よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

フェアリーテイル516話ネタバレ確定【付加(エンチャント)の真理】最新感想予想

   

フェアリーテイル515話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~フェアリーテイル ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新フェアリーテイル515話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

 

前回、アイリーンの口から次々と過去の真相が明かされました。

今回はさらにアイリーンが今に至ったのか・・・

さらに詳しく描かれる回となりましたね♪

しかしアイリーンの過去、
紐解けば紐解かれていくほどに
壮絶で悲しいことが起こっていたんですね・・・。

一緒に戦ってきたベルセリオンも倒れ、

〜初公開エルザの父!〜

アイリーン
「エルザ・・・お前の父は
隣国の将軍だった

人間同士で領土争いをしてた頃の
政略結婚という奴だ」

アイリーン
「彼とは幾つもの戦場を共に駆け
ベルセリオンの最後も共に看取った」

地面にはベルセリオンが息絶えている

そんな時にも寄り添ってきた
夫(エルザ父)には竜女と見放され、

3年間も暴行を受け続けていたアイリーン。

逆にそれだけされて
なぜ息絶えなかったのか!?という点や、

なぜそこまでするまえに処刑されなかったのか・・・!?など

気になる点もありますが(苦笑)

でもこの時のアイリーンには

まだ自分の子供(エルザ)を守り抜こうという気持ちは

あったようですね!

体全体の皮膚が
竜の皮膚になっているアイリーン

アイリーンはお腹に手を当て、
子宮の赤ん坊に言う

アイリーン
「安心して必ず・・・
必ずあなただけは守るわ」

独房の前にエルザ父が現れる

アイリーン
「!」

エルザ父
「竜女、貴様の処刑の
日時が決まった」

アイリーン
「どうか・・・どうか・・・
 お腹の子供だけは・・・」

エルザ父
「戯言はいい加減にしろ
3年も生まれぬ子などいるものか」

アイリーン
「これは・・・魔法をかけてあるのです
こんな場所で産めません!(汗」

エルザ父
「子などいらぬ!!
今すぐ腹を裂いて
確かめてやろうか!?」

しかしこの回・・・

アイリーンよりも、
エルザ父の残虐さが目立ちすぎしまって
しょうがありません・・・!!(苦笑)

エルザ父、コワイ!!

逆にこんな風になるまで、

エルザ父に何があったのか
別で描いてほしいくらいです・・・(苦笑)!!

そして完全に竜となったアイリーンは
なんと逃げた先でゼレフに会っているんですね!

あの強いアイリーンをいとも簡単に
人間に戻したゼレフ・・・。

ゼレフがいかにすごい魔導士だったか・・・。

ですね!

 

しかし人間の姿に戻ってからの
アイリーンがちょっとおかしくなってしまいます。

子供を守ると言っていたアイリーンが、
自分さえよければ良い的な感じに・・・。

アイリーン
「私は出産したい・・・
人間の子供を・・・」

その時、ハッと気づくアイリーン

アイリーン
「人間・・・

私のお腹の中に人間がいる・・・
生命・・・人間の・・・人間の体・・・

生まれてくる子に、私自身を
付加(エンチャント)すれば
人間の体が手に入るじゃないか


新しい体・・・新しい人生・・・
新しい私・・・

私はお前、お前は私

1つになりましょう
私の可愛い赤ちゃん」

 

人間の子供を産みたい・・・けど、

私(アイリーン自身)も元の人間に戻りたい・・・

む・・・矛盾〜〜!

しかし、あんなに凛としていたアイリーンが

こんなにおかしな考え方になってしまうくらい

竜女として生きていくことは辛かったのでしょうね。

(しかしこの絵、超怖い・・・(涙)

その後、付加(エンチャント)に失敗した
アイリーンはエルザをゴミのように捨てた、と言います。
うう〜〜ん・・・。

子供を産みたいと言っていたあの気持ちはどこにーー・・・。

ちょっとハテナ???の多い回でしたが
とにかくすっごい辛いことがあって
アイリーンは変になっちゃった!!

ということで良いのでしょうか!?

エルザが本当に可哀想すぎます・・・。

この戦いの最後の最後には

何かしら、本当のアイリーンの本音も出てきそうな気もしますが

(例えば、自分を倒しやすくする為に
わざとこんな話にアイリーンがしたとか・・・!?)

とりあえず今は、エルザ!
打倒!母!!過去を越えていけ!!ですね!

 

そんなフェアリーテイル516話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

フェアリーテイル ネタバレ 516話 最新 確定あらすじ『付加(エンチャント)の真理』

 

表紙
「花壇の壁面に座るルーシィ」

「ハッピーの秘訣は
 ”笑顔”のバトンタッチ♪」

「母(アイリーン)と子(エルザ)の間に流れるものは・・・
愛を失くした心と揺るがない敵意のみ!!」

 

エルザとアイリーンが対峙する

エルザ
「・・・たとえお前が
私の実の母だとしても

ギルドへの道を塞ぐモノなら
斬るだけだ」

アイリーン
「私も・・・昔話でもしたら
我が子への愛着とやらが
少しは芽生えるかもと思ったけど
残念、何一つ感情が動かないわ」

エルザの地面を
魔力で爆発させるアイリーン

爆発をかわしながら
エルザがアイリーンへと向かう

エルザの剣とアイリーンの杖が
互いに拮抗しぶつかる

アイリーン
「魔力のみで一国の
女王となった私に
勝てるとでも思ってるの?」

エルザ
「本当の家族がいるからな」

アイリーン
「!!」
___________

その時、エルザの背後から
アイリーンを攻撃するウェンディ

ウェンディ
「”天竜の翼撃”!!」

アイリーン
「ぐっ!」

更に追い打ちをかけるエルザ

エルザ
「”黒赤二刀流”!!」

アイリーン
「うわああああ!!」

後ろに吹っ飛ばされるアイリーン

アイリーン
「この私に・・・キズを・・・」

ウェンディ
「あなたの過去には同情します
でも、自分の子を愛せない人を
私は許せません」

アイリーン
「ドラゴンスレイヤーのおチビちゃん

さっきの話の中で”竜の種”という
言葉が出てきたでしょ?

それはそなたの”中”にもあるのよ」

ウェンディ
「はい、でもそれは私のお母さんが・・・
長年かけて成長しないように
抑えてきました」

アイリーン
「何!?」

ウェンディ
「だから私達は竜化しません」

エルザ
「おそらくナツもな」

”ナツサイド~心の中~”

いつの間にかウェンディとガジルは
いなくなっている

ナツ
「あれ?ウェンディ、ガジル
どこ行っちまったんだー?」

その時、
ナツの背後にイグニールが現れる

ナツ
「!」

イグニール
「”竜の種”

それがお前の体の中に
あるモノの正体

それはドラゴンスレイヤーが
抱える闇・・・

いずれ成長し、
人を竜化させてしまう

だが・・・ワシはその成長を
止めてきた」

ナツ
「イグニール・・・」

イグニール
「もうその種は成長する事は
ないハズだった」

ナツ
「イグニールが体の中から
いなくなっちまったから・・・」

イグニール
「いや・・・原因はそこではない・・・」

ナツ
「!?」

イグニール
「お前の中のもう一つの種

”悪魔の種”とでも呼ぼうか
ENDである事の証

その2つの種が
融合しようとしておる

それが今のお前の体の中で
起きてる事だ」

ナツ
「それが原因で死ぬのか?
オレは・・・」

イグニール
「そうだ、お前は死ぬ」

ナツ
「・・・」

”エルザ達サイド”

アイリーン
「なるほど・・・竜が体内に入り、
竜の種の成長を止めていたのか・・・

私に魔法を授けたベルセリオンは
戦場で死んだ

私は彼の名を受け継ぎ、
彼の無念を晴らすと誓ったのよ

しかし・・・そんな方法で
竜化を防げたなんてね・・・

不公平だわ!!」

火球の魔法を飛ばすアイリーン
辺りに爆風が吹き荒れる

エルザ
「くっ!」

ウェンディ
「ああっ!!」

アイリーン
「私の人生を返して!!
こんな体いらないのよ!!」

エルザ
「ならば私が楽にしてやる!!
ウェンディ!!」

ウェンディ
「はい!!全身体能力上昇・・・
”神の騎士(デウスエクエス)”!!」

エルザに
エンチャントするウェンディ

アイリーン
「小賢しいわ
分離エンチャント、
”神の無加(デウスゼロ)”」

アイリーンが魔法を使おうとするが
すぐに対応するウェンディ

ウェンディ
「”デウスゼロ”の効果を
”デウスゼロ”で相殺!!」

アイリーン
「何!?こやつ・・・
こんな高度な付加術を・・・」

エルザ
「おおおお!!」

アイリーンに向かって行くエルザ
アイリーンはニヤッと微笑する

エルザ
「これで終わりだぁ!!」

2本の剣を合わせ、
両手で振りかぶるエルザ

エルザの剣が
アイリーンの頭に当たる

帽子が真っ二つに割れるアイリーン

_______________

真っ二つに斬られた帽子が落ち、
アイリーンの頭から血が垂れてくる

アイリーン
「わかったぞ、エルザ
付加(エンチャント)の真理がな

赤ん坊だったから・・・
身内だったから・・・失敗したのか

いや・・・そもそも人間への
全人格エンチャント自体が
不可能なのか・・・

答えはNOだ

相性というものが
大切だったのね」

エルザ
「!?」

アイリーン
「ドラゴンスレイヤーであり、
付加術士(エンチャンター)であり・・・

若くて竜化しない体が
目の前に現れるなんて・・・」

アイリーンの手が震えると同時に
鼓動がドクンと高鳴るウェンディ
ウェンディの方を振り返るエルザ

エルザ
「まさか・・・!」

次の瞬間、ウェンディに
アイリーンが乗り移る

ウェンディの体にエンチャントし
乗り移るアイリーン

アイリーン
「ああ・・・この時を待っていた・・・
多少魔力は落ちるが問題ない」

エルザ
「ウェンディ・・・!!」

アイリーン
「新しい体、新しい人生
アイリーンは生まれ変わったわ」

 

「彼女(エルザ)の目の前の敵は・・・
悪魔の心を持った魔女・・・」

 

広告

ゼレフが生み出した黒魔法まとめはこちら
マカロフの強さと人物像 徹底考察はこちら

~フェアリーテイル517話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - FAIRY TAIL