よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

フェアリーテイル522話ネタバレ確定【グレイの切り札】最新感想予想

   

フェアリーテイル522話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新フェアリーテイル522話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

 

前回、エルザ vs アイリーンに決着が着き、

そしてやっとナツが’目を醒ましました!

ナツ
「丁度よかった

いつもの場所から・・・
いつもの道を通って行こう

フェアリーテイル
(妖精の尻尾)へ!!」

ハッピー
「あいさー!!」

そして今回は!

色々なものが元に戻っていきます。

マグノリア、バラバラになっていた

フェアリーテイル達、

ひさしぶりのメイビスも登場しましたね♪

そしてマカロフも・・・。

本当に死んでしまったのでしょうか・・・。

魔力を使い果たして寝てるだけだった・・・というオチを

ほんのり期待します・・・(笑)

それにしても今回メイビスのひさしぶりの登場で思い出しましたが

ゼレフの息子のラーケイドは一体何だったのでしょうか・・・。

きっと読者のみんなが

『え!?メイビス関係ないの!?出てこないの!?』と

思ったはず・・・(笑)

後々、このあたりもまた描かれるといいなーと思っています♪

さてさて一大戦争に

胸が気になって負けてしまった人や・・・

〜優しい(?)ジェイコブ〜

ミラ
「なんでこの人、戦いの間に
何回も目を閉じたんだろ・・・

・・・とにかく彼の気まぐれの
おかげで助かったわ

かなり強かった・・・」

そう言うミラの胸元は
大きく破れてはだけていた

ミラの胸元を
見ないように戦った為に
破れてしまった様子のジェイコブだった・・・

それぞれの家族愛で

戦いを止めた人達・・・

ヤジール
「どうかお願いじゃ・・・
儂の命はそなた達の
好きにしてもらって構わん・・・

どうか・・・孫のアジィールだけは
助けてやって欲しい・・・」

エルフマン
「ちょ、ちょっと待て!」

リサーナ
「エルフ兄ちゃんも私も
誰も殺そうなんて
思ってないよ!(汗」

アジィール
「兄ちゃん?
お前ら・・・兄妹なのか・・・」

エルフマン
「ギルドの皆は家族だが、
リサーナだけは正真正銘、
俺の可愛い実の妹だ!!」

(・・・うん、そうだね・・・

似てなさすぎだよね・・・(笑)

 

なぜここから仲間にならないんだー!

思ってしまった人たちなど・・・

背中を向けたまま
少し切なそうな顔をしながら
その場から去って行くブランディッシュ

この戦いもそろそろ終わりを

迎えようとしています。

そしてグレイが単身、ゼレフの元へ・・・って

絶対無理だからー!!!!

なんで協力しないんだー!!

グレイ
「そろそろ帰ってくんねーかなァ
そこ・・・オレがいつも
座ってる席なんだ」

ゼレフ
「一番・・・ナツを悲しませる
状況になってしまった」
_______________

ナツ
「多分グレイは・・・
ゼレフの所に!」

ほんとに無茶しかしませんね、この人たちはっ!(苦笑)

ゼレフを倒しても

ナツが生きていられる何かも掴んだことですし、

先走らないで協力して!?フェアリーテイル達ーー!(笑)

そんなこんなで

ナツ、間に合うか!?

グレイ、死ぬなよーーー!!!

そんなフェアリーテイル522話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

フェアリーテイル ネタバレ 522話 最新 確定あらすじ『グレイの切り札』

扉絵カラー
「ナツ達一同」

「目線を合わせろ!
 この夜割って、決着まで!!」

「ゼレフの元に辿り着いたグレイ
オーガストと対峙したギルダーツ
全てのカギを握るナツは、確信に向け走る!!」

グレイはゼレフと対峙する
ギルダーツはオーガストと対峙する

グレイの元に走る
ナツ、ルーシィ、ハッピー

”グレイ&ゼレフ”

ゼレフは椅子に座っている
グレイが扉の前に立つ

ゼレフ
「グレイ・・・君はナツの
親友の一人だ

君の両親は僕が作り出した
悪魔デリオラにより殺された

そして、その怪物を倒す為に
君の師匠も命を失った

僕を恨んでいるだろうね」

グレイ
「・・・驚いたな
興味を持ってない奴の事も
知ってんじゃねぇか」

ゼレフ
「敵を知る事は重要だ

”ルーシィ・ハートフィリア”

僕の友人だったアンナの子孫だ

明るく前向きでナツを大きく
成長させた人物の一人だ

”ハッピー”
ナツのパートナー

彼は生まれた時から
ナツと強い絆で結ばれ、
互いに信頼しきっている

それにエルザ・・・ウエンディ・・・
そしてガジル・・・

僕は主要人物全員を
知っているつもりだよ」

グレイ
「それに比べるとオレ達は
お前の事を知らなすぎるな」

ゼレフ
「そうかもしれないね」

______________

グレイ
「お前の本当の
目的は何なんだ?」

ゼレフ
「・・・その質問に答えが
本当に必要かい?

僕はメイビスの魔力が欲しい
君達はメイビスを守る

それで十分じゃないか」

グレイ
「お前はもう強大な軍隊と
不死の力を持っているじゃねぇか
なんで初代の魔力が必要なんだ?」

椅子から立ち上がるゼレフ

ゼレフ
「アクノロギアを倒すため」

グレイ
「!」

ゼレフ
「・・・と言ったら
協力してくれるかい?」

グレイ
「ふざけやがって・・・」

ゼレフ
「いや・・・嘘は言ってないよ

最終的にはアクノロギアも
倒せる事になる

・・・でも、僕の真の目的は
そんな些細な事ではない」

背景にフィオーレの地図の描写

 

”オーガスト vs ギルダーツ”

ギルダーツはオーガストと対峙する

マントを脱ぎ捨てて
オーガストに向かって行く
ギルダーツ

オーガストが見据えている
瞬間、目の前から消えるギルダーツ

オーガスト
「!!」
オーガストの頭上に現れて
右手で手刀を放ってくる
ギルダーツ

しかし回避し
杖で魔法を放ってくる
オーガスト

オーガスト
「ふん」

それを回避し
オーガストの背後に回る
ギルダーツ

ギルダーツ
「後ろだ!」

オーガスト
「!」


直後、オーガストを
ギルダーツの技が細切れにする

ギルダーツ
「・・・」

バラバラに
四角状に崩れていく
オーガスト

しかし直後、
元通りになっていく
オーガストの身体

オーガスト
「ふむ・・・面白い魔法を使う・・・」

ギルダーツ
「はぁ?」

______________

身体がバラバラの四角状になり
オーガストはギルダーツに向かう

ギルダーツ
「ウソだろ!?」

オーガストは
ギルダーツの目の前で
元通りになる

ギルダーツの腹部に
拳を放つオーガスト

ギルダーツ
「がっ!」

吹っ飛ばされ
瓦礫に突っ込んでいく
ギルダーツ

オーガスト
「貴様は儂に勝つ事はできん」

その時、上空からオーガストに
複数のカードが飛んで来る

オーガスト
「!」

それに気付き
跳躍して回避する
オーガスト

オーガストが地面に着地する
そこへ現れたのは・・・カナ

カナ
「不可能を可能にするのが
そこのクソ親父なのさ」

ギルダーツ
「カナ!よせ!!
来るんじゃねえ!!」

オーガスト
「父と娘?ほう・・・親子か」

オーガストはニヤッとする

 

”グレイ&ゼレフ”

ゼレフの真の目的を聞いた
目を見開いて驚いているグレイ

グレイ
「・・・なっ・・・!?」

ゼレフ
「この話をしたのは君が初めてだ
おそらくスプリガン12の
誰も知らない事実だ」

グレイ
「・・・」

ゼレフ
「メイビスの魔力・・・
フェアリーハートには
それだけの力があるんだよ」

背景には敵と戦っている
メイビス達の描写

グレイ
「本気でそんな事を・・・
いや・・・ありえねえ・・・」

ゼレフ
「何で僕が君にこんな話を
したと思う?

ナツが今ここに
向かっているからだ」

背景にはナツの走っている描写

ゼレフ
「だが、その前に君は死ぬ

もしナツがここに辿り着いた時、
親友である君の死体を見たら

きっと悲しむだろう
そして怒るだろうね

本気の本気を出したナツと
戦える最後の機会だ

君にはナツの力を引き出す
パーツになってもらう」

グレイ
「ふざけんじゃねえ
ナツがここに着く頃には
お前はもう存在しねぇ」

ゼレフ
「無駄だよ、僕は不滅だ
誰も僕を殺せはしない

それに・・・万が一君が
僕を殺せたとしても・・・

その時、ナツは・・・」

グレイ
「ああ・・・知ってる」

ゼレフ
「へえ・・・既に知ってたのか
ナツの正体がENDだって」

グレイ
「ナツは・・・ナツだ」

ゼレフは少し驚いた顔をする

グレイ
「オレは両親やウルの死を
誰かのせいにしたかった

その”誰か”がENDだった

だが、今はその正体が
ナツだって知っちまったらよォ」

ゼレフ
「・・・」

グレイ
「生きてる奴の方が
大事じゃねえか

ナツが何者であろうと
関係ねぇ

ナツは俺の友達だ」

______________

グレイに近付くゼレフ

ゼレフ
「その友達を失うんだよ
君が死んでも、僕が死んでも」

グレイ
「そんな事させるはずねえだろ
だからお前を”倒すんだ”」

ゼレフ
「理解してないのかい?
僕が死んだらナツは・・・」

グレイ
「殺さずに倒す方法はあるんだぜ
”絶対氷結(アイスドシェル)”」

ゼレフは顔に冷や汗をかく

ゼレフ
「この魔法は・・・
術者の命と引き換えの・・・」

グレイ
「オレは何度も他の奴等に
救われて来た

オレ一人の命じゃねぇ
ことくれぇ分かってる

簡単には死ねねぇんだヨ
皆の為にも」

背景にはナツ、ジュビア、
ウル、シルバーの描写

ゼレフ
「こ・・・この魔力・・・
消失(ロスト)属性!?」

グレイ
「そうだ・・・誰もオレを
思い出さなくていい

仲間達の記憶から
オレの存在を消す

オレの命と存在と記憶を
全ての魔力に!!

”消失絶対氷結”!!
(ロスト・アイスドシェル)!!」

「今週は一挙2話!!」

 

”フェアリーテイル 523話 ネタバレ
『運命は燃えているか』に続く”

 


ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

~フェアリーテイル523話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - FAIRY TAIL