よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー260話ネタバレ確定【烏野の強み!稲荷崎をかき乱せ!】最新感想予想

      2017/07/12

ハイキュー260話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー260話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

前回、卑怯さも含め(笑)、圧倒的な強さに

大、大、ピンチな烏野でしたが、

日向の付け焼き刃ブロックでなんと稲荷崎の攻撃をブロック&点数ゲット!

これによりやっと同点にたどり着いた日向達でしたが・・・!?

前回、259話のネタバレはこちら

ちなみに私はこの烏野VS稲荷崎の攻防戦に

だんだん頭がごちゃごちゃになってきていたのですが(苦笑)

ここで頭の良いおじさま(雲雀田)がナイス解析をしてくださいました!

それがこちら!↓

雲雀田
・・・戦いの構図は
 ”格上に挑む新参者”
 だけど

 烏野に”対応”
 しようとしてるのは
 稲荷崎の方だ

今の所はね

何せ情報が少ないし
次から次へと
新しい事をやってくる

烏養先生のお孫さんも
分かってる

飛び道具を
 投げ続ける事で
 均衡を保ってるけど

 立ち止まったら
 たちまち押し切れる

 ・・・その飛び道具が
 出尽くした所からが
 本当の勝負かもね

なるほどネ♪(笑)

わかってきました。

確かにもともと、飛び道具的な武器があったんですが

それをいとも簡単にパクられて、

その対抗策を試行錯誤している間に

日向も東峰も試合中にも関わらず

どんどん進化していっちゃっていると・・・。

木兎
「・・・ここに来てまだ
新しい事試すのか」

赤葦
「え?」

木兎
「カラスめ!!」

木兎は嬉しそうに言う

まだまだ余裕な表情の稲荷崎&宮兄弟達ですが

これはひょっとして知らない間に

まんまと烏野のペースに巻き込まれ始めているのではないでしょうか♪

なんだかんだこうやって

気にしちゃっていますしね♪

赤木
「あの10番、
飛び出して来る
パターンもあるんかな
それともたまたまか?」

宮侑
「白鳥沢戦の最後1回きり
似たようなんがあったよな」

角名
「でも2回だけじゃ
”パターン”とは
言えないよね」

黒須監督
「おおーい
何遍言わすねん

10番に気ィとられ始めたら
烏野の思うつぼやて

なんかやらかす度に
反応しとったら
味しめてしまうやろ

犬もせやろ?
無視が1番応えんねん」

粘り強さが烏野の1番の武器!

これは何の場面でも1番大切になってくる部分ですからね!

(普通ならあの稲荷崎の色々にもう心折れてます・・・(苦笑)

というわけで、若干山口のメンタルが怪しいですが

他メンバーのフォローできっとここも持ち直すでしょう♪

粘りと試合中にどんどん変わっていく魅力的な烏野のみんななら

この試合、イケるかもしれません♪!

 

そんなハイキュー260話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 260話 最新 確定あらすじ『必死』

_______________

”回想”

春高1日目の話

嶋田
「忠、サーブ
良かったじゃんか!」

山口
「!ありがとうございます!

ちょうど3階の誘導灯が
良く見えて

それを”リセットの視点”に
してみました!」

嶋田
「明日もその調子でな!
相手が誰でも
やる事は同じだ」

山口
「ハイ!」

”回想終了”

_______________

嶋田は非常灯が他の高校の旗で
隠れてる事に気付き
走っている

嶋田
(やばい・・・!

些細な事でも
一連の動作の
大事なパーツなんだ

間に合え・・・!!)

「山口(弟子)のピンチに
嶋田(師匠)が・・・!?」


必死に山口は心を
落ち着かせようとしている

山口
(落ちつけ、
他のモノだって
良いんだから

くそ、何でもっと)

周りから山口の耳に
雑音が
流れ込んでくる

「ナイスレシーブ!
ユウコー!!」

山口の様子に日向達は
不思議がる

日向&菅原達
「・・・?」

山口
(集中・・・!

昨日は上手く
やったじゃんか)

「ナイスキィーッ」

山口
「リセット・・・
リセット・・・!)

周りの雑音
『鬼田女学院のマネージャーの方は
エントリーシートを本部に提出して下さい』

「ゴーゴーレッツゴーレッツゴー花商ー!」

「たーだーし!!」

「ゴーゴーレッツゴーレッツゴー花商ー!」

「ブゥーッ」

嶋田
「たーだーし!!」

その中で
観客席の声に山口が気付く

山口
「?」

声がする誘導灯の方を
山口が見上げる

山口
「!」

しまだマートの袋を
嶋田が掲げている

女生徒
「・・・誰だろ
父兄じゃん?
汗だくだ・・・」

_______________

しまだマートのロゴが
目に飛び込む山口

公園でのサーブ練習を
山口が思い出す

嶋田
『何かの標識とか
非常口の誘導灯とか何でもいい
今はあの袋』

雑音
「ゴーゴーレッツゴーレッツゴー花商ー!」

「ナイスコース!」

『お車の移動をお願いします 青森から』

山口は練習の時にリセットの視点に
使っていた袋を見る

騒がしい会場が、
いつも練習していた
公園のように感じられる

さらにネットにテープを張る
谷地の姿を思い出す山口

『ネットを9分割してるんだよ
ネット上のどこをどう通ったら
どこに落ちるかとか』


山口は平常心を取り戻した様子
山口はサーブに入る緊張の面持ちで嶋田は見守る_______________

そして
ジャンプフローターサーブを
山口が放つ


無回転で向かい
軌道を変えていくボール尾白がボールを受ける
しかしボールは後方へ尾白
「!」


烏野メンバー
「!」実況
『!!』谷地
「!!」


実況
『ここで出ました
サービスエース!!
リリーフサーバー山口忠、
役名に恥じぬ働きです!!

均衡を破ったのは烏野高校!!
ここで逆転ー!!』

「ナーイッサーブ
たーだーしー!!」

烏野 23ー22 稲荷崎


赤葦
「おお・・・!」木兎
「うおーっ」カップル女子
「うわぁ~っ」

カップル男
「ひゃーっ」
嶋田
「っしゃああっ!!」


周囲の目が嶋田へ集中する嶋田
「あっ、すみません・・・」菅原
「キタァ~ッ」

思わず日向をヘッドロックする菅原
木下
「・・・すっげえな・・・!」

握る手に力が入る木下


_______________宮侑
「うわぁ!!ヤラれた!!」銀島
「!うっさいわ、侑!」


目を覆って
尾白が落ち込んでいる

尾白
「すまん・・・!」

銀島
「ほれ見てみい!」

実況
『このリードを守れるか、
烏野高校!!』

日向達
「もう いっ ぽォーん!!」
続いての山口のサーブ

狙った尾白のところへ
飛んでいく

尾白は完璧に
レシーブしてみせる

宮侑
「ナイスッレシィィーブ!」

速攻で宮侑が
大耳に
トスをあげる

山口の方へ大耳のアタックが
飛んでいく

ボールは山口の腕を
弾いて後ろへ飛んでいく

山口
「!」


最後まで追う田中が走る


しかし届かず、
田中は壁にぶつかる

ミカ
「わ、恐っ
こわっ 壁!」

田中
「おのれ・・・」

「ナァーイスキィーれーんー!
ナイスキーれーん!
「飛べ飛べれーん!」

「もう一本ー!!」

今のところあまり目立ってない田中を
”元気枠” と馬鹿にしてた人達

「ナイスファイト
ああぁ~いや
今のはムリだって~」

ミカ
「途中で ”取れない”って
思わないのかなー
届いても返せないよねー??」

大将
「・・・頭ン中にあるのは
”ボールがまだ落ちてない”
って事だけなんだと思うよ

なんていうか諦めてる
隙っていうか・・・

余裕?が多分無い」

菅原
「チャンスは居るぞ!絶対逃がすな!!」

_______________

『稲荷崎高校メンバーチェンジ
IN 13番 小作
OUT 2番 大耳』

サーブの大耳に替わって
小作裕渡(2年・WS 181cm)が入る稲荷崎

小作のサーブ

山口とは対照的に
小作は強烈なサーブを放つ
澤村の真正面へ飛ぶボール

澤村
(落ちる・・・!)

なんとかレシーブしたものの
ネットを越えていくボール

実況
『これは強烈、レシーバーを
弾き飛ばしたー!!』

澤村
「くっそ・・・!」

稲荷崎応援席
「ナイッサァー!!」

烏野応援席
「ああーっ」

しかし次の瞬間・・・
ネットを潜って
影山が追いかけていく

そしてコート外でトスを上げる影山

実況
『セッター影山繋いだ!!
繋がっています!!』

ミカ
「わっ、わっ!!
今のはアリ??」

大将
(美華ちゃんかわいいな・・・)

ボールも選手も相手コートに
入ってないからアリだね」

ミカ
「!!」

ダッシュで影山が
コートへ戻る

ミカ
「・・・ ”諦めてる余裕は”
”無い” ・・・!」

日向達
「ラァストォー!!」

繋がるか・・・!?

”ハイキュー 261話 ネタバレに続く”

 


ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー261話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!