よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー248話ネタバレ確定【春高二日目!打倒!ミヤツインズ!】最新感想予想

      2017/04/18

ハイキュー248話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー248話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

前回、春高二日目を前に、それぞれ気合を入れたり、

田中に急にロマンスが舞い込んだりと

羨ましい展開がありましたが(笑)

今回は次の対戦相手が発表!

相手は・・・

相手はIH準優勝チーム
兵庫県代表の稲荷崎高校

まあ、あのアレだ
優勝候補ってやつだ

優勝候補です・・・!(ドキドキ)

中にいるメンバーもそれぞれクセのある強敵であり、

あの影山にプチトラウマを付けた宮侑も・・・。

セッター宮侑
影山はユース合宿で会ってるな」


合宿での
宮侑の言葉を思い返す影山

宮侑
”『おりこうさん』よな”

影山
「ハイ」

菅原
「高校No1セッターって
言われてる奴だよな・・・」

影山は”No1セッター”に反応する

影山
「”スパイカーが上手くなったと
錯覚するセットアップ”
らしいです

確かに凄え打ち易いっス
ブレない、乱れない」

田中
「影山が言う程かよ・・・(汗」

そうです、あの王子影山が

ここまで言えるほどの実力者達の集まり!

なのに!

さらに!

その影山が褒める宮侑がまさかのツインズ!!(笑)

目をごしごし擦り、
もう一度相手コートをよく見る日向

日向
「”ミヤアツム”が2人・・・!!」
ハイキュー 247話 ネタバレ 248話 ネタバレ 最新画バレ画像-15.jpg

ハイキュー 247話 ネタバレ 248話 ネタバレ 最新画バレ画像-1.jpg
ナレーション
「稲荷崎高校2年
”宮 侑(みや あつむ)”
”宮 治(みや おさむ)”」

菅原
”月バリで読んだ事ある・・・
たとえ宮侑を崩しても
双子の”治”が補完する

高校バレー界 最強ツインズ
『宮兄弟』・・・!!”

ハイキュー 247話 ネタバレ 248話 ネタバレ 最新画バレ画像-16.jpg

いやもう、最悪じゃないですか・・・。

しかしこの日向のワクワクと、

日向
「全国の1番と2番
両方とも戦れるって
ことかぁ・・・!!」

そしてこっそり烏養が抱えていた

烏養一繋の体調・・・。

烏養が電話をしている

烏養
『じゃあ、取りあえずは
大丈夫なんだな』

『うん、でも調子は
あんまり良くないから

じいちゃんがそっちに行くのは
やっぱり無理かもねえ』

___________

烏養
(”じじい孝行じゃない”
うそだよ

見せたくて何が悪い
待ってろじじい)

烏養のじじい孝行パワーでなんとか勝たねば!

二回戦で負けてる場合じゃないですよっ!

ミヤアツツインズはかなりの脅威ですが

なんとか・・・

日向&影山、そして他のメンバーとの

成長した姿で二回戦勝ち残れー!!!

そんなハイキュー248話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 248話 最新 確定あらすじ『格差』

_______________

「春高2日目!!」

いつものカップルが
パンフレットを見ている


「今日最初ドコ見る?」


「ん~新山女子まだだから~・・・
やっぱ稲荷崎かな宮兄弟!

お、稲荷崎の相手アレじゃん
昨日のトンデモ速攻チームじゃん

トリ・・・じゃなくてカラスノか」


「ああ~!あたしあのチーム
結構好きだったのに~!」


「負け確定かよ(笑」


「だって稲荷崎は
去年のIH・春高で3位

今年のIHはあのキリュウ
倒して2位だよ?

決勝でも井闥山から
セット獲ってるし

今一番ノってきてる
チームじゃん!

宮兄弟かっこいいし♡」


「ハンッ」

_______________

”稲荷崎高校3年主将
北 信介 175cm
WS(ウィングスパイカー)”

女性記者
「稲荷崎は今日が
初戦となりますが

チームの調子は
どうでしょうか!?」


「・・・ハイ、どんなチームも
初戦というのは
恐く重いものですが

皆落ち着いていますし、
調整も問題無いので
良い雰囲気だと思います」

女性記者
「ズバリ今大会の目標は!」


「勿論優勝です」

烏野メンバーがそこに通りがかる

山口
「アレ町野アナじゃない!!?
インタビューこっちにも来たら
どうしよう!?どうする!?」

日向
「誰!?」

月島
「”強豪に”密着デショ
心配しなくても
コッチには来ないよ」

山口
「ダヨネー」

日向
「山口!ピース!
ピースしに行こ!」

月島
「やめろ」

山口
「!」

山口
(俺まで怒られた!)

”新山女子”

おかっぱ
「いい?アンタはね
自分で自覚している以上に
ハイスペックなのよ
顏もボディも!!」

叶歌
「???」

おかっぱ
「”龍ちゃん”に彼女が
居るワケじゃないんでしょ!?
じゃあ押せ!
押せばオトせる・・・!!」

叶歌
「・・・でも・・・」

 

”叶家回想”

田中
「なんだ叶歌、どうした!」

叶歌
「・・・サーブが全然入らない・・・
できない・・・
どうすればできるの・・・?」

田中
「・・・」

考えひらめく田中

田中
「・・・!!
できるまでやれば
できる!!」

叶歌
「!・・・うん!」

”回想終了”

_______________

叶歌
「そうだね!」

おかっぱ
(多分私の思ってる感じと
違うけどまあいいや!!)

そこに田中が通りがかる

田中
「あっ叶歌!(小声」

叶歌
「あっ」

叶歌は顔を赤らめる
空気を読み
瞬時に離脱するおかっぱ

田中
「昨日は急に変な事
言ってスマンかった!
忘れてくれ!」

叶歌
「!ううん!
こっちこそ従兄ちゃんが
急にごめん」

田中
「エッッ??
お前兄貴居たっけ??」

叶歌
「東京(こっち)に
住んでる従兄なの

こっちで試合の時は
いつも御守りとか
差し入れとか
持って来てくれて」

田中
「へェー!
良い従兄ちゃんだな!」

田中
(・・・ん?て事はカン違いが
カン違いで・・・?)

叶歌
「あのね、私ね
龍ちゃんのおかげで
猫背が治ったよ」

田中
「?」

叶歌
「私上手くなったから
見ててね」

田中
「!」

田中は去っていく叶歌の背中に、
かつての幼い叶歌の姿が
ダブって見える

田中
(そうだ、叶歌は上手くなった
置いてきぼり食らってんのは
俺の方)

叶歌は雑誌に載った

『期待のニューヒロイン!!
天内叶歌』

田中は拳をギュっと握る

田中
(負けねぇ・・・!!)

 

”サブアリーナ”

日向が影山と
対人レシーブを
している

日向
「・・・」

ボールを捌きながらも
どこか上の空の様子の日向

日向の脳裏には
昨日見た星海の姿が
強烈に焼き付いていた


日向は星海のドン!という
ジャンプを思い出す

しかし詳細に思い出し過ぎて
日向は目の前に迫ったボールに
気付いていない

日向はそのまま顔面にボールを
モロに受けてしまう

影山
「ヒナタボゲェー!!」

日向
(早くジャンプしたい・・・!)

そこに宮侑がやって来る

宮侑
「気合い入っとんな~」

影山
「!チワッス」

宮侑
「飛雄くん元気にしとったー?」

影山
「ハイ」

日向
(ミヤアツム・・・
の方だよな・・・??)

宮侑
「今日がんばってな??
俺下手糞と試合すんの
ほんま嫌いやねん」

日向
「!」

日向が宮侑の視線の先にいた

月島
(わあ)

縁下
(強豪コワ・・・)

影山
「それはすみません」

日向
「何で謝った影山コノヤロウ!」

影山
「俺はヘタクソじゃないです」

宮侑
「知っとる知っとる」

影山
「あいつはヘタクソですけど」

日向
「何て事言うんだ!」

影山
「弱くはないので
大丈夫だと思います」

宮侑は不敵な笑みを見せる
感動し、親指を立てる日向
しかし無視する影山

_______________

谷地
「第一試合、2セット目中盤です」

烏野もユニフォームに着替える
今日はオレンジも
セカンドユニフォーム
逆に黒ユニフォームを着ている西谷

日向
「ああっ・・・!
セカンドユニフォームになっても
やはりノヤさんの主役感・・・!!」

西谷
「・・・だろ??(ドヤ顔」

日向
「影山やっぱオレンジ
似合わねぇなー!」

影山
「うるせえ全身ミカン野郎」

日向
「なんだと!」

山口
「慣れないけど仕方ないね
稲荷崎(あいて)も黒だから」

月島
「君は何かもう色がうるさい」

田中
「月島に言われたくねぇよなあ」

日向
「あっ!田中さん
さっき美女と
何話してたんスかっ!?」

田中はギクッとする

田中
「ハッ!?お前っ 見っ
なんっ べつ べつにっ」

月島
「え何?何スかどうしたんスか
田中センパーイ」

月島はイジワルな表情

田中
「なんでもねぇし!!
子供にはわからない事です!!
ツキシマ、あっちいけ!!」

_______________

ギャーギャーしている田中達を
東峰が横目で見ている

東峰
「いいなぁ
なんであんな普通に
してられんだろなあ・・・」

菅原
「にしても日向は
緊張しなくなったよな

緊張よりワクワクが
勝ってるかんじ?」

東峰
「成長していやがる・・・」

菅原
「つーかさっきよ
ミヤアツムのうちわ
持ってる女子見たぞ
アイドルかよ!」

烏養
「実際アイドル的なんだよ」

菅原
「!」

烏養
「”王者”井闥山とは
別の人気を集め

確かな実力と魅せるプレー
両方を持ち合わせた
”最強の挑戦者”」

菅原
「TVで特集されてんのも
よく見るもんなぁ」

澤村
「会場の誰も俺達なんか
眼中にない・・・」

澤村は背中で語る

菅原&東峰
「!?どうしたんだ大地!?
しっかりしろ」

澤村
「・・・ふふ、燃える・・・!」

菅原&東峰
「!!」

菅原
「大地がやっと復活した」

東峰
「昨日の夜はなんか
神妙だったもんなー」

澤村
「集中してたんだよ!」

日向がアリーナのドアを開け驚く

日向
「!?」

稲荷崎側は
100人規模のブラスバンドにチアリーダー、
大勢の保護者達も混じって
一大応援団が結成されていた
烏野応援団は完全に圧倒されている

滝ノ上
「・・・白鳥沢の全校応援も
凄かったけど・・・

・・・これは・・・
もう大楽団じゃねえかよ・・・」

烏養
「地味にイヤなのが稲荷崎の
この応援なんだよな・・・」

武田
「稲荷崎は吹奏楽も
強い学校でしたっけ・・・」

山口
「うう・・・胃が・・・」

日向
「でかいラッパかっけえ~・・・」

_______________

”Bコート第1試合終了”

茜山 20-25 南池
茜山 19-25 南池
茜山 19-25 南池

いよいよ登場する
稲荷崎の選手達

応援団
「あつむー!
アランー!
おさむー!」

澤村の声がデカイ声量に
掻き消されていく

澤村
「よしー」

応援団
「宮先輩ー!」

澤村
「行・・・」

吹奏楽の音
「ダ ダンッ」

澤村
「行く・・・」

吹奏楽の音
「パーパラー」

澤村
「行ぐぞァ!!!!(怒」

烏野
「オ”ェーイ!!」

ナレーション
「春の高校バレー2回戦 Bコート第2試合
”稲荷崎高校(兵庫)VS烏野高校(宮城)”

 

「激闘開幕!!」

 

”ハイキュー 249話 ネタバレに続く”

 


ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー249話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!