よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー253話ネタバレ確定【ありがとう冴子姉さん!巻き返せ日向!烏野!】最新感想予想

   

ハイキュー253話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー253話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

前回、インターハイ2位の優勝候補、稲荷崎との戦いで

烏野のまさかのいけるんじゃね!?的状況から

まさかのプレーではなく

応援団による邪魔によって空気を狂わされるという展開となりましたが・・・!?

前回、252話のネタバレはこちら

そんな前回の最後に現れた救世主!田中姉、冴子姉さーーん!!

が!

やってくれました!

もう今回は冴子姉さんにみんなが

キュンキュン回と言ってもいいのではないでしょうか!?♡

日向も。

日向
「!!冴子姐さん!!」

日向、西谷は心臓を押さえる

日向&西谷
「ううっ・・・!
カッコ良死する・・・!」」

嶋田&滝ノ上組も・・・!!

嶋田&滝ノ上
「姐さんっ!」

冴子はウインクで返す

嶋田マート(25)
滝ノ上電気店(25)
田中冴子(21)

そして敵である稲荷崎応援団さえも!!

稲荷崎の応援団も
冴子達に注目している

稲荷崎応援団
「和太鼓だ!
かっけー・・・!
ああ・・・!」

くっ・・・!見ているこちらにも

冴子姉さんのウインクが飛んできているような錯覚がっ・・・!!

そんな冴子姉さんのグッジョブすぎるナイスプレーで

烏野復活!!

日向の背中から
烏野応援団の和太鼓が響いて来る

日向
(なんか凄えサーブが
打てそうな気がする・・・!)

この状況で勝った方が本物です♪

これは、まさかイケるんじゃ烏野!?

この勢いでインターハイ2位をぶっつぶせーー♪

それでは今回は最高にクールでキュートな冴子姉さんの名言でまた次回!!♪

冴子
(でもアタシ達の役目は
相手の応援に勝つ事じゃない

坊主共の背中を押す事も
できないかもしれない

だって奴らは勝手に進む

だからアタシ達は
ちょっとだけ空気を
整えられれば良い)

(次回も少しでいいので冴子姉さんの場面がありますように〜〜(念)!

そんなハイキュー253話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 253話 最新 確定あらすじ『追い打ち』

「主将(大地)の一撃!」

日向を囮にして、
決めるライト澤村

烏野応援団
「いいぞいいぞ大地!
押せ押せ大地!」

澤村
「ッシ!」

視線を合わせる
影山と大耳

影山
(今のは日向に
跳び付いたと思ったのに
踏み止まりやがった・・・)

大耳
(意図的に
”釣りに”来たな)

「2回戦第1セット激闘!!」

それを見ている木兎と赤葦

木兎
「今絶対、日向に上がったと
思ったよなー!」

赤葦
「はい、そうですね」

赤葦
(単なる”囮”は
リード・ブロックには
通用しない

でも今、ファーストタッチが
コート中央に上がり

角度的に日向にセットすると
見せかけライト(澤村さん)へ

影山は視野が広いって
だけじゃなく

”相手からどう見えているか”も
きっと把握してる

あとは・・・)

木兎
「日向は小っちぇーのに
存在感があるからな!!」

赤葦
「ですね」日向
(なんか空気的におれに
上がる感じだったじゃねーか
バーカ!影山バーカ)

_______________

烏野太鼓応援団
「烏野のバレー部って
強かったんだな
そっすね」

武田
「IH2位という実績
それに加えてあの
呑まれるような応援団

でも必要以上に相手を
強大なものと思い過ぎて
いたかもしれない

大丈夫、1つずつなら
ちゃんと対処できます」

潔子
「ハイ」

_______________

次の試合は稲荷崎が得点をゲット!

稲荷崎応援団
「ナイスキーれーん!
飛べ飛べれーん!
もう1本!」

実況
『淡々と取り返します
稲荷崎高校』

ハイタッチする大耳、侑
試合は試合は進んで行く

稲荷崎応援団
「ナァーイスキー
ひーとーしー!
ナイスキーひとし!

飛べ飛べひとし!
もう1本!」

ねーらーいうちー♪」

烏養
「フ―・・・(ため息」

烏野 7-9 稲荷崎

_______________

ここで宮侑のサーブ

滝ノ上
「出たな”二刀流”・・・!」

冴子
「何ソレ、球2個
使ったりすんの?」

嶋田
「違うわ!!

スパイクサーブと
ジャンプフローター・・・

つまり東峰や影山のサーブか
忠のサーブか

直前までどっちが来るか
わかんないの」

冴子
「ウギャ」

嶋田
「そんでその2つは
レシーブの構える位置が
変わってくる

ほんの一歩分の位置差でも
100km超えるスピードの
サーブ相手には
致命的な出遅れになる」

宮侑が歩みを進める

その足に注目する
烏野メンバー達

_______________

”回想”

前日、試合へ向けた
ミーティングの場面

澤村
「宮侑くんのサーブは
二刀流・・・

ではサーブトスの瞬間まで
どっちで来るかわからない
という事ですか?」

烏養
「いや、見分けはできる」

菅原
「!」

烏養
「歩数だ

奴はサーブの時、
ルーンティンとして
毎回歩数で距離を計る

エンドラインから
ジャンフロの時は4歩
スパイクサーブの時は6歩

それで見分ける事ができる」

東峰
「・・・!どっちがくるか
早く分かれば
大分違いますね・・・!」

武田
「サーブ前の動作の全体って
TVではあまり映りませんよね
よく見つけましたね」

烏養が親指を立てる

烏養
「チョー探した!
ネットに上がってるヤツから
知り合いの録画やら」

烏野メンバー達
「!!アザース!!」」

”回想終了”

_______________

エンドラインから
4歩歩く宮侑

烏野メンバー達
(4歩、ジャンフロ)

それを見て前で構える
後衛の澤村、西谷、田中

澤村&西谷&田中
「サッコォーイ!!」

宮治
(歩数(それ)を
知っていても

それは単なる
スタートラインに
過ぎないんやで)

強烈な宮治の
ジャンプフローターサーブは
西谷の所へ

西谷はオーバーハンドで
捉えようとするが・・・
後逸してしまう

西谷
「!!」

山口&木下
(一瞬で目の前に)

地面に落ちるボール

日向
「ヒイッ・・・!」

実況
『!!
またもサービスエース!!

強烈な2種類のサーブを
操ります!!宮侑ー!!』

解説
『いやー良いサーブ!

サーブの強さは
チームの強さと
直結しますからねー

これを切らないと
烏野高校は辛いですねー』

観客達
「サーブやベー(笑
さすがだな・・・」

烏野 7-10 稲荷崎

_______________

谷地
「うう・・・」

澤村がパンと手を鳴らす

澤村
「ハイハイ

凶暴なサーブも
今まで何回も
切り抜けて来た

焦・・・」

澤村の声が
吹奏楽の音に邪魔される

澤村
「焦るトコじゃないよ!」

烏野メンバー達
「ッシャア!!」

谷地は一同の様子を見て
ほっとする

宮治はそんな
烏野の様子を見ている

宮侑
「・・・フーン、
なあ治(サム)」

宮治
「何や侑(ツム)」

宮侑
「攻めるタイミングは
逃したらあかんよな」

宮治
「・・・」

宮治は少し嫌そうな顔をする

_______________

”宮侑サーブ(2回目)”

エンドラインから
またも4歩歩く宮侑

西谷&田中
(4歩)

放った宮治の
ジャンプフローターサーブは
またもや西谷に

しかしなんとか今度は
西谷、上げる

西谷
「フン”ッッ!」

日向&山口&木下
「よしっ・・・!」

しかし乱され
西谷は悔しがる

西谷
「ニ”ュウッ!」

アンダーで
トスを上げる田中

田中
「旭さん!」

東峰
「くっ!」

敵の3枚ブロックを、
越すように放っていく東峰

後ろまでボールは飛ぶが
構えていたリベロの赤木が
レシーブで拾う

赤木
「オシッ!」

宮治
「・・・」

宮治がボールを見て動く
影山がそれに気付く

影山
「!」

トスを上げる宮治
宮侑がボールの下に入る

宮侑
(この位置、間合い、この角度
どんぴしゃり)

その行動に烏養や
烏野メンバー達

烏野メンバー達
「!!」

変人速攻のように
宮治がアタックを決める

観客達
「おおっ!!」

稲荷崎応援団
「ナァーイスキー
おーさーむ!

ナイスキーおさむ!
飛べ飛べおさむ!
もう1本!」

宮治
(マジで球(ボール)
来よった)

武田
「・・・い、今のはまるで(汗
日向君と影山君の
変人速攻・・・?」

固まる影山、日向

 

「その力、圧倒的・・・!
次号、白熱Cカラー!!」

 

”ハイキュー!! 254話 ネタバレに続く”

 

広告

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー254話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!