の父親だ

お前を一人残して逝った
弱い人間を恨み続けてきたのだ」

瓜江
「ちちちちちちちちち
ちちちちちちちちち
違う・・・違う・・・

ちがあああああう!!」

____________

発狂しながら
ドナートの腹部に
赫子を突き刺す瓜江


ドナート
「ではそうムキになるな」

瓜江に貫かれたドナートが
ボロボロと崩れていく

それはドナートの
右手人差し指から伸びた
赫子で作った偽物だった

右手の人差し指が第二関節から
なくなっているドナート

ドナート
「・・・指が欠けてしまったな」

欠けた指先からボボボと
赫子が出ているドナート

階下の苦しそうな瓜江を
見下ろしているドナート

瓜江
「だれか・・・ハァ・・・ハァ・・・
いやだ・・・助けてくれ・・・

ああっ・・・ああっ・・・
わあああああ!!」

背中からボコボコと
赫子が生えてくる瓜江

“研究所内”

滝澤の鼻を頼りに
第四研究所までの道のりを
進むカネキ達

滝澤
「いやな匂いだ
強まってきた

間違いない
近づいてるぜ」

その様子にボソッと
カネキに言うクロナ

クロナ
「犬並の嗅覚だな
本当に元人間か?」

カネキ
「・・・(汗」

第四研究所の
扉の前に到着するカネキ達

カネキ達は
物音を立てないよう
警戒する

しかし第四研究所の外観は
窓がなく中の様子が分からない

アヤト
「策敵のコツを聞いた事がある
ヒナミやミザほどは出来ないが
中の様子を探ってみる」

アヤトが眼を閉じて集中する
中の様子が見えてくる

アヤト
「・・・研究員が中に・・・8人か」

天井に赫子を突き刺し、
電源ケーブルを切断するカネキ
研究所内は真っ暗になる

研究員達
「!室内灯が・・・
なんだ・・・停電か?

無事だ
サブ電源に切り替わった

ブレーカーを見てくる」

ドアを開ける研究員
その瞬間、背後に周り
研究員の首を掴むカネキ

カネキ
「動くと死にます」

研究者
「!!」

_______________

カネキ達は研究者達を一箇所に集め
手を後ろで拘束する

アヤト
「・・・っし」

カネキ
「・・・6、7・・・8人、全部かな」

アヤト
「そこで休んでな」

近くには”Rc-100”と
書かれた容器

カネキ
「Rc抑制剤だ」

アヤト
「あの容器か・・・」

Rc抑制剤の
開閉ボタンを押すカネキ

その瞬間、Rc抑制剤の匂いが
むわっと漂ってくる

カネキ
「うっ・・・」

カネキ
「オエッ・・・」

カネキが嘔吐する

アヤト
「おいっ・・・」

カネキ
「ゴメン・・・少し気分が・・・」

アヤト
「大丈夫かよ・・・」

滝澤
「オロオロロロ・・・」

滝澤も嘔吐している

アヤト
「ったくハンパヤローどもが・・・」

アヤト
(まあ、俺もこの匂いは
きついが・・・にしても・・・

これだけの大量の抑制剤・・・
一体何に使うんだ・・・?・・・)

背景には大量の抑制剤が
パイプで地下に運ばれ

並んでいる沢山のカプセルに
流されている描写

カプセルにはナンバーが振られている
”RIZE77”、”RIZE78”、”RIZE79”
カプセルの中には実験体のようなもの

_______________

カネキ達を
おばさん研究員(チエコ)が
伺っている

隠れていて
チエコは拘束されていなかった
(アヤトが透視で見逃した9人目)

チエコ
「・・・」

チエコ
(みんなの未来・・・
アタシにかかってる・・・!!)

飛び出して行くチエコ
しかし一瞬で追いつく滝澤

滝澤
「オイッス」

チエコ
「!」

滝澤
「させるかよ」

チエコをその場に
組み伏せる滝澤

研究員
(頑張れチエコ!)

何とかボタンを押すチエコ
ウウウウと施設に警報が鳴り響く

滝澤
「!?・・・なんだ!?
なに押しやがった!?」

カネキ
「・・・!?」

アヤト
「・・・!」

滝澤
「オイあれ・・・!」

”re”と書かれた大きなカプセルが開く
全裸の亜門鋼太朗が中から現れる

カネキ
「亜門・・・鋼太郎・・・」

亜門がカネキの声に反応して
目を見開く
その目は赫眼

 

かつて”CCG”の正義だった男が、
その名を呼ばれた時、赫い瞳と共に再び目覚める・・・!?
次号、”アモンコウタロウ”との対峙・・・!!」

 

 

広告

東京喰種ネタバレ一覧はこちら

東京喰種考察一覧はこちら

東京グール強さランキングはこちら
東京グール時系列まとめ一覧はこちら
旧多(フルタ)がピエロの王と判明するまで・・・まとめはこちら
東京グール キャラクターかわいい!ヒロインランキング 2016最新版

カネキのムカデ化に隠された意味とは・・・!?徹底考察

瓜江久生の目的は?父親は何者なのか?徹底考察

~東京グールre111話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 東京喰種:re