よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー239話ネタバレ確定【ニューキャラ姫川は春高の嵐となるか?!】最新感想予想

      2017/01/29

ハイキュー239話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー239話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

烏野、田中達の変化、そして日向の成長!?が
ちらほら見えてきた前回、

得点も烏野が追い上げてきて・・・!?

ノリにのっている烏野ですが、

縁下
「菅原さん、”ウシロ・マイナス”
って何スか?」

菅原
「日向・影山のマイナス・テンポの
バックアタックの事だよ!
名付けた!!良くね!?良くね!?」

縁下
「アッ、ハイ」

日向は嬉しそうな表情

日向
「うおおお・・・!!」

西谷
「後ろに”サンダー”を
付けませんか!」

日向
「うおおお・・・!?」

菅原
「それだと西谷の
必殺技みたいになんべぇよ」

影山
「おい、タイムアウト明け、
サーブミスんじゃねえぞ」

日向
「!当たり前だ!!」

この調子乗りすぎがね、良いところでもあり、
悪いところでもあり・・・(笑)

ちびちびとミスが
目立ってきてしまっている烏野・・・。(苦笑)

でもなんとか得点を守りつつ
リードしている烏野!

なのですが
相手チーム椿原学園に
新キャラクター(メンバー)登場!!

”椿原学園 1年 姫川葵 173cm”

谷地
「データには無い人です」

実況
『椿原学園、1年生ピンチサーバー
姫川葵を投入します

えー・・・恐らく姫川は
これが公式戦デビューですね』

解説
『相手のセットポイントなので
プレッシャーが強いと思いますが、
ここは集中して行ってほしいです』

烏野は気合を入れる

烏野メンバー達
「サッこおぉおい!!」

椿原応援席
「ナイッサーいっぽん!!
ひーめーかーわー!!」

山口と木下は姫川を見る

山口
(うわあ・・・)

木下
「俺より緊張してる・・・」

このタイミングでチェンジして
入れてくるということは

この姫川という人物・・・
なにかしら秘策がありそう・・・。

ドキドキ。

この烏野優勢ムードを
春高デビューの姫川がかき乱すことになるのか!?

乞うご期待♪

そんなハイキュー239話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 239話 最新 確定あらすじ『味方』

 

「椿原学園がピンチサーバー投入!!」

烏野はセットポイントを握る
ピンチサーバーに
公式戦初デビューの姫川を出す
大佐渡監督

大佐渡監督
(実戦で使った経験はまだナシ

下手をやれば、ただ相手の
チャンスボールになるだけ

しかし、やってみる価値はある)

ナレーション
「烏野高校第1セット
セットポイント
烏野 24ー23 椿原」

”椿原学園1年 姫川 葵 173cm”
山口と木下は
緊張している姫川を見る

山口&木下
(うわぁ・・・
俺より緊張してる・・・)

姫川は自分に言い聞かせる

姫川
(・・・緊張するのは・・・

練習の成果を出したいと
強く思っているからであって

即ちたくさん練習してきた
証であって・・・えーと・・・

うう・・・月岡さん見てる・・・)

”椿原学園 2年 月岡 千春”

ベンチから坊主頭の月岡が
姫川を見ている

姫川
(予選までこのタイミングでは
絶対月岡さんだったのに・・・
これミスったら・・・
いや、ピンチはチャンスだろ)

_______________

姫川がサーブに入る

日向
「?」

日向
(アンダー・ハンド・サーブ??)

ナレーション
「”アンダー・ハンド・サーブ”
すくい上げるようにして下から打ち出す
サーブ初心者が多く使う」

緊張した表情で烏養も見ている

姫川
「!」

寺泊の後頭部へ一直線に飛んでいく
姫川のサーブ

静まり返る会場

越後&丸山
(汗)

澤村&日向
(汗)

ボールが弾む音が響く
審判の笛がなる

第1セット終了
烏野 25-23 椿原

_______________

嶋田
「・・・お・・・(汗
お―――し・・・!(汗」

滝ノ上
「とりあえずおーし!!(汗」

黒川&田代
「ラッキィー!!」

観客
「うわ~後頭部直撃!
やっちゃったー!

アンダーでミスるか!?
いたそー

・・・皆笑ってっけどさ
アレ多分一生夢に見るよ」

_______________

寺泊
「・・・マジ無ーわ」

姫川
「!!すっ、すみま」

越後
「ああ、ホント
ちょうイイ音した・・・!」

寺泊
「!!」

越後はプゥーーっと噴き出す
姫川がそれに驚く

寺泊
「当てるなら俺以外に当てろよ!
姫川ァ!!」

姫川
「・・・?(汗」

当間&舞子
「!!寺泊(てら)さん
ソレひどくないスか!?」

月岡
「それより終盤サーブ
中途半端でしたよ」

丸山
「!だから悪かったってば!」

月岡
「サーブで攻めなきゃ
始まらないです」

丸山
「わかってます!」

”観客席”

おじさん
「なんか椿原の連中緊張感が
無えなあ

ヘラヘラしてっから
セット落とすんだよ」

以前から出ているカップルが
その前の席に座っていた


「深刻な顔したって
ミスは消えないし

烏野の10番が止まるワケじゃ
ないっしょ」


「笑えない・会話もないってなったら
もうほぼ負けるよねー」


「なー」

おっさん
「?!?」

_______________

烏養
「おーし!暖まったな!?」

影山
「はい」

月島の後ろに隠れて
月島の声マネをする菅原

菅原
「暖まったどころじゃないよ
疲れたヨ」

月島
「菅原さん、声マネやめて下さい」

烏養
「2セット目、
最初から飛ばしてけよ!!」

一同
「オオッ!!」

_______________

西谷
「旭さんスンマセン
さっきの2段トス、
ネット近かったっス・・・!」

東峰
「ああ、うん
まーだ感覚掴めない感じ
あるよなー」

澤村
「まあ、そう簡単にはな」

澤村、東峰は
天井を見上げる


 

烏養
「・・・」

第2セット開始の笛が鳴る

日向
「ッシャア」

第2セットの試合が進んで行く

 

”伊達工”

伊達工が試合をテレビ観戦している

実況
『真中に10番日向飛び込んでーからの
ライト澤村!!決まったー!!
多彩な攻撃です烏野高校ー!』

二口
「・・・でもサイドにちゃんと
2枚ついてってる・・・
やるじゃねーか椿・・・えーと」

青根
「原」

二口
「それ・・・」

実況
『回り込んで決めてきた
10番日向翔陽

そしてレシーブの乱れもお構い無し
強気に速攻を捻じ込んで来ます
1年生セッター影山飛雄ー!』

烏野 14-12 椿原

_______________

大佐渡
「姫川」

姫川
「!!」

姫川はチラっと月岡の顔を見る
月岡はじろり・・・と
姫川を見て言う

月岡
「おい、俺に気ィ遣ったりしたら
ブッ飛ばすぞ」

姫川
「ヒィッ」

月岡
「どうせ次の試合からは
俺が出るんだ

お前は少ないチャンスを
どう活かすかを考えてろよ」

姫川はぺこっと頭を下げ、
大佐渡の元へ

大佐渡
「ピンチサーバーってのは
ロウリスク・ハイリターンだと
思うんだよね」

姫川
「?」

大佐渡
「ミスしたとしても
その渾身のサーブを
他の連中は責めない

少なくともうちのチームの連中はね
たった1点取り返せばいいと考える

でも決めたら
それはヒーローになれる1点だ」

姫川
「!」

大佐渡
「美味しいトコ取りして来なさいよ
それにお前のサーブには何より
”デカい”味方がついてる」

姫川
「?」

実況
『レフトから寺泊の平行
コートに叩きつけるー!!』

観客
「ナイスキーモトキ
押せ押せモトキ、もう1本!」

烏野 15-14 椿原

”椿原学園メンバーチェンジ”

IN 14番 姫川、OUT 8番 岩室
姫川はサーブの岩室に替わって入る

大佐渡
(”美味しいトコ取り”
そんなワケがない

既に独特の空気が
出来上がってるコートで

最もメンタルのコントロールが難しい
サーブというプレーで投入される

そしてミスをした時、
許してくれないのは
仲間ではなく、自分だ)

実況
『第2セットでは1年生姫川を
早めに入れてきました
椿原学園大佐渡監督』

解説
『姫川君は元々サーブというより
守備が得意な様なので
守備強化要員かもしれませんね』

姫川は深呼吸をする
姫川は腕を下げたまま後ろに引く

澤村&東峰&西谷
(やっぱ今度もアンダー・ハンド)

高く上にボールを打つ姫川

菅原
「!!」

烏野一同
(天井サーブ・・・!!)

ボールは体育館の天井近くまで
上がっていく

実況
『高く高く打ち上げた!!
これは天井サーブですかね
今井さん!?』

解説
『ですね』

澤村
「オーライッ!」

大佐渡
(反応できない程のスピードも
吹き飛ばされる様な威力も無い
でもこれがなかなか)

澤村の目には天井のライトと
ボールが重なってしまう

澤村
「!」

速度を増しながら
落ちてくるボールに・・・
澤村はミスをしてしまう

澤村
「!」

大佐渡は笑顔で見ている

大佐渡
「アリでしょ」

観客席
「うおおっ!!」

応援席
「ナーイッサー
ひーめーかーわ」

姫川
「・・・!!」

信じられないのか、
目を大きく見開いて
固まっている姫川

観客
「ナイッサー!!
ひめかわもう一本ー!!」

澤村
「ン”ン”ーッ!!
スマンッッ!!」

田中&西谷
「どんまーい!!」

大佐渡
(天井サーブは現代で使われる事は
少なくなった
つまり慣れている人間も少ない

そして烏野はこの天井にも
慣れていない

別個ならば対処できるものでも
合わせれば大きな効果を発揮する)

姫川は監督の言葉を思い返す

大佐渡
”お前のサーブには何より
『デカい』味方がついてる”

姫川は天井を見上げる

姫川
(今、この天井は俺の味方)

日向
「天井サーブかっけええ・・・!!」

「攻略できるか・・・!?」

 

 


ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー240話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!