よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ハイキュー246話ネタバレ確定【日向に火を着けたのは!?】最新感想予想

      2017/04/18

ハイキュー246話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ハイキュー ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ハイキュー246話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

 

前回、目立つコートじゃない・・・というだけで

テンションダダ下がりの梟谷学園の木兎をなんとかノせる!という

チーム内の作戦でなんとか

梟谷学園も初戦突破!(笑)

 

そして運命の出会い!?

日向と星海、出会う!!というところで終わりましたが・・・!?

ハイ、新キャラ登場です♪

「鴎台(かもめだい)高校
2年 星海光来(ほしうみこうだい)
169cm WS(ウイングスパイカー)」

最初はなんとなく目を反らせない存在・・・!?という

日向と星海でしたが

星海の試合が始まるとこれはっ!

まさに日向が求めていた世界っ!!

 

観客達
「なんか凄え奴居るけど
小さくねえか?」

 

ドンッ・・・という高いジャンプから
星海がアタックを決める

日向、ワクワク!

日向
「もっと近くで見たい」

それにしてもとにかく大活躍な星海!

実況
『サービスエーッッス!!
また星海ーっ!!
止まりませんっっ!!

これぞ八面六臂の大活躍!!
これぞ!!小さな巨人!!

鴎台応援席
「ナァイスキー星海!!
星海!!星海!!」

これはまさか、日向がこの世界に入るきっかけになった

巨人!?と思いましたが

年齢的、時間軸的にズレているので

多分違いますね・・・(汗笑)

そしてキャラも日向と同じく、熱い!

星海
「皆、小さい事は絶望すべき事と
思いすぎている

小さい事はバレーボールに
不利な要因であっても
不能の要因では無い!!」

おお・・・日向・・・

これはまさかのキャラ被りのピンチか!?(笑)

しかし星海のこじれはちょっと

年季が入っているようなので大丈夫かも?(笑)

そしてそんな星海を見て

焦るどころかますます心に火がつく日向。

日向
「・・・おれ、春高(ここ)に
来れてよかった」

1人で孤独に練習をしていた頃から

絶対に試合をしてやる、1番になってやる!

そんな日向がこんなところまでこれて、そして

あんな同じような志を持った熱い選手達を間近で見れて・・・。

日向にとって本当に夢見たいな世界が広がっているんでしょうね♪

良かった良かったなあ!日向!

このまま初心を忘れず春高、優勝まで頑張ってほしいです♪

応援してるぞ!!

いやはやじわっといい回でした♡♪

そんなハイキュー246話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ハイキュー ネタバレ 246話 最新 確定あらすじ『夜』

カラー扉絵
「新山女子の叶歌」
「春の先はまだ知らない」

”会場外”

「それぞれの・・・一日目が終わる」

帰る際に、
音駒メンバーと遭遇する
烏野メンバー達

黒尾
「オイヨイヨイ、おのぼり
カラスさんじゃねえの」

日向
「!」

黒尾
「良かったね、はるばる来たのに
すぐ帰る事になんなくて」

菅原
「そんなにはるばるじゃねえし!」

拳を合わせる田中と山本
菅原は夜久と、研磨は日向と
それぞれ東峰らも話している

黒尾
「じゃあ明日も精々
生き残ってネ」

澤村
「そっちこそだろ」

背を向けて、
互いに緊張した顔になる
澤村、黒尾

澤村&黒尾
「・・・(汗」

芝山
(黒尾さんも澤村さんも
背を向けた瞬間から
笑っていなくて

”2日目を生き残る”

それがどれだけ難しい事なのか
改めて感じてしまった)

_______________

烏野メンバーが
かけす荘の旅館に戻る

澤村
「あれっ」

近くを新山女子高校メンバーが歩いている
隣のホテルに入っていく女子達

菅原
「・・・隣のホテルだったのか、
新山女子、格差・・・」

東峰
「女子はシードだっけ、
IH優勝だもんな
どっかで調整して来たのかな」

菅原
「女王感~」

山口
「きっと飯は
高級バイキングだな・・・!」

日向&影山
「!!」

月島
「・・・」

日向
「でもおれ、ここのカリカリに
焼かさった鮭好き」

山口
「俺は卵焼きの味が好き」

西谷
「ごはんおかわり
自由こそ正義!!」

一同が宿へ入っていく
その時、声が草むらから聞こえてくる

叶歌
「龍ちゃんっ」

田中
「?」

そこから出てきたのは
新山女子の叶歌

田中
「!!」

叶歌
「烏野勝ったんだってね、
おめでとう」

田中
「おっ、おうっ」

叶歌
「えーっと、あの・・・
明日、がんばろうね!」

叶歌は頬を染めていう

田中
「おうっ」

叶歌
「じゃまた・・・!」

田中
「おうっ」

叶歌は頬を染めて去っていく

_______________

縁下が田中の背後から声をかける

縁下
「脈アリってやつだな・・・」

田中
「!?」

木下
「くそが!!
気付かないフリしようと
思ってたのに!!」

成田
「わあああああああ!!」

成田と木下は
頭を抱える

縁下
「ていうか”アリ”
どころじゃないよな

開会式の時も思ったけど
多分好きじゃん」

木下&成田
「ヤメローッ!」

田中
「ミャクアリ・・・とは?」

田中は潔子との
やりとりを思い返す

田中
”送りましょうかっ”

潔子
”大丈夫”

ナレーション
「脈無し」

田中
”持ちますっ”

潔子
”練習して”

ナレーション
「脈無し」

田中
「・・・今まで俺には
ミャクが無かった・・・?

でも今の俺には在る・・・??

つまり俺は今、産まれた
という事・・・???」

木下
「田中しっかりしろ!!
お前はとっくに生きている!!」

成田
「縁下のせいだぞ!」

縁下
「ハイハイ」

_______________

叶歌と
もう一人の女子が
ホテルに入っていく

女子
「へーっ、あれが
”龍ちゃん”なんだ??」

叶歌
「!」

女子
「失礼を承知で聞くけど
ドコが良いの?」

叶歌
「・・・龍ちゃんとは小4で
転校するまで家が近所で・・・」

 

”回想~小3の頃~”

男子達
「おい、女巨人!
立ち止まるなよ、
人間が通れないだろ!」

男子達に
からかわれている叶歌

そこに腕を回しながら
田中が走ってくる

田中
「オラオラオラァ~!!」

男子達
「うわ、何だ!?
ゲッ、2組の田中だ!」

田中は男子を追い払う

田中
「お前デカくて
カッコイイんだから
ビシっと立て!

今日俺が良いトコに
連れてってやる!」

そう言って田中が
向かった先は・・・体育館

田中
「たのもーっ」

監督
「龍之介、その挨拶
ヤメロって言ってんだろ」

バレーをやっている子供達
叶歌はそれに目を輝かせる

”回想終了”

_______________

叶歌
「・・・なんていうか
自信が持てる様に
なったっていうか・・・」

女子
「へーっ、ふーん、へーっ」

叶歌は赤面する

女子
「そんなに照れる事
言ってないじゃん!
シャイか!!」

 

”宿内”

烏養が電話をしている

烏養
「・・・そっか・・・うん
じゃあ取りあえずは
大丈夫なんだな・・・
うん ハイ、じゃあ」

電話を切った後、
烏養は大きく息を吐く

烏養
「ふー・・・」

一同が集まる

武田
「皆、今日は本当に
お疲れ様でした

既に意識は明日に
向いているとは思いますが、
それでも改めて言わせて下さい

貴重な全国での1勝
おめでとうございます」

日向&西谷
「YEAAAAAA!!」

日向、西谷が
両腕を上げて喜ぶ
潔子、谷地が拍手する
烏養、武田が頷く

烏養
「よし、じゃあ明日の話だ」

烏野一同は少し緊張する
烏養のビデオを見ながら
作戦を立てていく一同

 

”夜”

澤村がベランダに出ている
東峰がそこへ来る

東峰
「うっ、寒っ」

澤村
「・・・おう、旭
アレやってもいいぞ」

東峰
「なに」

澤村
「”いよいよ最後の大会だな・・・”
的なやつ、IHの時止めたからな」

東峰
「え!やる??
いやそういうノリで
やるもんじゃねえべ

アレだな

大地に余裕が無えと
逆にこっちは
余裕ができるフシギ」

澤村
「!うるせー」

澤村が笑いながら言う

 

”風呂場”

日向が湯船に浸かりながら
うつらうつらとしている

日向はそのままのぼせて
風呂に沈む

山口
「うわあ!!日向!?」

山口が日向を引き上げ
タオルで扇ぐ
影山、月島も近くの風呂にいる

_______________

部屋では西谷が既に寝ている

菅原
「早い、能天気&元気組も
さすがに電池切れか」

縁下
「アップから何から
普段と違いましたし、

自覚している以上に
疲れてるのかもしれないですよね

怪我には気をつけないと」

菅原
「んだな」

_______________

田中が外に出る

田中
(あ~なんだクソ、
緊張してんのかクソ

いや!違う!
これはアドレナリンとか

なんかそんな感じのやつが
出ているだけであって・・・)

田中は先程のベランダで
話していた
澤村と東峰の事を思い返す
そこへ叶歌が声をかける

叶歌
「あっ、龍ちゃん!?」

田中
「うおっ!?
おう、何だ叶歌か」

緑下の言葉を思い返す田中

縁下
”脈アリってやつだな”

田中は急に赤面してしまう

叶歌
「東京もやっぱり寒いね」

田中
「おうっ」

叶歌
「冴子ちゃん元気?」

田中
「おうっ、お前んトコは?」

叶歌
「うん、みんな元気」

田中&叶歌
「・・・」

叶歌
「・・・龍ちゃん、あのね私ね」

田中は赤面している
告白されると思う田中

田中
「・・・!・・・!!
すっっ、すまんっっ!!

俺には心に決めた女性(ひと)が
いるんだーっっ!!」

_______________

しかしその時、丁度
叶歌の元へ1人の男性がやってくる

男性
「なんだよ叶歌
中で待ってろよ、
寒いだろ」

田中
「?」

田中
(ん?ん?えっ?ん?んっ?

美女に育った叶歌、
都会の夜、
年上シティボーイ

俺もしや完全に
カン違った??)

田中
「聞かなかったことに
してぇえぇぇえ
わあああああああ!!」

叫び走りながら
宿に戻っていく田中

叶歌
「えっ、あっ」

男性が叶歌に
お守りを渡す

男性
「・・・?は・・・ハイこれ、
また母さんの手作りだけど
・・・・・・・・・・??」

叶歌
「従兄ちゃん
タイミング悪い・・・」

男性
「え!やっぱり!?
ごめんなさい!」

叶歌
「・・・?私今・・・失恋したかも」

叶歌は今にも泣きだしそうな様子

男性
「え”え”っ!?」

ナレーション
「母親に頼まれ、寒い中
渋々届け物をしに来た所、

従妹の失恋現場に
立ち合ってしまった
寺田浩二(23)」

寺田
「ドッ、ドンマイ・・・」

叶歌
「・・・ごめん、何でもない
ここにレンアイしに
来たワケじゃない」

寺田
「そっ、そう?」

叶歌
「・・・私、全部勝つから」

寺田
「・・・うん!がんばれ!!(汗」

 

”他高校の夜”

窓から外を眺めている黒尾
小型ボードを見つめる研磨

試合表を見つめる赤茸
寝ている木兎

 

”烏野高校”

布団の上で
座禅を組んでいる田中
田中の顔に蹴りを入れる
寝相の悪い日向
それを縁下が見ている

風呂に行っている谷地、潔子

”翌日”

ナレーション
「大会2日目・・・
シード校参戦」

「全国の”兵(つわもの)”出揃う」

 

”ハイキュー 247話 ネタバレに続く”

 

広告

ハイキュー学校別強さランキングはこちら
烏野メンバーイケメンランキングはこちら
小さな巨人の正体考察はこちら

~ハイキュー247話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ハイキュー!!