よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

フェアリーテイル527話ネタバレ確定【情(じょう)】最新感想予想

   

フェアリーテイル527話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新フェアリーテイル527話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

 

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

前回、ナツと戦うゼレフの元にラーケイドが!

あわやナツ!と思われたその時、ゼレフの取った行動は

なんと・・・

ゼレフ
「邪魔をするなよ」

ラーケイド
「え?」

そんな前回から今回は

謎に包まれていたラーケイドの出生の秘密が明らかになりました!

とは言ってもまださわりだけ!

ラーケイドの過去については

次回もっと深く描かれる事になりそうですね♪

回想によると、ラーケイドは

メイビスとゼレフとの子ではなかった・・・!?

正確には実の子供というか

拾われた子供・・・ということなのでしょうか?

椅子にプレヒトが座っている
傍らには赤ん坊が
バスケットで寝ている

赤ん坊を
岩石地帯に捨ててしまう
プレヒト

しかし死なずに
自分で生き延びていく赤ん坊

赤ん坊は少し成長し
食料を店先から盗んで
逃げている描写

そして赤ん坊は
森でゼレフと会う

しかしラーケイドの最初の登場の回では

メイビスの描写もあったので

無関係ではない?と思いたいのですが。

(その方が面白そうだからという理由なのですが♪)

しかしその後、ゼレフはこう言っています。

ゼレフ
あれは8月(オーガスト)だった
君はどこかあの少女に
似ているんだよ、オーガスト

子供ナレーション
(ぼくのなまえ・・・)

オーガストがその子供の名前だった

オーガストナレーション
(なぜ陛下の子は
愛されなかったのか・・・

それは存在に気付いて
もらえなかったからだ・・・)

あの少女、というのは・・・

メイビス・・・!?

と、そんな予感がしつつ、今回は終わるのですが

メイビスを心のどこかで求めていたゼレフが

ラーケイドに何かを重ねていた?

しかしただそれだけで愛情はなかった・・・ということなのでしょうか。

だとしたら、ラーケイドが可哀想すぎますね(涙)

ゼレフ・・・本当に自分勝手!!(怒)

ナツを自分のエゴだけで生き返らせて

そして殺すとか・・・

くーー!

ちゃんと考え出したら

ものすごく腹が立ってきました(苦笑)!

この物語の中で1番大人になりきれず

子供のままハートが止まってしまっているのは

ゼレフなのかもしれませんね・・・。

ゼレフ
「僕とナツの戦いを
邪魔しやがって

せっかく楽しんでいたのに・・・
この出来損ないがっ!!」

ラーケイドを蹴るゼレフ

しかしそれぞれのキャラクター達があまりにも

報われなさすぎるので

(あいりーん然り・・・)

もうそろそろハッピーな展開を見たいなあ・・・と

思うのは私だけではないはずっ!

早くこの戦いが終わって

のほほんフェアリーテイルのみんなを拝みたいですね(笑)♪

そんなフェアリーテイル527話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

フェアリーテイル ネタバレ 527話 最新 確定あらすじ『情(じょう)』

フェアリーテイル 60巻表紙画像 3月17日発売

カラー扉絵
「ナツ、ルーシィ、ハッピー」

「誰にも止めさせない オレ達のこの音楽!!」

”ゼレフサイド”

「兄(ゼレフ)と弟(ナツ)・・・宿命の対決!!
激情に揺れるゼレフ・・・
その心の深層が今、解き放たれる!?」

 

倒れ涙を流しているラーケイド

ラーケイド
「父さん・・・痛いよ・・・
痛いよ・・・父さん・・・」

ゼレフ
「・・・いい加減にしてくれ・・・
僕には子供などいない・・・
家族もいない」

ナツ
「・・・」

ゼレフ
「君は僕が書いた書物だ!!
そこから生まれた悪魔!!」

泣きながら
ゼレフを見つめる
ラーケイド

ゼレフ
「僕の前から消えろォ!!」

ラーケイド
「!!」

ラーケイドに魔法を放つゼレフ

ラーケイド
「父・・・さ・・・」

消滅していくラーケイド

ゼレフ
「・・・(汗」

ナツ
「お前・・・自分の仲間を・・・」

ゼレフ
「仲間じゃない・・・
子供じゃない・・・
僕は・・・」

次の瞬間、ゼレフをナツが
炎を纏った右拳で殴り飛ばす

ナツ
「ああ、よぉくわかったよ
ガキを大切にしねえ親なんか
いるハズねえもんな」

”ギルダーツ&カナサイド”

技を放ち
オーガストを吹っ飛ばす
ギルダーツ
周囲には瓦礫が散乱している

カナ
「お父さん!!大丈夫!?」

ギルダーツ
「ああ・・・さすがに左手は
動かなくなっちまったが」

その時、
瓦礫の中からオーガストが
無傷で現れる

ギルダーツ
「マジかよ」

カナ
「そんな・・・」

オーガスト
「私は・・・生まれながらに
強大な魔力を持っていた

ゆえに捨てられ、疎まれ
生きる事の行き止まりの
壁についた時

陛下に命を救われた

たとえこの身が滅びようとも
スプリガン12筆頭魔道士
オーガスト

この国ごと滅するだけの力は
持っておるぞ」

魔力を放ち出すオーガスト

ギルダーツ
「な・・・!!」

ギルダーツは吹っ飛ばされる

カナ
「お父・・・!!」

ギルダーツ
「散れ・・・灰となりて
我が人生としよう」

オーガストが上空へと浮かぶ
国中へとオーガストの魔法が
広がって行く

”フェアリーテイルメンバー達”

マックス
「何だこれは・・・」

ウォーレン
「息が・・・」

一同は喉元を押さえて苦しみだす

 

”メイビスサイド”

メイビスが走っている
瞬間その場に膝をつくメイビス

メイビス
「くっ!」

メイビス
(生物の血を蒸発させ・・・
大地を溶かす禁呪・・・

古代魔法・・・
”アルス=マギア”!?)

一同に
テレパシーを送るメイビス

メイビス
『皆さん、聞こえますか!?
緊急事態です!!

自分の全魔力を
防御力に変換・・・

間もなくマグノリアが・・・
消え・・・』

テレパシーが遮断される

メイビス
「・・・!!」

メイビス
(遮断された!!)

メイビスは直後、吐血する

メイビス
「ぐっ・・・うっ!」


宙に建物の瓦礫が浮かび始める

メイビス
(一体・・・誰がこれ程の魔力を・・・)

その時、メイビスは
上空のオーガストを
視界に捉える

メイビス
(あのオーガストとかいう
魔導士・・・!?)

”オーガストサイド”

オーガスト
「消えよ」

ギルドメンバー達も苦しがる

ギルドメンバー達
「あああああああ!!」

カナを抱きしめるギルダーツ

ギルダーツ
「離れるなカナ!!
何があってもお前だけは
守ってみせる!!」

カナ
「う・・・うぐ」

娘を守ろうとする父親の姿に
オーガストは目を見開く

”オーガスト回想”

オーガストがジェラールを倒す

オーガスト
「陛下には1人の息子がいた
強大な光の力を持って
生まれた子供だった

陛下の子・・・
倒せるとしたらそれは・・・
母だけかもしれぬな」

”回想終了”

 

”オーガストサイド”

ふと地面を見るオーガスト
そこにはメイビスがうずくまっている

オーガストと目が合うメイビス
オーガストは目を見開く

次の瞬間、
魔法の詠唱を中止する
オーガスト

空中にオーガストの身体が
飛散し始める

メイビス
「!」

メイビス
(止まった・・・!?)

地面に宙に浮いていた建物の瓦礫が
落下する

”ギルドメンバー達”

ギルドメンバー達
「ゲホッ・・・ゲホッ・・・!!
息が出来るぞ!!」

ガジル
「何だったんだ?」

レビィ
「さぁ・・・(汗」

 

”メイビスサイド”

メイビスが
上空のオーガストを
見上げている

メイビス
(魔力が足りなかった?
ギルダーツのおかげですね!!
急がなきゃ!!)

メイビスは
オーガストに背を向けて
再び走り出す

オーガストはメイビスを見続ける
オーガストはどんどん飛散して消えていく

カナ
「あいつの体・・・
力を使い果たしち
まったのか!?」

ギルダーツ
「・・・いや・・・何かを見て・・・
詠唱をやめた・・・」

オーガスト
(一度でよかった・・・
たった一度で・・・

あなたの手に
抱かれたかった)

オーガストは完全に飛散していく
その時、走るメイビスの背後に
現れる子供オーガスト

子供オーガスト
「お母さん」

メイビス
「!!」

何かを感じて
後ろを振り返るメイビス

しかしそこにはオーガストの姿は
既になかった

_______________

その時、メイビスの元に
ルーシィ、グレイ、ハッピーが到着する

グレイ
「初代!!」

ルーシィ
「1人ですか!?」

メイビス
「皆さん!!
合流できてよかったです!!」

ハッピー
「さっきの光なんだったの?」

メイビス
「大丈夫、脅威は去りました

他の皆さんは街の南方で
戦っています

もう敵の残存兵力も
わずかでしょう」

背景にはギルドメンバー達と
アルバレス軍団が戦っている姿

グレイ
「それよりオレ達をわざわざ
呼びつけるからには・・・」

メイビスが何かを取り出す

メイビス
「これを・・・」

グレイ
「!!」

メイビス
「一度ゼレフに捕らわれ・・・
逃げる時に入手した物です」

メイビスは
穴の開いたENDの書を取り出す

ルーシィ
「ENDの書・・・」

ハッピー
「ナツの・・・」

メイビス
「やはりナツの事
知ってたのですね

ナツはきっとゼレフに勝ちます、
そして私がゼレフを消します

その時、ナツを救えるのは
あなたたち仲間の力

お願いします
全てが終わるまで、
誰もギルドに近づかせないで」

そう言うと再び走り始めるメイビス

メイビス
(見つけた!!
ゼレフを倒す方法を)

メイビス
「これが最後の賭けです」

 

”ナツ&ゼレフサイド”

ゼレフ
「僕だって頑張ったんだよ
幸せを掴む為の努力を

しかしこの体は
人を愛せば相手を
殺してしまう

許されなかったんだ」

背景には過去の仲間達が死んでいく姿
そしてメイビスが死んだ時の描写

ゼレフ
「家族を持つ事など・・・
幸せになる事など・・・
僕には許されなかった!!」

ゼレフに歩み寄って
ゼレフの胸ぐらを掴むナツ

ナツ
「家族ってのは
そんなモンじゃねえだろォ!!

ゼレフ
「!」

ナツ
「許す許さねえじゃねえよ!!
お前が幸せをつくれよ!!
それが家族だろ!!

お前に家族がいねえって
言うなら・・・

わずかに残ってた絆も
ここまでだからな

”兄ちゃん”!!」

胸ぐらを掴む
ナツの手を振り払うゼレフ

ゼレフ
「・・・意外だね
わずかにでもあったんだ」

ナツ
「それが情ってやつだろ」

ゼレフ
「そうだねナツ、いや・・・END」

 

「絡みついた心の糸・・・
ほどく術は二つの命の交錯だけ!!」

_______________

”真島のひとり言”

①同時に遊んでいるソシャゲが
8個あります

②単行本にも書きましたが、
このアルバレス編が
フェアリーテイルの最終章です
最後まで気合い入れて描きます!

③久しぶりに手塚治虫作品を
読み返してます。
本当に何度読んでも、
溜息しか出ない聖書

________________

”フェアリーテイル 528話 ネタバレ
『魔竜』へ続く”

 

広告

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

~フェアリーテイル528話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - FAIRY TAIL