よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

七つの大罪211話ネタバレ確定【さよならを告げる人】最新感想予想

   

七つの大罪211話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~七つの大罪 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新七つの大罪211話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 〜新章〜 登場人物まとめ①②③
七つの大罪 キャラクター人気投票ランキング”公式版”

 

前回、エリザベスの決死の行動が

四大天使であるサリエル、タルミエルの心も動かし

インデュラとなった”十戒”デリエリ、モンスピートを救い、

リュドシエルだけが面白くない結果となって・・・!?

キング
「でも・・・それでも・・・

”十戒”を命がけで救った
エリザベス様の行為を

踏みにじるような真似は
できない・・・」

リュドシエルは顔をしかめる

というところからの今回。

大変なのはここだけじゃない!ということで

今回のメインは”天界”の門!

仲間外れ感なリュドシエルがネロバスタに助けを求めますが

時既に遅し・・・。

なんと”天界”の門は

”魔界”の門にもできるというこれまた謎展開!

ネロバスタ
(”天界”の門が
侵食されている・・・)

メラスキュラ
「もうじき”魔界”の門に
刷新(さっしん)できるわ」

入れ替えるとどうなるのか?

女神族の支援が途絶え、

魔人族の行き来がしやすくなる!?

ということなのでしょうか。

そして大変な事態はこちらでも。

なななんと

妖精族、巨人族、女神族達が守ってきたはずの

人間たちが魔人族と手を組み、

暴挙に!!

ロウ
「ようやく俺らの出番か・・・」

そう言うと歩き出すロウ

ゲラード
「ロウ殿・・・?」

巨人族の男の前に行くロウ
そしてロウは跳躍するとナイフで
巨人族を斬りつけて倒す

巨人族
「う・・・うぐああああ!!」

それを見て
ロウに妖精族の一人が
飛び出していく

妖精族
「な・・・何するんだああああ!!」

_______________

次の瞬間、ナイフで
妖精族を刺し殺すロウ

その目的は・・・

ロウ
「フ・・・魔神族とは目的が
一致しただけさ

俺達の目的はただ1つ

”光の聖痕(てめえら)”の
抹殺だー!!」

ゲラード
「・・・!!(汗」

ここで現在のゲラードのバンへの

あのやりすぎなくらいの攻撃に繋がるわけなんですね・・・。

ここでゲラードは片眼に傷を

負ってしまうことになるのかもしれません。

そして現在のグロキシニアが

ゲラードが生きていたことを知らなかったようなので

ここからその後、グロキシニアとゲラードが会えないほどの

怒涛の展開が待っているのかもしれませんね・・・。

そしてこの後のキング&ディアンヌ vs ”十戒”無欲のゴウセル!

キング
(・・・ちがう)

キング
「ゴウセルじゃないな・・・?」

”十戒”時のゴウセルがどれほどの力を持っていたのか

未だ明らかにはされていません。

しかしおそらく戦い方としては

頭脳派なゴウセルのことなので

もしかするとここで選択の・・・

キングとディアンヌの試練の本番がスタートするのかもしれませんね!

さあ、キング、ディアンヌはこの混乱の中、

何を選び取るのか・・・。

また次号までお楽しみに♪!

______________

追記。

ばっちょ先生が体調を崩されていらっしゃるらしいですが

焦らずにゆっくり休んで

また元気になって戻ってきてほしいですね♪!

そんな七つの大罪211話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

七つの大罪 ネタバレ 211話 最新 確定あらすじ『さよならを告げる人』

 

七つの大罪 25巻表紙画像 3月17日発売

扉絵
「キングの服を着たディアンヌ
 それを見て興奮するキング」

 

_______________

ゴウセル
「俺がゴウセルではない・・・?
どういう意味だ?」

キング
「ハッキリとは分からない
けどオイラの知るキミとは
どこか違う」

ゴウセル
「・・・つまり俺の知らない
俺を知っていると?
興味深い話だな・・・」

メラスキュラの声が
その時、聞こえてくる

メラスキュラ
「ゴウセル!!
もう閉じちゃうわよ!?

今は門を完成させる事に
集中したいんですけど!?」

空間に裂け目が出来ており
その隙間からメラスキュラの姿が見える


キング&ディアンヌ
「!!あれは・・・」

ゴウセル
「ああ、閉じてくれ
メラスキュラ」

メラスキュラ
「あとで酒ダル5本分
おごりなさいよ!!」

ゴウセル
「了解だ」

メラスキュラ
「フン!」

閉じていく空間の裂け目

ディアンヌ
「あれって”十戒”!?」

キング
「ゴウセル・・・
なぜキミが”十戒”と・・・!?」

ゴウセル
「不思議な連中だな

俺がゴウセルである事を
知りながら

”十戒”である事を
知らぬとは・・・」

キング
「キミが”十戒”だって!?
キミは”七つの大罪”の
団員だろう!!」

ディアンヌ
「キング!!

それより今は恩寵の光に
急がないと・・・

こうしてる間にもどんどん・・・
たくさんの魔力が消えてるよ!!」

 

”ロウ達サイド”

城の外では
巨人族&妖精族と
ロウ達人間が
殺し合いをしている

ナイフを手にロウが
妖精族や巨人族を
殺している

ゲラードは
両手で顔を覆って
俯いている

ゲラード
(兄上・・・)

”キング&ディアンヌサイド”

キングはピクッ・・・と反応する

キング
「そうだ・・・!急がなきゃ!!」

ディアンヌ
「皆、無事でいて・・・!!」
向かおうと走り出す
キングとディアンヌ

しかしその時、
ディアンヌにゴウセルが
矢を飛ばす

それに気付き
ディアンヌをタコの尻尾で
弾き飛ばすキング

キング
「危ない!」

ディアンヌ
「んにゃっ!」

2人の間をゴウセルの矢が
すり抜けていく

ディアンヌ
「え・・・え?何?何?」

キング
「邪魔をするな!!
ゴウセル!!」

ゴウセル
「門が完成するまでお前達を
あの塔に近づけさせる
わけにはいかない・・・
許してほしい」

ディアンヌ
「謝ってる人の態度じゃないよ」

キング
「彼の魔力は精神に影響を及ぼす・・・
気をつけて!!」

ディアンヌ
「精神・・・?」

キング
「ディアンヌ・・・
キミの記憶を消した張本人は
彼なんだ・・・!!」

ディアンヌ
「え”~!?」

ディアンヌがガーンとなる

_______________

ゴウセルに近付くディアンヌ

ディアンヌ
「じゃあボクの記憶を返して!!」

ゴウセル
「?」

キング
「ち・・・違うんだディアンヌ!!

確かにキミの記憶を
奪ったのは彼なんだけど・・・

それはあくまで
三千年後のゴウセルで」

ディアンヌ
「そなの?」

ゴウセル
「・・・話が全く見えないな
ドロール、グロキシニア
直接お前達に会うのは
今が初めてなんだが・・・」

ディアンヌ
「えっとえ~と

ボク達は本物の巨人の王と
妖精王ってわけじゃなくて

か・・・体は本人のものだけど
中身は全然違う所にあって~」

キング
「オイラ達は三千年後の世界
(ブリタニア)から来たんだ!!
信じるか否かはキミに任せるよ」

ゴウセル
「面白い・・・!その話・・・
直に聞かせてもらいたいな」

キング&ディアンヌ
「じか?」

ゴウセル
「そろそろか・・・」

 

”メラスキュラサイド”

メラスキュラ
「ウフフ・・・もうじき
”魔界”の門の御開帳よ・・・」

ネロバスタ
(どうして・・・どうして誰も
突入してこないの・・・!?

何をチンタラしているの!?
このままじゃ開いてしまう!!
”魔界”の門が・・・)

メラスキュラ
「なんなのこれ・・・」

ネロバスタ
「?」

メラスキュラ
「これは・・・ちがう」

ネロバスタ
「?」

メラスキュラ
「”魔界”の門じゃない・・・
私は・・・何を作ったの?
こんなものを作る気は・・・」

その時、ハッとしメラスキュラは
口を大きく開けて怒り始める

メラスキュラ
「ゴウセェェェェェェル!!
私を操ったわねぇぇっ!!?

私が”四大天使”との
戦闘から離脱し

単独で塔へ来るよう操作し
こんなものを作らせた・・・!!

これは”魔界”の
牢獄の門ね!!?

答えなさいゴウセル!!」

誰かの声が門の中から聞こえてくる


「今回の作戦(人質奪還)が
決まった時から、
少し操作させてもらった・・・

許してくれ、これも
”自由”になるためだ」

メラスキュラ
「ふ・・・ふざけ!!」

その時、門の中から手が出てきて
メラスキュラが顔を掴まれる

メラスキュラ
「な・・・!!」


「シー・・・静かに・・・
魔神王に気付かれてしまう」

メラスキュラの顔面から
その人物が手を離す

次の瞬間、顔に
操つられる際のオーラが纏う
メラスキュラ

門の中からは
車椅子に乗った男が出てくる


「五百年ぶりか
外界に出るのは」

メラスキュラ
(体の自由が・・・!!)

ネロバスタはその様子を見て
ガクガクと震えている

メラスキュラ
「あなたは・・・!!
あなた・・・が!?」

ゴウセル
「そうか、メラ・・・
お前は本当の私に会うのは
初めてだったな
・・・私がゴウセルだ」

 

”キング&ディアンヌサイド”

本体ゴウセルが話すと
人形ゴウセルも同じ言葉を話す

人形ゴウセル
「・・・やはり外の世界は
いいものだ」

ディアンヌ
「きゅ・・・急に
どうしちゃったのこのコ・・・

・・・さっきから誰と
喋ってるの?」

人形ゴウセル
「やあ、すまない
こちらの話だ

聞こえる・・・

怒り・・・嘆き・・・
畏れ・・・痛み・・・


荒々しい感情が
乱れ咲いている

感情こそが生きている証明と
価値に他ならない・・・

感情の爆発は芸術だ」
怒り・・・嘆き・・・
畏れ・・・痛み・・・

感情の爆発
まさに芸術だ」

 

”ゴウセル&メラスキュラサイド”

メラスキュラ
「許され・・・ないわよ・・・
ゴウセル

魔神王様に・・・無断で・・・
どういうつもり・・・!?

今は・・・聖戦の・・・
真っ只中・・・なの・・・よ・・・!?」

ゴウセル
「聖戦などどうでもいい
・・・どうでも

俺にはまるで
関心がないよ」

メラスキュラ
「!!」

ゴウセル
「妄信的信者(おまえ)には
理解しようもないだろうがな

魔神王に”無欲”の戒禁を
与えられ五百年」

”キング&ディアンヌサイド”

人形ゴウセル
「俺は自由を奪われ・・・
自ら作った人形

ゴウセルを通してのみ
外の世界と接してきた」

ディアンヌ
「に・・・人形!?うそ・・・!!」

キング
「それって・・・じゃあ
本物のゴウセルは!?」

人形ゴウセル
「だがそれも、もう限界だ
俺はこの世に別れを告げる
バイバイ」

 

「謎多き人形(ゴウセル)・・・&本体(ゴウセル)
次号、ゴウセル外伝で彼の罪が明らかとなる!!
突如現れた、囚われし真の”ゴウセル”!!
人形(ゴウセル)を操りし本体・・・彼の真意が明らかとなる!!
次号は巻頭&ゴウセル外伝の超大増43ページ!!」

_______________

”ばっちょに質問”

Q
「キングに生えていないのは
羽だけですか?」

A
「それは聞いちゃいけないよ(笑)」

Q
「ゴウセルの姿が変えられる
能力は魔力ですか?」

A
「元々ゴウセルに備わった
機能なのだ!」

ナレーション
「まだニンテンドースイッチを
プレイしていない鈴木央先生に
おすすめのゲームを
教えてください!」

”七つの大罪 212話 ネタバレ
『外伝 人形は愛を乞う』に続く”

 

広告

七つの大罪考察一覧はこちら

闘級ランキング一覧はこちら
神器の能力まとめ一覧はこちら
ホークの能力と正体についてはこちら
七つの大罪 〜新章〜 登場人物まとめ①②③
七つの大罪 キャラクター人気投票ランキング”公式版”

~七つの大罪212話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - 七つの大罪