よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

マギ354話ネタバレ確定【ソロモンの想いを継げ!祖父ダビデの思惑を止められるか!?】最新感想予想

   

マギ354話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~マギ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新マギ354話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

マギネタバレ一覧はこちら

 

前回、アラジン、アリババ達の前に現れたダビデは

分身体だということがわかり、

アラジン、アリババ達は力を合わせ

ダビデを倒し地上に上がったのですが・・・!?

前回、353話のネタバレはこちら

地上に上がったアラジン達でしたが

町の人達はすっかりルフに還り違っているという

なんとも切ない状況でしたね。

しかし心の底ではやはり悲しみを背負っているという・・・。

そしてアルバのこの言葉・・・。

アルバ
「ルフに還るというのは
無になるという事よ

でも、みんな
無抵抗でしょうね

だって
”ルフに還るのが幸せだ”って・・・
心から思っているんだから!

でもこれも元はと言えば、
彼らが支持した神
(シンドバッド)の
望みでもあるわけだし・・・

もう何が幸せなのかなんて・・・
誰にも分からないわよね!」

なんだかすっごい政治的!(笑)

マギってば今の世界を風刺しているのでしょうか!?

あれ?そんなマンガでしたっけ?!

と、そんなことを思いながら読み終えた今回。

今まで一つだったダビデとシンドバッドが分かれ、

それぞれが個、としてそれぞれの道を歩き出した感がありますね!

それが最後のアリババの言葉に込められている気がします♪

アリババ
「何がしたいかなんて
誰かに決めてもらう事じゃ
ねぇからよ・・・

そうだろ!?」

誰かに支配されたまま動くんじゃなくて、

自分の人生は自分で決めろ!っていうことですね♪

いやはやこれからアリババの考えていた世界になって

本当にそれに気づける世界になれば

まさにアラジンの父、ソロモンが希望していた世界になります。

以前、ソロモンが言っていたこの言葉。

あれ!?やっぱり風刺マンガ!?(笑)

なんて軽く冗談も挟みつつ、アラジン達の世界でも

現実世界でもこんな風になったら良いですね♪

マギ、やはり良いマンガです♪

そんなマギ354話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

マギ ネタバレ 354話 最新 確定あらすじ『地上を守る戦い』

マギ 34巻 6月16日発売!

 

”アラジン回想”

シンドバッド
「確かに俺は
ルフを書き換えた

人は頼るべき光が
分散しては
迷ってしまう

だから俺はそれを
1つに統一したんだよ」

一同
「共にルフへ還ろう!!
共にルフへ還ろう!!

共にルフへ還ろう!!
共にルフへ還ろう!!

共にルフへ還ろう!!」


”回想終了”

_________________

「聖宮からの使い、急襲!!
ルフに還させない・・・緊迫の防衛戦!!」

天使達が
地面のアラジン達に
剣を振るう

跳躍して
天使達の剣を躱すアラジン達

更に
アラジン達に襲いかかる
多くの天使達

アラジン
「”力場停止(ゾルフ・メドウン)”!!」

透明な壁が
アラジンに向かう
天使達の目の前に出来る

透明な壁で
ピタッと止まる天使達

白龍がその隙に植物を
天使達に巻きつける

白龍
「”降龍木蓮衛”!!
(ゼウグ・モバレーゾ)」

次の瞬間、天使達を
串刺しにしていく植物

更に白龍が
串刺しになった天使達を
螺旋状にまとめあげる

アリババ
「”アモンの轟炎剣”!!
(アモール・ゼルサイカ)」

アリババがまとめあげた天使達に
炎の極大魔法を放っていく
炎に包まれる天使達


次の瞬間、
一斉に爆発する天使達

_________________

ジュダル
「こいつら大した事ねぇな
俺達けで十分やれるぜ!」

アラジン
「でも・・・ルフ達はまだ
西側へ向かっている?」

白龍
「異変は更に
西でも起きているんじゃ
ないですか?」

アラジン
「パルテビアや
エリオハプトの方だ!」

白龍
「アラジン殿、アリババ殿、
行ってください!

ここは俺とジュダルで
食い止めます」

アリババ
「白龍、頼んだぞ!!
シンドリアを・・・!!」

転送魔法で消える
アラジンとアリババ

ジュダル
「なんで俺達が
居残りなんだよ!?」

白龍
「アラジン殿の
転送魔方陣の方が
飛距離が長いからだ」

ジュダル
「しっかし、
シンドバッドもバカだな!!

自分の国をブチ壊しに
しちまってよ・・・」

白龍
「俺達が
食い止めない限りは
滅びの一途だ

なにせ、当の国民達に
己の身を守る気が
ないからな・・・」

顎をクイッとする白龍
その方向をジュダルが見ると、
ドラコーンやサヘル達の姿

兵士達
「なんだあいつらは!?
なぜ俺達がルフに還るのを
邪魔するんだ!!?」

ドラコーン
「ジュダル・・・!!」

兵士達
「ジュダルだ!!

あれは昔・・・俺達の最初の
シンドリア王国を

めちゃくちゃにした
黒いマギじゃないか!!」

サヘル
「まだ私達を酷い目に
合わせに来たのね・・・!!」

ジュダルは無言で見ている

ジュダル
「・・・」

その時、背後から白龍が
ジュダルの背中を叩く

ジュダル
「痛って!」

白竜
「しかし、厄介だな・・・
守る対象が

死にたがっているという
状況は」

ジュダル
「お、おおー
バカ殿がなんとかするだろ?

バカ殿が改心したっていう
アリババの話が本当ならな」

白竜
「ああ・・・ルフの書き換えが
”聖宮”の魔法ならば

それを解けるのは・・・
”聖宮”の主しかいない!!」

_________________

”聖宮”

逆さまになっているウーゴ、ダビデ

ウーゴ
「また神の序列が
入れ替わる!」

回転し
逆さまから元に戻る
ウーゴやダビデ

その時、顔に
ピシッとヒビが入るダビデ

直後、シンドバッドが
ダビデの身体を割って現れる

しかしダビデの左掌が
シンドバッドの背後から迫ってくる

ダビデの左掌が
出てきたシンドバッドを
押しつぶす


押し潰したシンドバッドから
白ルフが出てきて空中に舞う

ダビデはニカッと笑う

しかし再び
ダビデの目の前に現れる
シンドバッド

ウーゴ
「地上ではアラジン達が
ダビデの本体を倒そうと
頑張っているはずだ・・・!

でも、地上の人々のルフは
書き換えられたままだ・・・)

ウーゴ
(元に戻すには、
シンドバッドが
ダビデに競り勝って・・・

”聖宮”の主の座を
手に入れるしかないんだ!!)

_________________

ダビデ
「シンドバッドよ

聖宮の主導権を取り戻し、
地上のルフの書き換えを
解こうというのか?

だがなぜだ?
ほんの少し前まで、

お前は私と同じ
意見だったじゃないか」

ウーゴ
「!」

ダビデ
「地上のルフを回収し
我々の力にする
そして神々と戦う!

これこそが!!
純然たる”運命”
じゃないか!!

お前にも見えるはずだ
そうだろう?」

ウーゴ
「違う!!

シンドバッドはもう
考えを変えたんだ!!

アラジンと
アリババくんに
説得されて・・・」

シンドバッド
「・・・」

沈黙していたが
口を開くシンドバッド

シンドバッド
「・・・そうだな、ダビデ」

ウーゴ
「えっ?」

シンドバッド
「俺とお前には
同じ”運命”が
見えている

地上のルフを回収し、
神々と戦う事・・・

それこそがまさに
”運命”だ」

ウーゴ
「!?」

ウーゴ
(な・・・っ
何を言っているんだ・・・!?
シンドバッド・・・!?)

ウーゴは目を見開き驚く
ダビデはフッと笑う

 

 

「一筋縄ではいかない・・・
神々の思惑が渦巻く!!」

”マギ 355話 ネタバレに続く”

 

 

広告

マギネタバレ一覧はこちら

~マギ355話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - マギ