よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ダイヤのA act2 72話ネタバレ確定【攻めろ!チームプレイから個人プレイにチェンジ!】最新感想予想

      2017/04/04

ダイヤのA act272話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ダイヤのA act2 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ダイヤのA act272話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

 

前回、沢村の活躍に1人浮かない表情の降谷でしたが・・・!?

今回はライバルでもある沢村の活躍に

焦り、空回り降谷の回でしたね!

でも、その熱い気持ちは間違ってないぞ!!

降谷
(胃の奥が熱くなるような
全身の血が湧き立つような

強い相手との勝負でしか
味わえないこの緊張感・・・)

バットを強く握る降谷
ピッチャー投げた!

降谷は球を見据える
高まっていく鼓動


降谷
(やっぱりそこに立っていたい)

そこで空回る気持ちもまた若さの象徴♪

苦いながらも今後の降谷にとって

必要な良い経験になったんだと思います!

いつもクールな降谷のこんな表情はあまり見たくないですが(苦笑)

大丈夫!これから!これからだ♪

〜しょぼぼん降谷〜

というわけで

そんな降矢に対し、監督の名言が・・・!

ドン!!
監督
「栄光に近道なし
積極性を履き違えた傲慢なプレーを
チームは必要としていない」

重い一言ですね。

努力した上でこんなこと

言われたら泣いちゃいそうです(苦笑)

試合は強豪白龍に対し1点リードをキープ!

この状況で御幸のこの発言。

冷静に全体を見て相手の狙いまで見据えていたんですね〜♪

さすがチームのトップ!

御幸
「配給代わってきましたね
スライダーは狙い球にない
そう思ってくれたかな?
あのバッテリー」

と、ここまではチームプレイ!

次回からはそれぞれの個性プレイで攻めるようです。

次回はそれぞれの味のあるプレイが見れそうですね♪

そこで今現在すでに押されている白龍がどう出てくるか・・・!?

練習試合でも濃い内容に自分が白龍メンバーなら

泣きそうな畳み掛け戦法ですが(苦笑)

押し押されの試合を楽しみにしてます♪

そんなダイヤのA act2 72話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ダイヤのA act2 ネタバレ 72話 最新 確定あらすじ『解禁』

互いに譲らぬ投手戦!
青道1点リード、試合は後半戦へ!!

白龍監督
「ここまで我々のヒットは5本


癖のある球をコーナーに
投げ分ける制球力に

ランナーを背負ってからの
マウンド捌き

ウチの走塁を意に介さない
好投手であることをまず認めよう」

美馬や他の白龍選手達
「・・・」

白龍監督
「その上で我々にできることは何か・・・」

白龍監督
(センバツ以降
我々が掲げてきたのは打撃の強化

機動力を更なる武器へと昇華させる
新たな白龍の野球・・・)

白龍打者を分析する沢村と御幸

沢村
(ベース寄りギリギリに)

御幸
(グリップは目一杯持ってる


御幸
(カット打ちのうまい選手
内は捨てて外に絞るつもりか・・・)

白龍監督
「・・・」

白龍バッター振り被る
___________

白龍監督
(・・・まずは相手に
気にしてもらうこと・・・
あくまでこちらの思考は
シンプルに・・・

沢村が振り被る

白龍監督
(狙い球が来たら・・・
一振りで仕留める)

球は守備を抜けていく

沢村
「ライト前ーー!!」

御幸
「・・・」

白龍監督
(要所でみせる強気のリード
必ずインコースに攻めてくると
わかったよ・・・)

_________________

「ランナーを一塁に置き
打席には美馬総一郎!」
観客席からは美馬コールが響く
ため息をつく沢村

そして大声で由井に叫ぶ沢村


沢村
「でけぇ〜今までで一番でけぇ〜〜」

由井
「声が大きいよ・・・」

御幸がバッター美馬を見る

御幸
(この男までベース寄りに
塁上だけじゃなく
打席からも揺さぶりをかけてくるつもりか)

御幸が沢村にサインを出す

沢村
(え、ランナーいるのに?
もしもこのリードで走られたら・・・)

御幸
(大丈夫だ)


御幸
(あれだけリードをとれば当然リスクもある
帰塁することだけに特化した
見せかけのリードだと思っていい)

沢村投げる!


審判
「ボール!」

御幸
(オープンスタンスに・・・
やっぱ狙いはインコースか・・・)


白龍監督
「ランナーは動いてこない
そう読み切ってのチェンジアップ

しかもこちらの狙い球まで
盗み取られた」

白龍美馬
「・・・」

御幸
「さて次は・・・」

振り被る美馬
そんな美馬の気迫に押される沢村

沢村
「おぉ・・・」

御幸
(立ち位置が元に戻った)

ベンチにいる白龍メンバー
「あれ、イチローの真似してると
思われるのが悔しくて
普段封印してるやつ

集中が高まると
無意識に出てくるんだよ」

白龍監督
「総一郎・・・」

白龍監督
(本能がこのバッテリーとの
真っ向勝負を望むか・・・)

御幸
(チームバッティングに
徹してくれた方が楽だったのに

前の打席で打ち取ったインハイが
もう一度通用するとは思えない・・・

ストレートだけじゃなく
ナンバーズを蹴散らしながら
状態を崩していけたら・・・)

サインを出す御幸
投げる沢村


打たれるも何度も投げ続ける沢村

審判
「ボール!!」

美馬の士気は高まったままである

御幸
(これだけコーナーを広く使っても
軸がぶれてくれないか・・・

それなら・・・)


御幸
(出し惜しむこともない・・・)

構える美馬
沢村はそんな美馬を睨みつける

沢村振りかぶった

御幸
(ナンバー7)

御幸
(カットボール改!!)

球は美馬の前で曲がる
しかし当てる美馬

審判
「ファール!」

由井
「当てた・・・
カットボール改に・・・」

美馬
「・・・」

沢村
「ヤベェ・・・」


沢村
(ボール半個でも
甘く入ったらやられる・・・

絶対やられる)

青道3年生
「ええ球いっとんぞ沢村!
攻めていけ!」

しかしその声は沢村には届いていない
振り被る沢村
投げる!

沢村
(この人ヤベェ・・・)

審判
「ボール!」

御幸
(力みがでてるぞ
落ち着け

これだけの打者
そう出会えるもんじゃない
だからこそ己の持ってるモノ
全てをぶつける意味がある)

御幸が沢村にサインを出す


沢村&御幸
(生半可な球じゃこの男は
打ち取れない・・・

時期尚早かもしれないが
試す価値はある)
”ナンバー11(イレブン)
スプリット解禁・・・!”


 

眼前の打者を抑え込む為、
求められる”攻めの勇気”!!

 

 


ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

~ダイヤのA act2 73話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ダイヤのA act2