よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪241話ネタバレ確定【激突!グロキシニア、ドロールvs.チャンドラー!】最新感想予想

      2017/11/21

七つの大罪241話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新七つの大罪241話確定ネタバレあらすじ情報を感想予想の後に追記しました!

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
初代妖精王グロキシニアとは?強さ(闘級)・技(能力)・戒禁の謎!
大地の神ドロールとは?強さ(闘級)・技(能力)・戒禁の謎!

 

前回、チャンドラーによって

魔力を封じ込められてしまったゴウセル!

そんな大ピンチを救ったのはなんと

捨て身のホーク残飯長・・・!?

そんな今回。

おしゃぶりの鬼、チャンドラーも

七つの大罪の個性豊かな(笑)変則攻撃の前にようやく倒せた〜〜!と

いう感じだったのですが・・・。

やはりそこは簡単にはいきませんでしたね。

チャンさんの
before



after

おしゃぶりですからね♪

しかし

前回のあのホークの

”超・秘奥義
皿ナメ(オールクリーン)』

の効果は一体なんだったのでしょうか?(笑)

全て消去!とまではいかなくとも

少し消すことが出来た、

よってゴウセルは力を解放することが出来た(?)

と言う感じ・・・なのでしょうか。

しかしやはり無理して力を捻出してしまっていたのか、

”ゴウセル、倒れる!!”

ここで

マーリン、ゴウセル、エスカノールと

七つの大罪的にはこれから進んで行くにも結構キツそうな状況・・・。

そろそろメリオダスも目覚める・・・!?と

いう雰囲気もありつつ、

ついに、というか・・・

やってきちゃいましたね。

妖精王グロキシニアと巨人王ドロールVS.魔人族の戦いが。

十戒を抜けて、その後どうなるのかと思っていましたが

ここで対決!!

今までの二人の悩み、葛藤、故に

気づいたら”十戒”に入ってしまっていたと言う

歴史も見てきたので

ここで倒れては欲しくないのですが

簡単に勝てるような相手でもなさそうな予感。

なんとか、なんとか生きて

まだまだその姿を見せて欲しいところです♪

しかしやっぱり

魔人族サイドのこのキャラクター感・・・

憎めないんですよねぇ(笑)


 

そんな七つの大罪241話あらすじネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 ネタバレ 241話 最新 確定あらすじ『受け継がれる魂』

”戒め”を打ち破り、
王は再び王となる。
チャンドラー真の力を解放!!!
絶望のキングを救ったのは、巨人の長と妖精王の二人!!!

七つの大罪 vs.チャンドラー!

大ピンチの大罪たちの前に現れたのは
初代妖精王グロキシニアと巨人族の王、ドロールだった!!

七つの大罪たちを助けた元十戒グロキシニア、ドロールに
なぜ助けたか尋ねるチャンドラー!
「答える義理はない」と攻撃を仕掛けるグロキシニア&ドロール!

グロキシニアとドロールの合技”鉱樹オルドーラ”で
一時的にチャンドラーを捕えることに成功する
グロキシニア&ドロール。

そしてバンに他のメンバーを頼み、
キングとディアンヌは
グロキシニア、ドロールと共に闘おうとする。

かつての友人たちの名前を呼ぶ
エリザベス。

エリザベス
「ドロール・・・!!
グロキシニア!!」

グロキシニア
「何も言わなくていいっス・・・」


ドロール
「これは友人(あなたたち)を裏切った償い
大喧嘩祭りの時は他人の空似と
気にも留めませんでした」

グロキシニア
「でもその懐かしい魔力で
ようやく気付いた・・・

キミは
あのエリザベスなんスよね?

メリオダスをよろしく頼むっスよ・・・」

ドロール
「・・・さあ行け!!」

グロキシニア、ドロール、
キング、ディアンヌを残し
走り出すホークママ。

一方、捕えたチャンドラーは
”鉱樹オルドーラ”を破り出てこようとしていた。

その時、グロキシニアが
キング、ディアンヌを捕まえる!

キング
「初代妖精王様!?
これはなんの・・・つもりです!?」

グロキシニア
「羽が生え始めたばかりの妖精と
小人の巨人にはご退場願うっス♫」

キング
「オイラたちだって
まだ戦えます!!」

抵抗するキングだったが・・・

グロキシニア
「この程度も抜け出せないほど
魔力を消耗してるくせに」

キング
「く・・・!!」

グロキシニア
「これでもキミを買ってるんスよ・・・?

生え始めで私(アタシ)と同等に
霊槍の力を引き出せるんス・・・

羽が完全な進化を遂げた時

おそらくキミは
歴代最強の妖精王になれる」

ドロール
「ディアンヌよ・・・
お前はこれから巨人族を
率いねばならぬ存在だ

ここで死なせるわけにはいかん」

ディアンヌ
「ボ・・・ボクが巨人族を!?
そんなの・・・無理だよ!!」

ドロール
「・・・巨人族は死をも恐れぬ
勇敢なる戦士だ

・・・言いかえれば
戦うことしか知らず
退く勇気を持てぬ
臆病な種族

つまりその数を
著しく減らした原因と責任は
王の私にある・・・

巨人族の繁栄の未来には
きっとお前のような者が必要なのだ・・・!

なればこそ私は新しき

王ーーー


女王の盾となろう!!」

グロキシニア
「さ、お喋りはおしまいっス」

そう言うと
指を鳴らし、キングとでディアンヌを
走るホークママの元へと飛ばすグロキシニア。

________________

キング、ディアンヌは
大罪たちの元へ!

ドロール
「フーーー
ようやく・・・」

グロキシニア
「肩の荷が下りたっスね」

微笑むグロキシニア。

そして目の前の”鉱樹オルドーラ”が破れる!
飛び出し、攻撃を
仕掛けてくる怒りのチャンドラー!!

チャンドラー
「”十戒”・・・いや!!!
巨人王!!!妖精王!!!

これは重大な!!!
裏切りとみなす!!!」

ドロール
「我らはもはや”十戒”にも”王”にも非ず」

グロキシニア
「ただの妖精と巨人ス」

チャンドラーが二人に迫り来る!

霊槍の棘を飛ばすグロキシニア!
チャンドラーは全て躱すも
ドロールに地面に
押し付けられる!

しかしチャンドラーの拳は
大地をも削り、躱す!

そしてグロキシニアの霊槍の蜂が
チャンドラーの背中を一刺しする!

止まったチャンドラーを殴るドロール。
しかしチャンドラーは何かを切る・・・!!

_________________

グロキシニア
(メリオダス・・・
あなたは我らが奈落へと堕ちた
あの日からーーー

三千年の永き間
己の意志を
貫き続けてきたのですね・・・

たった一人の
愛する女性のためとはいえ

到底誰にも
真似のできないことっスよ・・・

キミらに
もう一度会えてよかった
どうか

どうか

キミの苦しみが
いつか報われますように・・・)

________________

そこには
息を切らしているチャンドラー。
そして斬られ、倒れた
グロキシニアとドロールの姿があった・・・

捧げた命は、未来への礎。
先王、ここに散るーーー。
元”十戒”二人係でも、チャンドラーは止まらない。
絶望の魔の手は、”七つの大罪”へと迫る・・・。

 


七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
初代妖精王グロキシニアとは?強さ(闘級)・技(能力)・戒禁の謎!
大地の神ドロールとは?強さ(闘級)・技(能力)・戒禁の謎!

~七つの大罪242話あらすじネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 七つの大罪