よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

マギ346話ネタバレ確定【アリババはこのまま生き返れるのか!?】最新感想予想

   

マギ346話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~マギ ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新マギ346話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

マギネタバレ一覧はこちら

 

前回、アリババが死んだ時の話が語られて

今回はその様子が描かれましたが・・・。

アリババが元の世界に戻るお話も大事なんですが

今回はもうとにかくテスがかわいい・・・っ!

 

テス
「僕、ママに会いたいなあ」

アリババ
「・・・」

アリババはテスを無言で見る
背景には人々がペンを持ち、
魔方式に夢中になっている

テス
「こういう気持ち、
どうして忘れてたんだろう?
僕、ママに会いたい!」

キャー!天使!!

(実際亡くなっているから天使だけど!)

そしてアリババのおかげでただ”存在していた”ような人々が

どんどん楽しそうになっていく様が良かったです♪

石積みしかしてませんでしたからね♪

それが最後にはこの笑顔!

人々
「やった!
魔法式ができたぞー!
ワーイ!」

そして無気力だった人々に希望と

楽しい気持ちを思い出せたアリババが

この世界に行ったことは間違いじゃなかったのかも♪

そして最終的には”すべての世界を繋げたい”と

提案するアリババにみんな大歓喜!

良かったねーー!テス良かったねーー!(涙)

そしてアリババの中にも強い心が芽生え!

これは元の世界に戻ってからのアリババの動向が楽しみですね♪

 

それにしても

最後のセッタとワヒードの”アイツ”って・・・?

ワヒード
変な奴だったのぉ!

一人だけ元気で
生き返る事を
信じ続けて・・・

まるで
“アイツ”のよう・・・」

セッタとワヒードは
顔を見合わせる

セッタ&ワヒード
「ハハハ!まさかな!」

”アイツ”ってーー〜?!

 

そんなマギ346話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

マギ ネタバレ 346話 最新 確定あらすじ『どちらでもない未来』

扉絵カラー
「アリババ&白龍」

「仲間でもあり敵でもあった
 ぶつかり合う年月と共に、
 生きてきた証がここに

 激闘の最終章、核心へ!!
 対峙するは神となった
 シンドバッド!!」

マギ33巻表紙画像 4月18日発売

_______________

「死後の世界を過ごしていたアリババ
その時の経験が、何かを予兆している・・・?」

ナレーション
「第四の迷宮(ダンジョン)
”フルフル”内部」

死亡した時の事を
アルバに話し終えるアリババ

アリババ
「・・・という事があって、
俺は生き返ったんですよ」

アルバ
「ダビデの”確信”は
必ず実現するだって?」

アリババ
「はい

ダビデはシンドバッドさんを
乗っ取り、

聖宮の主の座に着くと
”確信”していました

”ソロモンの知恵”を
狙っているとも
語っていたそうです

俺はそれを止めたくて
生き返ったんですが・・・」

アルバ
「でも、どっちも
実現しなかったじゃないか」

アリババ
「そうなんですよ」
並んで歩き出す
アリババとアルバ

アルバ
「ダビデ老はシンドバッドを
乗っ取るどころか、懐柔されて
手下になっちゃったよ!」

アリババ
「そうなんですか!」

アルバ
「最後の最後に
聖宮の主になったのは
シンドバッドさ

ウーゴと7人のジン達を
味方につけてね」

アリババ
「そんな事があったんですか・・・
ウーゴくんもシンドバッドさんの
味方か・・・」

立ち止まり、アリババは
下を向いて考え込む

アルバ
「・・・」

アリババを
無言で見つめるアルバ

_______________

俯いて
思いを巡らせるアルバ

アルバ
(私は・・・”あのお方”の
力を取り戻すどころか、
私自身も力を失って・・・

もう、あの愛しい声も
聞こえない・・・

私、生まれて初めて
独りになったわ)

ゆっくりとアルバは顔を上げる

アルバ
(静かだなぁ・・・)

背景が真っ暗になるアルバ

アリババ
「・・・さん・・・アルバさん!」

アルバ
「んっ?」

アリババ
「アルバさんも
シンドバッドさんの味方で、

世界をルフに
還したい派なんですか?」

アルバ
「・・・えっ?シンドバッド?」

アルバはフッと笑う

アリババ
「あれっ?」

アリババは驚く

アリババ
「じゃあ、アルバさんは、
これからどうしたいんですか?」

アルバ
「これからどうしたいかだって?」

_______________

次の瞬間、花火の音と共に、
現れるシンドバッドと人々

シンドバッド
「ようこそ、アリババくん
第四の迷宮”フルフル”へ

オレが四つ目の迷宮を
攻略したのは

二つ目のシンドリア王国を
建国した直後だった」

アルバ
「・・・このお決まりのイベント
もう飽きたなぁ」

人差し指を立てながら
アリババがアルバにシーッとする

アリババ
「大事な話を
している所なんですから
よく聞いて下さい!」

シンドバッド
「最初のシンドリア王国は
パルテビア帝国の侵略により
滅ぼされてしまったんだ

その時に、多くの
シンドリア国民が
堕転した

彼らの黒いルフを
オレは体に取り込んだ

そしてこの頃から、
俺にはダビデの声が
聞こえ始めたんだ

この話を以前、
アリババくんにはしたな」

アリババ
「はい」

アリババは
セッタ・ワヒードから聞いた
ダビデの話を回想する

アリババ
(ダビデが言っていた
”半堕転の特異点が繋がった”

っていうのは、きっと
この事だったんだよな

うーん?て事はやっぱり・・・?
ダビデの”確信”は部分的には
実現してるって事になるのか?)

_______________

両手を広げ、シンドバッドは
アリババに向かって話し出す

シンドバッド
「汝に問う!」

アリババ
「シンドバッドさん!
もうこういうのはやめましょう!

太陽が傾いてきている!
時間がないんです!!」

アルバ
「ええ!?そんな掟破りな」

アリババ
「”世界の全てをルフに還す”のも
止めませんか!

それ以外にいい方法は
ないんですかね!?」

シンドバッド
「ない!なぜなれこれが
”運命”だからだ

アラジンにも語った通りだ
俺が神の座に着いたのは
俺の力ではない

”世界をルフに還したい”と
願っている俺という

ただの人間を神に仕立て上げる
者達がいるのだ

ソロモン王や、また更に
上位世界の神々達の意志が
俺を選択した

その摂理の前には俺や
君個人の倫理観は無意味だ!

だから俺は運命のままに
俺願いを叶える!」

アリババ
「俺はルフに還りたく
ありません!」

シンドバッド
「ならば止めてみろ

君達が正しいなら、
ここで俺を倒せるはずだ!

そして勝者が選ぶ道こそが
真の”運命”なのだろう!!

それを戦って見極める!!」

炎がシンドバッドの周りに
立ち上がる
マギ 346話 ネタバレ 347話 ネタバレ-12.jpg

アリババとアルバは
シンドバッドの方を
見つめている

_______________

アルバ
「どっちが勝っても
別にいいよ」

アリババ
「えっ、なんて!?」

アリババはアルバの方を振り返る

アルバ
「だって・・・
シンドバッドが勝てば、
世界はルフに還る・・・

そしてアリババくんが勝っても、
ソロモンの世界がまた延々と
続くだけなんでしょう?

なんだかどっちも
私はうんざりだ!」

武器を構えながら
アルバに背を向けて話す
アリババ

アリババ
「そうかな?
楽しみにしててくださいよ
アルバさん」

アルバ
「えっ?」

アリババ
「きっと、そのどちらでもない
未来になる・・・」

アリババはアルバの方へ振り返る

アリババ
「俺なんだか
そんな気がするんです!」

アルバ
「なんだって・・・!?」

シンドバッド
「”魔装・フルフル”!!」

シンドバッドの魔装する
頭から角が生え、
脊中から翼が生える

アリババ&シンドバッド
「勝負!!」

 

「アリババの笑みが秘める自身!!
緊迫の最終章は、あらゆる想像を
越えていく!!次号もセンターカラー」

 

 

”マギ 347話 ネタバレに続く”

 

広告

マギネタバレ一覧はこちら

~マギ347話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - マギ