よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ダイヤのA act2 69話ネタバレ確定【沢村の実力ここにあり!】最新感想予想

   

ダイヤのA act269話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ダイヤのA act2 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ダイヤのA act269話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

 

前回、

沢村の先発で始まった青道高校 vs 白龍高校の練習試合!

一番はショートゴロだったものの、

内野安打にしてしまいそうな俊足を見せてきます。

二番はカット打法でしつこく粘ってライト前ヒット。

三番はレフト前ヒット!

そしてレフトが三塁へ送球している間に

バッターは一気に二塁まで!

なんとレフト前ヒットをツーベースにして

驚異的な機動力野球を見せつけてきます。

青道にとっては初回からワンナウト、ランナー2塁3塁というピンチ・・・!

バッターは白龍4番北大路。

しかしピンチを迎えたこの場面で、

逆に集中力が高まる沢村でしたが・・・!?

とうとう今回、沢村の真の実力(!?)を

白龍に見せつける結果が出ましたね!!

白龍の監督も一目置く結果に♪

白龍監督
(コーナーへの投げ分けに
ピンチでのマウンドさばき・・・

控えの一人だと思っていたが・・・
このピッチャー

まだまだ底が見えないぞーーー)

沢村も調子にノルノル♪(笑)

沢村
「春市!!」

春市
「栄純君!」

グラブを合わせる二人

沢村&春市
「イエー!」

沢村の良さ!

”カットボール改”

そして荒くともキレのある球!

相手チームの頭にないボール
コースは多少甘くてもいい

しっかり腕を振れ
ボールのキレで圧倒するぞ)

そして同じくノリにのる倉持、春市♪

進化、変化し続ける青道が

このまま白龍を抑えられるか!?
そんなダイヤのA act2 69話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ダイヤのA act2 ネタバレ 69話 最新 確定あらすじ『好転』

 

青道 VS 白龍

1回裏、先制のチャンスで
小湊春市が打席に

俊足倉持がセカンド

ファールで粘る春市

右打者春市の懐に
食い込んでくるシュートも
上手くカットする春市

観客
「あれが右打者へのシュート
涼しい顔してエグいところ
投げ込んでくるよな」

キャッチャー
(かなり振り遅れてる
ヤマが外れたか)

春市
(内に2球シュート
だとすると次は高確率で・・・)

倉持
(1球しか球筋
見せてやれなかったからな・・・
けどウチの春市は
ここからがしぶといぞ・・・)

次の王野の球は外角低めボール

キャッチャー
(平然と見送った・・・
やっぱ配球を読んでる?

バットも木だし、
何か雰囲気あるんだよな、
このバッター・・・

ゾーンギリギリ、
もう1球外にストレート)

投げる王野!

注文通りの球を投げる大野

キャッチャー
(よし!見送っ・・・)

捉える春市!

キャッチャー
(なっ・・・)

一塁線を破る強い打球


キャッチャー
(あそこからバットが!?
振り遅れたんじゃなく、
自分の懐にギリギリまで呼び込んでいたのか・・・)

一気にホームへ進む倉持

2塁へ動く春市

2番小湊、
先制のタイムリーツーベース

沢村・東条・金子
「しゃあ!」

倉持
「ヒャハハ」

セカンドで右手を
上げている小湊

 

練習後の春市との
会話を思い出す倉持

”回想”

春市
「僕は身長も筋力も
人より足りないけど・・

バッティングは力だけ
じゃないと思ってるんで

長打を打たれたくない場面で
長打を打ったり、
決めにいった球を当てられたり、
ボール球には絶対手を出さなかったり・・

ピンチの場面で迎えたくない、
投手から嫌がられる打者になりたいです

ファールで粘られたら
投手嫌でしょ
真夏ならなおさら」

ずっとにやにやしている倉持

春市
「なんですか?」

倉持
「いや、やっぱ兄弟だなーと思って。(笑」

”回想終了”

”ベンチ”

高島
「2番バッターがずっと
固定していませんでしたが・・

前園君と白州君の調子が
上がって来た今、

この打順が一番バランス
良いかもしれませんね」
無言の監督

春市に2番を打つように
言った時のことを思い出していた監督
__________

春市
「え・・・
2番ですか?」
__________

高島に監督が言う

監督
「ずっとクリーンアップを任せてきたんだ
本人は思うとこあるだろうがな」

高島が監督を見る
かすかに笑う監督

沢村
「春市!ナイバッチ!!
さすが俺が見込んだ男!」

降谷もガッツポーズを送っている

嬉しそうにする春市

”回想”

監督に言う春市

春市
「2番・・・
お前じゃクリーンナップは物足りない・・・
そういうことです?」

春市は悔しそうな表情を浮かべる
”回想終了”

___________

春市
(二人(降谷と沢村)の進化が早すぎて・・・
けど、置いていかれるつもりはないから・・・)

打った白州!

球はセンター方向へ

前進する美馬

捕った!

観客
「おお・・・」
「美馬!!」

素早い返球で
タッチアップできなかった春市

美馬コールが起こるスタンド

キャッチャー
(また初球・・・)

御幸が打席に入る

御幸
「あれ捕るかよ」

4番御幸を迎えてピッチャーと
野手の顔つきが変わる

キャッチャー
(主将で4番・・・チームの要)

白龍の監督
(1塁は空いてる
無理をする場面じゃない・・・)

投げた!

内角にボール

 

白龍の監督
(が、気持ちまで逃げてはいけない
逃げた結果の
フォアボールと

攻めた結果の
フォアボールじゃ
意味が違う

次のバッターに
与える印象も変わってくる)

内角低めのストレートを空振り

次はインからのアウトコースギリギリの球を
見逃してストライク

観客
「コントロールなら
青道のピッチャーに負けてないぞ」

これで1ボール2ストライク

白龍の監督
(ボール球を3つ使える
ピッチャー優位のカウント

状況は好転
これも攻めた結果)

モーションに入るピッチャー

御幸
(スライダー低めに集めて来るか・・・
それとも外にもう1球・・・)

王野
「・・・」

投げた!

御幸
(高め・・・
つり球?
いやコースギリギ・・・)

御幸は空振り三振!!

御幸
(やられた
今日一のストレート)

審判
「ストライークバッターアウト!」

金丸
「マジか・・・」

興奮している沢村

 

「冷静なピッチングと攻めるストロングハート。
これぞ強豪校のエース!!」

 

”ダイヤのA act2 70話 ネタバレへ続く”


ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

~ダイヤのA act270話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ダイヤのA act2