よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪230話ネタバレ確定【選ばれし戦士たち】最新感想予想

      2017/10/17

七つの大罪230話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新七つの大罪230話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 〜新章〜 登場人物まとめ①②③
七つの大罪 キャラクター人気投票ランキング”公式版”

 

前回、七つの大罪、ディアンヌ達の危機を救ったのは

遂に目覚めた”女神族”としてのエリザベス、

そしてエレインでした!

そんな今回!

いや〜〜まさかこんな形で

あの御方の謎がちょっぴり明らかになってしまうなんて・・・♡

エリザベス
「・・・本当に見違えたわ
大人の女性になったのね・・・」

マーリン
「あ・・・ああ・・・」

マーリンは俯いている

その様子を見ているディアンヌ、キング、
エスカノール、バン、エレイン達

ディアンヌが首をかしげる

ディアンヌ
「?なんだか・・・
マーリンの様子が・・・ヘン」

エリザベス
「もう昔のように
姉々(ねえねえ)って
読んでくれないの?」

青ざめるマーリン

ディアンヌ、キング、
エスカノール、バン、
エレイン、ホーク、ゴウセル
「姉々(ねえねえ)!!?」

エリザベス
「私を本当の姉のように
慕っていてくれていたでしょう?」

顔を背けるマーリン

マーリン
「い・・・いつの話を
しているんだ!?」

エリザベス
「あなたがまだ12か13の頃よ
覚えてない!?」

あらやだ可愛い・・・(ポッ♡)

そして便乗するエスカノール(笑)

 

息が荒くなるエスカノール

エスカノール
「エリザベス王女
できればその話の
詳細をもっと・・・」

怒るマーリン

マーリン
「余計な詮索だ!!」

傲慢な時なのに(笑)

傲慢な姿でもマーリンの事が大好きなんですね(笑)

そんなわけでメラスキュラの戦いも

見モノになるところだったのですが

このマーリンの姉々呼びと表情で

なんかもう色々吹っ飛んじゃいました(笑)

衝撃的だったのはもう一つあって、

エレインが遂に大人の姿に!♪

これまた可愛い。

キングの正装があのおじさんな姿だとすると

エレインはこの姿が力を入れた時の姿、と

いうことになるんでしょうか。

暴走したメリオダスも出てきて

今回も可哀想にメラスキュラが

簡単にやられてしまう姿しか浮かばないのですが

(メラスキュラは

毎回良いとこ無しで倒されちゃうんですよね

身内からも・・・(苦笑)

今回もその匂いプンプンです。

メラスキュラ、魔神族の為にかなり頑張っている

キャラなんですけどね・・・(苦笑)

メラスキュラ
「う・・・うそでしょ
ありえないわ!!

“暗澹の繭”は
”十戒”の誰にも

”魔神王”の魔力を
行使しない限り

ゼルドリスにすら
破れないのよ!?」

このまま暴走メリオダスがメラスキュラを倒し、

エレインは魂に戻ってしまうのか。

それともエリザベスの力によって

何らかの形でバンと一緒にいれるようになるのか!?

魂の形でキングと共にいたヘルブラムも

前回、完全に消滅してしまい、

もしかするとエレインも消滅してしまう流れになるのかもしれませんが

エリザベスの力、そしてばっちょ先生を信じて見守りましょう!

ちなみに暴走メリオダスは

エリザベスが聖なる魔力で止めそうだなあと予想しています♪

この展開も次回、楽しみです〜♪

そんな七つの大罪230話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 ネタバレ 230話 最新 確定あらすじ『選ばれし戦士たち』

黒い魔力を身に纏ったメリオダスが
メラスキュラの繭を破り降り立つ

メリオダスと対峙するエスカノール

一同はメリオダスの様子を見ている

_____________

エリザベス
「メリオダス・・・
まさか暴走を———!?」

マーリン
「いや・・・
あれはこれまでの暴走状態とは違う」

次の瞬間、
メリオダスの黒い魔力が
周りを破壊していく

メリオダス
「ハアァ!!」

空に浮かんでそれを見ている
バン、エレイン

バン
「団ちょ・・・!!」

蛇の姿のメラスキュラが震えだす

メラスキュラ
「もうおしまいよ・・・!!
”七つの大罪”も・・・・・・
この私も・・・!!!

あのメリオダスは・・・
”十戒”統率者時代
”十戒”(わたしたち)ですら
畏れた”殲滅状態(アサルトモード)”!!」

周囲がメリオダスの
強い魔力によりどんどん破壊されていく

状況を察し、
エスカノールが
マーリンに声をかける

エスカノール
「マーリン!!!」

結界を張るマーリン

マーリン
「完璧なる立方体”パーフェクトキューブ”」

結界が
メリオダスと
エスカノールを包む

マーリン
「メラスキュラの魔力を破るために
一か八か極限まで

魔神の力を
解放した結果なのだろうが——・・・

感情を奪われた現状で
するべき賭けでは
なかったな・・・バカめ」

その様子を見ているメラスキュラ

メラスキュラ
「・・・い・・・」

次の瞬間、
エレインの元から飛び降り
メラスキュラに
攻撃を仕掛けるバン

メラスキュラ
「!!」

しかしバンは逆に
メラスキュラの溶解液を浴びてしまう

ドロドロに溶けながらバンは
地面に落ちていく

エレイン
「バン・・・!!」

バンの元に寄ろうとするエレイン
しかしそれをバンが止める

骨の状態になりながらも
話し続けるバン

エレインは涙を流す

エレイン
「バン!」

その時、エリザベスが
バンの元へ歩いていく

ドロドロの状態の
バンに手をかざすエリザベス

エリザベスの魔力により
ドロドロに溶けていた
バンの身体が元に戻っていく

エリザベスは
メラスキュラをキッと見据える

悔しがるメラスキュラ

その時、地面から尖った岩が出てくる
岩はメラスキュラを襲っていく

それはディアンヌによる攻撃だった

ディアンヌに気づき
メラスキュラが
ディアンヌに襲いかかっていく

しかしげんこつ一発で
メラスキュラを殴るディアンヌ

そして神器”戦鎚ギデオン”で
メラスキュラを殴り飛ばすディアンヌ

メラスキュラは遠くに飛んでいく

そこにさらにキングが
追い撃ちをかける

キングの攻撃についに
倒れるメラスキュラ

そんなメラスキュラを
マーリン、キング、バン、
ディアンヌ、ゴウセルが見下ろす

観念したかと思った
次の瞬間、メラスキュラの背後から
大きな竜巻がメラスキュラを襲う

メラスキュラ
「!!」

それはエレインの攻撃だった
さらにゴウセルが
メラスキュラの頭に飛び乗り
光の矢を放つ

_____________

エレインが
マーリンの元に降り立つ

マーリンがエレインに言う

マーリン
「メラスキュラを倒すと
エレインの魂も消滅してしまう
良いのか?」

エレインは
コク・・・と頷く

その時、
マーリン、エレインの横を
エリザベスが通り過ぎる

エリザベスは
そのままメラスキュラの
目の前に立つ

怯えるメラスキュラ


次の瞬間、
エリザベスの瞳の模様と同じ光が
エリザベスから放たれる

そして光は大きくなり
メラスキュラの
黒い魔力を吹き飛ばしていく

黒い魔力は少しずつ溶け出て
消滅していく

最後に残ったメラスキュラは
小さな蛇の姿になっていた

メラスキュラ
「??」

ホーク
「これがメラスキュラ?」

ホークが小さくなった
メラスキュラに
鼻息をかける

それに驚きしゅるしゅると
逃げていくメラスキュラ

メラスキュラは
逃げた先にあった
筒の中に入っていく

その筒に蓋をし
メラスキュラを閉じ込めるマーリン

______________

エリザベス
「メラスキュラは
魔界の強い瘴気を
浴びつづけながら

300年生きた毒ヘビが
魔力を得たものなの・・・

メリオダスに
そう聞いたわ・・・」

マーリン
「フン」

マーリン
「さすがだな姉々は・・・
はっ!ゴホッ」

エリザベスは
嬉しそうに微笑む

_______________

”メリオダスVSエスカノールサイド”

結界の中で
向き合う
メリオダスとエスカノール

エスカノールが
メリオダスの様子を見て言う

エスカノール
「面白い変化です
どうやら明らかにいつもの
団長とは違う様子———

私の言葉は
通じていますか?」

目の前には
完全に魔神族の姿になっている
メリオダスの姿

メリオダス
「黙れ下賤な人間が
おこがましい

俺はメリオダス
”十戒”の統率者」

エスカノール
「おこがましい」

「激闘必死!!!
メラスキュラを無力化し、残る脅威はメリオダスのみ!!
傲慢なるその手で暴走を止めろ!!
次号は巻頭カラー&一挙2話!!」

”七つの大罪 231話 ネタバレ に続く”

 


七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 〜新章〜 登場人物まとめ①②③
七つの大罪 キャラクター人気投票ランキング”公式版”

~七つの大罪231話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 七つの大罪